*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 2013年春のワイナリ・ヴィンヤードめぐりその3 ドメーヌ・タカヒコ

こんにちは。
昨日は久しぶりに札幌へ、
あちこち不義理していたお店にも立ち寄ることができ、
とても充実した一日でした。
今日はこれから余市に行ってきますー!

春のワイナリー・ヴィンヤードめぐりも今回で最後、
最後にご紹介するのは、
注目を集め続けている余市にあるワイナリーです。

今年でブドウを植えて4年目を迎え、
去年初めて植えたブドウの収穫を行った
まだ新しいワイナリーです。
ただ、ワイナリーができる前から注目度は抜群に高く、
私もブドウを植える前から訪問させていただいています。
そんなワイナリーの春の様子を見たいと思い、
お伺いさせていただきました。

そのワイナリーの名前は、
「ドメーヌ・タカヒコ」さんといいます。

IMG_1161_20130506173901.jpg

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 HPでご確認ください
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

 ※ ドメーヌ・タカヒコさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


ドメーヌタカヒコさんのトレードマークと言えば、
上の写真の看板にもある、
5・3の葡萄ですよね。
ありそうでなかった素敵なマーク。
今ではみんなに浸透して、
このマークを見ればドメーヌタカヒコのワインだと
一目でわかりますよね。

それではさっそく畑を見させていただきます。

醸造所から畑に行き、最初に右側にあるのが、
IMG_1162_20130506173903.jpg
こちらの棚の畑です。

こちらの棚は曽我さんがこの土地を購入する前から、
植えられていた畑です。
品種はキャンベルで、
今でも剪定以外ほとんど世話をしなくても
葡萄が収穫できるそうです♪

お伺いした4月の下旬では、
IMG_1164_20130506173905.jpg
芽は膨らんでいましたが、
まだまだ硬くとじていました。

キャンベルの畑より上に上ると、
IMG_1167_20130506173940.jpg
道を挟むようにピノ・ノワールの垣根が、
両側に広がっています。

曽我さんの畑は中央の路が一番高くなっており、
そこから左右になだらかな傾斜になっているのが特徴です。

まず左側にあるのが、
IMG_1165_20130506173936.jpg
ピノ・ノワールの3年目の垣根です。

まだ、垣根というには
かわいらしいブドウの樹ですね。

そんな葡萄の樹は、
IMG_1166_20130506173939.jpg
お伺いした時は、
すでに支えとなる棒に誘引されていました。
こちらの3年目の樹からも
今年は少し収穫ができるようです。
楽しみですね。

続いて右側が
IMG_1168_20130506173942.jpg
4年目のピノ・ノワールの垣根です。
1年違うだけで、
ずいぶん大きくなっているのがわかります。

こちらは、
IMG_1169_20130506173944.jpg
支えだけでなく番線にも誘引されており、
樹は細いですが、
よく見かける垣根になっていました。

そんな4年目のピノの樹には、
IMG_0923_20130506173857.jpg
今年成長するであろう芽が出ていましたが、
キャンベルよりは小さく、
まだまだ硬かったです。

そんな畑を管理しワインを醸造しているのが、
IMG_1204_20130506173957.jpg
曽我貴彦さんです。

曽我さんは約3ヘクタールある畑の管理と、
ワインの醸造を一人で行っています。
いつも曽我さんからはハッと気づかされるようなお話を
聞かせていただき、
とても勉強になります。
今回も、畑の土の状態や、
畑に重機が入ることへのデメリットなど、
とても参考になりました。

この日は写真の通り、
去年枯れてしまった部分に補植するための
ピノの苗木の準備をしていました。
1年間育てられた苗木は、
根がものすごく長く、
そのまま植えてしまうと
根がごちゃごちゃになってしまい、
きちんと伸びていかないので
ある程度の長さでカットしてあげる必要があるんです。
そしてカットしてあげると、
カットしたところから新しく、
細かい根が伸びていくとの事でした。

いつも人気で曽我さんのワインは、
なかなか飲めませんが、
これからもずーっと応援していきたい、
飲んでいきたい作り手さんです。
読んでくださった方も、
どこかで曽我さんのワインを見かけたら、
ぜひ飲んでみてください!
そのおいしさに感激しますよー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。