*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 世界のゲヴェルツ・トラミネール飲み比べ会を開催しました♪ な・ちゅら

おはようございます。
昨日は会社の決起大会でした。
今年度はどんな年になるのでしょう?
政権が変わってから、
なんとなく景気が上向きになっているような気もしますが、
なんとなくが実感できるぐらいに
なってくれたら良いなぁなんて思います。

今日は今月主催させていただいた、
ワイン会の様子をご紹介します。
最近、日本のワインをテーマにしたワイン会が続いたので、
今回は海外のワインを多く扱ったテーマにしてみました。
そのテーマというのがズバリ、
「世界のゲヴェルツ・トラミネール飲み比べ」
です。

私にとってゲヴェルツ・トラミネールは、
ワインを飲み始めたときに飲んだ、
鶴沼ゲヴェルツ・トラミネール2003の印象がとても強く、
ワインにはまるきっかけになった品種でした。

そんなゲヴェルツ・トラミネールは、
アルザス地方で栽培されているものを使ったワインが有名ですが、
近年、その個性的な味わいが受け、
世界各地で栽培されはじめてきました。
今回はそんな世界で栽培されたゲヴェルツ・トラミネールを
集めて飲み比べるという、
人によっては苦行に感じるような会を開催しました^^

会場としてお願いしたのは、
美味しいワインと野菜料理を提供してくださる、
素敵なワインバー
「な・ちゅら」さんです。

IMG_0576_20130415230534.jpg

名前 な・ちゅら
住所 北海道札幌市中央区南3条西2丁目KT三条ビルB1
電話 011-281-1678
時間 17:00~翌2:00
休み 毎週月曜日&第3日曜日
HP  http://www.nachula.com/

薄いカーテンで仕切って、
IMG_0577.jpg
個室のように設営してくださった会場。
とても素敵な雰囲気です♪

IMG_0579_20130415230537.jpg
そこに最近おなじみのINAOグラスと
私のしょぼい資料を置いて、
準備万端です!

それではまずは順に料理をご紹介します^^
IMG_0580.jpg
前菜
・ソフトシェルシュリンプのフリット クミン風味
・りんごのコンポート、ブルーチーズ、コールドハム
・菜の花のキッシュ

IMG_0584.jpg
サラダ
・フェンネルと二色のグレープフルーツのサラダ

IMG_0586_20130415230650.jpg
炭水化物ww
・シェフの気まぐれドリア(山菜ドリア)

IMG_0590_20130415230710.jpg
魚料理
・桜鱒のムニエル 金柑とふきのとうのビネグレットソース

IMG_0593_20130415230714.jpg
肉料理
・豚スペアリブのグリル フルーツチャツネマリネ

ゲヴェルツ・トラミネールは
なかなかワインに合わせにくい品種なので、
なちゅらのシェフも大変悩んでくださったかと思いますが、
どの料理もとっても美味しかったです!
個人的には最初の海老のフリットが、
クミンのスパイシーな感じが出ていて、
ゲヴェルツのスパイシーさとの相性がよく感じ、
テンション上がりました!
そしてお肉料理もフルーツのチャツネが、
また良いアクセントになっていて、
ワインに負けない味わいで、
素晴らしかったと思います♪

続いてワインをご紹介します。
IMG_0582_20130415230541.jpg
北海道ワイン 鶴沼トラミーナ2009(北海道)

IMG_0583_20130415230649.jpg
小布施ワイナリー ドメイヌ・ソガ・ゲヴェルツトラミネール2009(長野県)

IMG_0585_20130415230557.jpg
ジョスメイヤー ゲヴェルツ・トラミネール2009(フランス)

IMG_0588.jpg
カンティーナ・ボルツァーノ サンタ・マッダレーナ・ゲヴュルツトラミネール2009(イタリア)

IMG_0589_20130415230708.jpg
フリードリッヒ・ベッカー ゲヴュルツトラミナー2009(ドイツ)

IMG_0591_20130415230711.jpg
ナヴァロ・ヴィンヤーズ ゲヴュルツトラミネール2009(アメリカ)

IMG_0592.jpg
コノスル ゲヴュルツトラミネール・ヴァラエタル2009(チリ)

IMG_0594_20130415230727.jpg
デラタイト デッドマンズヒル・ゲヴュルツトラミネール2009(オーストラリア)

IMG_0595.jpg
ヴィラ・マリア プライベート・ビン ゲヴュルツトラミネール2009(ニュージーランド)

正直、品種の個性が強いゲヴェルツ・トラミネール、
それを9種類も飲み比べたのですが、
皆様お疲れだったかと思います。
ただ、それぞれのワインによって味や香りに違いがあって、
面白かったです。
個人的好みを書くと、
やはり王道なのはフランスアルザス、
ザ・ゲヴェルツ・トラミネールと言った香りと味で、
ほっとする美味しさです。
そして予想外にファーストタッチが良かったのが、
ニュージーランド!
正直あまり期待していなかったのですが、
予想外のできに皆様驚かれていたようでした。
わが日本の二本は、
鶴沼は熟成を強く感じますがこれはこれで
違った美味しさを感じました。
小布施ワイナリーさんのワインは、
一言でいうと難解。
ブラインドで飲んだらゲヴェルツとは、
答えられないと思います。
閉じているのかと思って、
ワイン会の最後までグラスでとっておきましたが、
どんどんゲヴェルツとは違ったニュアンスで、
味と香りが変化していて、
最後までつかみどころのないワインでした。

ちなみに参加者に好きなワインを3本選んでもらったところ、
1位はアルザス、2位はニュージーランド、
そして3位に鶴沼が入りました。
やはり北海道では可能性のある品種だということが、
皆様の感想からも感じられました^^

さてさすがにゲヴェルツだけだと辛いと思い、
IMG_0596_20130415230730.jpg
アンドレ・デュルマン ピノ・ノワール2010(フランス)

ゲヴェルツの産地であるアルザスのピノを用意しました。
北のピノらしく薄いのですが
その中に旨味とうまみがしっかりあり、
美味しくいただけました。
やはり北海道のアルザスが目指すところは、
このあたりなのかなと再認識しました。

そして最後の一本、
ある意味今回の主役級のワインです。
IMG_0597_20130415230732.jpg
ボールナール ヴァンジョーヌ2005

今年初リリースされたジュラの造り手、
ボールナールのヴァンジョーヌです。
樽熟成の過程でできた産膜酵母をそのままにして
6年以上熟成させたワインで、
品種はゲヴェルツ・トラミネールと同一とされている
サヴァニャンが使われています。
香りはナッツ香や熟成香があり、
味わいはシェリーのような感じですが、
アルコールは強くないので後に残りません。
予想するにもっと熟成させると、
いろんな複雑味が出てくるような気がしますので、
もう一本買って末期の酒にしたいですね^^;

ということで、
IMG_0599_20130415230733.jpg
10人で11本飲んじゃいました^^

会が終わった後も、
だらだら余ったワインを飲み続け、
終わったころにはほとんど空に、
主催者冥利に尽きる会となりました^^

そんな私主催のワイン会も、
次の次でいよいよ50回目。
50回目は日ごろご参加いただいている皆様、
ブログを読んでいただいている皆様に、
何か還元できるような企画を考えていますので、
皆様のご参加お待ちしています!
詳細決まりましたら、
こちらでも募集記事アップしますね。
よろしくお願いしますー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。