*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 余市産ぶどう・ワインふれあいセミナーに参加しました 余市町中央公民館

こんばんは。
最近、仕事が忙しく、
家に帰る時間が遅くなってます。
その結果、ワイン会等に参加する回数が、
去年に比べて激減しています。。。
人間、身体は一つなので、
プライベートに割ける時間と仕事の時間の割合が、
以前とは確実に変わっているのを実感しています。
今は大事な時だと思っているので、
もう少し仕事の時間を大事にしたいと思います。
そうは言っても、
これからも自分のワイン会は開催しますし、
参加したい会には極力参加していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!


今日と明日は少し前になりますが、
2月に余市で開催された、
素晴らしいワインのイベントの様子を
ご紹介します。

まず今日ご紹介するのは、
ワインの産地に関するセミナーです。
北海道ではあまりこの手のセミナーは、
開催されていなかったのですが、
今回、北海道のワイン用ブドウの偉大な産地である
余市町で開催されたので、
事前申し込みの上、
参加させていただきました。
セミナーのタイトルは、
「余市産ぶどう・ワインふれあいセミナー」
開催された場所は、
「余市町中央公民館」
です。

IMG_9490.jpg

イベント名 余市産ぶどう・ワインふれあいセミナー
開催日   2013年2月23日(土)
開催時間  14:00~17:30
開催場所  余市町中央公民館
住所 北海道余市郡余市町大川町4丁目143
電話 0135-23-5001

JR余市駅からほど近いところにある、
中央公民館、
入口の所には上の写真のように、
セミナーとワイン会の看板が大きく掲げられていました。

早速中に入ると、
IMG_9491.jpg
今年の初めに募集していた、
余市ヴィンヤードフォトコンテストの
入賞作品が展示されていました^^
どれもその場所に行ってみたくなるような、
素敵な写真ばかりでした♪

早速受付をすますと、
IMG_9494_20130303070621.jpg
このような資料が配布されました。

ここにもフォトコンテストの作品が
使われていました♪

今回のセミナーは、
公民館のホールが会場だったのですが、
ホールの中に入ると、
IMG_9492_20130303070619.jpg
予想以上に立派な会場に、
びっくりしました^^

セミナー開始の時間となり、
まずはじめに、
IMG_9493.jpg
嶋余市町長の挨拶がありました。

その後、日本を代表するワインジャーナリスである
お二人による基調講演がありました。

基調講演は、
IMG_9496.jpg
このように参加している方々にも
わかりやすいように、
プロジェクターを使って行われました。

まず最初に基調講演をしたのが、
IMG_9503_20130303070712.jpg
石井もと子さん

石井さんは日本のワイナリーに行こうの監修を務めるなど、
日本のワインに造詣が深いだけでなく、
ニューワールドのワイナリーや取り組みなどにも
たいへんお詳しいワインジャーナリストです。

今回はそんなニューワールドから
ニュージーランドやオレゴンの行政や地域で
行われているイベントや活動している団体等の例に、
これから余市でも必要なイベントや団体、
行政の取り組みなどをわかりやすく、
説明してくださいました。
個人的にはオレゴンで開催されている、
ピノに関するイベントと、
ニュージーランドにあるという、
ワイン用ブドウに関するビジターセンターのような場所が、
とても興味深く感じました。
余市は個人のブドウ栽培家さんがいっぱいいる地域なので、
そうしたセンターで情報を一元管理すると、
若い栽培家さんが悩みんだときも
すぐに解決できるのでは?
と思いました^^

続いて講演したのは、
IMG_9527_20130303070713.jpg
鹿取みゆきさん

日本のワインを愛するもので、
その名を知らない人はいないというぐらい、
日本のワイン、ワイナリーを愛してくださっている、
ワインジャーナリストです。
昨年は日本ワインガイドという、
純日本ワインに特化したワイナリーを紹介した
著書も出版されました。
今回は国内の6次産業の成功例を事例に、
余市の6次産業に向けた取り組みを
こちらも分かりやすく説明してくださいました。
個人的にはどこか忘れたのですが、
どこかのお茶屋さんが製造だけでなく、
直売や新たに始めたカフェの話しが、
ぶどう栽培に通じるものがあると思い、
とても興味がありました。

基調講演に続いて、
IMG_9571.jpg
パネルディスカッションが
行われました。

パネルディスカッションの司会は、
IMG_9576_20130303070716.jpg
荒井早百合さん

道産ワイン応援団の団長として知られる
荒井さんが行いました。

パネラーには、
最初の挨拶をした嶋町長、
基調講演をしてくださった石井さんと鹿取さんのほか、
IMG_9578_20130303070732.jpg
栽培家さん代表の田崎正伸さん、
若手栽培家さん代表として中井淳さんが
登場しました。

パネルディスカッションでは、
ワインジャーナリストや栽培家から見た
余市産ぶどうの素晴らしさや、
ワイン用ブドウを栽培してきての苦労などが
沢山聞くことができ、
とても勉強になりました。
そんなパネルディスカッションで一番盛り上がったのが、
先ほど石井さんの講演の中にあった、
行政としての取り組みについてでした。
ビジターセンターや醸造家学校などを
町主導で設立してはという石井さんの考えに、
嶋町長は返答に苦慮しているようでした。
厳しい財政の中、
大変かと思いますが、
ぜひ検討してほしいと思いました。

さらにこの内容については
最後の参加者との質疑応答で、
IMG_9580.jpg
落希一郎さん

今年余市町に誕生する予定のワイナリーo㏄igabiの専務で、
以前は新潟にあるカーヴドッチワイナリーの代表をしていた、
落さんもぜひ実現してほしいと力説していました。
落さんには非常に興味があるので、
いつの日か直接お会いして話し聞いてみたいと思っています。

このようなセミナーやパネルディスカッションが、
道都札幌ではなく、
余市町で開催された意義というのは、
とても大きいと思います。
先ほどの行政の取り組みについても、
その町で開催されたからこそ、
必要性が伝わったのではないでしょうか?
来年は開催されるかわかりませんが、
また開催されるようであれば、
ぜひまた参加したいと思う、
素敵なセミナーでした。

明日は同じ日に開催された、
余市のワインを楽しむかの様子をご紹介しますね♪
お楽しみにー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。