*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 日本のピノ・ノワール飲み比べ会を開催しました パロンブ

こんばんは!
ここ数日寒い日が、
続いてますねー。
さらに空知の方では、
大雪が続きブドウ畑にも、
少なからず影響が出ているようです。
早く雪やんでほしいと、
切に願っています。

今日は月曜日に主催した、
ワイン会の様子をご紹介します^^
2009年1月9日にmixi内でワイン会コミュを作り、
ワイン会を始めてから
早いもので3周年を迎えました。
ありがとうございました。

そこで今回のワイン会は、
3周年を記念して、
こんな企画でワイン会を開催しました^^
「国産ピノ・ノワール飲み比べ会」
ここ数年、北海道をはじめとした、
全国各地のワイナリー&ヴィンヤードで、
ブルゴーニュの赤ワインの原料として知られる、
ピノ・ノワールが栽培され、
ワインが誕生してきました。
そこでそんな日本で栽培され醸造された、
ピノ・ノワールを中心にワインを集め、
飲み比べを開催することにしました。

そんなマニアックな企画のために、
会場として料理とサービスを提供してくれたのは、
今注目の若手シェフ、
小鹿シェフが営む素敵なビストロ、
「パロンブ」さんです。

IMG_0246_20120126213854.jpg

名前 PALOMBE
住所 北海道札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル 2F
電話 0133-72- 5051
時間 17:00~25:00
休み 不定休(HPをご覧ください) 
HP http://bistro-campagne.jimdo.com/

パロンブさんは、
去年、ドゥージエム・カンパーニュから、
リニューアルオープンし、
よりお肉料理に力を入れた、
ビストロに生まれ変わりました^^
そこで、赤ワインしかないという
今回の会にぴったりだと思い、
小鹿シェフにお願いして、
今回の会が開催できる事になりました。

本当に小鹿シェフを始め、
スタッフの皆様、
ご参加いただいた皆様、
素晴らしいワインを
作ってくださった皆様、
そして今回の会のために、
駆けつけてくださった造り手のお二人のおかげです。
本当にありがとうございました。
パロンブさんは、
店内がメゾネットになっており、
今回は、
IMG_0249.jpg
その2階部分を貸切にしていただき、
ワイン会を開催しました♪
そのおかげで、
みんな回りを気にせず、
大いに盛り上がることができました♪

テーブルの上には、
IMG_0244.jpg
いつもどおりのワイン資料と、
お店で用意してくださった、
料理のメニューがおかれていました♪

それでは早速、
今回いただいた料理を順番に、
ご紹介します♪
IMG_0252_20120126213853.jpg
きじとホロホロ鳥のムース

IMG_0256_20120126214106.jpg
自家製パン

IMG_0254_20120126214106.jpg
バター

IMG_0258_20120126214104.jpg
野菜のテリーヌタプナード添え

IMG_0259.jpg
マグロのミキュイ フランボワーズソース

IMG_0261_20120126214103.jpg
道産仔牛のポワレ

IMG_0262_20120126214133.jpg
牛ほほ肉赤ワイン煮込み

IMG_0270_20120126214131.jpg
イチゴのミルフィーユ仕立て

3周年にふさわしい、
素晴らしい料理の数々に、
感動しちゃいました!
まずアミューズのムースから、
パロンブさんらしいジビエを使った一品♪
そして野菜の彩りがきれいなテリーヌ、
魚料理も赤ワインに合うマグロを
フランボワーズソースで仕上げ、
お肉料理は2種類も用意してくださいました^^
どれも美味しかったのですが、
個人的には、
仔牛のポワレが、
ロースと背肉の2種類の食感と味わいが楽しめ、
めちゃめちゃ美味しかったです!
小鹿シェフありがとうございました!!

続いてワインですが、
ピノ・ノワールに関しては、
IMG_0257_20120126214105.jpg
このようにすべてブライドで飲んでいただき、
10点満点で採点していただきました。
中にフランスのワインが2本あったので、
その2本に対して、日本のピノ・ノワールが
どこに位置するのかが、
とても楽しみでした。

そして今回、
グラスがワインの数だけ用意できなかったので、
IMG_0263_20120126214133.jpg
このように別にワインをグラスに取っておき、
後から味や香りの変化や、
振り返ることができるようにし、
みんなに採点していただきました。

さらに今回、
某ワイナリーから、
こちらの機械を借りてきました^^
IMG_0250_20120126213853.jpg
PH測定器

ワインのPHを測定する機械です!
北海道と本州のPHの違い、
日本とブルゴーニュのPHの違いが、
とても気になったので、
今回お借りしてすべてのワインを
測定しました。
測定した数値は名称の後に記しておきます♪

それでは早速いただいたワインを
順にご紹介します!
感想は、皆様に書いていただいたものを、
抜粋させていただきます。
ちなみに最初の泡は採点はしておらず、
PHも計っていません。ご了承ください^^
IMG_0251.jpg
中央葡萄酒 セレナスパークリング・セレーサ N.V

酸と果実のバランスが良く、
チャーミングなベリーのような
味わいがあります。
泡は瓶内二次発酵ということで、
線は細いですがきめ細かいものでした。

IMG_0275_20120126214208.jpg
ココファームワイナリー(ナカザワヴィンヤード) ピノ・ノワール 2008 PH3.70  7.23

・柔らかく自然な口当たり、ピノの香りが豊か
・酸が華やか
・酸味、土っぽさがある
・黒赤の果実、ふくよかな果実感、タンニン柔らか

IMG_0277_20120126214207.jpg
山崎ワイナリー ピノ・ノワール 2008 PH3.70 6.54

・土っぽい、赤果実
・樽が勝っている、アフターに果実感。
・渋みが強く、樽香あり。色が濃い。
・チャーミングな赤果実、キャンディ香

IMG_0278_20120126214207.jpg
旭洋酒 それいゆピノ・ノワール 2008 PH3.65 6.19

・色薄い、美味しい
・バランスが良い
・MLF由来のヨーグルト、果実(チェリー、イチゴ)を感じる。樽香が調和している
・チャーミングなイチゴ。きれいでバランスが良く、アフターが長い。

IMG_0279_20120126214206.jpg
中央葡萄酒 グレイス・ピノ・ノワール 2008 PH3.71 7.08

・弱い果実、小豆や豆っぽいニュアンス
・黒プラム、きれいな味わい。スパイシー。
・オリジナリティのある味わい
・赤黒果実が中心にあり、ベジタリー。アフターもある

IMG_0280_20120126214206.jpg
サッポロワイン グランポレール北海道余市ピノ・ノワール 2008 PH3.90 6.23 

・苦味がある。
・イチゴやバリーの味わい。ヤクルトのニュアンス。
・果実味が弱く、樽、果実、硫黄を感じ調和していない
・口に残る苦味。きれいではある。

IMG_0281_20120126214206.jpg
はこだてわいん ガルトネル・ピノ・ノワール 2008 PH4.11 3.77

・シェリー、酸化傾向。樽は良い。新樽を使っていそう
・酸化。シェリー、ブランデーのよう。
・オレンジ色。口にまったり残る。
・葡萄のアントシアニンが少ない

IMG_0282_20120126214233.jpg
ドメーヌ・ラルロ コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・クロ・デュ・シャポー 2008 PH3.88 6.88

・最初臭かったが後から取れた
・樽のニュアンス。還元的。バランス良い
・樽(ロースト、チョコ)を感じる。果実(チェリー)、MLF(ミルク)のニュアンス
・赤果実。樽強い。ミルクのニュアンス

IMG_0283_20120126214233.jpg
ドメーヌ・ルロワ ブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2008 PH3.38 7.16

・酸味ある。バランスが良い。
・ガス、酸、果実味、旨味の複雑さがある。
・酵母、ミルク、イチゴジャムのニュアンス。澱が多い。
・酸、澱がある。アフター長い

IMG_0284_20120126214233.jpg
小布施ワイナリー ドメーヌ・ソガ・ピノ・ノワール 2008 PH3.61 4.88

・色がロゼ色。チェリー香。酸がとがっている。チェリー風味
・薄い。チェリー、旨味がある。やや酸化。
・薄い、味も端麗
・薄い色。ぬるぬる。アフター甘い

IMG_0285_20120126214233.jpg
ドメーヌ・タカヒコ タカヒコ・ソガ・ヨイチ・ノボリ・キュムラ・ピノ・ノワール 2008 PH3.79 7.42 

・美味しい、バランス良い。
・イチゴ、チェリー、プラム。複雑味、旨味がある。
・ミルク、樽、果実のニュアンス。果実の複雑さ旨味がある。
・ビオ

全体的な感想としては、
ここ数年で本当に日本のピノ・ノワールの
レベルが上がったと思いました!
ほんの数年前までは、
酸が強すぎたり、
果実が欠落していたりと、
自分たちが良く知るピノ・ノワールとは、
まったく違うワインだったのですが、
今回のワインはブルゴーニュの
有名なワインにも負けないものが、
いくつかあったのには、
本当にびっくりでした!
これからがますます楽しみに、
なってきましたよ♪
2009ヴィンテージのピノ・ノワールも
沢山集めていますので、
再来年を楽しみにしていてくださいね♪

そして今回PHを計った結果が、
とても興味深いものになりました^^
まず、日本のピノで言うと、
北海道のピノ・ノワールの方が、
本州のピノ・ノワールに比べて、
PHが高い、つまり酸が弱かったんです。
さらにブルゴーニュの2本は、
かなりの数値の違いがあり、
ルロワにいたっては一番低い数値でした。
こうしたことはその土地の気候だけでなく、
作り手の収穫時期の違いによって、
酸の残り方が違うということだと思います。
そしてもうひとつ勉強になったのは、
PHが低くても、
他の味わい(果実味、旨味、ミネラル)があると、
口ではそれほどすっぱく感じないのです。
ルロワが良い例でした。

そして今回、
3周年を祝って皆様からワインの差し入れを
いただきました^^
皆様ありがとうございました。

まずはNさんが2本の差し入れ。
IMG_0264_20120126214132.jpg
旭洋酒 それいゆピノ・ノワールスイスクローン 2004 PH3.88

IMG_0266_20120126214132.jpg
旭洋酒 それいゆピノ・ノワールブルゴーニュクローン 2004 PH3.86

ブラインドでも登場した、
旭洋酒さんのピノ・ノワールです。
2004年まではこのようにスイスクローンと、
ブルゴーニュクローンを分けてリリースされていたそうです。
どちらも少し劣化しており、
明確な味の違いは私の馬鹿舌にはわかりませんでしたが、
なんとなくブルゴーニュクローンの方が、
しっかりした造りのように感じました。

続いてはヤックリュさんからの差し入れ、
IMG_0269_20120126214131.jpg
山崎ワイナリー ピノ・ノワール 2006 PH3.68

こちらもブラインドで登場した
山崎ワイナリーさんの
バックヴィンテージです♪
この年はMLFを
しっかりとはしていなかったそうなので、
酸が強いかな?と思いましたが、
飲んでみると熟成されたからか、
予想より酸は丸くなっており、
樽と赤果実のニュアンスも拾うことができ、
良い熟成をしていることを感じました。

そしてもう一本Yさんが持ってきてくださったのですが、
諸般の事情でここでは非公開とさせていただきます^^;

ということで、
IMG_0287_20120126214232.jpg

13人で14本のワインを
いただいちゃいました♪
ブラインドの10本に関しては、
皆様に点数をつけていただいたので、
順位を発表したいところですが、
ワイナリーに影響があってはいけないので、
ここでは控えさせていただきます^^
mixiのイベントトピックには、
張っていますので、
ぜひそちらをご覧ください^^
mixiをやっておらず、
どうしても知りたい方は、
左側のメールフォームより、
教えてほしい旨メールください。
結果をお送りいたします。
ちなみに1位2位は共に日本のワインでしたよ♪

最後に、私が主催するワイン会も、
3周年を迎えることができました。
これからも自分のペースで、
開催していきたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
本当に皆様ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。