*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 日本VSイタリア5番勝負!飲み比べ会を開催しました♪ オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー

こんにちはー!
最近は仕事にプライベートに忙しく、
ほとんどブログが書けませんでした^^;
今日からたまっている分を、
どんどん書いて行きたいと思いますー^^

今日は先月開催した、
私が主催しているみんなでわいわいワイン会の
9月度ワイン会の様子をご紹介します^^

9月のテーマは、
「日本VSイタリア5番勝負!飲み比べ会」
ということで、
日本で栽培されているイタリア系品種のワインを
本場のイタリアワインとブラインドで飲み比べて、
どちらが自分の好みだったかを
投票するというものでした。
自分の想像とは違う結果がでて、
とても面白いものとなりました。
そんなワイン会の会場となったのが、
小樽のイタリアンの重鎮、
三輪シェフがオーナーを勤めるイタリアン、
「オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー」さんでした。

IMG_7414.jpg

名前 オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー
住所 北海道小樽市東雲2-3
電話 0134-64-1697
時間 ランチ 11:00~14:00
   ディナー17:00~22:00
休み 月曜日
HP なし

※ 今回の投票結果は、
  あくまで参加者の好みによって選ばれたものです。
  そのワインの絶対評価ではありませんので、
  ご了承ください。


イル・ぴあっと・ヌーヴォーさんは、
運河からも近く、
地元客や観光客でいつもにぎわう
2階建ての素敵なお店です。

今回はワイン会のために、
IMG_7415_20110919113828.jpg
2階を貸切にして、
開催させていただきました^^

お店に着くと、
IMG_7416_20110919113828.jpg
すでにテーブルセッティングが
きれいになされていて、
準備万端です!

それでは早速料理とワインを
順にご紹介していきます!
お店の料理が出る前に、
今回参加してくださったkazuさんが、
素敵な一品を持ってきてくださいました^^
IMG_7421_20110919113828.jpg
kazuさんの畑でとれたゆでとうもろこし

農家をなさっているkazuさんの畑でなった、
とうもろこしです。
お店の許可を頂き、
料理の前にみんなでいただきました。
早速食べてみると、
砂糖でも入っているの!?
というぐらい甘さがあり、
めちゃめちゃ美味しかったです!!
kazuさんありがとうございました!!

それでは三輪シェフの料理を
ご紹介します!
IMG_7422_20110919113827.jpg
本日の前菜の盛り合わせ

いきなり素敵な盛り合わせの登場です!
どれもとても美味しいのですが、
個人的には右下のさばが、
めちゃめちゃ好みでした♪
しめさばのようなものを想像していたのですが、
上にかけられたバルサミコ酢が、
良いアクセントになって、
とっても美味しいです!
そして真ん中のマメニンジンも、
素材の味が存分に楽しめる、
素晴らしい一品でした。

IMG_7424_20110919113934.jpg
うにと魚介のマリネ

ここでうにの登場です!!
うにというだけでテンションあがっちゃうのですが、
その下に敷かれている白身魚や、
貝類が良い感じにマリネされていて、
めちゃめちゃおいしかったです!!
日本のピノ・ブランがよく合いました^^

IMG_7425_20110919113934.jpg
カプレーゼとハモンセラーノのサラダ

さっぱりとしたこちらのサラダ、
モッツァレラチーズのミルクの味わいと、
トマトの甘味、ハモンセラーノの塩味がたまりません!
美味しくいただきました^^

IMG_7426_20110919113934.jpg
祝津産、活貝ホタテのハーブ焼き

ハーブの香りとバターの風味をまとったホタテが、
少し生なぐらいで、
めちゃめちゃ美味しかったー!!
味付けもわりとしっかりとつけられていたので、
今回のワインリストには無かったですが、
樽の利いたシャルドネが、
飲みたくなりました^^

IMG_7430_20110919114002.jpg
ピッツァマルゲリータ

ぴあっとさんのピッツァは、
ちょい厚のクリスピータイプのピッツァで、
食べるとちょっとパンのような感じでした。
生のバジルの香りがとても食欲をそそる、
素敵な一品でした^^

IMG_7434_20110919114001.jpg
えぞメバルアックアパッツァ

この日の魚料理は、
豪快なアクアパッツァでした!
魚そのものの風味を大事にしながら、
味付けされた味わいは、
とても優しく美味しかったですが、
何より美味しかったのは、
その魚の味がよくでた出汁です!
めちゃめちゃ魚介の味がして、
美味しかったですー!

IMG_7440_20110919114046.jpg
オリーブ

今回の会の開催に尽力していただいた、
sanさんが、ゲヴェルツトラミネールに合うとして、
急遽お店にお願いして出していただきました^^
sanさんがおっしゃるとおり、
めちゃめちゃトラミーナのスパイシーな味わいに合い、
美味しかったです!
sanさんありがとうございました!!

IMG_7439_20110919114047.jpg
オーストラリア産牛フィレ肉とマッシュルームの香草パン粉焼き

このお肉が、
めちゃめちゃ柔らかくて美味しいー!
ソースもとっても濃厚で、
赤ワインが進みました♪
マッシュルームもみずみずしく、
とっても美味しかったです♪

IMG_7441_20110919114046.jpg
鹿肉のボロネーゼパスタ

平内のパスタと、
鹿肉のボロネーゼが良く絡み、
素晴らしい一品です。
鹿肉は獣臭さがそれほどなく、
それでいて旨みは濃くあり、
本当に美味しかったです!

IMG_7443_20110919114046.jpg
いかすみのリゾット

見た目真っ黒なこちらのリゾット、
とってもコクが合って美味しいんです!
具材にイカの身も入っていて、
その風味が絶品!
ご飯も芯が残るぐらいの、
絶妙な感じで、
ワインのお供にぴったりな、
めちゃめちゃ美味しい一品でした。

IMG_7450_20110919114134.jpg
本日のデザート

さっぱりしたシャーベットで、
口の中をすっきりさせてくれました^^

続いていただいたワインを
順にご紹介します。
今回のワイン会では、
IMG_7423_20110919113827.jpg
このように完全ブラインドで行い、
どちらがイタリアでどちらが日本か、
わからない状態で、
自分の好みの方に
一票入れていただきました。
結果は、各ワインの後ろに票数を
記載しています。
なかなか面白い結果が出ましたので、
お楽しみに!

まず最初の対決は、
IMG_7427_20110919113934.jpg
1回戦 泡(ピノ、シャルドネ泡対決)

ピノ、シャルドネを使った、
泡対決でした。


IMG_7428_20110919113933.jpg
イタリア カビッキオーリ・バロヴィエ ピノ・シャルドネ・ブリュット N.V(7票)

札幌のはやしや商店さんお勧めの
シャルマ製法の泡です。
熟成感はないものの、
さっぱりとした酸と、
ふくよかな味わいは、
アペリティフにぴったりな一本でした。

IMG_7429_20110919113933.jpg
日本 高畠ワイン 嘉スパークリングブラン・ピノ・シャルドネ 2008(1票)

まずグラスに注いで色にびっくり。
ピノ・ノワールが入っているから?
こちらは炭酸ガス注入式ですが、
熟成しているからか、
濃い色をしていました。
味わいは酸はあまりなく、
熟成が進み、
少し酸化しているような感じです。
熟成させたものではなく、
フレッシュなものを出せばよかったと反省。。。。

泡対決は私の選択ミスもあり、
あっという的にイタリアの方が人気でした。
この対決については、
今度リベンジしたいですねー^^;

続いて、
IMG_7431_20110919114002.jpg
2回戦 白(ピノ・ビアンコ)対決

ピノ・ブランのイタリア語表記である、
ピノ・ビアンコを使ったワイン対決です。

IMG_7433_20110919114001.jpg
日本 北海道ワイン 鶴沼ヴァイスブルグンダー 2009(1票)

ほんのり黄色のこちらのワイン、
香りはグレープフルーツのような、
さっぱりとした柑橘系の香りがします。
口に含むと、
酸をまず感じます。
甘味はほとんどなく、
かなりドライに仕上げられています。
余韻もすっきりしていましたが、
温度が上がるに従い、
香り、味共に開いてきて、
さわやかな味わい含めて、
好印象となってきました。

IMG_7432_20110919114001.jpg
イタリア カンティーナ・ボルツァーノ ヴァイスブルグンダー 2009(7票)

色合いは鶴沼と同等ぐらいですが、
まず香りが華やかな感じです。
花や果実を感じる香り同様、
味わいも華やかな果実味が
口に広がります。
やや甘口な印象ですが、
余韻にかけて酸もきちんと感じるので、
飲み飽きすることありませんでした。

こちらもイタリアが大人気!
鶴沼も後半美味しくなってきたのですが、
やはりイタリアの飲み始めの、
あの華やかさは素晴らしかったです。

続いて、
IMG_7435_20110919114001.jpg
3回戦 白(ゲヴェルツ・トラミネール)対決

イタリアのアルト・アディジェ州トラミン村が原産といわれる、
トラミネールの対決です!
共に金賞受賞のワインということで、
私自身結果が楽しみでした♪

IMG_7437_20110919114047.jpg
日本 北海道ワイン 鶴沼トラミーナ 2007(5票)

色合いはやや黄色な感じで、
グラスを近づけた途端、
素晴らしいライチ、バラの香りを感じます、
口に含むと、
香りほど甘さは感じずに酸があり、
スパイシーな要素も感じます。
決して濃厚ではありませんが、
そこが逆に食べ物との相性を良くしていて、
絶妙な味加減となっていました。

IMG_7436_20110919114047.jpg
イタリア カンティーナ・ボルツァーノ サンタ・マッダレーナ・ゲヴルツトラミネール・クレインステイン 2007(3票)

こちらはまず色が、
かなり濃い色をしています!
そしてグラスからの香りは、
むせ返るほどの濃厚なライチ香です。
そして口に含むと、
香り同様の濃厚な味わいで、
酸はそれほどでもありませんが、
スパイシーで苦味を強く感じ、
かなり強さを感じました。
時間が経つに従い、
味わいに丸みが出てきてました。

ここでなんと日本の方が人気に!
酒質的には断然イタリアなのですが、
このイタリアのトラミネールは濃さが、
賛否分かれました。
ワイン会というシチュエーションで、
一杯だけを飲むなら、
鶴沼の方がバランスが良く、
料理とも合わせやすいとの意見が聞かれました。

続いてイタリアの赤で1番有名な品種、
IMG_7444_20110919114114.jpg
4回戦 赤(サンジョベーゼ)対決

トスカーナ州で栽培され、
キャンティなどで知られる、
サンジョベーゼを使った1本を
飲み比べます!

IMG_7445_20110919114114.jpg
日本 丹波ワイン 小式部サンジョベーゼ 2008(5票)

カシスを思わせるような、
香りと共に、
口に含むと柔らかな樽と共に、
豊かな酸を感じます。
そして果実味と余韻にかけて、
渋みが口に広がります。
ただ、その味わいは、
あくまで穏やかで優しく、
料理とも良くあっていたと思います。

IMG_7446_20110919114114.jpg
イタリア サンファビアーノ・カルチナイア キアンティ・クラシコ 2008(3票)

まず香りが濃いです!
そして口に含むと、
香り同様に濃いタンニンの渋味、
酸味を感じます!!
ただタンニンはそれほど固くなく、
余韻にかけて果実味もあるので、
決して飲みにくいということはありません。
時間をかけてゆっくりと味わいたい、
そんなワインでした。

なんとここでも日本のワインが
好みという人の方が多かったんです!
これもトラミネール同様、
ワインの濃さ的には、
イタリアのワインの方が圧倒的に強く、
1本を時間をかけて楽しめると思うのですが、
ワイン会という場所、
そしてそれほど濃すぎない料理と合わせた結果、
より親しみやすい日本のワインの方に、
票が入った感じでした。
日本ワイン頑張ってます!

最後は北イタリアの品種、
IMG_7447_20110919114113.jpg
5回戦 赤(バルベラ)対決

バルベラ対決です!
最近、少しずつですが、
このバルベラを植えている日本の作り手が増えてきて、
その可能性を知るために、
イタリアと飲み比べてみました^^

IMG_7448_20110919114113.jpg
イタリア コンテルノ・ファンティーノ バルベラ・ダルバ・ヴィニョータ 2009(5票)

これまでのイタリアワイン同様、
かなりしっかりした味わいとなっています。
花のような濃い香りと共に、
渋味と果実味が口に広がります。
まだ若いからか、
タンニンの固さが若干気になりました。
飲み頃はもう少し先といった感じだと思います。

IMG_7449_20110919114113.jpg
日本 小布施ワイナリー ドメーヌ・ソガ・ビオ・バルベラ・ヴァン・ナチュレル 2009(3票)

先ほどのワインとは、
かなり香りが違います。
こちらはベリー系な酸味を感じさせます。
口に含むと香り同様、
かなり酸を強く感じます。
そしてタンニンはそれほど強くなく、
果実味も優しい味わいです。

こちらはイタリアワインの方が、
好みが多かったですが、
その差は僅差でした。
日本のワインに票を入れた方に聞くと、
これまで同様、
イタリアの濃さよりも、
日本の優しさの方が好みという事でした。

ということで、
IMG_7451_20110919114133.jpg
5対決10本のワインを飲み比べました。

結果的には、
イタリアの方が好みという意見が多かったのが3本、
日本のほうが好みという意見が多かったのが2本となりました。
あくまで今回参加した皆様の、
主観による投票でしたが、
全体の傾向として、
それぞれのワインを1杯しか飲まない、
ワイン会という環境、
そして、濃すぎない三輪シェフの料理の中では、
イタリアの濃いワインよりも、
日本の繊細なワインの方が好みという意見が、
少なからずあるということがわかりました。

この結果に納得いかないという方も、
いらっしゃると思いますが、
あくまで今回の参加者による結果
ということを
ご理解いただけると幸いです^^;

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。