*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 東区のフレンチの名店が素敵なワインバーを出店 ラ・サラマンドル

こんばんは!
お盆休みも4日目、
残り明日1日となりました。
今日は特に予定が無いので、
家でブログを更新しています^^

さて、前回のブログでも書いたとおり、
今私好みのお店が、
次々とオープンしています^^
今日ご紹介するのも、
そんな素敵なお店のひとつで、、
東区にある素敵なフレンチのお店、
ル・プルコア・パさんが、
最近注目エリアである西7丁目に出店した
ワインバーです。
6月中旬にオープンして、
オープン直後からあちこちで話題となり、
行ってみたいお店だったのですが、
6月末にワイン師匠とご一緒する機会があり、
その方に連れて行ってもらいました^^
そこですっかりはまってしまい、
それから何度もお伺いしています♪
その素敵なワインバーの名前は、
「ラ・サラマンドル」さんといいます。

IMG_5143.jpg

名前 ラ・サラマンドル
住所 北海道札幌市中央区南2西7-6-2南2条ビル1F
電話 011ー272-1557
時間 17:00~26:00(月・祝日は24:00閉店)
休み 火曜日
HP なし

狸小路に程近いところにありますが、
上の写真を見ていただいてもわかるとおり、
あまり目立つ装飾などをしていないので、
隠れ家のような感じとなっています。

ちなみに昼営業はしていませんが、
昼に見に来ると、
IMG_5858_20110815055009.jpg
こんな感じの店構えとなっています^^
やっぱりあまり目立つ感じではないですねw

店内はとてもやや暗めな照明が
大人な雰囲気をかもし出しています。
お店の真ん中には、
長いカウンターがあり、
壁側にいくつかのテーブル席があります^^
私は一人か二人で来ることがないので、
ずっとカウンターばかりです^^;
お店の方とも話もできるし、
その方が良いんですよね♪

席に座ると、
IMG_5129.jpg
シルバーを用意してくれるのですが、
このシルバーがなんと、
ラギオールでした^^
フレンチなどでラギオールを見たことはありましたが、
ワインバーでラギオールとはびっくり!
料理にも力を入れているという想いが、
伝わってきますね♪

そんなラギオールの下にある
シルバーステイは、
IMG_5148.jpg
お店の名前にもなっている、
サラマンドル(英サラマンダー)
となっています。
サラマンドルとは日本語で、
火吹きトカゲと言う意味で、
ファンタジーなどに出てきますね。
何でサラマンドルさんという名前にしたのか、
いつも聞こうと思うのですが、
忘れちゃうので、
次回はきちんと聞いてきたいと思います!

それではこれまで何度かお伺いした中でいただいた
料理とワインを順にご紹介します^^
(ちなみに料理名を控えるのを忘れたので、
料理名は私が勝手につけてます、ご了承ください^^;)

まずは料理から、
サラマンドルさんの料理は、
フランスの地元で食べられている料理を
提供しているそうです♪
こちらです!
IMG_5132.jpg
サラマンドル風グリーンサラダ

初めてお伺いしたときに、
ワイン師匠がリクエストした一皿。
さっぱりとしたドレッシングが、
おなか一杯の後でも食べられる一品。

IMG_5134.jpg
自家製羊のソーセージ

羊を使った自家製のソーセージ。
プリッとした食感と、
羊のジューシーな味がたまりません!

IMG_5155.jpg
たらとジャガイモのパテ

ブランダートもサラマンドルさんが造ると、
ワインのあてに変身♪
たらは生臭さがまったく無く、
ジャガイモが加わっても、
とってもクリーミー。
付け合せのパンにつけると最高です!

IMG_5153.jpg
バゲット

付け合せのパンが足りなくなり、
単品でバゲットをお願いしました。
表面軽く焼かれているので、
パリッとふんわりと言う感じで、
美味しかったです!

IMG_5829.jpg
ソーセージの中身を焼いた様な料理(名前わからなくてゴメンナサイ^^;)

料理名が適当でゴメンナサイ^^;
名前に書いたとおり、
ソーセージの中身を焼いたようなものでした。
下のソースがとても濃厚で、
お肉の味と合わさり、
赤ワインにぴったりでした♪

IMG_6630_20110815055008.jpg
田舎風パテ

大好きな田舎風パテですが、
他のメニューに見劣りして、
つい最近はじめて頼みました^^;
お肉の挽き加減がやや細かい感じですが、
適度にお肉の食感を残していて、
美味しかったです!
付け合せのレンズ豆とピクルスも
美味しかったです!

IMG_5176_20110815054944.jpg
ブータン・ノワール

ソーセージ上のものを想像したら、
パテを焼いたような形で出てきました^^
血のコクがたまりません!
そのまま食べて赤ワインとあわせても良いですし、、
下に敷かれているマッシュポテトと
あわせても最高です!
まさにフランスの地元料理と言う感じでした^^

IMG_5150.jpg
トリッパ揚げ

大好きなトリッパ!
通常はトマト煮などにされていることが
多いのですが、
さすがはサラマンドルさん、
揚げちゃいました!
表面がカリッとしていますが、
適度にトリッパ独特の食感と香りが残っているので、
トリッパ好きにはたまりません!
ガーリックを効かせてあり、
ワインが進みました!

続いてワインをご紹介します^^
グラスワインは、
フランスのワインを中心にラインナップしており、
自然な造りをしているものが多かったです。
そして嬉しいことにボトルワインですが、
道産ワインの松原農園ミュラーと
TAKIZAWAワインのピノがリストに載っていました^^
こうしたフランスワインが好きな人に、
松原さんや滝沢さんのワインが飲んでもらえると思うと、
とっても嬉しいです!

IMG_5144.jpg
アラン・ベルナール プルミエ・クリュ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット N.V

シャンパーニュにある、
小さなRM(レコルタン・マニピュラン)で、
所有している畑はすべてプルミエ・クリュ以上との事。
そんな造り手のブラン・ド・ブランが、
グラスで楽しめるなんて素敵です!
ブラン・ド・ブランらしい酸もありますが、
どこか柔らかいところもあり熟成させているのがわかります。
余韻にミネラルも感じられる素敵なシャンパンでした。

IMG_5156_20110815054915.jpg
アラン・ルナルダ・ファッシュ ヴァン・ドゥ・ビュジェ・セルドン N.V(2010)

シャンパーニュとは
ある意味対極にあるこちらの泡。
サヴォア地方で2010ヴィンテージから
AOCになったというスパークリングです。
ドサージュをせずに発酵途中に瓶詰めして、
ブドウの糖分を使い二次発酵を行いながらも、
適度に甘さを残しています。
飲むとまさにブドウそのものを飲んでいるような、
素敵な味わい!
21日のワイン会では3種類飲み比べできるので、
今からとっても楽しみです!

IMG_5136.jpg
ドメーヌ・セピ・ランドマン リースリング 2008

今や大人気のブルゴーニュのネゴシアン、
ルー・デュモンを率いる仲田晃二さんが、
修行したことでも有名なセピ・ランドマン、
こちらのリースリングは、
リースリングらしい石油香とともに、
ほのかな甘みとしっかりしたな酸を感じます。
その味わいをミネラルが下支えしているので、
料理とも合わせられる一杯でした。

IMG_5152_20110815054915.jpg
プリモ・パラテューム ヴァン・ド・ペイ・デ・コート・ド・ガスコーニュ・ブラン 2004

ボルドーにありながら、
南フランスの葡萄やワインを取り扱う、
マニアックなネゴシアンの一本♪
こちらはガスコーニュ地方で栽培された
コロンバール50%、ソーヴィニヨン50%
使われています。
7年熟成と言うことで、
熟成が感じられますが、
まだ酸がしっかりしているのでへたっていません。
今が飲み頃からややくだりといった感じで、
面白いワインでした。

IMG_5826_20110815054944.jpg
マルキ・ド・セイラン サン・モン 2009

シュッド・ウエストにある、
マニアックなAOCサン・モンの白です。
使われている品種も、
グロ・マンサン65%、プティ・クルビュ20%、アルフィアック15%
と言うマニアックなもの。
香りは南国系のフルーツの香りがしますが、
飲んでみると
ボリュームはあるのですが、
酸もあるので飲み疲れしません^^
面白いワインでした♪

log-imgs-43.fc2.com/n/o/b/nob916/IMG_5321.jpg" target="_blank">IMG_5321.jpg
ドメーヌ・オー・カンパーニュ ヴァン・ド・リュ9002 N.V(2009)

こちらもシュッド・ウエストにある造り手の一本。
ビオディナミを行っており、
栽培醸造などを月の満ち欠けで行っているとの事。
格付けがヴァン・ド・ターブルなので、
ヴィンテージができない代わりに、
名前にヴィンテージを逆さにした数字が毎年書かれています。
コロンバール50%、ユニ・ブラン20%、ミュスカデル10%、
プティ・タルビュ10%、ソーヴィニヨン・グリ10%
という、ほとんど聞いたことが無い品種が、
沢山使われています。
香りは柑橘系の香りがし、
飲んでみると香り同様の酸味を感じると同時に、
しっかりとしたミネラルを感じます。
身体に染み入るような味わいは
素晴らしかったです!

IMG_5126.jpg
ドメーヌ・アンリ・ドゥラグランジュ オー・コート・ド・ボーヌ ルージュ 2009

あまり見かけない造り手ですが、
ブルゴーニュで6代続くドメーヌとの事、
こちらのオー・コート・ド・ボーヌは、
ポマールを見下ろす丘の上に畑がるそうです。
2009ヴィンテージらしい
チャーミングな果実の香りを感じます、
味わいも渋み、酸もしっかりありますが、
果実の方が強く感じられ、
そのためか今飲んでも美味しくいただけます^^
やはり2009ヴィンテージの下のクラスは、
今飲みに最高ですね!

IMG_6629_20110815055008.jpg
ジュリエット・シュニュ オー・コート・ド・ニュイ ルージュ 1999

こちらはルイ・シュニュのお姉さんの方が営むネゴシアンです。
12年前のワインをグラスで楽しめるなんて、
嬉しいですね。
やや枯れかかって、
タンニンは柔らかくなっていますが、
まだまだしっかりしています!
枯れ好きの人なら、
ちょうど飲み頃なのではないでしょうか?
若いヴィンテージよりも飲みやすくて、
こういうワインも良いですね♪

IMG_5177_20110815054944.jpg
ルネサンス・ボルドー 2008

なんともラベルが不思議なこちらのワインは、
ボルドーの中では珍しい自然派の造り手です。
若いボルドーはタンニンが強く、
がちがちなイメージですが、
こちらはそれほどタンニンもきつくなく、
飲んだ印象も柔らかいです。
今飲んでも普通に美味しいボルドーでした^^

IMG_5175_20110815054945.jpg
タルデュ・ローラン コート・デュ・ローヌ・キュヴェ・ギイ・ルイ 2002 

ローヌの生産者であるミシェル・タルデューと
ブルゴーニュの醸造家ドミニク・ローランが
共同出資して設立したのが、
ネゴシアンであるタルデュ・ローランです。
リリースされるワインは、
最低樽熟2年させてからリリースされるとの事。
こちらのギイ・ルイは、
グルナッシュ50%、シラー50%使われています。
ローヌは個人的に苦手な地方ですが、
グラスで熟成したものが飲めるのは珍しいと思い、
頼んでみました。
香りは果実の中にスパイシーさを強く感じますが、
口に含むとそれほどの濃さは無く、
まろやかなスパイシーさと果実味が口に広がり、
飲みやすい味わいでした。

IMG_5830_20110815055009.jpg
ベルナール・プラジオル ル・プリュヌラール 2002

シュッド・ウエストのガイヤックと言う、
あまり知られていない地域でプラジオル家。
現在はベルナール氏がワインを造っていますが、
父のロベール氏は、
絶滅しそうな土着品種の栽培を広げた結果、
今ではAOCの中にその品種が使えるように
なったそうです。
こちらのワインもプリュヌラールと言う
土着品種が使われています。
味わいは南らしい果実とタンニンを強く感じますが、
熟成によりそれらの角が丸くなり、
飲みにくさはありません。
先ほどのローヌよりはスパイシーな感じが無く、
より果実が強く感じられる味わいでした。

IMG_6632_20110815055008.jpg
ドメーヌ・ピュイデュヴァル ルージュ 2007

ラングドックのワインとしては珍しく、
カベルネフラン 60%、シラー30%、メルロー10%
と、カベルネフランが中心となっています。
樽熟1年以上と言うことで、
香りにバニラっぽさを感じます、
口に含むとカベルネフランの青っぽさは、
ほとんど感じられず、
よく熟したプルーンの様な味わいと
スパイシーさを感じます。
結構濃い味わいなので、
時間を掛けてゆっくりと味わいたい、
そんなワインでした^^

店内もとっても素敵なサラマンドルさん、
料理もワインバーとはいえ、
さすがはプルコア・パさんの姉妹店ということで、
しっかりとしたフランス料理となっています。
メニューも豊富なので、
一人できても良いですし、
複数で来てシェアしても良さそうです。
そしてワインも、
フランスのマニアックな地方や品種、
自然派の造り手のワインなどを
グラスで楽しめるのは、
個人的にはとっても嬉しいです!
ぜひ、気になった方は、
足を運んでみてください^^
とても素敵な時間を過ごせると思いますよー♪


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。