*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 貴重な日本ワインを飲む会に参加させていただきました ランス

こんばんはー!
昨日、久しぶりに余市の畑めぐりを
してきました。
今年は7月の長雨で花ぶるいや
灰カビなどが発生し、
収量低下が心配されましたが、
余市は多少減にはなりそうですが、
それほど深刻でもないようでした。
昨日のような暑い日でも、
灰カビ対策などで1日畑につきっきりで、
改めてブドウを育てると言うことの
大変さを教えていただきました。
お伺いさせていただいた皆様、
ありがとうございました!

今日はいつもお世話になっている、
ワインバーで開催された、
素敵なワイン会の様子を
ご紹介させていただきます^^
道産ワイン、そして日本のワインが大好きな私が、
いつもお伺いするのが楽しみな、
ワインバーがあります。
そちらのお店のオーナーさんは、
道産ワインを応援するだけでなく、
自ら畑に出向いて、
畑の様子を勉強している、
素晴らしい方なんです^^
お店に行くと、
そうした畑を見てきたことを、
色々と教えてくださり、
とても楽しい時間を過ごせるんです^^
そんなオーナーさんから今回、
美味しい道産ワイン、日本ワインを
飲む会をやると誘っていただき、
参加させていただきました^^
そのお店の名前は、
「ランス」さんといいます。

IMG_5157.jpg

名前 オイスター&ワインバー ランス
住所 北海道札幌市中央区南二条西3 KビルB1
電話 011-251-7757
時間 月~土 15:00~23:00
   日・祝 15:00~22:00
休み 無休
HP  http://r.gnavi.co.jp/h043300/(ぐるなび)

この日集まったのは、
私以外はソムリエ資格を持っている、
プロのソムリエさん。
私のような素人が参加しても良いのかと、
思ってしまいました^^;
ただ、初めての方も、
お話しするととても楽しい方で、
ソムリエであることをえばったしないので、
とても楽しい時間を過ごすことができました^^
ご一緒した皆様、
ありがとうございました!

と言うことで早速いただいた料理とワインを
順にご紹介いたします^^

IMG_5159.jpg
フォカッチャ

ランスさんのお通しといえばこれ、
表面がかりっとしていて、
中はふんわり^^
小麦の甘さもほんのり感じて、
とっても美味しいフォカッチャです♪
これだけでワインが進みます!

IMG_5161.jpg
蒸し牡蠣(カキえもん)

そしてランスさんといえば牡蠣です!
こちらのカキえもんは普通の牡蠣ではなく、
シングルシードという
野生の牡蠣の環境に近い育て方をしたもので、
大きさは小ぶりですが、
とっても濃厚で美味しいです!
素晴らしい味わいでした^^

IMG_5173_20110718072956.jpg
前菜盛り合わせ(田舎風パテ、サラミ、フォカッチャ)

こちらもワインが進む、
素敵な一皿^^
田舎風パテは、
適度にお肉の食感が残してあり、
味も肉の味をしっかりと感じます^
サラミやフォカッチャも
ワインとの相性良く、
とっても美味しかったです!

IMG_5163.jpg
チーズのピッツァ

ピッツァの生地に、
チーズを乗せたと言うシンプルなピッツァですが、
これが美味しい!!
チーズのコクと塩味のバランスが素晴らしく、
そのまま食べても美味しいですし、
赤ワインと一緒に食べると、
もう止まりません!
素晴らしい味でした^^

そしてメニューを見てどうしても食べたくなった、
こちらをお願いしちゃいました!
IMG_5114_20110718072723.jpg
ウニボナーラ(ハーフサイズ)

ウニと生クリーム、
そしてバターを使ったと言うこちらのパスタ。
ウニの風味が濃厚で、
めちゃめちゃ美味しいです!
パスタも平太な麺を使用しており、
ウニの濃厚な風味に負けていません!
そしてパスタの上にもウニが乗ってあり、
パスタと絡めて口に運ぶと、
もう何もいりません!!
写真見ながらこの文書いているだけで、
また食べたくなってきましたー!!

続いて、
そんな美味しい料理とともにいただいた、
素敵なワインたちをご紹介します^^
IMG_5158.jpg
ローラン・ペリエ ブリュットL・P N.V

いきなりシャンパーニュの登場♪
大手シャンパンメゾンの
ローラン・ペリエです!
シャルドネが主体との事で
きりっとした酸がありながら、
熟成感もあり、
ピノのようなほっこりした部分も
感じられます^^
ゆっくり味わいたい
美味しいシャンパーニュでした^^

そして次にオーナーの吉島さんが、
2種類のワインを持ってきてくださいました^^
IMG_5106_20110718072723.jpg
ミュラートゥルガウ飲み比べ

去年収穫されたミュラートゥルガウの
飲み比べです!
余市のブドウと蘭越のブドウ、
新進気鋭の造り手と北海道一のワイナリー、
といった比較が面白い飲み比べとなりました^^

IMG_5107_20110718072723.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ・ナカイ・ミュラー 2010

余市の曽我貴彦さんが、
1年間の研修でお世話になった中井さんの
ミュラーを使った一本。
緑色の果皮のブドウのはずなのに、
ほのかにピンクが買っている不思議なワインです。
味もこれまでのミュラーとは違い、
桃のような香りとともに
口に運ぶと酸とともにミネラルを強く感じます。
その味わいが余韻となって口に残ります。
ミュラーでこれほど強いワインは、
今まで飲んだことがありませんでした。

IMG_5108.jpg
松原農園 ミュラー・トゥルガウ 2010

蘭越の2010も暑かったということで、
ここ数年の松原さんのワインよりも、
酸が穏やかで、
その分果実味がしっかりしていて、
今飲んでも美味しく仕上がってました。
ただ、松原さんのミュラーの好みは
もう少し酸があり
甘さ控えめな感じが好みだったので、
ちょっと好みから外れていました。
そうは言っても、
もちろんかなりレベルは高く、
美味しかったです!

IMG_5115.jpg
中央葡萄酒 セレナ・ケルナー 2009

中央葡萄酒がグレイスに続く、
カジュアルラインとして造った、
セレナシリーズのケルナーです。
ブドウは余市の木村さんのブドウが、
100%使われています。
中央葡萄酒さんのケルナーと言えば、
甘口か辛口といった感じですが、
こちらはまさに中口といった感じで、
きりっとした酸の中に、
適度な甘さを感じる味わいでした。
余韻もしっかりしているので、
飲み飽きする事無く、
一本のめちゃいそうな味わいでした^^

IMG_5116_20110718072722.jpg
サントリー ジャパン・プレミアム・甲州 2009

サントリーの新しいシリーズである、
ジャパンプレミアム。
高周波山梨さんの甲州が使われており、
ほっこりした甲州の味わいの中に、
旨みがあります。
酸はそれほどありませんが、
すっきりした味わいで、
こちらもするすると一本飲めそうな味わいでした。

IMG_5160.jpg
十勝ワイン セイオロサム 2008

余市の珍しい品種である、
モリオマスカットが使われた一本。
しっかりした酸を感じます。
果実味がそれほど無いので、
酸が目立っている印象です。
もう少し果実味を残すと、
自分好みな感じでした。

IMG_5117.jpg
サッポロワイン グランポレール・北海道バッカス 2008

サッポロワインさんが、
北海道限定でリリースしたバッカス。
こちらは余市の弘津さんのブドウ100%となっています。
バッカスらしい甘いマスカットのような香り同様、
味わいもやや甘口といった感じです。
酸が弱めなので、
もう少し酸があると良いのですが、
さすがサッポロワインさん、
そつが無い造りでした。

IMG_5118.jpg
サッポロワイン グランポレール北海道ミュラートゥルガウ 2009

こちらも余市のブドウが使われた、
ミュラートゥルガウ。
ほっこりした味わいでこちらもやや甘口です。
最初の飲みあたりが良く、
美味しいと思いましたが、
徐々に甘さが口に残り、
グラスが進みません。
もう少し辛口にするか、
酸を聞かせると良いのになぁと思いました。

続いて赤ワインです!
赤ワインも最初は2杯用意してくれました。
IMG_5169_20110718072956.jpg
十勝ワインツバイゲルト飲み比べ

十勝ワインが余市の
ツヴァイゲルト・レーベを使って仕込んだワイン。
その垂直飲み比べとなりました。

IMG_5167_20110718072956.jpg
十勝ワイン ツバイゲルト 2005

まずは現行ヴィンテージ2005。
現行ヴィンテージで2005と言うのもすごいですが、
飲み頃になってからリリースすると言う、
十勝ワインさんの思いを感じます。
はじめふわっと樽を感じた後に、
スパイシーな味を感じ、
タンニンの力強さを感じます。
その力強さが余韻となって口に残り、
とても美味しいワインでした。
もう少し寝かせても良さそうな味わいでした。

IMG_5168.jpg
十勝ワイン ツバイゲルト 1996

15年前のワイン、
かなりタンニンは柔らかくなっています。
ただ、味わいの奥行きは2005よりもあり、
複雑な味わいを感じます。
2005が若い新人だとしたら、
こちらは芸を極めた玄人といった感じです。
好みはあると思いますが、
私はこの懐の深さに
感動しました^^

IMG_5162.jpg
サントリー ジャパン・プレミアム・マスカット・ベーリーA 2009

こちらもジャパンプレミアムの一本。
ベーリーAらしいキャンディのような、
甘酸っぱい味わいを感じます。
タンニンの渋さはあまり感じられず、
飲みやすい一本です。
飲んで美味しいのですが、
サントリーらしさといったような
特徴があると、
面白いのにと思いました。

IMG_5164.jpg
TAKIZAWAワイン ピノ・ノワール 2010

春にリリースされた直後に飲んだときは、
まだ微発泡な感じで、
味が暴れていましたが、
今回は多少発泡はしていましたが、
味のまとまりが出てきていました。
薄旨系な味わいで、
酸がしっかりしていて、
余韻にかけて感じる土っぽさは、
まさに北海道の
ピノ・ノワールといった感じでした。
とても美味しかったです!

IMG_5165.jpg
宝水ワイナリー ピノ・ノワール 2009

飲むと綺麗な作りをしていて、
ピノらしさを感じられます。
こちらも滝沢さんのピノ同様、
薄い味わいですが、
宝水ワイナリーさんのほうが樹齢が若いからか、
複雑さと余韻が弱かったです。
どんどん樹齢を重ねていくのが
楽しみですね♪

IMG_5171_20110718072956.jpg
山崎ワイナリー ピノ・ノワール 2007

山崎ワイナリーさんらしい、
酸をまず最初にしっかりと感じますが、
それほど嫌な酸の強さではありません。
むしろ味のアクセントとしては、
ありだと思うぐらいです。
タンニンはそれほど強くなく、
樽をほのかに感じます。
昔ほど強い酸はなくなりましたが、
やはり味わいの基本は酸です。
年々美味しくなっているので、
これからますます楽しみなワインの一つです。

IMG_5166.jpg
サントリー サントリー登美が丘ワイナリー・カベルネ・フラン 2002

今回の赤ワインナンバー1!
樽熟成6年と言う、
大手で無ければできないような
すごいワインです。
そして味わいも
未熟なカベルネ・フランに見られる
青っぽさがまるで無く、
熟成によって丸くなった綺麗なタンニンと、
樽のテイストが一体となり、
まるでボルドーのようです。
こうした手間と時間を掛けて
美味しいワインが造れるのは
やはり大手ならではですよね。

そして最後に
IMG_5174_20110718073005.jpg
小布施ワイナリー ソッガ・ミヤマニシキ純米吟醸原酒 2010

小布施ワイナリーさんが冬の間に造っている、
貴重な日本酒をいただきます。
使うお米はミヤマニシキと決め、
ろ過や清澄をしないと言うこだわりのお酒は、
辛口なのですがどこかお米の甘さを感じる
素晴らしい味わいでした。 

私、個人的に少し前までは
小さなワイナリーの方が、
小回り聞いて良いと思っていましたが、
今回サントリーさんの
カベルネ・フランを飲んで、
やはり大手で無ければ作れない、
素晴らしいワインもあるんだ。
ワインはワイナリーの大きさではない、
その中で働いている人の
良いワインを造りたいと思う
強い気持ちだと言うのを感じました。
吉島さん素晴らしいワイン
ありがとうございました!
そしてご一緒した皆様、
ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。