*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 素晴らしいヴィニロンとシェフの素敵な競演! リッチイタリアーノ

おはようございます!
一昨日はとっても素敵なワイン会に、
参加させていただきました。
素敵なワインと素敵な料理、
そして素敵な方々、
すべてが素晴らしい会で、
とても楽しい時間を
過ごすことができました。

というわけで、
今日は、ワイナリー訪問記は一休みして、
早速、一昨日参加させていただいた、
ワイン会の様子をご紹介します。

そのワイン会というのは、
北海道の若手ヴィニュロンを迎えて、
ヴィニュロンのお話しを聞きながら、
ヴィニュロンが携わったワインと、
そのワインに合う料理をみんなでいただくという
ワイン会でした。
そのヴィニュロンの方とは、
去年の12月にお会いし
畑を見学させていただいたり、
ワインを購入させていただいていました^^
そんなご縁で、
今回の会のことを教えていただき、
参加させていただく事になったのです^^
会場となったのは、
ずーっとずっと行ってみたかった、
イタリアンのお店、
「リッチイタリアーノ」さんです。

IMG_4550.jpg

名前 リッチイタリアーノ
住所 北海道札幌市北区あいの里1条3丁目17-15
電話 011-778-4524
時間 pranzo 11:30~14:30(LO/14:00)
   cena 18:00~22:00(LO/21:30)
休み 月曜日(祝日の場合は翌日)
HP http://www15.plala.or.jp/ricci/

それでは早速、
今回の主役のヴィニュロンさんと、
素晴らしい料理を作ってくださった、
シェフをご紹介します^^
IMG_4553.jpg
左から、
ヴィニュロンの佐々木賢さん、奥様の佳津子さん、
そしてリッチイタリアーノのシェフ、川崎律司さんです。
佐々木さんとは、
上にも書いたとおり、
去年の12月に、
佐々木さんがお手伝いしている、
羊蹄グリーンビジネスさんにお伺いした際にお会いし、
葡萄畑だけでなく、
野菜の畑を案内していただきました^^

佐々木さんは、
北海道生まれですが、
本州やフランスに移り住み、
ワインの勉強をしてきたという、
素晴らしい経歴の方です。
そんな素晴らしい方が、
北海道に戻ってきてくださるなんて、
道産子冥利に尽きますね♪

奥様の佳津子さんは、
神戸ワインで働いていて、
今年も、夏場は手伝いに行くそうです。
今回始めてお会いしましたが、
ほんわかしていながら、
強いこだわりを持っていらっしゃる方で、
とても素敵な方でした。

そして、川崎シェフ。
今年の3月までイチオシ!という番組内で、
料理を教えていて、
その料理がどれも美味しそうで、
数年前から一度行ってみたい、
お会いしてみたいと思ってました。
TVで見た印象どおりの、
とっても気さくな方で、
お話してもとても楽しい、
素敵なイケメンシェフでした♪

そんな3人は、
共通のご友人がいらっしゃり、
その方を介してフランスで
しばらくご一緒していたときがあるそうです。
そんなことから、
佐々木さんが北海道に戻ってきたときには、
ぜひワイン会をやろうと話しをしていたそうです。
そこで、去年佐々木さんが北海道帰ってきて、
今年佐々木さんが携わったワインが
発売になったのに合わせて、
今回の会を開催することになったそうです。
そうした繋がりって素敵ですよね。
そんな会に参加することができ、
本当に幸せでした♪

お店の中には、
IMG_4551.jpg
そんな佐々木さんご夫婦が携わったワインが、
いまかいまかと、
出番を待っていました^^

そしてテーブルの上には、
IMG_4554.jpg
ワイングラスが沢山置かれています!
今回のワイン会、
グラスを使いまわす事無く、
常に新しいものを用意してくださいました^^
そのおかげでどのワインも
美味しくいただくことができました^^
そうした川崎シェフの配慮が、
本当に素晴らしいですね!

さらに席に着くと、
IMG_4557.jpg
テーブルセッティングも、
綺麗になされていて、
本当にホスピタリティに優れた、
お店だと思いました^^

いつも気になるシルバーも、
IMG_4561.jpg
しっかりしたものが用意されており、
ひとつのナイフとフォークで
コースすべてをいただくと言うスタイルに
なっていました♪

そうしている間に人数が揃い、
いよいよワイン会スタートです♪
今回いただくワインは、
すべて佐々木さんご夫婦のどちらかが、
携わったワインとの事で、
料理はそのワインに合わせるために、
前の日の営業終了後に、
佐々木さんご夫婦と川崎シェフが、
実際にワインを飲みながら
味付けなどのすり合わせを行ったそうです。
そこまでこだわってくださるなんて、
参加者としてはとても嬉しいですね!
実際いただいてみても、
本当に素晴らしいマリアージュでした^^

ワイン会では、
佐々木さんご夫婦はホストに徹し、
ワインを注いでくださり、
ワインについての説明をしてくださいました^^
説明はとてもわかりやすく、
こちらからの質問にも
丁寧に答えてくださり、
川崎シェフも調理の合間に、
丁寧に料理の説明に来てくださり、
そのおかげで、
ワインも料理も、
よりいっそう美味しく感じました♪

それでは早速いただいたワインと料理を
ご紹介します!
IMG_4558.jpg
羊蹄グリーンビジネス ラロ・スプマンテ スペチアーレ 2010

なんといきなり非売品の一本です!
手書きのスペチアーレの文字が素敵です♪
日本初のJAS有機認定を受けた、
羊蹄グリーンビジネスさんの畑で収穫された、
ミュラー・トゥルガウ、ゲヴュルツ・トラミネール、ケルナーを使った、
スパークリングです。
生産本数30本と言う貴重なワインを
2本もいただいちゃいました^^
香りはゲヴュルツらしいライチっぽさの中に、
ミュラーの柑橘系を感じます。
口に含むとしっかりとした酸を感じた後に、
複雑さが出てきて、
仕舞いにかけて若干の苦さを感じます。
泡はそれほど強くないのですが、
きめ細かく、
めちゃめちゃ美味しいです!
今年は収量が取れるので、
きちんとリリースされるかもとの事でした^^

そんなスパークリングにあわせたのは、
IMG_4560.jpg
地物 緑アスパラのフリット ポレンタの衣で

地物のアスパラをとうもろこしの粉をまとって
フリットにした一皿です。
みずみずしいアスパラとポレンタの食感が楽しく、
きりっとしたスパークリングとの相性もばっちりな、
まさにシンプルイズベストな一皿でした^^

IMG_4562.jpg
さっぽろ藤野ワイナリー セパージュシリーズ・リースリング 2010

ラロ・スプマンテのシャルドネとスペチアーレを仕込むのに、
佐々木さんが醸造施設を使わせていただいた
さっぽろ藤野ワイナリーさんの
リースリングです。
北海道ではなかなか熟すことの難しいリースリングですが、
このワインの原料となったブドウが育った乙部町では、
春が早く秋が遅いため、
しっかりと熟したブドウが収穫されるそうです。
乙部町では古くからリースリングが栽培されており、
樹齢も20年以上の古木から収穫されたブドウだそうです。
香りはリースリングらしい石油香を感じますが、
それほどどぎつくなく、
味わいは綺麗な酸を感じながらも、
すっきりした味わいとなってます。
しっかりとした辛口に仕上げてあるので、
料理とも喧嘩せずに
美味しくいただくことができました^^

リースリングと合わせたのがこちら、
IMG_4566.jpg
フロマージュ・ド・テット サルサヴェルデ赤玉ネギのピクルス

この料理めちゃめちゃ美味しいです!
牛肉のいろんな部位が入っていて、
表面のチーズのかりっとした食感と、
お肉のいろんな部位の食感が
とても楽しく美味しかったです♪
そんな料理がリースリングと合うの?
と思われるかもしれませんが、
そこは川崎マジック。
調理の最後に、ライムを削ったものを
上にかけます。
最後にかけることによって、
ライムの香りがとても広がり、
リースリングの酸味との相性が
抜群でした!

IMG_4567.jpg
神戸ワイン ベネディクシオン・ブラン 2009

とっても素敵なラベルですよね。
こちらのワインは、
奥様の佳津子さんが勤めていた神戸ワインで、
佳津子さんが誕生させた新シリーズ、
ベネディクシオンの白です。
神戸で栽培されたシャルドネを、
樽発酵、樽熟成、さらにシュールリーをしていると言う、
贅沢な造りとなっています。
基本的には綺麗な作り方で造られており、
色も良く出ています。

早速グラスを近づけると
香りが驚きです。
オーク樽由来のバニラ香が、
むんむんしています。
お隣に座った方はウイスキーの様と
おっしゃっていましたが、
本当にそんな感じです。
口に含むと、酸が穏やかですが、
九州などのシャルドネにありがちな、
トロピカルな感じも抑えられていて、
ニューワールドともブルゴーニュとも違う
テイストに仕上がっていて、
日本のシャルドネもここまで来たかと、
考え深くなる一本でした。

そんなシャルドネに合わせたのがこちら、
IMG_4572.jpg
何か紙包みがお皿に乗って、
出てきました^^

早速開けてみると、
IMG_4573.jpg
天然真鯛、ボタン海老、白アスパラガスのカルトッチョ、バターの香りで

真鯛にボタン海老、
そして下には白アスパラガスという、
贅沢な一品が出てきました!
紙包みを破ったときに香るバニラと
アスパラの香りは、
贅沢な白ワインにはぴったり。
素晴らしい競演となっていました。

紙包みの下にたまったバターを
IMG_4570.jpg
パン

こちらのパンにつけて食べると、
もう最高♪
このパンは、
後のソースにも大活躍を
していました!

そしてもう一皿、
IMG_4575.jpg
赤パプリカのプディング、塩水雲丹

予備に作っていたと、
川崎シェフがおっしゃってましたが、
何も何も素晴らしい一皿です。
パプリカの甘みにウニの甘みが加わり、
素晴らしい味わいとなってました。
個人的には神戸のシャルドネよりも、
藤野のリースリングとの相性が、
良いと思う一皿でした♪

IMG_4576.jpg
ノラ・ホッカイドウ ノラ・ルージュ 2010

今回のワインのある意味主役の登場です!
去年収穫した乙部のブドウを使い、
さっぽろ藤野ワイナリーの施設で仕込んだワインです。
ラベルがとってもかわいいですよね♪
品種は佐々木さんの意向でラベルにも書かれていないので、
ブログでも秘密にしておきます。
知りたい方は直接聞いてくださいねw
野生酵母を使っているからか、
香りからは品種特性が抑えられ、
複雑な香りが出ており、
口に含んでも、
酸とタンニンがまだ暴れている感じはありますが、
がちがちな感じがせず、
あの品種からはイメージできないワインです。
まさにオンリーワンな味わいで、
佐々木さんオリジナルな素晴らしいワインでした。

その個性的なワインと合わせた料理がこちら、
IMG_4579.jpg
フランス産フレッシュフォアグラのポワレ イチゴのアレンジで

このマリアージュが素晴らしかったです!
表面がパリッと仕上げられた、
フレッシュフォアグラの濃厚な風味と、
ソースのイチゴの酸が、
佐々木さんのワインから感じる、
独創的な香りや、
北海道らしい酸を基調としたワインに
ばっちり合いました。

次に登場したワインは、
IMG_4580_20110612093541.jpg
ココファーム&ワイナリー 風のルージュ 2008

佐々木さんが一時期お手伝いをしていた、
ココファームさんのワインです。
北海道のツヴァイゲルト・レーベが8割、
残りの2割が山形のカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが
使われています。
ノラ・ルージュに比べると、
かなり力強いつくりになっており、
タンニンがかなりしっかりしていて、
オーク樽由来の香りも感じます。
まだ少し固いところがあるので、
もう少し寝かせてから飲むと、
味が広がるような気がしました。

そんなワインに合わせた料理は、
IMG_4583.jpg
三元豚・スペアリブのカシス煮込み 自家製パスタ・フレッシュチーズ

このパスタの使い方が素晴らしいです!
ラビオリにしようかと思ったけど、
このようにしたと言う、
川崎シェフのセンスが光る一品です。

平たいパスタの中には、
IMG_4584_20110612093612.jpg
カシスで煮込まれたとろとろの豚肉が、
フレッシュチーズとともに現れます。
このカシスの風味がワインの特徴を捕まえ、
そこにフレッシュチーズの
フレッシュな味わいが加わり、
ワインとのマリアージュに、
アクセントを与えています。
この組み合わせも素晴らしいです!
感激した一皿でした^^

そして最後のワインがこちら、
IMG_4585.jpg
神戸ワイン ベネディクシオン・ルージュ 2008

神戸のメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンが
使われたこちらのワイン。
こちらも野生酵母で仕込まれ、
樽熟成されています。
野生酵母だからなのか、
ボルドースタイルな品種なのですが、
2008ヴィンテージとは思えない柔らかさがすでにあり、
今飲んで美味しいワインになってました。
やはり北海道のワインに比べ、
酸が弱いのが気になりますが、
果実とタンニンがふくよかに感じる
柔らかい味わいは、
素晴らしい一本だと思います。

そんなワインには、
IMG_4588.jpg
黒毛和牛・サーロインのステーキ 香草、マッシュポテト、サマートリュフ

黒毛和牛の柔らかいステーキをあわせます。
黒毛和牛と言うことで、
こちらも味に柔らかさがあり、
ワインのふくよかな味わいとの相性が
とても良かったと思います。
ワインの複雑な香りに負けない、
香草やサマートリュフの香りが、
お肉と一緒に味わうことで、
よりワインとの相性を深めるような
風味を感じました。

と、ここで川崎シェフからの、
素敵なプレゼントが!
IMG_4592.jpg
ナカザワヴィンヤード(ココファーム&ワイナリー) クリサワブラン 2008

なんとクリサワブラン、
しかも2008ヴィンテージです!
佐々木さんと中澤さんは、
生産者同士のつながりがあると言うことで、
川崎シェフからデザートに合わせるワインとして、
今回特別に開けてくださいました^^

2008ヴィンテージは、
リリース直後はやや甘めな
南国チックなところがありましたが、
それが程よい熟成感となっていました。
後半にかけての味の広がりは
さすがクリサワブランと言う感じで、
まだもう少し寝かせることができそうですが、
自分が思っていたよりは、
早めに飲んだ方が良さそうかもとも思いました。
家にある1本いつ飲もうか、
迷っちゃいます^^;

そのクリサワブランとあわせたデザートがこちら、
IMG_4591.jpg
ビワのコンポート、ザクロのゼリー、カンパリ、グレープフルーツのジュレ

とってもやさしいデザートです。
ビワの自然な甘さと、
ザクロやグレープフルーツの酸味が
とても心地よく、
クリサワブランの自然な果実味と酸に
良く合っていたと思います。

そして最後に、
IMG_4596.jpg
コーヒー

こちらの美味しいコーヒーを飲んで、
すっきりしたところで、
ワイン会終了です♪

IMG_4595.jpg
改めていただいたワインを並べて
写真に撮ると、
この会の貴重さが良くわかります^^
これからの北海道のワイン背負うお二人の
過去から現在、
そして未来を感じさせるワインは、
どれも本当に素晴らしかったです。

そんな素晴らしいワインに、
合わせた料理も、
川崎シェフの独創的な素晴らしいアイディアによって、
どのワインとの相性も素晴らしかったです!
リッチイタリアーノさんという名前の通り、
イタリアンのお店ですが、
今回のワインに合わせて、
柔軟にフランス的なエッセンスを織り交ぜた料理は、
さすがは川崎シェフといった感じです。

そしてご一緒させていただいた皆様も、
皆様リッチイタリアーノさんの常連とのでしたが、
初めてお伺いした私にも、
気さくに声を掛けてくださり、
とても楽しい時間を過ごすことができました^^
やっぱりワイン会は、
美味しいワインと料理、
そして楽しい人々がいてこそ、
思い出に残るんだと改めて感じました^^

最後に改めて、
今回の会にお誘いいただいた佐々木さんご夫婦、
素晴らしい料理を提供してくださった
川崎シェフとスタッフの皆様、
そして楽しい時間を
ご一緒させていただいた皆様、
本当にありがとうございました!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。