*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三笠 いよいよ情報解禁!期待の新ヴィンヤードです♪ KONDOヴィンヤード

こんばんはー!
今日はショックなことがありました。
とはいえ、自分のせいなのは
わかっています。
理性ではわかってはいるのですが、
気持ち的にどうしても、
許せない部分があるのも事実です。
変なこと書いちゃってごめんなさい^^;

さて今日は、
いよいよ情報解禁となった、
新しいヴィンヤードを
ご紹介します!!

実は3年前からそのヴィンヤードには
お伺いしていたのですが、
これまでは樹齢が若いこともあり、
ブドウの収穫ができず、
ワインを造っていなかったので、
情報をシークレットしていました。
ですが、去年の秋にわずかですが収穫ができ、
今年から本格的な収穫がはじまると言うことで、
今回ヴィニロンの方から、
名前や住所を公開してもOK
との言葉をいただいたので、
公開させていただくことになりました^
そのお伺いしたヴィンヤードの名前は、
「KONDOヴィンヤード」さんといいます。

IMG_2883.jpg

名前 KONDOヴィンヤード タプ・コプ農場 
住所 北海道三笠市川内842番地13
HP  http://www10.plala.or.jp/kondo-vineyard/
 
 ※ 近藤さんは家族経営のブドウ畑ですので、
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   連絡先等、詳しくはHPをご覧ください。
   基本的にはぶどう栽培家さんの所には、
   畑しかありません。それを理解したうえで、
   訪問してください。


KONDOと聞いて、
ピンと来た方は、
私のブログの愛読者ですねw
そうです!
昨日ご紹介したさっぽろ藤野ワイナリーさんに、
技術提供をしている、
近藤良介さんが営むヴィンヤードなんです。

ということで、
KONDOヴィンヤードのヴィニロン、
IMG_2886.jpg
近藤良介さん

近藤良介さんです。
近藤さんの簡単なプロフィールは、
前回のブログ
そして詳しいプロフィールを知りたい方は、
近藤さんのHPをぜひご覧ください^^

現在、KONDOヴィンヤードさんは、
2つの畑を持っています♪
上の写真でご紹介したのは、
三笠にあるタプ・コプ農場です。
タプ・コプとは、
畑のある地域のアイヌ語地名で、
「盛り上がったような丘」
と言う意味があるそうです。
近くにはあのワイナリーや、
あの素敵なヴィニロンが営む畑があるという、
葡萄畑に囲まれた地域です^^

その中でも近藤さんの畑は、
上の写真で見ていただくとわかるとおり、
一番斜度がきつくなっています。

上から見ても、
IMG_2894.jpg
このようにかなりの角度が
あるのがわかります。

下から上に上がるだけでも、
私のような普段身体を動かしていない人間には、
結構な運動になります^^
そんな中を畑仕事をするのですから、
近藤さんの体力に、
改めて驚かせられました^^;

こちらの畑は、
4年前に初めての苗植えが行われています。
ということで、
3年目の去年から収穫ができるはずだったのですが、
鳥や動物などによって
ブドウが食べられてしまい、
ほとんど収穫ができなかったそうです。。。
ヴィニロンはブドウを収穫することで、
生活していくので、
去年は本当に辛かったと思います(涙)
今年こそは沢山収穫できると良いですね。

そんなタプ・コプ農場では、
前職で育てていた、
IMG_2897_20110529165521.jpg
ソーヴィニヨン・ブランや、

IMG_2887.jpg
ピノ・ノワール、

そして農業研修でお世話になった、
余市の農家さんが育てていたレンベルガーが、
植えられています。
そのほかに混植エリアという、
いろんな品種を植えているエリアがあり、
そこには、
ソーヴィニョン・ブラン
ケルナー
ゲヴュルツ・トラミナー
リースリング
シャルドネ
シルバーナー
ピノ・ノワール
と言う7品種が
植えられています。

タプ・コプ農場には、
4月末にお伺いしたのですが、
その時には、
ブドウの樹の枝には、
IMG_2888_20110529165506.jpg
固い芽が見えました^^
今頃はこの芽が
萌芽している頃でしょうね♪

そんなタプ・コプ農場さんは、
上にも書きましたが、
他のワイナリーやヴィンヤードに比べて、
自然に近いと言うこともあり、
動物や鳥があちこちから現れるそうです。

冬の間にはウサギが現れ、
IMG_2890_20110529165506.jpg
このようにぶどうの樹を
切ってしまうそうです。。。
せっかく育てた樹を切られるなんて、
本当に辛いですよね。。。

ただ、近藤さんは、
自然の中に後から入ってきたのは
自分なのだから、
完全に駆逐するのではなく、
共存共栄できないかと
いろいろ考えているそうです。
普通なら大切に育てた樹を
切られるんですから、
怒りを覚えてしまうのに、
そんな考えをもてるなんて、
近藤さんの人間としての大きさを
見た感じがしました^^

と、いろいろ話しを聞いていたところ、
近藤さんが、
IMG_2904_20110529165520.jpg
垣根の間に何かを見つけました。

IMG_2902_20110529165520.jpg
こちらの葉っぱなんだと思いますか?
実はこちらの葉っぱは、
大根の葉っぱとの事。
なんと、近藤さんの畑には、
大根が自生しているそうです。
大根が自生していることも知らなかった私は、
とても驚きました!
大根って、
自然界にあるものなんですねー^^;

本当にお優しい近藤さんから、
そんな私にこの大根を抜いて、
お土産にといただいちゃいました。
抜いた後の写真撮るのを忘れたのが、
とても悔しいですが、
それほど大きくはありませんでしたが、
白い大根そのものでしたー!


そして昨日、
KONODヴィンヤードさんのもうひとつの畑、
IMG_4310.jpg

名前 KONDOヴィンヤード モセウシ農場
住所 北海道岩見沢市栗沢町茂世丑774番地

モセウシ農場に行ってきました!
今年の春に新規に所得したモセウシ農場は、
タプ・コプ農場よりも畑の面積が広く、
10.4ヘクタールもあるそうです。

この日の近藤さんは、
IMG_4308.jpg
4月にお会いしたときよりも、
日焼けしていて、
まさにヴィニロンと言った風貌になってました^^
笑顔がとっても素敵ですねw

モセウシ農場は、
なだらかな斜面で、
西から北向きとなっています。
去年まで普通に野菜が育てられていたため、
IMG_4272.jpg
草や昆虫などは一切いなく、
粘土質な土ががちがちになっていました。

その土は表土の白っぽい粘土質の下に、
IMG_4273.jpg
こうした黄色い粘土質の土があるそうです。

さらに土の中には、
IMG_4275.jpg
こういった綺麗な川石が
所々に入っています。
聞くと近くに沢があり、
そこを流れる川が、
昔はもっと高いところまで水位があり、
この畑も水の中に入っていたのではないか?
ということでした。
こうした地質の葡萄畑は、
今まであまり見たことが無かったので、
これからどう変化していくのか、
非常に楽しみですね。

そんなモセウシ農場では、
今年、10.4ヘクタールある畑のうち、
30アールぐらいに
IMG_4276.jpgブドウの苗木を植えました。

5月の中旬に、
苗植えをしたとの事ですが、
IMG_4277.jpg
苗はすでに萌芽していました^^

こちらのモセウシ農場では、
タプ・コプ農場とは違う品種を
植えられています。
HPでもまだ公開していないので、
ここでの公開は控えさせていただきますが、
あの品種が!?
と言う品種も植えられていました^^

と、とある苗木を見てみると、
IMG_4288.jpg
苗木の周りの土だけ、
茶色くなっています。
聞くと苗木の周りにだけ、
有機肥料を撒いているそうです。
余市のブドウ農家さんから教えられた方法で、
こうして肥料を撒くことによって、
栄養を与えると同時に、
苗木の周りの土の保水性が良くなるそうです。
実際肥料のしたの土には、
湿り気がありました^^

そのためか、
ぜんぜん草が生えていない畑ですが、
肥料の上にだけ、
IMG_4285.jpg
このように小さな草が、
沢山生えていました^^
自然って本当に不思議ですねー!

そんな葡萄畑のほかに、
家の近くに
IMG_4294.jpg
こんな小さな葡萄畑がありました。
先ほどの葡萄畑よりも、
平らな場所に間隔も広く植えられています。

この葡萄畑はいったい何なんでしょう?
実はこの畑に植えれているのはこちら、
IMG_4296.jpg
台木品種

実はこちらには、
台木用のブドウ品種が、
植えられているんです。

元々ワイン用ブドウはフィノキセラと言う虫に弱く、
ワイン用ブドウをそのまま植えると、
フィノキセラに根を食べられてしまいます。
そこで、フィノキセラに
耐性のあるブドウの木を台木にして
ワイン用ブドウに接いで植えるのです。
そうすることにより、
ワイン用ブドウをフィノキセラの害から、
守ることができます。

通常は苗木屋さんにて台木を育て、
栽培家さんからの依頼によって、
ワイン用ブドウに台木を接いで出荷するのですが、
近藤さんはその台木を育てるのも、
接ぐのも自分でやりたいと思い、
台木の品種を自分で育てることにしたそうです。

そんなモセウシ農場は、
10.4ヘクタールもあると書きましたが、
上の写真で見た場所だけで10.4ヘクタールも
あるわけではありません。

こうして、
IMG_4304.jpg
笹を切り開いた道を進むと

IMG_4305_20110606221237.jpg
元田んぼだった平らな土地や、

さらに奥には、
IMG_4306.jpg
南向きのなだらかな傾斜のある
土地もあります。
この土地は先ほどの土地と違い、
2年ぐらい休耕地になっていたそうで、
土の色が濃く、
有機物が多く含まれているのがわかります。

ですので草がほとんど無かったあちらの畑とは違い、
IMG_4307.jpg
耕作していないところには
草がびっしりと生えていました^^
来年にはこちらの畑にも、
ブドウを植える計画もあるとのことでした。
それまでの間何も植えないのは、
もったいないと言うことで、
今年は大豆を植えて、
土を良くさせるそうです。

近藤さんは、
昨日のブログでもご紹介したとおり、
私の大事なブドウ栽培の先生の一人です。
本当にやさしく、
とても紳士な方です。
きちんと前もってアポをとれば、
訪問できると思いますので、
気になった方いましたら、
ぜひ足を運んでみてください。
可能性に溢れていて、
応援せずに入られなくなると思いますよ♪


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。