*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 大好きなドメーヌのお手伝いに行ってきましたその1 ドメーヌ・タカヒコ

こんばんはー!
今日は先ほどから
小雨が降ってきました。
今年は本当にからっと晴れる日が
なかなか無いですねーT_T
気温も低いままで、
我が家の畑も心配です。。。
早く良い天気になってほしいですね!

さて、今日から私が春にお伺いした、
北海道各地のワイナリーやヴィンヤードの
様子をご紹介していきます!
まず最初にご紹介するのは、
私の住んでいる小樽の隣町の余市町に
昨年誕生したドメーヌです。
そのドメーヌから作られるワインは、
今までの日本のワインには無かった
素晴らしい味わいで、
さらにオーナーも素晴らしい方で、
そのワインとオーナーに惚れて、
去年から、何度もお伺いさせていただいていました。
今回もお願いして、
畑のお手伝いをさせていただきました。
そのドメーヌの名前は、
「ドメーヌ・タカヒコ」さんといいます。

IMG_3300.jpg

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 北海道余市町
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

 ※ ドメーヌ・タカヒコさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


ドメーヌタカヒコのオーナーである、
曽我貴彦さんは、
長野県にある老舗ワイナリーの
小布施ワイナリーの当主曽我彰彦さんの弟であり、
独立する前は、
栃木にある素晴らしいワイナリーである、
ココファームワイナリーの畑の責任者を努めたという、
素晴らしい経歴の持ち主です。
そんな素晴らしい方が、
余市の可能性を信じて、
家族で移住してくださるという話しを聞いたときは、
とても興奮したのを覚えています!
そんな曽我さんを応援したいと勝手に思い、
お手伝いさせていただいています。

この日のお手伝いは、
IMG_3306.jpg
こちらを使います!

こちらなんだと思いますか?
こちらは実は、
IMG_3308.jpg
葡萄の苗木なんです!
それもただの苗木ではありません!
本州の苗木屋さんで1年間育てられた、
ピノ・ノワールの苗木です^^

お伺いした数日後に、
ドメーヌ・タカヒコさんの畑で
苗植えが行われるということで、
この日はこの苗木を加工するお手伝いを
させていただきました^^

まずは、
IMG_3309.jpg
この根が邪魔です。
苗植えをするときに、
こんなに根が長いと、
苗を植えるときに長すぎて、
植えにくいんです^^;

そこで、
IMG_3312.jpg
このように根を剪定ばさみで
短くします^^

短くしたものがこちら、
IMG_3313.jpg
かなり短くしちゃいます。
そうすることで植えやすくなり、
植えた後は、
この短くなった根から、
新しい根がニョキニョキと
生えてくるそうです。
今回は大体5センチぐらい残して、
カットしました。

続いて加工するのが、
IMG_3314.jpg
こちらの枝の部分です。

こちらも、
IMG_3315.jpg
剪定ばさみで短くしちゃいます。
切る場所としては、
台木が接木してある部分の少し上にある、
芽が残るぐらいの位置です。

なぜ枝を切らなくてはいけないかというと、
そのままだと、
葡萄は枝の先の方から
成長する性質があるので、
伸ばしたい手前の芽に
栄養がいかなくなるそうです。
そのため、芽の上で枝をカットして
栄養分が芽に集中させるそうです。

そうして出来上がった苗木がこちらです。
IMG_3320.jpg
根も枝も短くなって、
持ちやすく、
苗植えしやすくなりました♪

苗木は束になっているものを
IMG_3323.jpg
こうして一箇所に集めて、

その後、
IMG_3324.jpg
水の入った箱の中に入れて、
水分を補給させて、
苗植えの日を待ちます。

この一連の作業を、
今回は今年苗植えする分を、
曽我さんと二人で、
すべて完成させました^^

作業が終わった後、
少し時間があったので、
畑を見学させていただきました。

まずはこちら、
IMG_3330.jpg
去年収穫体験をさせていただいた、
キャンベルの畑です。
まだ芽も堅く、
萌芽するまで
もう少しかかるといった印象でした。

続いてこちら、
IMG_3340.jpg
ピノ・ノワールの畑です。

去年植えたピノ・ノワールの木は、
IMG_3343.jpg
去年の秋の剪定で、
切り戻しが行われていて、
こちらもまだ小さい芽が見える程度でした^^

と、ここで曽我さんから素敵な申し出が!
IMG_3345.jpg
今回加工したこの苗木を、
少し植えてみませんか?
とおっしゃってくださいました。
そんな貴重な経験、
なかなかできません。
もちろん喜んで申し出をお受けしました♪

去年もドメーヌ・タカヒコさんの苗植え
少しさせていただきましたが、
去年の苗はポット苗という、
苗木屋さんであまり育てていない状態の苗だったので、
こうした1年間育てたものを植えるのは、
初めてでした^^

苗植えはまず、
苗を植える位置を、
IMG_3351.jpg
こうして巻尺で決まった距離を計り、
割り箸で位置を記録していきます。

続いて苗を実際に植えるのですが、
今回は通称「余市植え」という植え方を、
IMG_3354.jpg
曽我さん自らが実践して、
教えてくださいました^^

「余市植え」は通常の植え方よりも、
かなり簡単で、
時間短縮ができるそうです。
曽我さんもこっちに来てから知ったそうで、
はじめて見たときは、
とても驚いたとおっしゃっていました^^

それでは余市植えのやり方を、
簡単にご紹介します♪

まずはじめに、
IMG_3357.jpg
先ほど植える場所を刺した
割り箸の位置に、
スコップを合わせます。

続いて、
IMG_3359.jpg
その合わせたスコップを
土の中に挿していきます。

そして、
IMG_3361.jpg
挿したスコップを前に押し、
スコップの後ろにできた隙間に、
苗木を差し込みます。
この時に、北海道の場合は、
苗木が斜めに植わさる用に調整します。
これは北海道は冬雪が降るため、
その雪の重さで苗木が折れないように、
斜めにする必要があるためです。
そして同じく雪で
今年伸びた枝が折れないように、
芽の位置を上向きにする必要があります。

そして苗木を挿し込んだ後、
IMG_3362.jpg
スコップを抜いて、
周りの土を苗木の周りに入れてあげると、
余市植えの完成です。
とっても簡単ですよねー!
1年に何千本も苗木を植える
余市の農家さんたちが、
編み出した「余市植え」。
これで問題なく葡萄も育つのですから、
素晴らしいアイディアですよね。
余市の農家さん万歳!

ということで、
この日の作業はすべて終了。
朝からお手伝いさせていただき、
日没までびっしり手伝わせていただきました^^
やっぱり土や植物をいじると、
とても心が癒されますね。
そして曽我さんからとても勉強になるお話や、
作業の手ほどきを受けることができて、
本当に幸せです!
曽我さんの忙しい中、
本当にありがとうございました!

明日は、一昨日再び曽我さんのところで、
お手伝いした様子をご紹介します!
お楽しみにー^^


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。