*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 仲村わいん工房のワインを全部飲もう会を開催しました パッション・オバタ

こんばんは。
今日からまたブログを
更新していきたいと思います。
被災された地域の、
いち早い復興をお祈り申し上げます。

以前私が書いた、
地震に関する情報サイトについては、こちら
私たちにできることについては、こちら
をご覧ください。

今日は先日開催した、
ワイン会の様子をご紹介します。
月に一度程度主催している、
みんなでわいわいワイン会in札幌、
今月のテーマは、
「仲村わいん工房のワインを全部飲もう会」
でした。
おかげさまで私含めて、
13名という多くの方にご参加いただき、
とても楽しいワイン会となりました。
その会場として今回お願いしたお店は、
「パッション・オバタ」さんです。

IMG_1142_20110313065942.jpg

名前 PASSION OBATA(パッション オバタ)
住所 北海道札幌市豊平区平岸4条6丁目3−11
電話 011-815-8585
時間 ひる11:30-14:30LO
    よる18:00-22:00(21:00LO)
休み 毎週火曜日&第三水曜日
HP なし

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

大阪にある仲村わいん工房さん、
オーナーである仲村現二さんが、
ほぼ一人で葡萄を育て、
ワインを造っているという
とても小さなワイナリーです。
そんなワイナリーで造られるワインは、
天然酵母で発酵させ、
赤ワインでも樽を使わずに熟成され、
無濾過無清澄で瓶詰めされています。
そうして造られるワインは、
葡萄そのものの味を感じるような、
ピュアな味わいが特徴で、
とても一人で造っているとは思えないような、
素晴らしいクオリティを持っています。

今回そんな素晴らしいワインを大阪から取り寄せた他、
ご参加いただいた仙丸さんの女将が、
先日仲村わいん工房さんに
お邪魔していただいてきた
貴重な非売品のワインを
提供してくださり、
さらにご参加いただいたYさんから
フランスの甘口を提供してくださり、
13人で14本というすごい本数のワインを
みんなで飲むことができました。
仙丸さんの女将、そしてYさん、
本当にありがとうございました。

ワイン会場となったのは、
いつも素晴らしいランチを
作ってくださるパッション・オバタさん。
今回のワイン会のために、
オバタさんも協力してくださり。
今回も、
IMG_1143_20110313065941.jpg
貸切にしてくださいました。
オバタさん、
ありがとうございました。

お店の中に入ると、
IMG_1144_20110313065941.jpg
ワイン会のために、
テーブルの配置も変えてくださり、

そのテーブルの上では、
IMG_1145.jpg
ワイングラス、お皿などの
セッティングも完了しており、
そこに私の資料も置かせて頂きました。

それでは早速今回いただいた、
素晴らしいワインと料理を
順番にご紹介していきます。
まずは乾杯のワインです。
IMG_1148.jpg
仲村わいん工房 マスカット+甲州セミスパークリング N.V

仲村わいん工房さんで毎年開催されている、
収穫祭でのみ提供されている
幻のワインを今回仙丸さんがいただいてきてくれました。
香りはマスカットらしいさわやかな甘みを感じます。
口に含むとそれほど泡は強くなく、
微発泡程度の強さです。
香り同様の甘さを感じつつも、
後半に甲州らしいほんのりとした苦味を感じます。
まさにアペリティフにぴったりな一本でした。

IMG_1150.jpg
前菜(浅利と菜の花のフラン、メークインとオリーブのパイ、スモークサーモンのポピエット)

どれもとても美味しい前菜です。
特にフランは、
最初の微発泡ワインや、
この後ご紹介するスパークリングとの相性が良く、
とても美味しかったです。
パイも表面がサクサクで、
メークインの甘みとオリーブの味わいのバランスが、
素晴らしかったです。

IMG_1154_20110313070007.jpg
カタシモワイナリー 大阪スパークリングデラウェアセミドライ 2008

こちらだけ仲村わいん工房さんの
ワインではなく、
同じ大阪にあるカタシモワイナリーさんの
スパークリングです。
瓶内二次発酵で作られたというこちらのスパークリング、
香りはデラウェアらしい生食用葡萄の甘い香りとともに、
イースト香のような香りがします。
口に含むと、
きめ細かく強い泡が口に広がります。
味わいは香りとは違いやや辛口で、
酵母のテイストも感じます。
シャンパンとは味のテイストは違いますが、
本格的スパークリングとしては、
素晴らしい一本だと思いました。

IMG_1158.jpg
ヴルストよしだ 昼のパテ&夜のパテ

先日お伺いしたヴルストよしださんで買ってきたパテを、
オバタさんにお願いして、
提供していただきました♪
昼のパテは豚レバーを粗引きしたパテに
白ワインで香り付けしたもので、
お肉の食感を感じ、
夜のパテは豚レバーを絹引きしたパテにで、
生クリームが使われていることもあり、
とても滑らかでクリーミーで、
どちらもとても美味しかったです。

IMG_1156_20110313070007.jpg
ヴルストよしだ 昼のパテ&合鴨レバーパテ

こちらもヴルストよしださんのパテです。
先ほどご紹介した昼のパテと、
もうひとつは合鴨のレバーを使ったパテです。
豚のトントロも使われていると言うことで、
こちらも程よいお肉の食感があり、
豚のレバーとはまた違った濃い味わいが、
とても美味しいパテでした。

IMG_1162_20110313070007.jpg
自家製パン

そんなパテにぴったりなのが、
オバタさん自家製のパン。
全粒粉が使われているので、
粒々した感じがします。
そのまま食べても、パテにつけても、
そしてこの後出てくる料理のソースにつけても、
最高に美味しかったです。

IMG_1160_20110313070007.jpg
仲村わいん工房 大阪ヌーボー・甲州バージョン 2010

仲村さんの白ワインのヌーボーです。
通常のラインナップにはない
甲州のみのセパージュとなっています。
香りはそれほど強くなく、
ほんのりと香るぐらいです。
味わいはやや甘めな感じで、
余韻短めです。
仲村さんの白ワインのなかでは、
一番すっきりした味わいだと思いました。

IMG_1163_20110313070006.jpg
仲村わいん工房 夢あすか・白 N.V

仲村わいん工房さんのデイリーワインです。
デラウェア70%、甲州30%程度となっています。
程度というのはロットにより、
セパージュが微妙に異なっているためとのことでした。
香りはフォクシー香はあまりせずに、
独特な香りを感じます。
味わいは辛口で、
柔らかな酸味とともに香り同様の
独特苦味のようなものも若干感じます。
今までにあまり飲んだことのないタイプの
ワインでした。

IMG_1169_20110313070030.jpg
いろいろ野菜のサラダ

ひよこ豆や生マッシュルームといった、
珍しい野菜も入ったこちらのサラダ、
さっぱりしていて、
野菜の美味しさをダイレクトに感じ、
美味しくいただくことができました^^

IMG_1171_20110313070030.jpg
仲村わいん工房 手作りわいんさちこ N.V

こちらは仲村さんのミドルレンジシリーズ、
セパージュはこちらもロットごとに微妙に違いますが、
甲州60%、デラウェア30%、リースリング10%
とのことです。
こちらは甲州が多いとのことですが、
香りはデラウェアっぽさを感じ、
味わいも辛口なのですが、
デラウェアの独特な感じがします。
リースリングらしさは、
いまいちわかりませんでした。

IMG_1173.jpg
仲村わいん工房 蝶・白 N.V

仲村さんのフラッグシップシリーズ。
セパージュは、
リースリング80%、甲州20%です。
前の3本とはレベルの違いを感じます。
まさにドイツのシュペートレーゼトロッケンといった感じで、
基本辛口なのですが、
葡萄由来の甘さの中に
はちみつのような苦味、酸味が、
凝縮されています。
そのテイストはどこか貴腐ワインを
感じさせるような素晴らしさでした。
寝かせたらどうなるか、
一本とっておきたくなるワインでした。

IMG_1176_20110313070030.jpg
自家製ベーコンのクリームスパゲティ

クリームの滑らかさと、
ベーコンのほんのりした燻製香が
たまらない一皿。
きのこがたくさん入っているのも、
ヘルシーな感じで、
とても美味しかったです。

IMG_1178_20110313070030.jpg
仲村わいん工房 メルロー・ロゼ N.V

こちらもリリースされていないものを、
仙丸さんが仲村さんからいただいてきた
とても貴重なロゼです。
濃い目のロゼで味わいも辛口な感じで、
ボルドーロゼのような感じです。
余韻はそれほど長くなく、
すっきりした味わいでした。

IMG_1179_20110313070030.jpg
仲村わいん工房 大阪ヌーボー・M・CS・MBA 2010

大阪の有志店にのみ卸しているという、
こちらのヌーボー。
セパージュ比率は非公開ですが、
メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン・マスカットベリーAが
使われているそうです。
香りや味わいは、
マスカットベリーAの甘酸っぱい感じが強く、
そこにほんのりしたタンニンを
感じます。
ヌーボーらしいチャーミングな
味わいでした。

IMG_1180_20110313070053.jpg
仲村わいん工房 大阪ヌーボー・メルローフィルターバージョン 2010

仲村さんが一昨年から作り始めた、
メルロー97%、ミツオレッド3%を使ったヌーボーです。
こちらはタンクの中部から下部にかけてのものを
フィルターで粗濾過したものです。
と書きましたが、
なぜか後ほどご紹介するノンフィルタータイプよりも、
こちらの方が濁りがあり、
味わい的にも酵母っぽさを感じたりと、
まるで逆な印象です。
ただ、澱の多い中部から下部を
粗濾過してるだけなので
濁っていたのかもしれません。
味わいはタンニンはそれほど強くなく、
澱の旨みを感じる味わいでした。

IMG_1181_20110313070053.jpg
仲村わいん工房 大阪ヌーボー・ノンメルローフィルターバージョン 2010
 
同じメルロー97%、ミツオレッド3%を
使ったヌーボーで、
こちらは上澄みをノンフィルターで瓶詰めしたものです。
先ほども書きましたが、
こちらの方が透明感があります。
味わい的にも透明感のある感じで、
酵母っぽさや旨みよりも、
少しのタンニンと酸味を感じました。
ある意味仲村さんらしくない、
綺麗な味わいでした。

IMG_1182_20110313070053.jpg
仲村わいん工房 夢あすか・赤 N.V

白同様デイリーなシリーズで、
マスカットベリーA60%、カベルネ・ソーヴィニヨン38%、
ミツオレッド2%が使われた一本。
こちらもマスカットベリーAらしい、
甘酸っぱい香りと味わいを感じます。
カベルネらしい強いタンニンはなく、
とてもやわらかいタンニンを感じます。
やさしいワインでした。

IMG_1185_20110313070052.jpg
海の幸のバロティーヌ仕立て ソース・アメリケーヌ

今回の料理の中で、
1番の素晴らしさです。
まずアメリケーヌソースが、
とても美味しいです。
これだけでパンを何個も食べられそうです。
ということで
急遽みんなの分のパンを
お願いしちゃいました。
もちろん料理自体も、
海老やホタテといった魚介の風味が
口の中に広がり、
ソースと一緒に食べると、
最高の美味しさでした。

IMG_1186_20110313070052.jpg
仲村わいん工房 がんこおやじの手作りわいん N.V

仲村さんのお父さんをイメージした、
がんこおやじというネーミング。
とても素敵です。
カベルネソーヴィニヨン75%、マスカットベリーA20%、
ミツオ・レッド5%が使われています。
こちらはカベルネ由来な滑らかなタンニンが、
マスカットベリーAの果実味と合わさり、
ふくよかな味わいとなっています。
2000円程度というコスパを考えると、
素晴らしい味わいでした。

IMG_1187_20110313070052.jpg
仲村わいん工房 蝶・大阪メルロー N.V

赤ワインの中でナンバー1な味わいです。
メルロー97%、ミツオ・レッド3%という、
こちらのワイン。
仲村さんのワインの特徴である、
やわらかいタンニンとともに、
メルローらしいチョコっぽいニュアンスがあり、
さらに樽を使っていないのに、
どこか樽を感じるようなバニラっぽさも感じる、
ボルドーなんかよりもよっぽど親しみやすい、
素晴らしい赤ワインです。
やっぱり蝶メルロー大好きです。

IMG_1188_20110313070124.jpg
フランス産鴨胸肉のロースト

メルローやカベルネにぴったりな、
こちらの鴨肉。
赤ワイン?が使われているソースも
とても素晴らしく、
鴨も噛めば噛むほど味わい深く、
とても美味しかったです。

IMG_1190_20110313070124.jpg
仲村わいん工房 花・カベルネ・ソービニヨン N.V

実は初めて飲む花、
セパージュはカベルネソーヴィニヨン95%、ミツオ・レッド5%、
となっています。
メルローよりもタンニンを感じます、
味わいもしっかりした感じです。
こちらも海外のカベルネよりも身体に染みるような、
そんな美味しいワインでした。

IMG_1195.jpg
コーディア モンバジャック 2008

フランス南西地方にあるモンバジャックの
甘口なワインです。
とはいっても甘甘な感じではなく、
甘みの中に酸味や苦味もあり、
美味しい甘口ワインです。
下のデザート一緒に楽しむと、
とても美味しかったです。

IMG_1198_20110313070123.jpg
デザート(キャラメルパルフェ・ケックオフリュイ)

キャラメルのパルフェが、
甘さと苦味が混在していて、
先ほどのデザートワインとの相性が、
とても良かったです。
ケックオフリュイもしっとりしていて、
ソースや生クリームと一緒にいただくと、
美味しかったです。

こうして無事にワインと料理が
すべて終了。
最初にも書きましたが、
今回13人で、
IMG_1199_20110313070123.jpg
14本のワインを楽しみました。

仲村わいん工房さんのワインは、
どれも素晴らしく、
特に蝶白及び赤ワインは
世界のワインにも引けをとらない
素晴らしい味わいでした!
その素晴らしさは、
世界の名だたるワインのような
濃厚な味わいや、強いタンニンではなく、
身体に染み入るような、
日本人に合うワインだと思いました。
話しを聞いてきた仙丸さんの話しによると、
本人は良い意味で力が抜けた感じの適当さがあり、
それがこうした味わい深いワインとなっているようです。

そんな素晴らしい仲村わいん工房さんのワイン、
これまでは本州から取り寄せるしかなかったのですが、
今月から、仙丸さんでも取り扱いを開始しました。
日本人にぴったりなオンリーワンな、
仲村さんのワイン、
飲んだこと無い方いましたら、
ぜひ飲んでみてください。
よろしくお願いします。


ここからは、
東北地方太平洋大地震についての案内です。
地震に関する情報や、
災害掲示板などの一覧が
Google特設サイト
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

Yahoo特設サイト
http://weather.yahoo.co.jp/weather/2011sanrikuoki_eq.html

こちらに掲載されています。
そして、募金の募集も始まってます。
ぜひご参照ください。
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。