*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 第18回ワインを楽しむ会に参加しました^^ 余市町農協会館

こんばんはー!
今日は良い天気でしたが、
寒かったですねー^^;
春に向けて一進一退といった感じで、
畑の見学などをしたい私は、
うずうずしています^^
早く雪が溶けて、
畑の見学に行きたいですねー!

今日は一昨日参加させていただいた、
余市のワイン用葡萄栽培家の皆様が主催した、
ワイン会の様子をご紹介します。
昨日のブログで道産ワインの夕べを紹介しましたが、
実は今日ご紹介するワイン会は、
道産ワインの夕べよりも歴史が長く、
今年で18回目を数えるワイン会なんです。
去年まで金曜日開催だったので、
なかなか参加できませんでしたが、
今年から土曜日開催となったので、
参加させていただきました^^
道産ワインの夕べとは違う、
アットホームな雰囲気のワイン会は、
とても楽しかったです!
そんな素敵な会の名前は、
「第18回ワインを楽しむ会」、
会場となったのは、
「余市町農協会館」です。

IMG_0897.jpg

名前 余市農協会館
住所 北海道余市郡余市町黒川町5丁目22
電話 0135-23-3121
HP http://www.ja-yoichi.or.jp/ (JAよいち)

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

もちろん飲む気満々だった私、
家からバスに乗って、
余市まで行きました^^
バスを降りて、
会場に近づいていくと、
IMG_0894.jpg
素敵なキャンドルが、
道案内をしてくれました^^

近くに行ってみてみると、
IMG_0896.jpg
すべてワインの空き瓶を使った
キャンドルでした^^
こうした演出が素晴らしいですよねー!
このときはまだ明るかったので、
目立ちませんでしたが、
夜帰るときはめちゃめちゃ綺麗でしたよー^^

ちなみにこちらのキャンドルは、
栽培家の皆様のほかに、
余市町の方もお手伝いして作ったそうです。
こうした手作り感たっぷりなところが、
また魅力ですよねー!

ワインボトルキャンドルに導かれて、
会場である農協会館に入ると、
IMG_0899.jpg
2階への誘導をいざなう看板がありました^^
会場が農協会館というのも、
いかにも栽培家の皆さんが
主催している感じで、
良い感じです!

看板に従い2階に上ると、
IMG_090.jpg
ウェルカムスパークリングが
用意されていました^^
この銘柄がなんだったかは
後ほどのお楽しみです♪

ウェルカムスパークリングを持って、
会場の中に入り、
前面のステージをみると、
IMG_0924.jpg
大きな横断幕に、
でっかく
「第18回ワインを楽しむ会」
と書かれていました^^

こちらの第18回ワインを楽しむ会は、
上にも書きましたが、
余市のワイン用ブドウ栽培家である皆様が主催して、
毎年開催されています。
実行委員会のメンバーを見ると、
代表である北海道ワインさんの契約栽培家の田崎さんを筆頭に、
同じく北海道ワインさんの契約栽培家である藤本さん、
千歳ワイナリーさんやドメーヌ・タカヒコさんの契約栽培家の木村さん、
はこだてわいんさんの契約栽培家である中井さんなど、
余市を代表する栽培家となっています。
余市町民に対する還元的なニュアンスもあるので、
3000円という安い会費で、
余市町の葡萄が使われたワインが飲み放題、
余市町のお店の料理が食べ放題という
素晴らしい内容となっていました^^

そのため会場は、
IMG_0952.jpg
かなりの人数が集まっていました。
後で主催者に聞いたところ、
今年は400名近い方が
いらしていたそうです。
木曜日に札幌で開催された道産ワインの夕べが、
800名強ぐらいの参加者だったことからも、
この会の盛り上がりのすごさを感じます!
最近は私のように、
町外からの参加者も増えてきて、
これからますます発展しそうな会だと思いました^^

会の途中には、
IMG_1003_20110227104430.jpg
くじの抽選などもあり、
めちゃめちゃ盛り上がり、
当たった多くの方は余市町産の葡萄を使ったワインや、
余市町で栽培したトマトを使ったトマトジュースといった賞品を
喜んでもらっていましたー!
ちなみに私や私のワイン仲間は、
全員外れちゃいました^^;

料理は各テーブルに、
IMG_0936.jpg
余市にある水明閣というお店の
オードブルがおかれています。
どれも美味しかったのですが、
真ん中に置かれたニシン?のマリネが
めちゃめちゃ美味しく、
白ワインに合わせて
いっぱい食べちゃいましたw

オードブルのほかに、
IMG_0908.jpg
バケット

余市町で造られた、
美味しいバケットや、

IMG_0909.jpg
ラズベリージャム

同じく余市町で造られた、
バケットに付けて楽しむ、
ジャムもありました^^

その他に、
IMG_0907_20110227103913.jpg
よつ葉 北海道十勝100ミニチーズ

IMG_0910.jpg
よつ葉 北海道十勝100スモークチーズ

よつ葉乳業さんのチーズが、
テーブルに置かれていました^^

そしてテーブル以外にも、
IMG_0940_20110227104102.jpg
こちらの特設ブースにて、

IMG_0941.jpg
鹿肉のしゃぶしゃぶサラダ

IMG_0951.jpg
鹿肉のロースト

余市の方が狩猟した鹿肉を使った、
料理も振舞われていました^^
この鹿肉、臭みもほとんど無く、
味に深みがあるので、
赤ワインにぴったりで、
とっても美味しかったですー!

そしてもうひとつのブースでは、
IMG_0976.jpg
余市でトマトを栽培している、
馬場農園さんが、

IMG_0977.jpg
トマト鍋ラーメン

トマトを使ったラーメンを
提供していました!
このトマトラーメンが、
適度な酸味でとても美味しく、
ワインのお供に最高でした♪

そしてデザートには、
IMG_0923.jpg
生チョコレート(りんご、プルーン、ピノ・ノワール)

地元の方が作った生チョコレートが、
用意されていました^^
しかも真ん中の生チョコは、
千歳ワイナリーの契約栽培家である
木村さんが育てた
ピノ・ノワールのジャムが
練りこまれているんです!
ちょっぴりの酸味と生チョコの甘味が
最高です!
美味しかったです~^^

それでは今回の主役である、
余市産葡萄を使ったワインを醸造している、
ワイナリーとワインを
順にご紹介します!

まずは、道産ワインの夕べに出展していなかった、
ワイナリー4つからご紹介します!
こちらです。
IMG_0932.jpg
ココファームワイナリー

栃木にあるココファームワイナリーさん、
なんと今回は栃木からわざわざ、
栽培スタッフの島野さん、
そして岩見沢からはナカザワヴィンヤードさんの
中澤さんが来てくださいました^^

そして目隠しをしている方がいますねーw
目隠しをはずした写真がこちらです!
IMG_0919.jpg
ココファームワイナリーさんで長年コンサルタントをし、
今は北海道に移住して葡萄を育てている、
ブルースさんも駆けつけてくれました^^
ちなみにブルースさんのお隣にいらっしゃる2人が、
契約栽培家の木村さん親子です。
とっても素敵なお二人なんですよー!

そんなココファームワイナリーさんでいただいた
ワインがこちら、
IMG_0947.jpg
ココファームワイナリー 北海ケルナー 2009

華やかな香りがする一方、
味わいは2008ヴィンテージのような、
残糖感はあまり無い、
きりっとした酸が特徴の辛口です。
余韻もしっかりしていて、
美味しかったです!

IMG_0998_20110227104430.jpg
ココファームワイナリー 風のルージュ 2008

樽の風味がかなりしっかりしていて、
タンニンもまだまだ固い感じです。
あと1年、2年寝かせると、
まろやかになって樽の風味も溶け込み、
さらに美味しくなりそうでした!

IMG_1011_20110227104450.jpg
ココファームワイナリー 農民ドライ 2009

こちらは若干甘さがあり、
さっぱりとした酸を感じる一本。
すいすい飲めちゃうので、
すぐに一本開けられちゃいそうな、
素敵なワインでした^^

IMG_1008_20110227104429.jpg
ココファームワイナリー 農民ロッソ 2009

こちらもブラン同様、
奥行きはそれほど深くなく、
すっきりとしてタンニンも柔らかいので、
若飲みでがぶがぶ楽しめる、
そんな一本でした♪

IMG_0918_20110227103936.jpg
ココファームワイナリー こころみシリーズ 余市ピノ・ノワール 2009

今回一番のサプライズワインです!
木村さんの畑で栽培されたピノ・ノワールを
試験醸造した一本。
まだまだ若く味わいが固い感じですが、
香りはまさにブルゴーニュで、
可能性の片鱗も見せてくれています!
めちゃめちゃ楽しみな一本でした♪

続いて、
IMG_0915.jpg
ドメーヌ・タカヒコ

去年醸造施設を完成させた、
おなじみドメーヌ・タカヒコさんです。
今回は曽我さんの一人でサービスしていました^^
ただ、そこには仲間である、
中澤さんが手伝いに来たり、
ブルースさんが話しをしに来たり、
ずーっとにぎわっていました♪

そんな曽我さんが
持ってきてくださったワインがこちら、
IMG_0945.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2009

本州ではすでにかなり完売しているらしい、
キュムラの2009ヴィンテージです!
葡萄は先ほどのピノと同じ木村さんが育てているのですが、
区画が違うそうです♪
この日は抜栓直後だったようで、
まだ固い感じでした。
その中にも旨みは出ていて、
まさに薄旨系のピノといった味わいでした^^
やっぱりピノ良いですねー!

IMG_0943.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ ナカイブラン ケルナー 2010(仮名)

曽我さんが余市の中井さんが育てたケルナーを使い、
仕込んだ一本。
実は先日瓶詰めしたのは、
このワインだったんです。
香りは少し還元的ですが、
石油香を若干感じます。
口に含むときりっとした酸と共に、
圧倒的な旨みを感じます。
この強さはすごいですねー!
料理と合わせるのが悩んじゃうほどの存在感でした^^

IMG_0944.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ ナカイブラン ミュラー 2010(仮名)

こちらも中井さんの葡萄を使い仕込んで、
先日瓶詰めした一本。
こちらもきりっとした酸味がありますが、
味わいはやや柔らかく、
根菜系の風味やミネラルも若干あります。
料理に寄り添うような味わいで、
和食などとあわせると、
面白そうです^^
今までに無い白ワインの誕生だと思います!

IMG_0916.jpg
天橋立ワイナリー

京都府にある天橋立ワイナリーさん、
今回わざわざ製造スタッフの
土肥さんが京都から
いらしてくださいました^^

IMG_0950.jpg
天橋立ワイナリー ケルナー甘口 2009

余市の田崎さんが栽培したケルナーを
使い甘口に仕上げた一本。
甘さはあるのですが、
酸もしっかりしているので、
飲み飽きるようなことなく、
美味しくいただけます。
スーッと身体に入っていきました^^

IMG_0997_20110227104430.jpg
天橋立ワイナリー レジェント 2008

こちらは藤本さんの葡萄が
使われているのですが、
ケルナーとは打って変わって、
樽のテイストをかなり効かせたタイプの
ワインです!
聞くと60%新樽を使っているそうです。
バニラの香りと共に、
タンニンと酸味、
そして苦味が濃厚で、
口に広がっていきます。

IMG_0938.jpg
サッポロワイン

山梨にあるサッポロワインさん、
サッポロビールの子会社で、
今ワイナリーのリニューアルを
している最中です^^

IMG_0956.jpg
サッポロワイン グランポレール 北海道ツヴァイゲルト・レーベ 2009

余市の弘津さんを代表とした葡萄栽培家さん数件の
葡萄が使われています。
少し青っぽいところがありますが、
酸はやや強いですが、
タンニンはそれほど強すぎず、
すいすいと飲むことができます^^
デイリーワインとして飲むのに、
ぴったりだと思いますー!

そして道産ワインの夕べにご参加していたワイナリーも、
そのときとは違うワインを用意していました^^
順にご紹介します♪
IMG_0928.jpg
はこだてわいん

七飯町にあるはこだてわいんさん、
今回は七飯町から、
製造の西村さんがわざわざ
来てくださいました^^
そして契約栽培家の土野さんにも
一緒に写っていただきました^^

いただいたワインがこちら、
IMG_0904.jpg
はこだてわいん ミュラー・トルガウ スパークリング 2008

こちらのワインが、
ウェルカムスパークリングでした♪
ミュラーらしい穏やかな
香りとと共に、
やや辛口な味わいは、
とても心地よい味わいです^^
すっきり美味しいスパークリングでした♪

IMG_0930.jpg
はこだてわいん ケルナーやや辛口(試験醸造)

こちらリリース前の一本を
持ってきてくださいました^^
リリース前ということでラベルが貼っていません。
香りは程よい感じで、
口に含むと、
酸がしっかりしていますが、
それほど強くありません。
甘味も若干感じる程度で、
全体的なバランスが保たれている一杯です。
シュールリーなのでしょうか?
若干旨み的な味わいも
感じました。

IMG_0953.jpg
はこだてわいん 北海道余市葡萄収穫 樽熟成ツヴァイゲルト・レーベ 2009

2009ヴィンテージということで、
まだまだ固い印象です。
樽の風味をしっかりと感じますが、
まだワインとの一体感が出ていない感じです。
もう少し寝かせると、
味の一体感が出てくるような気がしました^^

IMG_0937.jpg
北海道ワイン

北海道を代表する北海道ワインさん、
今回は製造担当のお二人+道産ワイン全体を
応援していらっしゃる阿部ソムリエが、
余市の葡萄を使ったワインを
数多く持ってきてくださいました!

IMG_1010.jpg
北海道ワイン 北海道バッカス 2009

藤本さんの葡萄や鶴沼の葡萄が使われている
こちらのバッカス。
香りは華やかなマスカットのような感じで、
味わいも香り同様の華やかな甘さがありますが、
酸がしっかりしているので、
一本筋が通った美味しさがあります。
09ヴィンテージ悪くないです!

IMG_0949.jpg
北海道ワイン 葡萄作りの匠 田崎正伸 ツヴァイゲルト・レーベ 2008

すでに完売状態の田崎さんのツヴァイ2008、
スパイシーな香りをしっかりと感じ、
口に含んでも、
香り同様のスパイシーな果実味を
しっかりと感じます。
やっぱり美味しいですねー!
もう完売というのがとっても残念です^^;

IMG_0935.jpg
十勝ワイン

十勝ワインバイザーとしては、
やっぱり気になる十勝ワイン。
スタッフが池田町から
わざわざ来てくださいました^^

IMG_0959.jpg
十勝ワイン バッカス 2009

余市町で栽培されたバッカスが
使われたこちらの一本。
香りはバッカスにしてはおとなしい感じで、
味わいも酸味を生かした、
十勝ワインさんらしい辛口な一本でした。

IMG_0934.jpg
中央葡萄酒グレイス千歳ワイナリー

中央葡萄酒さんでは、
渡辺工場長がわざわざ千歳から、
きてくださり、
さらにこちらにも契約栽培している
木村さんのご子息に一緒に写ってもらいました^^

IMG_1007_20110227104429.jpg
中央葡萄酒グレイス千歳ワイナリー グレイスケルナー辛口 2006

木村さんが栽培したケルナーを
辛口に仕上げたこちらの一本。
ケルナーらしい石油香をしっかりと感じ、
口に含んでも、
辛口ながらも若干感じる甘味が、
心地よい一杯でした。

IMG_0948.jpg
中央葡萄酒グレイス千歳ワイナリー 北ワイン ケルナー・レイトハーベスト 2010

去年遅摘みされた木村さんのケルナー、
なんと糖度は26度もあったそうです!
まだまだ若く甘さ一辺倒な感じですが、
熟成すると複雑味が出てきて、
めちゃめちゃ美味しくなりそうな予感です!
リリースも相当遅らせるみたいですよー^^

IMG_0939.jpg
余市ワイン

そして地元の余市ワインさんも
もちろん出展!
去年夕張から来た方と、
余市に住んで3年の若手が頑張ってました^^

IMG_0957.jpg
余市ワイン 樽熟成 ツヴァイゲルト・レーベ 2008

樽のテイストが程よく効いたこちらの一本。
スパイシーな果実味と樽の風味が
マッチングした美味しい一本。
今回からヴィンテージ表記されたのも、
嬉しいですねー!
頑張って欲しいです^^

今回、どのワインも美味しかったのですが、
やはり興味深かったのは、
IMG_0912_20110227234427.jpg
「木村家ピノ三姉妹」飲み比べです!
3本とも木村さんのピノ・ノワールを使った、
ワインなんです!
ドメーヌ・タカヒコ、
グレイス千歳ワイナリー、
ココファームワイナリー、
同じ栽培家が育てた葡萄を使っていて、
綺麗な酸という特徴は共通に感じられたのですが、
やはりそれぞれのワインで、
味わいに個性を感じました^^
ワインはテロワールが大事と言いますが、
最後のテロワールは人だというのを、
改めて勉強させていただきました^^

それにしても、
道産ワインでこれだけの種類の
ピノ・ノワールを飲み比べできる時代が来るとは、
ほんの数年前には想像もつきませんでした^^;
さらにまだまだリリースされるワインが
出てくるようなので、
これからますます楽しみですね♪

今回のワイン会、
美味しいワインと美味しい料理、
そして造り手から直接ワインについての
説明をしていただけるなんて、
これほど幸せなことはありません^^
さらに素晴らしいワイン仲間との話しも
とても楽しく、
あっという間に終了の時間になりました♪
400人もの人が参加していましたが、
みんな笑顔だったのが、
とても印象的でした^^
地元の栽培家が地元のために
開催しているワイン会^^
そこに今年は小樽や札幌からの参加者も増えて、
ますます盛り上がりを見せて
最高でした!

無事に会も終了し、
今回打ち上げに参加させていただきました^^
まずは打ち上げでいただいたワインを
ご紹介します!
IMG_1023_20110227104450.jpg
北海道ワイン 北海道ケルナースパークリング N.V

北海道ワインさんのケルナーを使った
スパークリングです。
華やかな香りと共に、
やや甘さを残した状態の味わいは、
炭酸ガス注入方式ということもあり、
すっきりといただけます^^

IMG_1025_20110227104450.jpg
北海道ワイン 葡萄作りの匠 藤本毅 レンベルガー 2006

余市の葡萄栽培家である藤本さんが
栽培したレンベルガーを使った一本。
5年が経過したということもあり、
レンベルガーにあるような土っぽい感じが、
程よい熟成感によってまろやかに出ていて、
タンニンの柔らかさを感じます^^
美味しい一本でした♪

そして今回の打ち上げでは、
いただいたワイン以上に、
その中のお話しが
とても印象に残るものとなりました。
打ち上げでは、
IMG_1020_20110227104450.jpg
葡萄栽培家の田崎さんと藤本さんと木村さんのご子息が、
参加していました^^

3人は、今回の会の成功を祝うと共に、
すでに頭は来年以降の会について
思いを巡らせています。
会話を聞くと、
今年よりも来年の会を
より良い会にしたいという
熱い気持ちがびしびしと伝わってきます。
このあくなき探究心が良い葡萄を作る
礎になっているんでしょうねー^^

さらに話題はブドウ栽培に移り、
田崎さんと藤本さんが、
木村さんのご子息に対し、
良い葡萄を栽培するためには、
もっと世界に目を向けて、
勉強しなくてはと熱く語っていました。
自分の息子ではなく、
ある意味ライバルの栽培家のご子息に対し、
このように熱く語っていらっしゃるのが、
とても感動的で、
とても心強く見えました^^

余市という土地が
気候的に優れているのはもちろんですが、
このような親子の縦のつながりだけでなく、
横や斜めのつながりが密なのが、
余市のテロワールのような気がしました^^
そんな余市では、
3人のような古くから育てている栽培家のほか、
新しい栽培家も次々に誕生していて、
これからがますます楽しみです!
そんな余市のワイン用ブドウ栽培の歴史を
今回ご一緒した方の話をうけ、
まとめてみたいと思いました。
いつ完成するかはわかりませんが、
少しずつ取材を進めて、
いつか形にしてみたいと思います^^

今回の会、
本当に楽しく美味しかったです!
小樽や札幌から来てくださったワイン仲間や
ソムリエの皆様、
本当にありがとうございました^^
気に入っていただけましたら、
来年以降もお仲間に声がけして、
ぜひご参加お願いします!
みんなでどんどん盛り上げていきましょう-^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。