*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン会 第1回フランスワイン持寄り会inコム・シェモア

こんばんはー!
昨日は一昨日のブログの最後に書いたとおり、
「北海道ワインツーリズム」推進協議会
モニターツアーに参加してきました。
おかげさまでとても楽しい1日を
過ごすことができました!
その様子は近々ご紹介します!
お楽しみにー^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

現在、第5回ワイン会の参加メンバー募集中です!
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-39.html
をご覧になり、気軽にご参加くださいー^^


今日は先日開催されたワイン会に
参加してきたときの様子をご紹介します^^
毎度おなじみ、Yさんが主催している
ワインと食事を楽しむ会in札幌のワイン会なのですが、
いつも素晴らしいサービスをしているソムリエさんも
ワイン会自体に参加するとのことで、
参加させていただきました。
ワイン会のタイトルが、
「第1回フランスワイン持寄り会」
ということで、
参加した方が1本フランスワインを持ち寄るのですが、
素晴らしいワインと参加者が勢ぞろいした
素晴らしい会となりました^^

開催されたお店は、
今回も最高の料理とサービスを提供してくださった、
「コム・シェモア」さんです。

IMG_8144.jpg

名前 コム・シェモア
住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目仲通り
電話 011-252-6666
時間 ランチタイム 11:30~14:30
ディナータイム 17:00~23:00(L.O. 22:00)
休み 年中無休
HP  http://www.sanshusha-grp.com/comme/index.html

持ち寄りワイン会に参加するのは、
今回で3度目なのですが、
今回はフランスワイン限定という縛りがあったので、
一体どんなワインが集まるのか、
非常に楽しみな一方、
自分の持っていくワインは何にしようか、
とても迷っちゃいました^^;
迷いに迷った挙句、
2本持っていってしまいました^^;
趣旨に反して申し訳ありませんでした。。。

今回もワイン会のために、
個室を用意してくださり、
個室に入ると、
IMG_8145.jpg
いつもながら素晴らしいセッティングが、
すでに出来ていました^^

席に座ると、
IMG_8146.jpg
目の前にはいろんな形のグラスが用意してあります^^
ソムリエさんのお話しによると、
いろんなグラスを使って味わって欲しいという
お考えとの事。
とても素晴らしいですねー!
一本のワインでも、
数種類の楽しみ方ができ、
自分好みのワインとグラスの組み合わせを
楽しむことができるなんて、
早々経験できません^^
本当に素晴らしいお考え、
ありがとうございましたー!

それでは早速今回持ち寄りで集まった
素晴らしいフランスワインと、最高の料理を
ご紹介します!!

IMG_8150.jpg
アグラパール ブラン・ド・ブラン N.V

シャンパーニュのRMで、シャルドネ100%のブラン・ド・ブランです。
ブラン・ド・ブランらしい軽やかな味わいとともに、
甘味を感じます。
これからの季節にぴったり!

IMG_8153.jpg
ウィリアム・フェーブル シャブリ・プルミェ・クリュ・ヴァイヨン 2007

シャブリといえばフェーブルというほどの造り手の、
プルミェ・クリュです。
ミネラル感たっぷりな味わいで、
余韻の最後まで楽しめる一杯でした。
先日飲んだフェーブルのノーマルシャブリとは、
余韻の長さがまったく違いました^^;

IMG_8155.jpg
ドメーヌ・ド・マランド シャブリ 2005

初めて飲む作り手さん。
シャブリと言えばキリッとした酸と
ミネラルというイメージだったのですが、
こちらはそれよりもじわっと感じる味わいで、
初めて飲む感覚でした。

IMG_8154.jpg
道産鶏レバーとレーズンのパテ

初っ端から、古田シェフの素晴らしい腕前発揮です!
レバーにまったく臭みがないのですが、
味わいはかなり濃厚で、
キリッとしたシャブリ、じわっと味わいのあるシャブリ、
そしてこの後に出てくる、
シュナン・ブランやアリゴテのワインにもぴったりの
一品でした!

IMG_8158.jpg
ルメール・フルニエ ヴーヴレイ セック 2004

私の持参した1本です。
鬼才ニコラ・ルナールによって
3ヴィンテージしか造られなかった幻の一本で、
シュナン・ブラン100%のワインです。
ブランデーやレーズンのような香りがしていて、
辛口なのですが、ほのかな熟成した甘味を感じました。
2003ヴィンテージよりも余韻が短いのが残念でしたが、
2000円の値段からすると充分すぎるコスパだと思います。

IMG_8162.jpg
クロード・マレシャル ブルゴーニュ・アリゴテ 2006

アリゴテを飲むのは久しぶりだったのですが、
このアリゴテはかなり美味しかったです!
テリーヌにあわせると、キリッとした味わいと
魚介の風味が相乗効果となりとても美味しかったです!

IMG_8160.jpg
海と大地の恵み 北海道丸ごとテリーヌ

これはまずは見た目でやられちゃいます!
とても美しくて崩すのがもったいないぐらいです^^;
もちろん味わいも素材の味を活かした感じで、
それぞれの魚介の味が、
ワインと合わさりたまらない一品です!

IMG_8168.jpg
シャトー・タルボ カイユ・ブラン 1997

バニラです!!
まさに樽由来のバニラの香りが、
グラスを近づけただけで鼻に抜けます!
味わいも熟成によって完成された
まろやかな酸と甘味の融合がたまりません!
値段を考えると、今回の白の中で、
個人的ナンバー1でした!

IMG_8169.jpg
ドメーヌ・ルフレーヴ ピュリニー・モンラッシェ 1999

こちらも私が持参したワインです。
ルフレーヴは個人的に好きなブルゴーニュ白の造り手さんで、
マコン・フェルゼなどもコスパに優れた1本です。
こちらはまさにピュリニー・モンラッシェといった感じで、
個人的には熟れたオレンジのような香りを感じます。
口に含むと、まさにルフレーヴといった、
旨味が口の中に広がり、それがずーっと続きます!
しばらくたってふと口に味わいを感じるほどの濃い味は、
さすがルフレーヴといった感じでした。
今度はもっと上のクラスを飲んでみたいと思いました^^

IMG_8164.jpg
日高沖より時鮭のポワレ サヴォア地方のベルモット ロタンドライの軽いバターソース

こちらも見た目にインパクトありますよねー!
そして味わいもすごいです!
ベルモットソースがいつにも増して気合が入っていて、
濃厚な味が口いっぱいに広がります
時鮭とあわせて食べると、もうたまりません!
上のブルボル対決にぴったり一品で、
今回の料理文句なしのナンバー1!

IMG_8167.jpg
パン

パンも相変わらず美味しく、
ベルモットソースをたっぷりつけて
いただいちゃいました^^

IMG_8171.jpg
ヴァンサン・ジラルダン エモーション・ド・テロワール 2006

若いチャーミングなピノといった感じで、
最初の一本としてはとても合っていたと思います。
ベリーのような甘酸っぱさを感じ、
さっぱりとした余韻が夏にも飲めるピノだと思いました^^

IMG_8175.jpg
アルベール・ビショー オスピス・ド・ボーヌ プルミエ・クリュ キュヴェ・ルソー・デスランド 1999

ブルゴーニュの大手メゾンであるアルベール・ビショーが
オスピス・ド・ボーヌを手がけた一本です。
1999とのことで熟成された枯れ初めな感じが、
古酒好きの私にはたまらない一本でした。

IMG_8176.jpg
ロベール・グロフィエ シャンボール・ミュジニー・プルミエクリュ レ・サンティエ 2005

今回の赤ナンバー1です!
もう、飲んだ瞬間に華やかな香りが口から鼻に
駆け抜けます!
とてもわかりやすい素晴らしいピノです。
時間をかけるとそのわかりやすかった味わいが、
さらに変化していき、
生き物のようなワインでした^^

IMG_8177.jpg
セシル・トランブレイ ヴォーヌ・ロマネ 2006

上のシャンボール・ミュニジーとは対照的な、
飲んだ瞬間ヴォーヌ・ロマネ?
と思うほど、難解な一本です。
若いからなのかなかなか私に心を開いてくれませんでした^^;
時間を加えると、どのように変化するのか、
楽しみな一本でした。

IMG_8174.jpg
士別かわにしの丘しずお農場より 骨付きサフォークのロティ エストラゴン風味

こちらの羊、
臭みがまったく無いんです!
それでいてしっかりと羊の味わいを感じるんです。
そのまま食べて羊の味わいを堪能するのも良し、
下のソースをかけて味の変化を楽しむのもよし、
一度に二度美味しい素敵な一皿でした^^

こちらの羊のお肉には、
IMG_8172.jpg
こちらのソースをかけていただきます。
ただし、お肉自体も美味しいので、
まずはそのままで食べるのが最高です!

IMG_8179.jpg
シャトー・ド・フェランド 1998

ボルドーはやはり寝かせる物だと思わせるぐらい、
酸とタンニンがまろやかな感じで、
どこまでも飲めちゃいそうで、
ぐいぐい引き込まれる一本でした^^

IMG_8180.jpg
シャトー・ブラネール・デュクリュ 1981

こちらはさらに古酒なのですが、
まったく味わいはやせていません。
むしろ年月を重ねたからこそ完成した、
熟成した香りと味には、
頭が下がります。
熟成したボルドーをこれから凝ってみたいと
ちょっと思わせるような一本でした。

IMG_8178.jpg
本日のチーズ2種(タレッジョとブルー)

熟成したチーズが、
熟成したボルドーに合わないはずがありません。
香りもたまらない、
美味しいチーズでした。

IMG_8185.jpg
ドメーヌ・デュ・ケロン ジゴンダス 1998

主催してくださったYさんがもう一本だしてくださった
コート・ドゥ・ローヌです。
コート・ドゥ・ローヌは苦手な分野なのですが、
こちらは力強い味わいというよりは、優しい甘さがある感じで、
美味しく飲めました。
聞くとシラーの割合が少ないそうです。
私はシラーがだめなのかもしれません^^;

IMG_8183.jpg
ハスカップ風味のチーズムース 

めちゃめちゃ美味しいムースです!
デザートなので甘さはあるのですが、
口に残らない甘さなので、
最後の〆に最高でした。

どのワインもみんなのこだわりの1本ということだけあり、
とても美味しかったですー!
個人的なナンバーワンは、泡はもちろん、
白だとカイユ・ブランです!
もうグラスを近づけただけで感じるバニラの香りは、
クセになっちゃいそうでした^^
そして赤は、
シャンボール・ミュジニーです!
こちらも華やかな香りが注いだ瞬間に広がり、
口に含むとそれが爆発します!
こういうわかりやすい素晴らしいブルゴーニュは、
久しぶりに飲みました^^

今回のワイン会の素晴らしかったのは、
IMG_8184.jpg
みんなのこだわりのワインを持ってきたはずなのに、
全体的にとてもバランスが良かったんです!
普通の会だと、偏りがあったりするのですが、
今回は最初から最後までが、
一本の線で結ばれているように、
つながりを感じることができました^^
ちなみに私は迷いに迷って、
ルメール・フルニエと、ルフレーヴを持っていきましたー!
どちらもおかしな状態になっていらず、
安心しました^^

本当にこんなに素晴らしい持ち込みの会は、
なかなかありません!!
ご一緒させていただいた皆様も
とても素晴らしい方ばかりで、
最初から最後まで楽しい時間をすごすことができました!
ぜひ、第2回、第3回を開催して欲しいですー!
そのために、今から何を持っていくか
考えたいと思いますー^^

今日はお酒の感想はお休みです^^
明日は、昨日参加した北海道ワインツーリズムの
モニターツアーの様子をご紹介します!
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。