*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 北海道の作り手の貴重なバレルサンプル試飲会 ワインショップフジイ

こんばんはー!
昨日のサッカー見ました!?
すごかったですねー!!
久しぶりに興奮しちゃいました^^
ということで今日は寝不足、
午前中はぐっすり寝ちゃいました^^;
グータラ生活ですねー(笑)

今日は先日参加させていただいた、
素晴らしい試飲会の様子を
ご紹介させていただきます^^
今回、先日ご紹介した、
ランスさんのワインセミナーに続き、
道産ワインにこだわった
試飲会が開催されました。
どちらも飲食店の方を対象としているのですが、
特別に許可を頂き、
参加させていただきました。

一昔前は、試飲会やセミナーで、
道産ワインが取り上げられることなんて、
ほとんど無かったので、
こうした動きが、
本当にうれしいです。
何より消費者ではなく、
影響力のある
札幌の飲食店やワインショップが
主催するというのが、
素晴らしく意義あることだと思いました^^
その素晴らしい試飲会を開催した
ワインショップは、
「ワインショップフジイ」さんです。

IMG_9120_20110129210823.jpg

名前 ワインショップフジイ
住所 北海道札幌市中央区南3条西3丁目1-2
電話 011-231-1684
時間 11:00~20:00
休み 第2・第3日曜日
HP http://www.wineshop-fujii.com


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ


国産の試飲会ということで、
どれだけの人が来るのかなぁ?
と思っていましたが、
お店の中に入ってびっくり!
IMG_0157_20110129210754.jpg
沢山の人が、
来ていましたー^^
上にも書きましたが、
一昔前だと、
国産ワインなんて美味しくない、
高いと言う印象があり、
飲食店の方にも、
あまり目を向けてもらえませんでした。
それが試飲会でこれだけの人が集まるのですから、
本当にうれしい限りです!

そんな大勢の方が集まった今回の試飲会は、
ただの試飲会ではないんです。
実は今回は、
IMG_0167_20110129210823.jpg
2010ヴィンテージの
バレルサンプルが飲むことができるんです♪
ワインとしてリリースされる前に、
サンプルとして飲むことが出来るなんて、
なかなか機会ありませんよね!
そんな企画を考えちゃう藤井さんは、
やっぱり素晴らしいですね!
そしてその企画に賛同して、
試飲会にいらっしゃって、
ワインを提供した作り手の方々も、
本当に素晴らしいです!
これからもこうした企画、
どんどん考えて欲しいですね♪

それでは今回の試飲会に集まった、
3つの作り手さんと、
試飲したワインをご紹介します!

まずはこちら、
IMG_0149.jpg
山ワイナリー 山亮一さん

ご存知、北海道の新興ワイナリーの
先駆けともいえる山崎ワイナリーさんからは、
オーナーの長男で醸造を担当している、
亮一さんが来ていました。
山崎ワイナリーさんはいわゆるドメーヌタイプのワイナリーで、
造られているワインはすべて自社畑のブドウが
使われています。
若いのに、勉強熱心な、
イケメンの有望株です!

そんな山崎ワイナリーさんが持ってきてくれたのは、
IMG_0150.jpg
山ワイナリー バッカス 2010 バレルサンプル

去年収穫されたバッカスで作られた一本、
リリースは今年の春とのことでした。
去年は猛暑ということもあり、
バッカスからは山崎さんらしい、
一本筋の通った山河あまり感じられません。
ただ、香りは華やかで、
やや甘口ですが、
口当たりがやわらかい味わいは、
美味しいといえる一本です。
リリースが楽しみです。

IMG_0152_20110129210726.jpg
山ワイナリー ケルナー 2010 バレルサンプル

こちらも今年の春リリース予定の
ワインです。
このケルナー良いいです!
山崎さんらしい酸をきりっと感じながらも、
果実味もふくよかにあり、
余韻にかけては、
苦味もきちんと感じられます。
とてもきれいな作りがされていて、
旨みを少し削っている感じや、
酸の苦手な人にはやや酸味が
強く感じられるかもしれませんが、
リリース前でこの状態なのですから、
リリース時にはもう少し落ち着き、
さらに秋にかけてすばらしくなる
ポテンシャルを持っていると思います。

IMG_0153_20110129210726.jpg
山ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベ セミMC 2010 バレルサンプル

こちらも春リリース予定で、
今回初リリースとなる予定の、
ツヴァイゲルト・レーベの
セミMC(マセラシオンカルボニック)ワインです。
MCらしいイチゴのような香りと味わいは、
あまり感じられませんが、
通常のツヴァイに比べると、
果実味が強く、
酸が穏やかな印象です。
山崎ワイナリーの赤ワイン入門編として
良いかもしれませんね。

ここからは現在リリースされているワイン3種類です。
IMG_0154_20110129210726.jpg
山ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベ 樽熟成 2008

山崎さんらしく酸がありながら、
ツヴァイゲルト・レーベらしい、
果実味とスパイシーさを感じます。
樽の要素はそれほど強くなく、
余韻もそれほど長くありません。
和食なんかとも合いそうな、
すっきり気軽に飲める赤ワインとして、
よさそうな印象でした^^

IMG_0156_20110129210726.jpg
山ワイナリー ピノ・ノワール 2008

山崎さんのピノ・ノワールは、
ここ数年すばらしい進化をしていると思います。
こちらも山崎さんらしい酸の具合が、
以前よりも柔らかくバランスが良くなり、
そこにベリー系の甘酸っぱさが加わり、
タンニンもきれいに感じられます。
樽の要素が、
そこに絶妙に+αとして
存在しているのが、
すばらしいです。
これからますます楽しみになってきました!

IMG_0158_20110129210753.jpg
山ワイナリー メルロー 2008

自分も収穫のお手伝いをしたから
というわけではありませんが、
メルローも今迄で一番好みの味でした。
フローラルな香りの中に、
チョコのような味わいを感じ、
まだ少し固いタンニンが味を引き締めています。
こちらは結構樽の要素も、
ワインに現れていて、
後もう少し寝かせると、
さらに良くなりそうな感じです。
北海道のメルロー、
これからますます楽しみです!

そんな試飲で口の中が、
ワインだらけになったときには、
IMG_0159.jpg
バケット

こちらのバケットで口休め^^
美味しくいただきました。

続いての参加された作り手さんは、
IMG_0161.jpg
TAKIZAWAワイン 滝沢信夫さん

とっても素敵な雰囲気の滝沢さん。
ご存知の方も多いかと思いますが、
可否茶館の創業者なんです
数年前から原料から自分で作ることができるということで、
可否茶館をやめて、
ブドウ作りをはじめました。
2008年にはじめてブドウが収穫され、
去年2009ヴィンテージとともに発売され、
あっという間に完売したという、
今ひそかな人気を集めている作り手さんです。
醸造施設を持っていないので、
宝水ワイナリーさんの施設を借りていますが、
仕込みは滝沢さん自身が行っているそうです。

そんな滝沢さんが持ってきてくれた、
ワインがこちら、
IMG_0160.jpg
TAKIZAWAワイン ソーヴィニヨン・ブラン 2010 バレルサンプル

こちらも今年リリース予定のものを
特別に持ってきてくださいました。
先日の国産ソーヴィニヨン・ブラン飲み比べで、
2009ヴィンテージを飲みましたが、
2010ヴィンテージはまったく印象が違います。
2009ヴィンテージがとても攻めた香りと味わいだったのに対し、
2010ヴィンテージはとても香りも華やかで、
味わいもクリーンな印象です。
猛暑ということもあり、
酸が若干弱めですが、
まさに草原のようなさわやかさと
柑橘系の味わいを感じます。
これは誰が飲んでも美味しいというと思います。
2009ヴィンテージも面白い味わいでしたが、
2010ヴィンテージは素直に美味しいといえる、
すばらしい一本でした。

そしてもう一人が、
この方!
IMG_0163_20110129210824.jpg
ドメーヌ・タカヒコ 曽我貴彦さん

ご存知去年ワイナリーを立ち上げた、
曽我貴彦さんです。
私のブログを読んでくださっている方は、
説明の必要もないかと思いますが、
長野にある小布施ワイナリーさんの次男として生まれ、
ココファームワイナリーの栽培担当者をしたのち、
余市に移住し、
去年ピノ・ノワールの苗植えと
ワイナリーを完成させた行動力にあふれた、
今話題の作り手さんです。

そんな曽我さんが持ってきてくださったのは、
IMG_0162_20110129210752.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ ナカイ ケルナー 2010 バレルサンプル

先日のランスさんのセミナーでも出なかった、
今年の春リリース予定の、
曽我さんが仕込んだ白ワインです。
ブドウは余市にある中井ヴィンヤードのケルナーが
使われています。
飲んだ感想ですが、
このワインものすごいです!!
酸味と果実味、そして少しの苦味という
ケルナーの特徴が、
グラスの中であふれんばかりに
表現されています!
かなりしっかりした味わいなので、
下手な料理だとワインに負けちゃいそうです!
これはものすごいワインです。
リリースされるのが、
今からとても楽しみですね!

IMG_0165.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2009

蔵元出荷が1日で完売したという貴重なワイン、
3日の間に2回も飲んじゃいました^^
飲んだ印象ですが、
事前にデキャンタをしているということで、
前回飲んだよりも、
少しはじめから開いている感じでした。
どちらかというと、
薄旨系なブルゴーニュのような雰囲気で、
そこに北海道らしい酸もきちんとありながら、
果実味とタンニンもそこはかとなく感じます。
まだまだ秘めたポテンシャルを発揮するには、
時間はかかりそうですが、
今飲んでも美味しい、
そう思えるワインでした。

IMG_0166_20110129210823.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ パストゥグラン 2009

私の一番気になっているワイン、
それがこのパストゥグランです。
先日のセミナーのときに、
これまでの曽我さんのワインには無かった、
香りを感じました。
還元香と思われるその香りですが、
やはり今回も感じました。
ただ、これは時間とともに穏やかになりそうな、
気がします。
実際この日も後半に
もう一度飲ませていただいたときは、
少し落ち着きを見せ始めていました。
そして味わいは、
ピノ・ノワールとも、
2008ヴィンテージともまるで違う、
結構濃い味となっています。
果実味を強く感じ、
そこにツヴァイらしいスパイシーさが、
口の中いっぱいに広がり、
しっかりしたお肉料理との相性も
とてもよさそうです!
こちらもポテンシャルは高そうですが、
今飲んでも十分美味しいといえます。
ご一緒した方いわく、
今はツヴァイが勝っているので、
ピノらしさが出てきたら面白いとの事なので、
勝ったらこちらも少し寝かせたいと思います^^

こうした作り手を招いての
道産ワインの試飲会は初めての試みだったそうですが、
参加されていた方々が、
直接作り手さんにいろいろ質問していたのを見て、
とてもすばらしいことだと思いました!
私はやはりワインは味わいだけでなく、
その作り手の考えも大事だと思っています。
そうしたときにこうした機会があると、
直接作り手の考えを聞くことができ、
美味しかったワインがより美味しくなるような気がします。
藤井さんぜひまた開催してください!
よろしくお願いしますー!



先日から呼びかけている、
タケダワイナリーを守る会の署名、
まだまだ募集しています!
詳しくは、
こちらをご覧ください。
皆様のご協力お待ちしています。
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。