*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 期待の新ヴィンテージを一足先に試飲しました ドメーヌタカヒコセミナー

こんばんは!
20日のブログで、
検査結果を報告してから、
多くの方から直接お祝いの言葉をいただいたり、
お祝いメールを沢山いただきました。
改めて多くの方に心配をおかけしていた事が
わかったと同時に、
自分にも多くの仲間がいることがわかりました^^
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました!
浮かれ気分も昨日までと言うことで、
今日からまた4戦全勝に向けて、
頑張ります!

今日は、昨日参加してきた、
素晴らしいワインセミナーの様子を
ご紹介します!
先日ご紹介したワインバーランスさんが、
数ヶ月に一度セミナーを開催していて、
今月のテーマが、
私にぴったりだと言うことで、
オーナーの吉島さんに
声をかけていただいたんです♪
しかも1人分ではなく、
3人分の席を確保してくださったので、
最近一緒にワイナリー巡りをしている、
デクさんとTomoさんを誘って、
3人で参加させていただきました^^
私にぴったりだと言う、
今回のセミナーというのはずばり、
「ドメーヌタカヒコセミナー」
でした。

IMG_0084.jpg

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 北海道余市町
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

 ※ ドメーヌ・タカヒコさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。



ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ


ランスさんのセミナーは、
飲食店関係者が中心と言うことで、
私のような素人が参加しても良いのかな?
と思いましたが、
吉島さんから優しいお言葉を
いただいたので、
参加させていただきました^^
吉島さん、本当にありがとうございました!

ドメーヌタカヒコさんと言えば、
私のブログを読んでくださっている方は、
ご存知かと思いますが、
今年の9月に醸造施設が出来た、
新しいワイナリーです^^

オーナー兼栽培醸造責任者である、
IMG_0089.jpg
曽我貴彦さんが個人で醸造免許を取り、
今年からワインを仕込んでいます♪
ただ、ワイン自体は、
一昨年からお兄さんがいる小布施ワイナリーさんで、
作っており、
去年の2月にファーストヴィンテージが発売になり、
瞬く間に完売、
そして今年の2月に
待望の2シーズン目のワインが、
リリースされます。
今回はそんな貴重なドメーヌタカヒコさんのワインを
曽我さんの話しを聞きながら、
数種類試飲できると言うことで、
とても楽しみにしていました。!

セミナーではまずはじめに、
曽我さんから自分の略歴と、
造りたいワインについてのお話がありました。
詳しい内容は、
長くなるので書きませんが、
個人的にとても印象深かったのが、
「無理をしないワイン造り」
「ヨイチという場所を選んだ訳」
でした。

無理をしないワイン造りというのは、
無理に濃いワインを造るのではなく、
その土地の風土、気候に任せた、
自然なワイン造りということです。
化学農薬を使って無理に育てなくても良い、
出来たワインは色が出なくても良い、
すべては自然が成すこと。
と言った感じです。
去年始めて曽我さんとお会いして、
畑を見せていただいたり、
ワイン作りを見せていただきましたが、
まさにセミナーでおっしゃっていたとおりの、
感じでした。
もちろん曽我さんの手を加えることによって、
ワインが出来ているのですが、
自然に造ると言うことを大切にしているのが、
お話しを聞いてよく伝わってきました。

続いて余市を選んだわけですが、
ココファームワイナリーさんで働いていたときに、
山梨や長野、山形などを見てまわったが、
どこも一長一短だったそうです。
そうした中北海道の葡萄を取り寄せる機会があり、
その葡萄の出来の良さに感激したそうです。
これが1年だけならグレートヴィンテージだったから
と言うこともあるかもしれませんが、
そんな葡萄が毎年取れるのを知り、
実際に余市にお伺いして、
その気候を地肌で感じ取り、
さらに今契約している木村さんの畑に
なっているピノ・ノワールを見て、
余市に決めたそうです!
まさに運命の出会いですよね。
この話しを聞いたとき、
隣町の小樽に住んでいるものとして、
鳥肌が立ちました^^

ちなみにこの日の夜は、
たまたま別なワイン会に参加して、
その木村さんにお会いしたのですから、
一日にしてドメーヌ・タカヒコの
キュムラピノ・ノワールの
醸造、栽培のお二人にお会いしちゃったわけです!
本当に私は幸せ者です。
木村さんと一緒になったワイン会については、
明日書きますね♪

ということで、
曽我さんの素敵なお話を聞いた後に、
ワインを試飲させていただきます。
まず最初は、
IMG_0094.jpg
赤ワイン3種類です。
写真を見てもわかるとおり、
それぞれ色が若干違いますね^^

それでは1種類ずつ、
ご紹介していきます。
まず一番左が、
IMG_0105.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2008

貴重なファーストヴィンテージの
キュムラです!
リリースされて1年近くが立ち、
どのように変化したか興味津々出した。
結果は、
めちゃめちゃ良くなっていますー!
リリース直後に比べると、
明らかに香りが開いており、
スワリングすることなく香ってきます。
そして味わいも、
酸味が若干穏やかになり、
梗の青っぽさもそれほど感じなくなったのですが、
味わいがしっかりと感じられ、
余韻も長く感じられます。
曽我さんが作りたいとおっしゃっていた、
複雑な味わいがまさに表現されている感じでした。

続いて真ん中が、
IMG_0104.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2009

待望の新ヴィンテージ、
飲んじゃいました^^
2009ヴィンテージは2008に比べて、
ピジャージュを若干多くしたとの事でしたが、
2008ヴィンテージのリリース直後よりも、
固さは無く味わいの広がりを感じます。
そして酸味、渋味、果実味といった
一つ一つの味の要素が、
2008ヴィンテージよりも強いと思いました。
とはいえ、
味わいはまだ鋭角的な酸味を感じた後に、
弱めな果実味を感じます。
渋味もまだ暴れている感じで、
飲み頃はまだまだ先と言った印象でした。
ちなみに香りは、
参加者の一人がイチゴっぽいニュアンスがあると
言っていましたが、
イチゴとまではいきませんが、
香りはベリー系の酸味を感じるもので

最後に右側が、
IMG_0103_20110124210812.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ パストゥグラン 2009

今回の3本のうち、
一番驚いたワインです。
ツヴァイゲルト・レーベ70%ピノ・ノワール30%という
セパージュのこちらのワイン。
まず色がこれだけダントツに濃いです。
香りはかなり還元的で、
馬小屋週とまではいかないまでも、
硫黄のような香りを若干感じます。
そして飲んでみるとびっくり!
めちゃめちゃツヴァイゲルト・レーベ由来であろう、
スパイシーさと果実味が
口に広がります!
軽めのローヌのワインでも飲んだのでは!?
というぐらい、
品種の個性がはっきり出ていて、
びっくりしました。
逆にピノ・ノワールらしさがまだ捕らえられないのは、
若いからなのでは?
とデクさんがおっしゃっていました。
このワイン気に入りました!
寝かせればもっと美味しくなるでしょうけど、
2009ヴィンテージで今飲むなら、
ピノ・ノワールよりもこっちと言う印象でした^^

次の白ワイン2種類に行く前に、
IMG_0095.jpg
ランス自家製パン

ランスさんの自家製パンで、
口の中をリセットさせます。
このパン、先日お店でもいただきましたが、
とっても美味しいんですよねー!
パンだけでパクパク食べることが、
できちゃいます!

そして口の中を一休みさせた後には、
IMG_0097.jpg
白ワイン2種類の試飲です。
左側ロゼみたいな色をしていますが、
れっきとした白ワインですよー!

そのロゼみたいな色の方が、
IMG_0096.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ白 ラブルスカ サン・スーフル 2010

去年の10月に開催された、
ドメーヌ・タカヒコさんの収穫イベントで収穫した、
ナイヤガラを使い造られたワインです^^
色がロゼっぽい色をしているのは、
少し酸化しているからだそうです。
香りはまさに食用葡萄ナイヤガラと言った感じですが、
口に含むとかなりのドライです。
微発泡なシュワシュワが口に広がり、
酸味とともに若干の苦味を感じ、
酵母っぽいニュアンスもあります^^
リリース直後に飲んだときよりも、
泡が激しくなり、辛口になった感じです。
瓶の中で発酵が進んだと思われます。
アルコール度数が8%しかないので、
ぐびぐび飲むことが出来、
風呂上りのビール代わりに最高な感じです!
札幌ではほぼ完売していますが、
余市の中根酒店で買うことができます♪

そして右側の方が、
IMG_0101.jpg
羊蹄グリーンビジネス ラロ・スプマンテ アロマティコ 2010

こちらもヨイチ白と同じく、
収穫イベントで収穫したナイヤガラが
使われています^^
ヨイチ白との違いは、
こちらがフリーランのみで造られたのに対し、
ヨイチ白はフリーラン+プレスランが、
用いられています。
ヨイチ白がロゼっぽかったのも、
プレスしたときに酸化してしまったからとの事でした。
ヨイチ白との違いは味にも現れていて、
香りはこちらの方がよりナイヤガラの華やかさが強く、
味わいもこちらの方が、
若干甘さが残っているようでした。
好みはあるかと思いますが、
個人的にはこちらの方が、
若干の甘さが心地よく好きな味わいでした^^

と言うわけで今回のセミナーでは、
IMG_0108.jpg
合計5種類の貴重なワインを
飲ませていただきました。

ちなみにセミナー終了後にも、
まだワインが残っていたので、
さらにいただいちゃいました^^
すると、2009ヴィンテージが、
どちらも開き始めていて、
とても味を感じられるようになり、
美味しくなりました!
これはやっぱり数本買って、
寝かせなくてはだめですねー^^;

試飲終了後には、
質問タイムを用意してくださり、
数人の方が質問していました。
ただ、思っていたよりも、
質問する方が少なく、
日本のワインにあまり興味が無いのかと、
ちょっと不安になってしまいました^^;
私なら10以上の質問したいですけどねー(笑)

飲食店関係者を対象とした
セミナーと言うことで、
いつも曽我さんから聞く内容とは、
また少し違った角度から説明している部分もあり、
とても勉強になりました。
そしてなにより、
貴重なワインを5種類もいただいてしまい、
もう最高でした。
セミナーを企画してくださったランスの吉島さん、
余市からセミナーのために来てくださったドメーヌタカヒコの曽我さん、
そしてご一緒していただいた、デクさんとTomosann,
本当にありがとうございました!

また、ランスさんにも、
ドメーヌ・タカヒコさんにも行きますので、
その時は、
よろしくお願いしますー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。