*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 札幌にあるワイナリーの施設を見学させていただきました♪ さっぽろ藤野ワイナリー

こんばんはー!
今日は3連休明けの仕事でした^^
3連休の間、
毎日雪かきだったので、
今日は雪かきしないですむと思っていたところ、
会社に行ったらすごい雪が^^;
3日分の雪が積もっていました。
というわけで、
今日もやっぱり雪かきでくたくたに
なっちゃいました^^;

今日は先日お伺いした、
ワイナリーをご紹介します^^
昨年ファーストヴィンテージをリリースし、
昨年暮れに2010ヴィンテージのリリースが始まった、
まだ新しいワイナリーです。
先月のブログで、
2010ヴィンテージを購入した様子を
ご紹介しましたが、
今回ワイナリーのお手伝いをしている方に、
ワイナリーの醸造施設を案内していただけることになり、
再度訪問してきました^^
そのワイナリーの名前は、
「さっぽろ藤野ワイナリー」さんといいます。

IMG_9793.jpg

名前 さっぽろ藤野ワイナリー
住所 北海道札幌市南区藤野3条1丁目2番10号
電話 011-593-8700
時間 11:00~17:00
休み 火曜日
HP  http://www.vm-net.ne.jp/elk/fujino/


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

今回は試飲をさせてくださるということで、
JRと地下鉄で真駒内まで行くと
そこからは今回案内してくださるKさんが
迎えに来てくださいました^^
案内をお願いしただけでなく、
迎えにまで来てもらっちゃうなんて、
甘えすぎですね^^;

Kさんの運転で、
ワイナリーに着き、
IMG_9796.jpg
まずは直売店の中に入ります。
相変わらずとてもきれいな、
直売店^^
前回ご紹介していませんでしたが、
壁には、
IMG_9850.jpg
素敵なタイル壁画が 
描かれていました♪

醸造施設はどこかというと、
じつはこのタイル壁画の裏側なんです。
つまり直売店と醸造施設は、
壁を1枚隔てているだけなんです^^
こんなコンパクトなワイナリー、
はじめて見ました^^

ということで直売店のドアを開けると、
醸造施設が広がっていました。
ワインを造る順序に沿って、
施設を紹介すると、
まずは、
除梗破砕機なのですが、
こちらはすでに今年の役割を終えたため、
片付けられていました^^

ちなみにこちらのワイナリーでは、
葡萄品種によっては、
除梗破砕機は使わずに、
真夜中までかけて手除梗した葡萄も
あるそうです。
すごいこだわりを感じますよねー^^

次に白ワイン用は除梗破砕された直後に、
赤ワイン用は除梗破砕し発酵された後に、
IMG_9804.jpg
こちらの圧搾機で、
果汁orワインが絞られます^^

こちらは余市にあるドメーヌ・タカヒコさんと
同タイプのもので、
風船で圧を加えるのではなく、
万力のような形で圧を加えるタイプでした^^

そしてこちらのワイナリーにはもうひとつ、
IMG_9807.jpg
昔ながらの上から圧力をかけて搾るタイプの
小さな圧搾機もありました^^
なんか、ワインの歴史とかに出てきそうな、
桶に機械がついているのが、
古いものと新しいものの融合した感じで、
面白かったです!

白ワインはそうして搾られた果汁を、
IMG_9799.jpg
こちらのステンレスタンクにて、
発酵が行われています。
大小さまざまな大きさがあるタンクには、
いろいろな品種のワインが入っていました^^
こちらのタンクの良いところは、
蓋の位置を圧で好きな場所にできるところです♪
そうすることで果汁ぎりぎりまで蓋を下げることができ、
ワインの酸化を防ぐことができます^^
小さいタンクだからこそできるメリットですよねー!

そうして出来上がったワインは、
いよいよ瓶詰めされるのですが、
まずワインをつめる瓶を、
IMG_9802.jpg
こちらの瓶洗浄機で洗われます。

続いて洗われた瓶は、
IMG_9809.jpg
こちらの瓶詰めの機械で、
ワインが充填されます。
こちらのタイプは始めて見たタイプで、
上の囲いの中に詰めるワインを入れると、
重力の力で、
下に入れた瓶に充填されていきます。
そして、一定量になると自然にとまり、
瓶をはずしてもワインは
漏れてこないそうです。
一度に4本しか瓶詰めできないそうですが、
小さなワイナリーなので十分とのことでした。

そうして瓶詰めされたワインに、
蓋をするのですが、
さっぽろ藤野ワイナリーさんのワインの蓋といえば、
コルクや樹脂コルク、王冠ではなく、
IMG_9827.jpg
こちらのゾークと呼ばれる、
特別な蓋が使われています^^
密閉の力がコルク以上で、
さらにコルクのように
ブショネの心配も無いということで、
最近日本のワイナリーでも、
少しずつ広まっている蓋です^^

そんなまだ珍しいゾークの蓋を、
どうやって瓶に取り付けているかというと、
IMG_9824.jpg
こちらのオーダーメイドの打栓機で、
取り付けているそうです。
オーダーメイドということで、
なんと世界に1台しかないそうです^^
貴重な打栓機ですねー!
こちらの打栓機には、
コンプレッサーを接続できるため、
人力ではなくエアの力と油圧で、
打栓ができるそうです。
人の力よりは遅いですが、
疲れないのが良いですよね^^

醸造施設を一通り見せていただいた後は、
違う部屋の
IMG_9820.jpg
樽貯蔵室を見せていただきました。

まだ新しいワイナリーということで、
置かれている樽は、
新樽もしくは2年樽とのことでした。
大きさも2種類あり、
真ん中に大きく見えているのが、
俗に言うバリックという225リットルの樽で、
その他はそれよりも少ない容量の樽だそうです。
ここで樽熟成されて、
マロラロティック発酵も行われるそうです^^

そんな樽貯蔵室は、
IMG_9819.jpg
瓶熟成させる棚も用意されていて、
限られたスペースを有効に利用するというのが、
ひしひしと伝わってきました^^

と見学はここまで、
楽しい見学の後はもちろん、
IMG_9849.jpg
ワインの試飲ですー!
今回は試飲のために、
車を置いてきたので、
思う存分いただきますよー♪
今回は、今リリースになっている、
さっぽろ藤野ワイナリー ナイアガラナチュラルスパークリング 2010
さっぽろ藤野ワイナリー ナイアガラナチュラルスパークリング 2010
という2種類を試飲させていただきました^^

まずは、
IMG_9845.jpg
さっぽろ藤野ワイナリー ナイアガラナチュラルスパークリング 2010

薄く濁ったレモンイエロー色です。
香りはほんのり生食用葡萄の香りがしますが、
それほど強くありません。
そして味わいは、
リリース直後はやや甘口といった感じでしたが、
今はきりっとした酸を感じる、
やや辛口になっていました^^
ワインの中の酵母が糖分を食べたんでしょうねー^^
もっと置くともっと辛口になるんでしょうかね?
実験してみたいと思います。

IMG_9846.jpg
さっぽろ藤野ワイナリー ナイアガラナチュラルスパークリング 2010

トマトジュースのような、
濁ったオレンジ色をした
こちらのスパークリング、
香りはナイヤガラよりも、
強く感じました。
味わいはやはりやや辛口な感じで、
酸とともに、
ちょっぴりですが渋みもありました。
飲みやすくて、
すいすい飲めちゃう
美味しいスパークリングでした^^

というわけで、見学&試飲が終了!
お忙しいところ見学させていただいたので、
ワインを一本買って帰ってきました♪
買ったワインがこちらです!
IMG_9892.jpg
袋です!
立派な紙袋に入れて、
渡してくれました^^

中身はというと、
IMG_9893.jpg
さっぽろ藤野ワイナリー ナイアガラナチュラルスパークリング 2010

きりっとした酸が特徴の、
美味しいスパークリング♪
近々ワイン会に出しますので、
楽しみにしていてくださいねー^^

というわけで見学&試飲終了^^
この後、ワイナリーの手伝いをしていて、
今回見学の案内をしてくれたKさんと一緒に、
さっぽろ藤野ワイナリーさんの系列の
イタリアンにランチに行ってきました^^
その様子は明日のお楽しみですー!

この度はお忙しい中、
ワイナリーの見学を始め、
地下鉄駅まで迎えに来てくださったKさんをはじめ、
ワイナリーオーナーやスタッフの皆様、
そしてワイナリー見学を一緒に行ってくださった、
デクさんとTomoさん
ありがとうございました^^
これからもよろしくお願いしますー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。