*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしヴィンヤード ぶどうを育てよう企画!春の一大作業芽欠き編

今日は久しぶりに、
よしヴィンヤードについて書いちゃいます!
これまでのよしヴィンヤードについては、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-category-11.html
こちらをご覧ください^^

いよいよ6月になり、
気温も上がってきたのか、
よしヴィンヤードのブドウたちも
ぐんぐんと成長してきます^^
そして、成長してくる中で、
春にどうしてもやらなくては
いけない作業があるんです。
それが、「芽欠き」です^^

名前のとおり、
芽を欠く作業なのですが、
ブドウの木というのは、
ほっておくと、どんどん芽が萌芽して、
葉っぱが広がっていきます。
見た目には元気そうに見えるのですが、
実は、発破ばかりに栄養が行ってしまい、
大事な主幹や来年主幹になるところに
栄養が行かなくなってしまい、
次の年に悪い影響が出てきます。
そこで、植栽した最初の年は、
芽を2つだけ残し、
後は芽が育たないようにとってしまわなくては
いけないんです。
これは秋の剪定と同じぐらい、
決断の必要な作業で、とても勇気がいります。
芽欠きの仕方によって、
その年の成長が決まると言っても過言ではないのです。

よしヴィンヤードでも、
そろそろ芽欠きが必要になってきたのですが、
正直私はどれを残してよいのか、
迷ってしまい答えが出ません^^;
そこで、ずるなのですが、
私の栽培の先生にメールして、
教えを乞いちゃいました。
そこで衝撃の事実もあったのですが、
それは次回のよしヴィンテージの記事で書く事にします。

というわけで、先生に教えてもらった
芽欠きを実際に行ってみます。
IMG_8117.jpg
こちらピノ・ノワールの木なのですが、
この写真を見てもらってもわかるとおり、
上の部分が萌芽が終わり、
IMG_8118.jpg
どんどん葉っぱが出てきています。
それに比べ、
IMG_8119.jpg
下のほうはまだまだ芽が小さい感じです。

こうした状態であれば、勢いの良い上のほうを残すのが、
セオリーなのですが、
もう一つ考えなくてはいけないのが、
北海道の雪の影響です。
実はこの上の勢いの良い葉っぱの一つが、
主幹に対して、下から出てきているんです。
そうなると、冬にって雪が降り木を雪に埋める際に、
下から出ていると、雪の重さで折れやすくなってしまうのです。

そこで悩んでしまいました。
勢いのある枝を残すべきか、
勢いが弱くても主幹の上から出ているものを残すべきか。
迷いに迷った挙句相談した結果、
IMG_8121.jpg
勢いの弱い下の芽をとることにしました。
やはりこれだけ勢いが違うと、弱い目よりも強い芽を残し、
折れないようにする方法を考えたほうが良いとの
結論にいたりました^^

芽欠きによって、
取った芽がこちらです。
IMG_8122.jpg
無事、2芽だけを残すことができ、
これからはこの2芽に栄養が集中してくれるのを
願うばかりです。
これからは少し作業的なものがなくなるので、
様子を見守りつつ、
ブログにも書いていきたいと思います。

と、その前に上にも書きましたが、
一つ大変な状況になっていることがありました。
その改善などについては、
後日ご紹介しますね。

明日は、余市のブドウ栽培家さんを訪ねるパート2を
ご紹介します!
お楽しみにー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。