*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 北海道一の規模を誇るワイナリーを見学&お買い物! 北海道ワイン

こんばんはー!
今日は空知方面に出かけてきました。
年末のお忙しいときにもかかわらず、
快く迎えてくださった皆様に
まずはお礼を申し上げます。
皆様、本当にありがとうございました。
そしてこの日、
私にとってとても素敵な出会いがありました。
今は詳しくお話しできませんが、
時機を見てご報告させていただきます。

今日は10月に北海道最大のワイナリーの
見学にお伺いしたときの様子を
ご紹介します!
そのワイナリーは、
私の地元小樽にあるワイナリーで、
全国で10本の指に入るほどの規模なんです。
しかもほとんどのワインが
北海道産ブドウを使っていて、
それ以外のワインも
すべて日本で栽培されたブドウが
使われています。
なんか当たり前のことと思われるかもしれませんが、
実は日本のワインは、
そんな当たり前なことが行われていない、
ワイナリーもあるんです。
そのことは後ほど詳しく、
お知らせします。
改めて今日ご紹介するワイナリーは、
「北海道ワイン」さんです。

IMG_7915_20101213220104.jpg

名前 北海道ワイン
住所 北海道小樽市朝里川温泉1丁目130番地
電話 0134-34-2187
時間 9:00~17:00     
休み 無休
HP http://www.hokkaidowine.co.jp/

さて先ほど日本産ブドウを100%という、
当たり前な事が行われていないと書いた件ですが、
あまりご存知でない方も
いらっしゃるかもしれませんが、
スーパーなどで見かける、
数百円とかで売られている
某大手ワイナリーのワインは、
そのほとんどが外国製のワインが
混ぜられたり、
もっとひどいところは濃縮果汁という、
ジャムのようなものを水で薄めて、
それを発酵させているんです。。。
さらに問題なのは、
そうした外国製の原料を使用しても、
日本で瓶詰めを行うと、
国産ワインと名乗ることができてしまうことです。
外国製のワインをわざわざ持ってきたり、
わけがわからないジャムのようなものを使ったものは
果たして国産ワインといえるのでしょうか?
私は問題だと思っています。
経営的にやむを得ずというところも、
あるのかもしれませんが、
やはり納得はできません。。。
読んでくださった皆様も
どう思うか考えてみてくださるとうれしいです。

その点、北海道ワインさんは、
大規模なワイナリーですが、
そういったものを一切使っておらず、
ほとんどのワインは、
北海道産ブドウのみを使用しているのは、
とてもすばらしい事だと思います。

さて、地元ということもあり、
何度も北海道ワインさんには、
お伺いしているのですが、
実はこの日はあることを期待しての訪問でした。

北海道ワインさんでは、
IMG_7060_20101213220048.jpg
1日に3回(11月~3月は10:30~/14:30~の2回)
工場見学をしているのですが、
この時期しか見れない風景があるのです。

この日その風景がもしかしたら見れるかもと思い、
工場見学に参加させていただきました。
最初に見学したところに、
IMG_6990.jpg
作業されている方がいました。

おっ!これはもしやと思い、
上を見てみると、
IMG_6996.jpg
大きな入れ物が運ばれてきます!
やりました!見たかった風景を
見ることができそうです♪

その様子をじっと見ていると、
この大きな入れ物から、
IMG_7003_20101213220004.jpg
たくさんのブドウが下の機械に
投下されていきます。
この日投下されたブドウはナイヤガラ、
すべて北海道産のブドウです。
ブドウが投げ込まれた機械というのが、
除梗破砕機です。
山崎ワイナリーさんや宝水ワイナリーさんといった、
小さなワイナリーのものとは、
やっぱり大きさが違いますね^^

そうして機械の中に入ったブドウは、
あっという間に、
機械の中で除梗と破砕が行われ、
IMG_7016_20101213220004.jpg
すごい勢いで、
下のバケットに梗だけが落ちてきます。
いつも除梗破砕の様子を見ると、
どうしてブドウの粒だけが、
うまく取れるんだろう?
と不思議に思います^^;

バケットの中をのぞいてみると、
IMG_7017.jpg
すごい量の梗が入っていました。
こうして、一日に何トンものブドウの除梗破砕が
行われているんですから、
本当にすごいですよねー!

除梗破砕されたブドウの粒は、
白の場合は、
IMG_7024.jpg
こちらの圧搾機で果汁が絞られます。
赤ワインの場合は、
除梗破砕された後、
圧搾する前に発酵タンクで発酵を行い、
発酵が終わった段階で、
こちらの圧搾機で圧搾されます。
ちなみに圧搾する前に流れ出た果汁のことを、
フリーラン。
圧搾機で絞られた果汁のことを、
プレスランといいます。

圧搾機から出た果汁は、
IMG_7018.jpg
こちらのバルブを通って、

IMG_7026_20101213220028.jpg
それぞれ発酵タンクに入っていきます。

この日は
IMG_7032_20101213220028.jpg
発酵した赤ワインの様子も、
見せていただきました。

タンクの周りには、
IMG_7031_20101213220028.jpg
ろ過装置もおいてありました。
こちらは粗ろ過するための機械で、
何枚ものフィルターによって、
ろ過が行われます。

その後、
IMG_7045_20101213220026.jpg
こちらの逆浸透膜を使ったろ過機で、
最終的なろ過が行われます。

工場見学の最後に見せていただいたのが、
IMG_7047_20101213220026.jpg
瓶詰めの機械です。
こちらも先日ご紹介した、
ドメーヌタカヒコさんの瓶詰めの様子とは、
まったく違いますよね^^
みんなでお手伝いした
ドメーヌ・タカヒコさんの瓶詰めだと、
1日に2000本できるかどうかといったぐらいなのに、
こちらの機械では、
なんと1時間に6000本ものワインの瓶詰めが、
行えるそうです。
しかも検品のための人員以外は、
ほとんどが機械で行ってくれるそうです。
すごいですねー^^;

とここで見学終了。
瓶詰めを見学する場所から出ると、
北海道ワインさんの直売店になっていて、
IMG_7049_20101213220048.jpg
この日は月に一度の特売日ということもあり、
680円のワインなど、
とてもワインが安く売られていました。
さらに通常のワインも
1割引~2割引で買うことができるんです!
すごいお得ですよね♪
もちろん私も買っちゃいました^^
何を買ったかは、
後ほどのお楽しみです!

そして特売日に5000円以上の買い物をすると、
IMG_7057_20101213220048.jpg
こちらのガラポンくじを引くことができます^^

ガラポンくじははずれが無く、
IMG_7059_20101213220048.jpg
なんと1等だと5000円もする
雪摘みケルナーが当たるんです!
私も今回5000円以上になったので、
1回引きました!
結果はいかに!?
こちらも後ほどご紹介します^^

ということで、
今回買ったワインをご紹介します♪
こちらです!
IMG_7144_20101213220047.jpg
袋です!

大きくおたると書かれた袋の中身はというと、
IMG_7145.jpg
北海道ワイン 鶴沼木樽熟成ヴァイスブルグンダー 2008

IMG_7151.jpg
北海道ワイン 鶴沼木樽熟成ツヴァイゲルト・レーベ 2008

今年初めて販売された、
鶴沼シリーズの木樽熟成タイプです。
特に鶴沼木樽熟成ツヴァイゲルト・レーベ2008は、
田崎正伸さんのツヴァイゲルト・レーベ2008と同じく、
今年の国産ワインコンクールで、
北海道の欧州系品種の赤ワインとしては始めて銀賞を受賞した、
記念すべきワインです。
もう少し寝かせてから、
飲みたいと思いますー!

そしてガラポンの結果ですが、
結果は、、、
IMG_7159_20101213220104.jpg
北海道ワイン 北海道生ワインデラウェア N,V 180ml

4等 ミニワインでしたー^^
下から2番目ですが、
一番下ではなかったので、
うれしかったです♪

今回、あちこちのワイナリーに行き、
久しぶりに北海道ワインさんの
除梗破砕の様子や、
瓶詰めの工程を見せていただき、
改めて北海道ワインさんの規模の大きさを
知ることができました。
どうかこれからも、
国産ブドウ100%を続けてほしいと思います。
これからはさらに、
小ロットでも良いので、
無ろ過や野生酵母を使ったワインを、
作ってみてほしいなぁなんて思いのは、
贅沢でしょうか?
ぜひぜひ検討してみて欲しいですー!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。