*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩見沢 ワイナリーは仕込みの真っ最中でした♪ 宝水ワイナリー

こんばんは!
今日は小樽の酒屋さんを
いくつかお伺いしてきました^^
身体の件で家での飲酒を控えてますが、
ついついワイン買っちゃいますね^^;
家で寝かせて元気になったら、
飲みたいと思いますー!!

今日は昨日ご紹介したブドウ栽培家さんを
お伺いした後に行った、
岩見沢にあるワイナリーです^^
ワインを飲み始めた年から
お伺いしていたので、
もう4年間になるんですね。
当時若々しかった醸造家さんが、
年々たくましくなっていくのが、
毎年とても楽しみになっています。
社長も営業担当の方も、
とても良い方で、
応援したくなっちゃうワイナリーさんです^^
お伺いしたワイナリーさんは、
「宝水ワイナリー」さんといいます。

IMG_6666_20101103022129.jpg

名前 宝水ワイナリー
住所 北海道岩見沢市宝水町364番地3
電話 0126-20-1810
時間 お電話でご確認ください
休み お電話でご確認ください
HP http://www6.ocn.ne.jp/~housui/index.htm

ワイナリーの概要は、
以前ご紹介した、
こちらのブログをご覧ください^^

小樽の工場だった建物を移築した、
こちらのワイナリーさん。
中に入ると直売所になっており、
お伺いしたときには、
IMG_6632_20101103022054.jpg
宝水ワイナリー リッカ雪の系譜シャルドネ 2009
宝水ワイナリー レゲント 2009
宝水ワイナリー リッカ雪の系譜ケルナー 2009

IMG_6633_20101103022053.jpg
宝水ワイナリー リッカケルナー 2008
宝水ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベ 2008
宝水ワイナリー リッカバッカス 2008

IMG_6634_20101103022053.jpg
宝水ワイナリー デラウェア 2009
宝水ワイナリー セイベル13053 2009
宝水ワイナリー ナイヤガラ 2009

といったワインが売られていました。、
現行ヴィンテージのワインだけでなく、
バックヴィンテージ、
直売所限定のワインなどが、
売られているのは、
直売所ならではですねー^^

そして二階に上がると、
IMG_6646_20101103022053.jpg
醸造施設を見学することができ、
今まさに仕込みが行われている様子を
見ることができました。

ベランダから外に出ると、
IMG_6648_20101103022053.jpg
収穫間近のブドウの畑を一望できます。
後でわかったのですが、
お伺いしてから数日後に
収穫が始まったそうなので、
本当に収穫直前の畑の風景だったんですね。
もっと畑の中まで、
見せていただけばよかったです^^;

さらに今回は特別に、
仕込みの様子を間近で
見せていただくことになりました^^
早速ワイナリーの裏側に行くと、
IMG_6649.jpg
大きな圧搾機が動いていました^^
こちらの圧搾機は、
風船が内側から膨らむタイプで、
風船が膨らみ圧搾した後に、
筒の部分が回転することにより、
中の葡萄を攪拌させて、
また風船を膨らまし圧搾することで、
満遍なく圧搾させることができます。

圧搾すると機械のしたから、
IMG_6661_20101103022130.jpg
このようにジュースが出てきて、

そのジュースを、
IMG_6660.jpg
こちらのポンプを使い、
タンクに入れて発酵させると
ワインとなります。

圧搾が終わると、
圧搾機の中からは、
IMG_6651_20101103022130.jpg
このように残ったブドウの果皮や種、
梗の部分が出てきます。
ワイナリーではこちらを再び肥料として、
再利用しているとのことです。
葡萄をすべて使い、
ゴミが何も出ないなんて、
素晴らしいですね♪

と、ここで素敵なサプライズ、
なんとワイナリーの方のご好意で、
IMG_6652_20101103022130.jpg
今搾ったばかりの葡萄のジュースを
飲ませていただきました。
この日搾っていたのは、
生食用としても使われるデラウェア♪
まさに果皮の色と同じ、
きれいなピンク色をしていますね^^
これがワインとなると、
黄色みがかった透明な色になるんですから、
不思議ですよねー^^
香りはまさに生食用ブドウの、
フォクシーフレーバーですが、
ワインではないのでまったく気になりません。
むしろ飲みたい気持ちにさせてくれます。
早速飲ませていただくと、
とっても甘いですー!
ただ普通に売られているグレープジュースとは、
まったく違い、
酸味や果皮からの渋みなども一緒に感じられ、
めちゃめちゃ美味しいです!
癖になっちゃいそうな味でした^^

ちなみに次の日からは、
赤ワイン用の仕込みが始まるとのことで、
IMG_6665_20101103022129.jpg
除梗破砕機も清掃されて、
準備されていました。
こちらは葡萄を入れると、
梗から葡萄の粒を取り外し、
軽く果皮を破くことができます。
そして葡萄の粒がしたから出てきて、
不必要な梗が横から出てきます^^
こうした機械は、
なかなか国産ものが無く、
大体は海外からの輸入なんだそうです。
国産が無いというところからも、
日本のワイン文化は、
まだまだなんだなぁと実感してしまいます。

いつまでもお邪魔しちゃうと、
作業の邪魔になるので、
ワインを一本だけ購入させていただき、
早々にワイナリーを後にしました^^

その買ったワインというのが、
こちらです!
IMG_6677_20101103022202.jpg
袋です^^

この袋の中に入っているワインは、
IMG_6678_20101103022201.jpg

IMG_6680_20101103022201.jpg
宝水ワイナリー レゲント 2009

ドイツで栽培されている品種であるレゲントは、
日本ではほとんど栽培されておらず、
宝水ワイナリーさんのほか、
先日ご紹介した
藤本さんの畑だけだと思います。
宝水ワイナリーさんでも、
今までは収量がとれず、
ワイナリーに隣接している、
ソフトクリーム屋さんのソースとして
使われていましたが、
2009年はじめて仕込みが行われましたが、
本数が少ないので、
直売所限定で販売されています^^
限定の言葉に弱い私、
ついつい買っちゃいました^^

最初にも書きましたが、
宝水ワイナリーさんは、
まだ新しいワイナリーで、
葡萄の木も醸造家も若いのですが、
年々立派になっていくのを、
ひしひしと感じます。
そして社長をはじめとした皆様も
素敵な方ばかりです。
これからがますます楽しみなワイナリーですし、
札幌からもそう遠くない場所にあるので、
興味を持ってくださった方がいたら、
ぜひ足を運んでみてくださいねー!

次回から先月参加したワインのイベントを
順番にご紹介していきます!
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。