*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三笠 ツヴァイゲルト・レーベ&ソーヴィニヨン・ブランの収穫♪ 山崎ワイナリー

こんばんはー!
今日は家に素敵な封筒が
届きました^^
どんな封筒が届いたかは、
次のブログのお楽しみです♪

今日のブログは、
収穫お手伝いの様子、
第2弾です^^
ちょうど昨日ご紹介したお手伝いから、
一週間経った土曜日に、
収穫のお手伝いに行ったのが、
山崎ワイナリーさんです。
北海道を代表するドメーヌタイプの
ワイナリーである山崎ワイナリーさん。
山崎ワイナリーさんの詳しい様子は、
こちらをご覧ください^^
今年の9月には、
私の主催するワイン会に、
醸造責任者の山崎亮一さんにご出席いただいた、
山崎ワイナリーさんのワインを全部飲もう会
開催したことなどもあり、
今回お手伝いをさせていただくことになりました^^
改めてお伺いしたワイナリーさんは、
「山崎ワイナリー」さんです。

IMG_6845_20101027205829.jpg

名前 山崎ワイナリー
住所 北海道三笠市達布791-22 
電話 01267-4-4410 
時間 10:00〜18:00
休み 月~金曜日(祝日除く)
HP  http://www.yamazaki-winery.co.jp/

この日は8時半ぐらいからはじめる
とのことだったので、
家を7時に出発。
ちょうど朝日が登り始めたぐらいで、
IMG_6843_20101027205829.jpg
きれいな朝焼けを見ることが出来ました。

8時半ちょっと前に、
畑に到着♪
IMG_6846_20101027205829.jpg
山崎ワイナリーさんの畑は、
草刈りがきれいにされており、
とても歩きやすくなっていました^^

時間とともに、
徐々に人が集まってきて、
作業開始です!
最終的には15名近くの方が、
集まったそうです。
山崎ワイナリーさんの人気は、
本当にすごいですねー^^

ということで人が集まったところで、
まずは、
IMG_6861.jpg
山崎家の次男である山崎太地さんから
収穫の仕方などの説明を受けます。
その後、二人で一列を担当し、
垣根の両側から収穫を始めます。

今回収穫するのは、
IMG_6847_20101027205829.jpg
こちらの黒葡萄です^^
何だと思いますかー?

こちらは、
IMG_6848_20101027205828.jpg
ツヴァイゲルト・レーベ

北海道を代表する赤ワイン品種である、
ツヴァイゲルト・レーベです。
オーストリア原産の葡萄で、
レンベルガーとサンローランという品種を
高配させて誕生した品種で、
冷涼な地域に向いていることから、
北海道での栽培が盛んに行われています。
今年飲んだ国産の赤ワインの中で、
山崎ワイナリーさんの
ツヴァイゲルト・レーベノンフィルターが、
1,2を争うほどの美味しさだったので、
なんだかとってもうれしかったです!

それでは早速作業開始です。
IMG_6851_20101027205855.jpg
まずははさみを使って、
葡萄を取ります。
ケルナーなどの緑色の葡萄に比べて、
どこに葡萄がなっているのかがわかりやすくて、
収穫しやすいですね^^
場所によっては灰カビや病気がでている粒があるので、
そうした粒は取り除きます。

そうしてとった葡萄は、
IMG_6849_20101027205828.jpg
用意してあるコンテナに、
入れていきます。
前回のブログでも書きましたが、
積み重ねるので、
コンテナに入れる量は
ほどほどにするのがポイントです^^

そして葡萄収穫で楽しみなのが、
IMG_6852_20101027205854.jpg
摘んで食べちゃうことですー!
こちらのツヴァイゲルト・レーベ、
皮ごとそのまま食べるとやはり、
ツヴァイゲルト・レーベらしい
酸と渋みを感じ、
その奥にほのかなスパイシーさも
感じました^^
甘さもあるのですがそれほど高くありません。
あまり糖度は高くない感じです。
これがどんなワインになるか、
とっても楽しみですねー!

そんな収穫ですが、
今回の収穫の途中から、
秘密兵器を貸してくださいました。
それがこちらです!
IMG_6858_20101027205854.jpg
手押し車の上にコンテナを載せたものです。
こちらに座りながら収穫をすると、
腿の筋肉を使うことが少ないので、
非常に疲れにくいのです^^
こちらの秘密兵器のおかげで、
作業も順調に進み、
何とか午前中にすべてのツヴァイゲルト・レーベを
収穫することが出来ました^^

そして収穫のもうひとつのお楽しみが、
ランチタイム!!
山崎ワイナリーさんの収穫では、
いつも炊事担当の方がいて、
手料理が振舞われます。
今回はどんな料理が食べられるでしょうか?

それではご紹介します!
こちらです^^
IMG_6864.jpg
ご飯

ご飯です!!
大きなお釜2つも炊いてありました。

って、もちろんご飯だけではありませんよー!
そのご飯の上にかけるおかずが、
IMG_6865.jpg
お肉と豆腐の煮物

IMG_6866.jpg
麻婆豆腐

IMG_6867.jpg
豆カレー

IMG_6868.jpg
タイカレー

なんと4種類もありました!!
意地汚い私。
全種類いただいちゃいました^^
まずはこちら、
IMG_6870.jpg
豆カレー

本格的なスパイスが使われた、
こちらのカレー。
辛さはそれほど感じませんが、
とっても美味しい!
疲れた体に染み渡っていきました♪

続いて、
IMG_6876.jpg
タイカレー

ココナッツミルクの甘味と、
酸味のバランスが素晴らしい一皿、
なすなどの野菜も味を染み込んでいて、
とってもおいしかったです!

写真に撮ってませんが、
豆腐とお肉の煮物も、
麻婆豆腐もとっても美味しかったです!!

そのほかに、
IMG_6863.jpg
マカロニサラダ

サラダもついて、
午後の作業できるのか!?
というぐらいお腹いっぱい食べちゃいました^^

と、山崎さんの奥様が、
こんな素敵なプレゼントを持ってきて、
くださいました!!
IMG_6869.jpg
山崎ワイナリーさんの
ワイン達です!
なんと3種類も持ってきて、
くださいました^^
もちろん飲ませていただきましたよー♪

まずはこちら、
IMG_6871.jpg
山崎ワイナリー シャルドネステンレス発酵 2008

今年のシャルドネステンレス、
本当に良いですねー!!
山崎ワイナリー飲み比べ会のときにも感じましたが、
酸が効いているのですが、
ピュアな感じでまったく強すぎないんです。
まさに三笠の風を感じさせるような、
心地よい酸と果実味があり、
個人的に今飲むなら、
1番お勧めできる味わいでした^^

IMG_6872.jpg
山崎ワイナリー シャルドネ樽発酵 2008

まず香りに樽独特のバニラや、
ローストの香りを感じます。
口に含んでもその香りが強く感じられ、
それと同時に酸味とちょっとした苦味も
感じます。
現段階では香りと味のバランスが
少し取れていない感じですが、
もう少し時間が経つと、
バランスが取れてくる感じです。
ワイン自体のポテンシャルは、
個人的にとてもあると思っているので、
来年以降もう一度飲みたい、
そんなワインでした!

IMG_6877_20101027205949.jpg
山崎ワイナリー ピノ・ノワール ブラッシュ 2009

疲れた体を癒してくれる、
そんな甘さを感じられるこちらの一本。
色もとってもチャーミングで、
個人的に大好きな一本です。
2008をとあるソムリエさんに飲んでいただいたところ、
これは熟成するからぜひとって置きなさい、
とおっしゃってくださったのを
覚えています。
確かに今は甘さと酸がきりっと感じられますが、
これがまろやかになったときが、
とても楽しみ♪
そんな一本だと思います^^

お腹も心も満たされ、
午後の作業開始です!
午後からはプライベートブレンドに使われる、
様々な品種を収穫します♪
まずは量の多いこちら、
IMG_6899_20101027205949.jpg
この木になっている葡萄は、
何だと思いますかー?

実はこちらの品種は、
IMG_6901_20101027205949.jpg
ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランなんです♪
ボルドーやロワール、
そしてニュージーランドのような、
ニューワールドでも栽培されてきた品種ですが、
最近北海道各地でも、
栽培が広がってきました。
山崎ワイナリーさんでも、
ここ数年量を増やしてきています^^

こちらもツヴァイゲルトレーベと同じように、
IMG_6904.jpg
はさみを入れて、
収穫します。
ただ、ツヴァイゲルト・レーベと比べて、
葡萄の果皮が葉っぱと色が似ているので、
収穫漏れしやすいので、
そこだけは念入りに気をつけて、
収穫を行いました^^

そして切り取った葡萄は、
やはり先ほどと同じように、
IMG_6903_20101027210013.jpg
満杯にならないように、
気をつけながら、
コンテナの中に入れていきます^^

ソーヴィニヨン・ブランは
ツヴァイゲルト・レーベよりも
量が少ないので、
1時間ぐらいで収穫収量^^

続いて、ごく少数栽培されている、
列に移動して残りの品種の収穫を
行っていきます!
まずは、
IMG_6908_20101027210012.jpg

IMG_6909_20101027210012.jpg
リースリング

ドイツやアルザスを代表する品種ですが、
北海道では鶴沼ワイナリーと、
富岡ワイナリーでだけ栽培されています。
晩熟の葡萄ということで、
なかなか北海道では栽培が難しいそうです。

続いて、

IMG_6907_20101027210013.jpg

IMG_6910_20101027210012.jpg
ピノ・グリ

こちらもアルザスや、
北イタリアで栽培されている品種で、
北海道ではナカザワヴィンヤードさんと、
鶴沼ワイナリーさん、
奥尻ワイナリーさんぐらいでしか、
栽培されていません。
山崎ワイナリーさんでは、
近年こちらのピノ・グリの苗木を
増やしているそうです。

IMG_6913_20101027210038.jpg

IMG_6914.jpg
シルヴァーナ

こちらもアルザスや
ドイツで栽培されている品種です。
北海道では中澤ヴィンヤードさんぐらいでは
ないでしょうか?
山崎ワイナリーさんでも少ししか
植えられていない品種です^^

こちらは2列ぐらいのところに
混植されているので、
収穫は30分ぐらいで
あっという間に収量です!
みんなの頑張りもあって、
午後の収穫は割りと早く終わり、
そのまま解散となりました!

と、私はまだ収穫されていない、
葡萄品種の味見をしに畑をうろちょろ^^;
IMG_6880_20101027210120.jpg
ピノ・ノワール

フランスのブルゴーニュを代表する葡萄品種で、
世界的にも各地で栽培されています。
山崎ワイナリーさんを代表する品種で、
ファーストヴィンテージである2002の素晴らしさに、
ソムリエの皆様も驚かれたという、
いわくつきの品種です^^

IMG_6882_20101027210120.jpg
早速摘んでみると、
山崎ワイナリーさんらしいきれいな酸が
口に広がりますが、
甘味もしっかりと感じます。
皮ごと食べるとやわらかいタンニンの渋みも
口に広がり、
普通に食べてもとても美味しかったです!

続いて、
IMG_6889_20101027210120.jpg
メルロー

フランスのボルドーを代表するメルローは、
ニューワールドなどでも積極的に
栽培されています。
山崎ワイナリーさんのメルローはここ数年、
非常に良い葡萄が収穫されて、
個人的に注目している品種のひとつです!

IMG_6890.jpg
メルロー美味しいですねー!
ピノ・ノワールよりも、
味が濃い感じがします^
果皮の渋みも強いのですが、
酸も甘味もあるので、
それほど嫌になりません^^
美味しい葡萄でした♪

最後に、
IMG_6896_20101027210119.jpg
シャルドネ

ブルゴーニュをはじめ、
全世界で栽培されている、
白ワイン用葡萄品種です♪
山崎ワイナリーさんのほかにも、
鶴沼ワイナリーさん、富岡ワイナリーさん、
奥尻ワイナリーさんと各地で栽培されています。

IMG_6897.jpg
酸味と甘味があるのですが、
それほど個性的な味わいは、
ありません。
良く言うと、バランスの取れた味わい、
悪く言えば、中庸的な味わいです。
これがワインになると、
いろんな味わいになるのですから、
不思議ですよねー!

と、こんな感じで、
残っている品種をすべて味見をして、
家に帰ろうかと思い、
醸造所にいる亮一さんのところに行ったら、
IMG_6919_20101027210038.jpg
積みあがったコンテナがあります。

このコンテナの中には、
IMG_6921_20101027210037.jpg
今日収穫したツヴァイゲルト・レーベが、
これでもかと沢山入っています。
話を聞くと、
これから除梗破砕する前に、
すべてのコンテナを計量するとのこと。
まだ少し時間のあった私たち、
計量のお手伝いもさせていただくことになりました^^
収穫のお手伝いはあっても、
それ以外のお手伝いって、
なかなか出来ないのでとても貴重な経験です!

作業は簡単。
まとめて置いてあるコンテナを二つずつ持って、
IMG_6922_20101027210037.jpg
こちらのはかりで量を測って、
別な場所にコンテナをまとめます。

と、書くと非常に単純な作業なのですが、
実際にやってみると、
コンテナが二つで20キロ近くあり、
結構な重労働です^^;
こんな重労働を山崎さんご一家は、
ずっとしてきたなんて、
本当に尊敬しちゃいます^^

計量も1時間ぐらいで終了。
続いてはこちらの、
IMG_6918.jpg
除梗破砕機で、
実際に葡萄の房から梗を取り除き、
果皮を破砕します。

と、そこに
IMG_6927_20101027210054.jpg
山崎ワイナリーさんのオーナーである、
山崎和幸さんがいらっしゃって、
除梗破砕機を動かしてくださるとのこと。
私にとって最高のご褒美です♪
山崎さんありがとうございました^^

早速機械を動かし、
IMG_6924_20101027210054.jpg
除梗破砕の中にコンテナの葡萄を、
入れていきます。
そうすると除梗破砕機の中で、
葡萄の粒だけが取り除かれ、
下においてあるタンクへと落ちていきます。

そして除梗破砕機からは、
IMG_6935_20101027210054.jpg
見事に梗だけがでてくるんです。
本当にきれいに梗だけが、
出てきてますよねー^^
除梗破砕機の実力、
驚くべき!
といった感じです^^

この日小樽ワイン会があったので、
もっと見ていたかったのですが、
残念ながらタイムアウト。
山崎さんご一家にお礼を伝えて、
ワイナリーを出発。
家路に着きました^^

と、この日の内容はここで終わりなのですが、
実は収穫お手伝いの一週間前にも、
私、山崎ワイナリーさんに行っていたんです。
お伺いした前の日にケルナーの収穫を行ったということで、
今なら圧搾したときに出るジュースを
飲めるとのことで、
お伺いしました。

山崎ワイナリーさんの醸造施設は、
2階建てになっていて、
2階で先ほどの写真にあった、
徐行は際や圧搾を行います。

2階から下を見ると、
IMG_6595_20101029223238.jpg
このように発酵するための、
長方形のステンレスタンクが、
置かれています。
そんなタンクのひとつで、
IMG_6596_20101029223238.jpg
亮一さんが、
一生懸命作業をしていました^^

声をかけると2階に来てくださり、
前日に収穫したケルナーの圧搾の様子を
教えてくださいました。

圧搾は、
IMG_6587_20101029223239.jpg
こちらの圧搾機を使って、
行います。
山崎ワイナリーさんの圧搾機は、
中に風船が入っていて、
葡萄を入れてスイッチを入れると、
その風船が広がり、
適度な力で葡萄の粒を絞ってくれるんです。

そうして力を加えて絞っていくと、
IMG_6589_20101029223238.jpg
このように下から絞ったジュースが出てくるんです。
その絞ったジュースを、
重力の力で、
1階にあるタンクの中に
入れていくという仕組みです^^
余計な力を加えずにタンクにジュースを送り込むので、
ジュースにストレスが加わらず、
美味しいワインとなるそうです^^

圧搾前のケルナーは、
IMG_6600_20101029223237.jpg
こんなに立派な房をしていますが、

圧搾をすると、
IMG_6593_20101029223238.jpg
こんなにぺっちゃんこになっちゃいます^^
これでもそれほどハードプレスには、
していないそうですので、
ハードプレスにすると、
本当にカラカラな梗と果皮だけが
残るんでしょうねー^^

圧搾の様子を見せていただいた後は、
いよいよ楽しみにしていた試飲です^^
まずはこちら、
IMG_6605_20101029223310.jpg
絞ったばかりのケルナーです^^

飲むと本当に甘いです!!
普通のグレープジュースよりも、
甘いのではないでしょうか?
でも、ただ甘いだけではなくて、
酸もあり香りもフルーティなので、
まったく飲み飽きしません!
何倍でも飲めちゃいそうな感じでした^^

続いては、
IMG_6616.jpg
バッカスです。

こちらは甘さが幾分抜けた感じです。
香りはバッカスらしいマスカットのような香りは、
それほど強くなく、
どちらかというと青りんごのような、
きりっとした香りを感じました。
こちらも何杯でも飲めちゃいそうな、
そんな美味しさがありました♪

これだけジュースの試飲をさせていただき、
見学をさせていただいたので、
ただで帰るわけには行きません^^;

というわけで、
IMG_6626_20101029223309.jpg
直売所にやってきました^^

直売所の中には、
IMG_6628_20101029223309.jpg
美味しそうなワインが、
沢山箱に入っていました^^
全部ほしくなってしまうのですが、
ここは我慢して、
1本に絞りました^^
こちらです!
IMG_6682_20101029223309.jpg
袋です!

袋の中身は何でしょう?
こちらですー!
IMG_6683_20101029223308.jpg
IMG_6685_20101029223318.jpg
山崎ワイナリー チェリーレッド 2009

メルローとツヴァイゲルト・レーベが使われている、
ロゼワインです^^
最初で最後のリリースかもしれないという話しを聞いて、
買っちゃいましたー^^
来年予定しているワイン会に、
ぜひ出したいと思います♪

山崎ワイナリーさんには、
2週連続お伺いさせていただき、
本当にありがとうございました!
収穫のお手伝いだけでなく、
普段なかなかお手伝いできないようなことまで
させていただき、
本当に感謝感激です♪
さらに、ジュースを飲ませていただいたり、
除梗破砕機や圧搾機の動いている様子を
見せていただき、
とても勉強になりました。
この場を借りて、
改めて御礼を申し上げます。
ありがとうございました!
また剪定の様子など見学できたらと
思っていますので、
その時はよろしくお願いいたします!
本当にありがとうございました。

次回は17日に開催された、
これからが楽しみな
ドメーヌの収穫イベントの様子を
ご紹介させていただきます。
お楽しみにー!

と、その前に、
この後、ある宣言をします!
何の宣言かは、
ブログをアップしてのお楽しみです♪
後ほどー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。