*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 甲州&マスカット・ベリーA飲み比べ会を開催しました! TAKU円山

こんばんは^^
一つ前の記事で、
携帯電話を無くしたと書きましたが、
昨日無事に見つかりました!!
見つけても盗んだりせずに
届けてくださるなんて、
さすが道産子ですねー!
本当にほっとしました^^
ご心配いただいた皆様、
メールしてくださった皆様
本当にありがとうございました^^

今日は先日に開催した、
ワイン会の様子をご紹介します♪
私の主催するワイン会も、
今回で20回目となりました。
これだけ続けることが出来たのは、
ご協力いただいたお店の皆様、
そして何よりご参加いただいた皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

その記念すべき20回目のテーマとして、
今回選んだのは、
「甲州&マスカット・ベリーA飲み比べ」
です。
去年の八月に同様の内容で開催し、
とても好評でしたので、
今回第2回として開催しました。
前回は飲みたい甲州とマスカットベリーAを
集めたので、
場所もワイナリーもばらばらでした。
そこで今回は日本のワインの中心地とも言える、
山梨県のワイナリー5箇所に絞り、
それぞれのワイナリーの甲州とベリーAを
飲み比べることにしました。
そんな日本のワインと一緒にいただく料理を
提供してくださったお店の名前は、
「TAKU円山」さんです。

IMG_7064_20101013205701.jpg

名前 TAKU円山
住所 北海道札幌市中央区北1条西27丁目1-7
電話 011-615-2929
時間 12:00~14:00
   17:30~23:30
休み 不定休
HP なし

今回のワイン会、
実は一番悩んだのがお店選びでした。
日本のワインはとても繊細な味わいが多く、
フレンチやイタリアンなどと合わせると、
ワインが負けてしまうのでは?
という思いがあったのです。
そこで和食とも思ったのですが、
単純な和食だとワインよりも日本酒のほうが、
料理に合うと思います。
そうしてお店選びに難航しているときに、
今回手助けしてくださったのが、
南区にある酒屋さんの若女将、
Kさんでした。
Kさんのおかげで、
創作和食を提供してくださる、
TAKU円山さんを知ることが出来、
さらに香さん自ら、
オーナーのTAKUさんにまで、
連絡してくださったのです。
そうした手助けをいただいた結果、
今回TAKU円山さんで、
開催することが出来ました。
この場を借りてお礼申し上げます。
Kさん改めてありがとうございました。

というわけで今回会場となった、
TAKU円山さん。
植えの写真の外観は
和食をいただけるお店とは
思えないですよねー^^
とっても素敵なお店でした。

お店の中に入ると、
カウンター席とテーブル席、
そして今回の会場となった半個室席があり、
半個室席に入ると、
IMG_7068_20101013205655.jpg
テーブルセッティングが、
すでにきれいになされてました^^
このテーブルやいすも、
和食のお店って感じがしないで、
素敵ですよねー!
もう料理をいただく前から、
このお店にして良かったと、
心から思いました。

一人一人の席には、
IMG_7070_20101013205655.jpg
私が用意した資料のほかに、
箸やスプーンなどが置かれており、
最初に提供するスパークリングワイン用の
グラスも置かれていました。
ちなみにこのグラス、
なんとリーデルなんです!
私のワイン会で
リーデルのグラスを使わせてくれるなんて、
本当に感謝感激でした!

グラスといえば、
IMG_7080.jpg
水を入れてくださったグラスも、
めちゃめちゃ軽く、薄口で、
デザインも表面に凹凸があり、
とても素敵でした。
嬉しいこだわりですね♪

ということで、
全員が定時に集まったので、
ワイン会開始です!
今回登場した料理とワインをご紹介します^^
(料理の名前を聞き忘れたので、後日追記します。ごめんなさい^^;)
IMG_7089.jpg
フジッコワイナリー 甲州スパークリング N.V

ラベルに鶴が描かれていて、
とっても素敵なこちらのスパークリング。
甲州を使い、
瓶内二次発酵で作られた、
本格的なシャンパン製法で作られています。
香をかぐと柑橘系の香の中に、
熟成したシャンパンのようなナッツの要素もありました。
口に含むとびっくり、
泡は若干弱めですがきめ細かく、
本当にシャンパンのような味わいで、
酸を最初に感じた後にほんのりした苦味があり、
それらが熟成した感じの旨味が
口に広がります。
2500円出しても高くないと思いました。

IMG_7085.jpg
先付け 萩豆腐

そんなシャンパンと合わせた、
こちらの先付け、
確か出汁と豆乳を使ったお豆腐だったのですが、
これがめちゃめちゃ出汁が効いていて、
美味しいんです。
とろとろで口の中で消えてしまうような食感は、
すばらしい一皿でした。
スパークリングともお互いにけんかせずに、
飲めたのでは?と思います。

IMG_7090_20101013205733.jpg
シャトー酒折 甲州樽発酵 2009

ちょっとしたトラブルがあり、
本来のワインリストから変更して出した
こちらのワイン。
インポーターである木下商事が所有するワイナリーである、
シャトー酒折さんが作った甲州です。
樽発酵ということで、
香からもそれほど強くはありませんが、
樽を感じることが出来ます。
味わいも穏やかな酸の中に、
若干の苦味がありますが、
それほど強くは無いので、
気になりません。
口から鼻に抜ける樽のほんのりとした香が、
とても心地よい一本でした。

IMG_7092_20101013205733.jpg
前菜 自家製〆鯖の造りと舞茸の炭火焼き

自家製のしめさばの上に、
冥加が乗った一皿。
しめさばがまったくといってよいほど
青臭くなく、
とても美味しいです!
酢の酸味が心地よく、
これは樽発酵の甲州よりも、
当初の予定だった
勝沼醸造の甲州と合わせたかったなぁ
なんて思いました^^

IMG_7096_20101013205732.jpg
勝沼醸造 アルガブランカイセハラ 2009

甲州で始めてフランスのネゴシアンに
買い取られたという逸話があるこちらの一本。
グラスに注ぐと柑橘系の香と、
草原のような香をグラスから感じられます。
口に含んでみると、
今年の初めに開催した
ガレット・デ・ロアを食べる会
飲んだときよりも味わいが
濃くなっていたような気がしました。
よく、ソーヴィニヨン・ブラン系の香りと味と
言われますが、
ご一緒した方からは、
ソアヴェのガルガーネガの香りを感じると
おっしゃる方もいました。
人それぞれで感じ方が違って、
面白いですよね♪

IMG_7093_20101013205732.jpg
前菜 秋野菜いろいろゼリー寄せ
 
季節の野菜をゼリー寄せしたこちらの一皿、
とてもさっぱりとしていて、
それでいて野菜が持つ甘みや苦味を
感じることが出来、
まさに甲州の酸と苦味とも
ばっちりの相性といった感じです!
前菜の中でこちらが、
ワインのお供という意味では、
1番の組み合わせでした♪

IMG_7099_20101013205732.jpg
ボーペイサージュ ホサカ「    」(ノーネーム)ブラン 2009

4月に購入して以来、
ずっと飲みたかったボーペイサージュの一本。
色合いがほんのり濁っています。
まず香りをかいで見ると、
上の2本の甲州とは違い、
ほっこりした感じの香りを感じます。
何にたとえて良いかわからないところが、
とても悔しいですが、
なんとも不思議な香りでした。
そして口に含むと、
やはり上2本の甲州とは明らかに違い、
強い酸を感じ、
あまり果実味を感じません。
強い酸も攻撃的な感じは無く、
余韻となって口に広がりますが、
それほどいやな感じはしません。
今回初めて飲みましたが、
なんとも評価に困る一本でした^^;
もう一度飲んでみたいです。

IMG_7102_20101013205754.jpg
金井醸造場 キャネー甲州 祝村川窪 2009

こちらもボーペイサージュさんと同じく、
自然なつくりをしている作り手さんです。
こちらはわかりやすい自然派といった感じで、
少し還元した香りの中に、
甲州らしい柑橘系の香りを感じます。
口に含んでも、
やわらかい酸を感じた後に、
ホッコリとした果実味、そして苦味という
甲州の要素をすべて自然に感じられるような、
素晴らしい一本です。
私やっぱり金井さんのワインが、
相性良いんですねー!
もう一本買って、
一人でゆっくり飲んだり、
日数を置いて飲んでみたいと思う
素敵な一本でした。

IMG_7103_20101013205754.jpg
山梨ワイン ソルオリエンス甲州 2009

こちら天然酵母を使い、
樽発酵された一本。
まず香りは柑橘系の香りとともに、
樽のバニラのような香りも感じられます。
どちらかが主張しているというよりも、
うまく調和された感じです。
そして口に含むとびっくり!
酸が最初にくるかと思ったら、
果実味が口に広がり、
その後に酸と苦味が現れます。
まるで南のシャルドネのような、
パイナップルのようなテイストを
個人的には感じました。
ほかの方に話すとあまり賛同を得られなかったので、
あくまで個人的な印象ですが^^;
金井さんと同じぐらい、
お気に入りになりました♪
こちらももう一本ほしくなっちゃいました!

IMG_7100_20101013205755.jpg
魚料理 あいなめの塩煮

あいなめとあいなめの卵と野菜の煮物です。
とてもやさしい味わいです。
優しい自然な甲州ワインと
とても相性が良かったと思います。
久しぶりの優しい味わいの料理。
なんだか心がほっとしますね^^

IMG_7104_20101013205754.jpg
シャトー酒折 マスカット・ベリーA クレーレ 2009

葡萄栽培家である池川さんの畑で作られた
マスカットベリーAを早摘みして作られたロゼです。
ロゼとしては結構濃い色ですが、
香りはまさにベリーAのような、
甘さを感じるキャンディ香です。
そして口に含むと、
香りに感じた甘さはなく、
結構辛口な感じです。
タンニンはそれほど無いのですが、
酸と苦味を若干感じます。
香りと味のギャップが面白い、
そんな一本でした^^

IMG_7108.jpg
肉料理 子羊の炭火焼き

とってもやわらかい子羊肉をローストした一皿。
焼き加減が個人的に大好きな感じで
お肉の味わいそのものを強く感じることが出来、
とても大満足でした^^
甘酸っぱいソースのほかに、
りんご甲州煮、八町味噌、バルサミコソースといった、
ソースがお皿の上に置かれており、
それぞれにつけて食べると、
違った表情を見せてくれるのが、
とても素敵で美味しかったです♪

IMG_7109_20101013205753.jpg
ボーペイサージュ ホサカ「    」(ノーネーム)ルージュ 2009

こちらは甲州と違い、
ザ・ベリーAといった感じで、
甘酸っぱいキャンディ香を感じ、
口に含んでも香りに感じたような、
やわらかい甘さと酸味が、
口に広がります^^
タンニンがそれほど強くないので、
飲み疲れすることなく、
すいすいといただけます♪
優しい味わいが
とても心地よかったですねー!

IMG_7110_20101013205821.jpg
金井醸造場 キャネーマスカット・ベリーA 千原田 2009

こちらはボーペイサージュさんに比べると、
若干還元的な香りを感じます、
ですが基本はやはりキャンディ香です^^
そして口に含むと、若干発泡した感じを
舌に感じます。
香りほど甘さを感じずに、
タンニンと酸もとてもやわらかく、
自然な味わいが口から身体全体に
染みこんでいくような美味しさでした^^
やっぱり金井さんのワイン、
大好きです♪

IMG_7112_20101013205821.jpg
山梨ワイン ベルカント マスカット・ベリーA 樽貯蔵 2009

樽熟成されたこちらの一本。
それほど樽樽してはいません^^
甘酸っぱいキャンディ香の中に、
ほんのりとした樽のテイストを感じ、
口に含むとやはり、
やわらかい甘酸っぱさを強く感じます。
こちらもすいすい飲むことが出来る、
親しみやすい一本でした^^

IMG_7113_20101013205820.jpg
シャトー酒折 マスカット・ベリーA樽熟成 2007

去年開催したベリーA飲み比べのときに飲んだ、
キュベイケガワ2007は池川さんの畑の葡萄でしたが、
こちらや契約農家さんのベリーAが使われています。
甘酸っぱい香りがあまりせずに、
樽香が強めについてます。
そして味わいも甘酸っぱさもありますが、
しっかりとしたタンニンと樽を感じ、
フルボディまでは行きませんが、
ミディアムボディといった感じで、
お肉料理との相性も良かったです。
このワインが1800円しないで買えるのですから、
素晴らしいコスパですよね!
結構お気に入りの一本となりました^^

IMG_7114_20101013205820.jpg
勝沼醸造 アルガーノモンテ 2007

こちらも樽のテイストを強く感じますが、
口に含むと樽のテイストやタンニンよりも、
葡萄由来の甘酸っぱさを感じます。
方向性としてはシャトー酒折さんと似ていますが、
こちらの方が寄り葡萄そのものの味わいを
感じられます。

IMG_7115_20101013205820.jpg
寿司

左からマグロ、ひらめ、ホッキ貝だったかな?
シャリがほんのり甘めな感じですが、
ネタも新鮮でとっても美味しかったです!
この後に飲んだ甲州と、
酢飯の酸味が良い感じでした^^
美味しかったですー!

IMG_7116.jpg
粗の味噌汁

ワインを飲んだあとに、
味噌汁って合うの?
という方がいるかもしれませんが、
これがとっても良いんですー!
やっぱり日本人なんですね、
味噌汁を飲むとほっとするんです。
酔った気持ちをスーッと
すっきりとさせてくれました^^
粗の出汁がでていて、
とっても良かったですねー!

ワインリストは上のベリーAで最後だったのですが、
なんと今回参加してくださったお二人が、
ワインの差し入れをしてくださいました^^

まずは南区にある酒屋さんである、
仙丸の若女将が持ってきてくださったのがこちら、
IMG_7117_20101013205837.jpg
山梨ワイン フォーシーズンズ 2008

今年ロンドンで開催された、
インターナショナルワイン&スピリッツチャレンジで、
ほかのヨーロッパのワインや品種を差し置いて
見事銀賞を受賞したワインです!
香りは柑橘系の香りの中に、
樽っぽさもほんのりと感じます。
口に含むと香りに感じたとおり、
まず最初に酸味を感じた後、
果実味と苦味を感じ、
それを覆うようにやわらかい樽の風味が、
若干ですが感じられます。
まるでボルドー白のような味わい♪
素晴らしいです!
山梨ワインさん、やっぱり良いですねー^^

そしてもう一本差し入れしてくださったのが、
Nさん。しかもこんな貴重なワインです!
IMG_7118_20101013205837.jpg
メルシャン シャトーメルシャン 甲州シュールリー 2001

2001ヴィンテージの甲州なんて、
なかなか飲めないですよねー^^;
香りは若干酸化した漢字はありますが、
まだまだ柑橘系の香りを
元気に感じます。
口に含むとシュールリーらしい、
複雑味があり、
それが香り同様若干酸化しており、
よりいっそう複雑にしています。
実はこちらのワインをヴィンテージ当てクイズとして、
みんなに飲んでもらったのですが、
1名の方しか正解しませんでした^^
正解したAさん。
こちらのワインはもちろん飲んだこと無いとのこと、
それなのに当てるなんて、
すごいですよねー!
さすがです!!

IMG_7120_20101013205836.jpg
ロールケーキ

甘さ控えめな、
優しいロールケーキを食べて、
ワイン会も無事終了です♪

今回のワイン会も、
飲みも飲んだり、
IMG_7123.jpg
12人で14本!
沢山のワインをいただいちゃいました^^;
甲州とマスカットベリーAという品種を
これを気に気にかけてくださるようになると、
うれしいですね^^
やはり日本の品種として、
はずすことの出来ない品種なので、
これからも定期的に開催したいテーマです。
ただちょっと考えるところもあったので、
来年はまた違った角度からワインを集めて、
ワイン会を開催したいと思います^^

今回のワイン会、
初めて開催させていただくお店ということもあり、
個人的には反省することが多い会となりました^^;
ご参加いただいた皆様にも
若干ご迷惑をおかけしてしまい、
申し訳ありませんでした。
ただ料理は素晴らしく、
サービスもとても丁寧でしたので、
ぜひもう一度何かの会で、
リベンジしたいと思っています。
よろしくお願いしますー!

最後に改めて、
素敵な料理とサービスを提供してくださった、
TAKU円山の皆様。
参加してくださっただけでなく、
ワインの差し入れをしてくださったNさん、Kさん。
そしてこんなマニアックな会にご参加くださった皆様。
本当にありがとうございました^^

今回のワイン会に参加してくださった、
Tomoさんが素敵なレポを書いてくださいました^^
ぜひこちらもご覧くださいー!

次回は今年2年ぶりに
収穫のお手伝いをしてきた様子を
ご紹介します^^
お楽しみにー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。