*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 グレイスピノ・ノワールとヨイチ・ノボリの故郷に行ってきました 木村ヴィンヤード

おはようございます!
今朝は寒さで目が覚めました。
もう夏蒲団だと厳しい時期に
なってきましたねー^^;
今日にでも蒲団の模様替えを
したいと思います。
こんなに早く起きても、
ご飯も出ないので、
ブログを書いちゃいます♪

今日から4回に分けてお送りする
プチ特集。
その名も、
「余市のプロのブドウ栽培家サンを訪ねる」
です。
先日、ブログでもご紹介した、
栽培家さんとのワイン会で、
畑をお伺いする約束をさせていただき、
早速数日に分けて4軒お伺いしてきました。
どの栽培家さんもすばらしい畑と
目標をもっていらっしゃっていて、
とても素敵な方ばかりでした。
そんな皆様を順番にご紹介したいと
思います^^

というわけで最初にご紹介するのは、
中央葡萄酒千歳ワイナリーさんに、
ケルナーとピノ・ノワールを、
そして今話題沸騰の、
ドメーヌ・タカヒコさんに
ピノ・ノワールを出荷している、
「木村忠」さんです。
実は、今まで匿名でしたが、
ブログでも何度もご紹介してきた、
あの畑なんです。
今回ブログに名前の掲載の許可をいただいたので、
晴れてご紹介しちゃいます^^
改めてお伺いした畑は、
「木村ヴィんヤード」さんです。

IMG_5991.jpg

名前 木村ヴィンヤード
住所 北海道余市町
HP  なし

 ※ 木村さんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


これまでの紹介したブログは、
1回目紹介の記事はこちら
2回目紹介の記事はこちら
3回目紹介の記事はこちら
こちらをご覧ください^^

上の写真は、
木村さんの畑を高いところから撮ったものなのですが、
一面に垣根が広がっていて、
本当にここが日本?
というぐらいすばらしい景色ですよねー^^
いつもこの景色を見せていただきて、
感動しちゃってます。

この日、先日の曽我さんを紹介したブログでも
書きましたが、
事前に畑を見せていただきたいと
ご主人と息子さんにお願いしたところ、
ちょうど札幌のワインショップの皆様が
いらっしゃるので一緒に混じりなよ。と
おっしゃっていただき、
あつかましくも同行させていただいちゃいました^^
木村さん、曽我さん、
そして札幌のワインショップの皆様、
ご一緒させていただき、
ありがとうございました!

ということで畑に伺うと、
IMG_5976.jpg
曽我さんと木村さんが
待っていてくださいました。
この二人によって、
「ヨイチ・ノボリ キュムラ 2008」は、
完成したんですねー^^
なんだか感動しちゃいます。

木村さんはお話しすると、
とても楽しく、
気さくにあれこれ質問に答えてくださいます^^
私のことも覚えていてくださり、
何度もよく来るねぇ。と
笑っておっしゃってました^^;

3人で5分ぐらいお話しすると、
IMG_5978_20100926065004.jpg
札幌の某ワインショップの皆様が、
到着しました!
このワインショップの社長さんが、
7月に曽我さんと木村さんを訪ねた際に、
その景色に感動して、
今回収穫前にみんなで見に来たそうです。
そうしてみんなを連れてきてくださるなんて、
すばらしい社長さんで、
うらやましいですね♪
早速いろいろ話を聞きながら、
畑に向かいます。

と畑に向かう途中に、
いくつか機械が何台か置かれていました。
まずはこちら、
IMG_5979_20100926065004.jpg
ちょっと見えにくいですが、
トラクターに高さ方向と幅方向に歯がついています。
実はこちらは、
垣根から飛び出した葉っぱを刈る機械なんです^^
歯を動かしながらトラクターで垣根を進むと、
自動的に飛び出した部分だけカットしてくれるそうです。
こうした機械は既製品があるわけではないので、
木村さんのアイデアを下に、
オーダーメイドで作るんだそうです。
こうした機械のおかげで広い面積を家族だけで、
営むことができるんですから、
やっぱり機械の力って、
すごいですね。

続いて置いてあった機械が、
IMG_5982.jpg
なんとも虫みたいで
かわいらしいこちらの機械、
何だと思いますか?
後ろを見ると、
IMG_5981_20100926073137.jpg
こんな感じになっています。
実はこちらの機械は、
農薬を噴霧する機械なんです^^
後ろの部分にノズルが沢山ついていて、
そこから農薬を噴霧して、
後ろのファンで拡散させるんです。

ブドウの栽培家さんの中には、、
機械を使っていたり、
使わなかったりしていて、
いろんな方がいらっしゃいます。
素人の私が機械を使うことが、
良いのか悪いかはわかりませんが、
それぞれの考えをお聞きして、
いろいろな考え方があるのだと、
今回改めて勉強になりました。
木村さんをはじめとした栽培家の皆様、
素直なお話聞かせていただき、
ありがとうございました。

ちょっと脱線しちゃいましたが、
畑の見学に行きます。
畑を歩いている途中にも、
IMG_5987_20100926065035.jpg
曽我さんが身振り手振りを使って、
ブドウ栽培について、
いろいろと教えてくださいます。
その一つ一つをみんなで感心して、
聞き入ってました。

最初に見えてきたのが、
IMG_5983.jpg
こちらの畑です。

こちらの畑になっているブドウはこちら、
IMG_5984.jpg
ケルナーです。

中央葡萄酒千歳ワイナリーさんに、
すべて出荷されワインとなっています。
今年は生育自体は順調で、
糖度もこの時期としてはとても高い数値を
示しているそうです。
ただ、去年発生した蔓割れ病の影響が、
今年も残っており、
全体的な収量には
それほど多くならないみたいです。。。
去年余市をはじめとして、
全道各地で発生した「蔓割れ病」。
恐ろしい病気ですねT_T

木村さんが、葡萄摘んで良いよと
おっしゃってくださったので、
早速、
IMG_5985.jpg
摘んで口に入れてみると、
甘さをしっかりと感じるのですが、
まだまだ酸が強いです。
今の時点で糖度が18度ぐらいあるそうですですが、
収穫はまだ2~3週間先とのことでした。
思っていたときケルナーの香りは
しませんでしたが、
曽我さん曰くワインにすると、
しっかりとした香りが出てくるんだそうです。
こうした葡萄の味を思い出しながら、
ワインを飲めるなんて最高に幸せですよね^^

ケルナーの畑を抜けると、
IMG_5992.jpg
こんな若木が植えられています。
前回のブログでも紹介しましたが、
こちらは今年植えられたシャルドネなんです。
半年でここまで成長するなんて、
本当にすばらしい気候なんですねー。
よしヴィンヤードとは大違いです^^;
某ワイナリーと栽培契約をして、
近い将来木村さんのシャルドネと、
ピノ・ノワールを使いあのワインが作られるんです。
北海道のシャルドネとピノ・ノワールから、
本場フランスに負けないあのワインができるのを、
楽しみにしていたいと思います^^

そんなシャルドネの反対側には、
IMG_5993_20100926065034.jpg
樹齢3年目のピノ・ノワールが育っていました。
3年目ということで、
まだまだ葉っぱの数などは少ないですが、
すでに沢山の葡萄の房がなっていました。
ピノ・ノワールの樹勢の強さ、
木村さんの畑の場所の良さ、
上手な育て方なのがわかりますねー^^

そしていよいよ木村さんの畑の中で、
もっと古いピノ・ノワールが植えられている、
キュムラ区画を案内していただきました。
キュムラのピノ・ノワールがこちらです!
IMG_6003_20100926065100.jpg
先ほどの樹齢3年のピノ・ノワールとは、
ぜんぜん違いますねー!
葉っぱの数もぜんぜん違いますが、
すごいのは幹の太さ!
20年以上この地で生きてきたというのが、
はっきりと伝わってくる幹の太さでした。

IMG_5995_20100926065034.jpg
このピノ・ノワールは樹齢3年目になっていたものですが、
バラ房な感じで、
風のとおりも良さそうで、
高温多湿な日本に向いているクローンのように、
思えました。
ブルゴーニュなどで植えられているピノ・ノワールは、
粒が密着していて、湿度の高い日本では、
病気が発生しやすく広がりやすいんです^^;

こちらも摘んで良いよとのことなので、
IMG_5996.jpg
早速摘んでみると、
ケルナーよりも風味豊かな感じがしました。
さんもケルナーよりはおとなしく、
甘さが結構あります。
さすがにこの時点でタンニンはわかりませんが、
食べた後の口に渋さが、
若干残りました^^
ちなみに、キュムラ区画の樹齢20年以上のピノ・ノワールも
摘んでみましたが、
こっちの方が、味が濃厚でした。
単純に酸が強い甘いというものではなく、
なんと表現して良いかわかりませんが、
まさしく味が強いといった感じでした^^

先ほどもブルゴーニュに植えられている
ピノ・ノワールのクローンは、
病気に弱いという話をしましたが、
木村さんの畑でも一部植えられています。
IMG_6004_20100926065100.jpg
よく見るとわかるのですが、真ん中あたりに、
ふわっとカビが生えた粒があるのがわかるでしょうか?

その粒を取り出してみると、
IMG_6005_20100926065059.jpg
こんな感じで全体にカビがついていて、
しわくちゃな感じになっています。
これが灰色カビ病という病気なんです。
別名、ボトリティス・シネレア菌と呼ばれていて、
菌が粒につくと、糖分などはそのままで、
水分だけを抜いてしまうため、
しわくちゃになるんです。
熟した白ワイン用葡萄についたものからワインを造ると、
貴腐ワインという独特の甘いワインになりますが、
辛口の赤ワインにとっては必要のないものなので、
収穫までの間に、
こうした病気になっている粒を取り除く作業を
していくそうです。
大変な作業ですよね。。。
ブドウ栽培家さんは休まるときがないというのが、
うなずけます。

IMG_5997.jpg
キュムラの畑を見て、
曽我さんと木村さんは何を話しているのでしょう?
これからのヨイチ・ノボリキュムラも楽しみですね♪

ちなみにシャルドネ同様、
IMG_6008.jpg
ピノ・ノワールも某ワイナリーとの契約栽培で、
新しく植えられていました。
木村さん曰く、
某ワイナリーさんは栽培に関して、
いろいろと細かい指示があるんだよと
苦笑いされていましたが、
決して不満そうではありませんでした^^
そこからは、良い葡萄を作るためなら、
細かい指示にもしたがうという、
強い信念を感じました^^

木村さんの畑には、
何度もお伺いしていますが、
いつも息子さんに案内していただいていたので、
今回始めてお父さんと長い時間にわたり、
お話を聞くことができました。
上にも書きましたが、
とても気さくな方で、
企業秘密というようなものは何もないぐらい、
質問すると丁寧に答えてくださいました。
ピノ・ノワールを20年以上育ててきたという
自信はありながら、
良い葡萄、良いワインを造りたいという思いから、
シャルドネを新しく植えたり、
ワイナリーからの細かい指示にも耳を傾ているのが、
とても印象的でした。
そうした木村さんが育てた葡萄だからこそ、
グレイスピノ・ノワールやヨイチ・ノボリキュムラが
完成したんですね。

木村さん、見学させていただき、
本当にありがとうございました!

次回は「インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション」で、
金賞を受賞したワインの葡萄が誕生した畑を
ご紹介します♪
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。