*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン ココファーム・ワイナリー クリサワブラン 2009

今日はお酒の感想も
書きますよー!

私、今日9月23日が来るのを、
ここ数ヶ月ずっと楽しみにしていました。
というのも、
今日ご紹介するワインが
解禁となる日なんです^^

そのワインというのが、
「ココファーム・ワイナリー クリサワブラン 2009」
です。

私が尊敬するブドウ栽培家さんの一人である、
ナカザワヴィンヤードの中澤さんが育てたブドウを使い、
栃木県のココファームワイナリーさんが、
醸造して造られている栗沢ブラン。
去年は天候不順のせいで、
収量が少なく、
ワインの本数もかなり少なくなってしまったそうです。
完売必死のこちらのワイン。
私も何とか入手することが出来、
早速飲んでみました。
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_5110.jpg

ココファームワイナリー クリサワブラン 2009

値段 2400円
ブドウ品種 ピノ・グリ、ゲヴュルツトラミナー、ケルナー、シルヴァーナ、ピノ・ノワール

今年はいつも入っている4品種のほかに、
ピノ・ノワールが入っています。
ピノ・ノワールも白ワインと同様に、
圧搾した果汁を発酵させて造られて、
加えられています。
赤ワイン用品種が加わることにより、
どのように変化したのか気になりましたが、
結論から言うと、私の馬鹿舌には、
ピノ・ノワールのニュアンスは、
わかりませんでした^^;

中澤さんから2009ヴィンテージは少し冷やし目にして
飲んだ方が良いと聞いていたので、
少し冷やした状態でグラスに注ぎました。
グラスに注いだワインを見てみると、
2007ヴィンテージ2008ヴィンテージよりも、
若干色が濃い感じがします。
そして香りは、ゲヴュルツらしい
ライチのような香りを感じます。
これまでのヴィンテージに若干あった
ケルナーの石油香は
今回はあまり感じませんでした。
そして実際に口に含むと、
温度を低めにしたからか、
ピチピチした感じとともに、
きれいな酸を感じます。
と同時にやはりこれまでのヴィンテージには、
あまり感じなかった、
苦味のようなものを感じました。
そして温度が上がってくるにしたがい、
味わいに甘さがでてきます。
そこに苦味と酸が合わさり、
香りも温度が上がるに従い、
これまであまり感じなかった、
蜂蜜のようなニュアンスがしました。
まるで若干の貴腐葡萄が、
入っているような感じでした。

中澤さんに聞いてみると、
収量が少ない分、
一房一房のブドウに、
酸や糖度が凝縮したため、
とても良いブドウとなったそうです。
ただ、その結果糖度が高くなり、
発酵後の残糖が多くなったそうです。
ですので、
こういった味になったのかもしれません^^

相対的に、2009ヴィンテージは、
味わい・香りの面白さという意味で言えば、
2008よりも温度による、
味の変化も楽しめて、
個人的には気に入りました。
ワインだけで楽しむなら、
温度が少し高めでゆっくり楽しむのも
よさそうですが、
料理とあわせるなら少し冷やし目のほうが、
良いのかな?と思います。

本数が少ないということで、
今年は後何本飲めるかわかりませんが、
これからどのように熟成していくのか、
非常に楽しみです♪
5年10年と熟成させて、
みたいですねー!

最後に、クリサワブランを買おうと思っている方は、
本当に本数が少ないみたいなので、
見かけたらすぐ買ったほうが良いですよー!
きっとすぐに完売しちゃうと思います^^;
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。