*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 銀賞受賞をお祝いして栽培家さんが大集合しました 余市テラス

こんばんはー!
昨日はお彼岸なので、
お墓の掃除とお参りに行き
その後、余市のワイン用ブドウを
育てていらっしゃる方のところに、
行ってきました♪
その様子はまた後日ブログでご紹介しますねー!

今日は、先日お伺いした、
素敵なパーティの様子をご紹介します!
ご存知の方も多いかと思いますが、
今年の国産ワインコンクールの、
欧州系品種赤ワイン部門で、
道産ワインとしては始めて、
銀賞が2つ登場しました。
二つとも北海道ワインさんのワインで、
1つはフラッグシップシリーズである、
鶴沼シリーズから今年新登場した、
「鶴沼ツヴァイゲルト・レーベ樽熟成2008」。
そしてもう一つが、
余市の葡萄栽培家「田崎正伸」さんが育てた、
ツヴァイゲルト・レーベだけを使ったワイン、
「葡萄作りの匠 田崎正伸 ツヴァイゲルト・レーベ 2008」
だったのです。
先日開催された北海道ワインさんの
ワインカーニバルでも、
北海道ワインさんの副社長から感謝状が贈られるなど、
今回の銀賞受賞は、
道産ワインにとって素晴らしい出来事でした。

そんな銀賞受賞したぶどうを育てた、
田崎さんをみんなでお祝いしようということで、
余市のブドウ栽培家さんと町のワイン好きの方が集まり、
パーティが開催するということで、
ただのワイン好きの私にも声をかけてくださり、
もちろん参加させていただききました!
今回パーティが開催されたお店の名前は、
「余市テラス」さんといいます。

IMG_5830.jpg

名前 余市テラス
住所 北海道余市郡余市町黒川町10丁目3-27
電話 0135-48-6455
時間 11:00-18:00
休み 水・木曜日
HP http://comiresu-hokkaido.net/shop/8.html(コミレス)

余市テラスさんは、
元々札幌に住んでいらっしゃったご夫婦が、
ご主人の退職後に奥様の実家である余市に引っ越してきて、
オープンさせたお店です。
こちらが、
IMG_5915.jpg
ご主人です♪
カメラを向けると、
ポーズを決めてくださる、
お茶目な方でした^^

そして料理を作っているのが、
IMG_5899.jpg
ゆきさん。
お若いのに、
素晴らしい料理の数々を
提供してくださいました^^

通常は、
IMG_5913.jpg
日替わりのランチ営業と
B&B(宿泊と朝食を提供する宿)を
営んでいますが、
今回は特別にパーティ会場として、
提供してくださったそうです。
余市テラスの皆様、
ありがとうございました!

早速テーブル席に座ると、
IMG_5883.jpg
すでにワイングラスが置かれ、
テーブルセッティングがされていました^^

テーブルの上には、
IMG_5887.jpg
今日のメニューとパーティに出される
ワインリストが置かれていました♪
田崎さんのお祝いをするパーティなのですが、
田崎さんがそんなの恥ずかしいとおっしゃったとの事で、
「プレミアムワイン会“スローフードな夜”」
と題されたワイン会形式での、
開催となったそうです^^
そうした奥ゆかしい田崎さん、
素敵ですねー^^

そんな素敵な田崎さんに、
今回プレゼントが用意されていました♪
IMG_5916.jpg
リーデルのグラスセットです^^
田崎さん嬉しそうですねー!
早速そのグラスを使って、
ワインを楽しんでいましたよ^^

それでは早速今回いただいた料理と、
ワインをご紹介していきますねー!
IMG_5888.jpg
北海道ワイン 葡萄作りの匠 藤本毅・田崎正伸 ピノ・ノワール スパークリング N.V

余市のブドウ栽培家さんである、
藤本さんと田崎さんが作る、
ピノ・ノワールでできたスパークリングです♪
炭酸ガス注入方式なので、
若干泡は大きめですが、
甘さ控えめで酸の効いた味わいは、
まさに食前の1杯にぴったりといった感じです!

IMG_5890.jpg
左下 なすのソテー バルサミコ酢かけ
左上 地鶏のレバーパテ&ブルスケッタ 
右上 平飼い卵とアイコのココット
右下 じゃがいものガレット りんごソース添え

どのメニューも手が込んでいて、
とっても美味しかったです!
ココットは卵の風味と
アイコの甘酸っぱい感じで、
また、レバーパテも濃厚な味わいで、
ワインが欲しくなりました♪

IMG_5895_20100923093058.jpg
ココファーム・ワイナリー あわここ 2009

余市のケルナーと山梨の甲州という、
珍しい組み合わせのこちらのワイン。
発酵中の二酸化炭素をそのまま残し、
ろ過も清澄もせずに酵母を含んだまま瓶詰めしています。
ですので微発泡した感じで、
色も若干にごってます。
香りはりんごや酵母系の香りがして、
口に含むと、きりっとした酸とともに、
まろやかなやはり酵母を感じ支える味わいがします。
少しですが余韻に苦さがあるので、
飲み飽きすることなく、
いただくことが出来ました^^

IMG_5886.jpg
たこと秋刀魚のカルパッチョ

こちらとっても美味しかったですー!
たこはぷりぷり、
秋刀魚は脂がのっていて、
そのまま食べても美味しいのですが、
ねぎとその上にかかっている揚げねぎ?と
一緒に食べると香ばしさとねぎの風味が加わり、
もう最高です!!
あわここ、ケルナーと合わせると、
めちゃめちゃ美味しかったです♪

IMG_5894_20100923093033.jpg
サッポロワイン 北海道ケルナー辛口 2009

余市のブドウ栽培家である、
弘津敏さんをはじめとした6名が栽培したケルナーを使い、
勝沼にあるサッポロワインさんで醸造された、
こちらのワイン。
香りがとっても良く、
俗に言う石油香のようなものを感じます。
味わいも酸がきれいで、
そこにほのかな甘みがあり、
誰が飲んでも美味しいというような、
ワインです。
そんな美味しいワインが、
1300円以下で買えるのですから、
さすがサッポロワインといった感じです♪
2009ヴィンテージは蔓割れ病が発生するなど、
決して恵まれた年ではありませんでしたが、
素直に美味しいと思える、
素敵なワインでした。

IMG_5884.jpg
かぼちゃのサラダ

かぼちゃの甘みが、
口いっぱいに広がる、
こちらのサラダ。
ほっこりした感じが、
ケルナーとの相性抜群でした♪

IMG_5896.jpg
中央葡萄酒 グレイス ピノ・ノワール 2008

24年前から余市で
ピノ・ノワールを育てている木村忠さんの
ピノ・ノワールを使い、
千歳にある中央葡萄酒千歳ワイナリーで醸造された、
こちらの一本。
ついに飲むことができました♪
というのも、
同じ木村さんが育てたピノ・ノワールから造られたワインが、
あのドメーヌタカヒコさんのキュムラ2008なんです。
キュムラは20年以上の古木のみを使い、
こちらのグレイスピノ・ノワールは
若い樹も入っているという違いはありますが、
同じ方が育てたぶどうを違う人が醸造すると、
どのようになるのかが、
非常に楽しみだったんです。

前置きが長くなりましたが、
まず香りをかいで見ると、
こちらの方が、樽香を強く感じます。
続いて早速飲んでみると、
しっかりした酸とともに、
香りに感じた樽の風味を感じます。
曽我さんのワインに感じたような、
香の味などの複雑さがない分、
酸と柔らかなタンニンと樽を
素直に感じさせます。
こちらもキュムラ同様、
あと1~2年寝かせると、
もっと良くなりそうでした。
グレイスさんのピノ・ノワールも、
本当に年々美味しくなっているような、
気がしますねー!
これからがますます楽しみです^^

IMG_5905.jpg
パエリア

大きな唐辛子が乗ったこちらのパエリア、
パラパラ感は若干弱いですが、
魚介の風味を良くごはんが吸っていて、
美味しかったです♪
唐辛子もちょっぴり辛くて、
味の変化を楽しむことが出来ました^^

IMG_5897.jpg
天橋立ワイナリー レジェンド 辛口 2007

余市のブドウ栽培家さんの中で、
1番の面積を誇る藤本毅さんが育てた、
レジェンドを使い、
京都にある天橋立ワイナリーが仕込んだワインで、
去年の国産ワインコンクールで見事銅賞を受賞しています!
まず色がとっても濃いですねー^^
香りは樽の香りとともに、少し土っぽい感じとともに、
チョコのような感じがあります。
口に含むと樽のテイストを感じとともに、
やはり少し土っぽい感じがありますが、
柔らかなタンニンと酸も感じます。
今までの北海道の品種の中では、
癖がない赤ワインです。
素直に樽とタンニン、
酸味を感じられるワインだと思いました^^

IMG_5889.jpg
ラタトゥイユチーズ焼き

ラタトゥイユのトマトの酸味と、
チーズの風味は、
合わないはずがありません!
さっぱりとしたトマトの風味と、
チーズのまろやかな感じが
とっても美味しいです!
赤ワインと一緒に食べると、
大満足な味わいでした^^

IMG_5907.jpg
北海道ワイン 葡萄作りの匠 田崎正伸 ツヴァイゲルト・レーベ 2008

今回の主役である、
田崎さんが作ったツヴァイゲルト・レーベで造られた、
国産ワインコンクール銀賞受賞のワインです!
香りは花のような華やかな感じで、
若干タイムのようなスパイシーな感じもあります。
口に含むと、
酸と果実味とタンニンとともに、
余韻にスパイシーさが
とてもきれいに感じられます。
どの味が飛び抜けて美味しいという感じではなく、
本当にバランスが良いワインなんです。
下手に樽を使わなかったのが、
このワインの場合良かったのかもしれません。
いくら飲んでも飲み飽きない、
そんな素晴らしいワインでした^^

IMG_5885.jpg
マルガリータピザ

なんとピザまで出ちゃいます!
こちらは生地が厚いタイプのピザで、
生地がふわっとしています。
バジルの香りと、
チーズの焼けた感じの香り、
トマトの酸味とチーズの香ばしさが
もうたまりません!
おなか一杯食べちゃいました♪

ワインは田崎さんのワインで最後だったのですが、
ここでご一緒したデクさんが1本差し入れしてくれたんです♪
こちらです!
IMG_5906.jpg
仲村わいん工房 がんこおやじの手造りワイン(赤) N.V

でました!
大阪孤高の作り手である、
仲村現二がぶどうを育てワインにした、
がんこ親父のワインです!
こちらの赤は、カベルネ・ソーヴィニヨンとマスカットベリーA、
そして仲村さんの畑にしかないという、
幻のミツオレッドが使われています。
日本のカベルネにありがちな青っぽい感じはなく、
タンニンもそれほどきつくありません。
そこにベリーAのほんのりとした甘さが加わり、
なんとも心地良いワインです。
気がつくと一本無くなっちゃいそうな、
そんな素敵なワインでした^^

IMG_5893.jpg
平田牧場の豚もも肉 玉ねぎ風味揚げ

豚のもも肉が、
とっても柔らかくて、
美味しいです!
濃厚な味付けではないので、
仲村さんのワインが、
ちょうど良くマッチしていたと思います^^
横に添えられている野菜も、
口直しにばっちりでしたねー!

私も1本差し入れをもって行きました。
こちらです。
IMG_5908.jpg
サッポロワイン 北海道余市産バッカス N.V

数年前に丸井今井限定で発売されていた、
サッポロワインさんのバッカス。
弘津さんの畑で栽培されたバッカスが使われているらしいですが、
今年発売された2007ヴィンテージの
ワインとは違うようです。
香りはマスカットのような
さわやかな甘みを感じさせ、
とても美味しそうです♪
口にいれても甘さを感じますが、
べたつくことのなく
程よく熟成感が出ているので、
べたつくようなものではありません。
余韻はそれほどありませんが、
美味しいワインです。
やっぱりサッポロワインさん、
そつがないですねー!
ノン・ヴィンテージだったので心配でしたが、
美味しくてほっとしました^^

そして最後に、
IMG_5909.jpg
天然はちみつアイスクリーム

余市の蜂蜜がかかった、
アイスクリームを食べて終了です♪
この蜂蜜が甘さと苦さがバランスよくて、
とっても美味しかったなぁ♪
また食べたいです!!

今回は田崎さんの受賞をお祝いしようということで、
IMG_5910.jpg
13名もの方が、
集まりました^^
これだけの人数がぱっと集まるなんて、
田崎さんの人柄の素晴らしさが、
伝わってきますねー!

そんな参加された方の中に、
今回登場したワインのブドウを育てた方々が
沢山いらっしゃっていたので、
お人柄と育てたぶどうから造られたワインを
簡単にご紹介します!

まずはもちろん、
IMG_5903.jpg
田崎正伸さん

栽培しているブドウから造られたワインは、
IMG_6293.jpg
北海道ワイン 葡萄作りの匠 田崎正伸 ツヴァイゲルト・レーベ 2008

今回のワイン会開催のきっかけとなった、
道産赤ワイン初の銀賞受賞した
ワインの原料となる、
ツヴァイゲルト・レーベを栽培しています。
ツヴァイゲルト・レーベのほかにも、
最初に飲んだスパークリングに使われているピノ・ノワールや、
天橋立ワイナリーでワインになっている、
ケルナーや、
北海道ワインさんに納入している、
バッカスなどを栽培しています。
さらにワイン用ブドウだけでなく、
ナイヤガラなどの生食用ブドウも栽培するなど、
その幅の広さには、
頭が下がります。
田崎さんの畑はあちこちにあり、
どこもとても素晴らしい景色でした。
笑顔がとっても素敵な、
チョイ悪親父といった感じでしたー!

IMG_5902.jpg
弘津敏さん

栽培しているブドウから造られたワインは、
IMG_6291.jpg
サッポロワイン 北海道ケルナー辛口 2009

サッポロワインさんの契約農家さんである、
弘津敏さん。
今回飲んだケルナー辛口は
他の栽培家さんのブドウも入っていますが、
2007年にロンドンで開催された、
「インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション」
にて見事金賞を獲得した、
「グランポレール北海道余市ケルナー遅摘み・芳醇2005」は
すべて弘津さんの畑で栽培されたケルナーが、
使われています。
そのほかにもツヴァイゲルト・レーベや、
今年新発売となった「ポレールバッカス遅摘み2007」に使われている、
バッカスなども栽培しています。
そして2006年には、
ピノ・ノワールが新しく植えられました。
2007年に早くも収穫され、
ワインが造られましたが、そのほとんどが帝国ホテルに納入され、
弘津さんのところにも1本しか来なかったそうです。
続く2008ヴィンテージもあっという間に完売しています。
老いてますます盛んといった感じで、
これからが楽しみですね。

IMG_5900.jpg
木村忠さん

栽培しているブドウから造られたワインは、
IMG_6294.jpg
中央葡萄酒 グレイス ピノ・ノワール 2008

余市でピノ・ノワールを20年以上育ててきた、
木村忠さん。
これだけの年月ピノ・ノワールを育てた方は、
日本中に何人いるでしょうか?
ながらく中央葡萄酒さんと契約してきましたが、
2008年あのドメーヌ・タカヒコの曽我さんに
24年の古木から出来たピノ・ノワールを提供し、
素晴らしいワインとなったのは、
記憶に新しいところです。
ピノ・ノワールのほかに、
ケルナーも20年以上の古木があり、
こちらは100%
中央葡萄酒千歳ワイナリーさんでワインになっています。
そして実はもう1社と最近契約して、
今年シャルドネが植えられています。
そのャルドネとピノ・ノワールを使い、
近い将来あのワインが造られるみたいです。
発売されるのを、
楽しみにしていたいと思います♪

IMG_5904.jpg
藤本毅さん

栽培しているブドウから造られたワインは、
IMG_6289.jpg
天橋立ワイナリー レジェンド 辛口 2007

北海道ワインさんの葡萄作りの匠に
選ばれている藤本毅さん。
天橋立ワイナリーさんに卸しているレジェンドの他に、
北海道ワインさんで、
葡萄作りの匠シリーズとして販売されている、
バッカスとレンベルガー、
そしてピノ・ノワールが育てられています。
そのほかにケルナーも栽培されており、
その栽培面積は11ヘクタールと、
余市のブドウ栽培家さんの中で、
1番の広さを誇っています。
さらに藤本さんは、
そうした栽培だけでなく、
自分で穂木を使い、接木を行ったり、
さらには、自分で品種交配をさせて、
オリジナルの品種を研究しているそうです。
自分の代で、1品種だけでも、
成功したといえる品種を作りたい、
そうおっしゃっていた藤本さん。
これからますます期待しちゃいますね。

余市のブドウ栽培家の皆様、
私の想像以上に、
とても向上心があり、
これから新しいチャレンジをどんどんしていきたい!
そんなバイタリティに溢れていました。
実際にお話しさせていただいても、
どんな質問にも気軽に答えてくださり、
明るく楽しい方ばかりでした。
上のワインのラベルを見て気づいた方も
いるかと思いますが、
今回ワインのラベルに皆様のサインをお願いしたところ、
気軽に応じてくださったんです。
もちろん家に持って帰ってきたので、
一生の宝にしたいと思います^^

というわけで、
みんなでわいわい楽しんだワイン会も、
無事に終了です。
IMG_5911.jpg
8種類のワインを美味しくいただきました。
差し入れワイン以外は2本ずつあったので、
13人で14本飲んだんですね^^;
しかし、余市のブドウ栽培家さんは、
本当にお酒が強い。
この後、お一人を除いて、
みんなで2次会に行きました^^;
そこでも田崎さんや弘津さんのワインを飲んで、
普段聞けないような深い話しを聞かせていただき、、
さらにわいわい楽しんじゃいました♪
最後に改めまして、
この度は、田崎さんのお祝いという
素晴らしい会にお誘いいただき、
ありがとうございましたー!
これからもよろしくお願いいたします^^

実はそんなブドウ栽培家さんの畑を、
見学してきました!
後日、順次紹介していきますので、
楽しみにしていてくださいねー^^

次回は見学前に行った、
私の大好きな燻製屋さんの様子を
ご紹介します!
お楽しみにー♪
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。