*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 みんわい的シャンパーニュワイン会を開催しましたー! マリンブーツ・イン

こんばんはー!
今日も暑かったですねー^^;
この季節でこれだけ暑かったのは、
生まれて初めてではないでしょうか?
外の暑さと建物の寒さに、
風邪気味です。。。
皆様風邪には気をつけてくださいねー^^

今日は日曜日に開催した、
ワイン会の様子をご紹介します。
今回のテーマは、
夏ということでシャンパン会を行いました。
ただ、そこは私が主催するワイン会、
ただのシャンパンだけではありません。
どんなワインが登場したかは、
後のお楽しみ~!

そして今回シャンパン会をするにあたり、
会場となったお店は、
以前、ヤックリュさんのワイン会で、
お伺いしたことがあるお店で、
いつか自分の主催でも行ってみたいと
思っていたお店でした。
結果、個人的には大満足!
料理は元々美味しいのですが、
シャンパンとの相性もとっても良くて、
素敵なワイン会となりました。
改めて素晴らしい料理を
出してくださったお店の名前は、
「マリンブーツ・イン」さんです。

IMG_4998.jpg

名前 マリンブーツ・イン
住所 北海道小樽市銭函2丁目1番2号
電話 0134-62-5737
時間 電話でご確認ください
休み 電話でご確認ください
HP なし

こちらのお店は、
元々ペンションとして営業しており、
1日1組限定で料理と宿泊を提供しているんです。
ただ、予約がないときに限り、
日帰りのランチとディナーをしてくださるんです。
上にも書きましたが、
ヤックリュさんのワイン会で3回ほどお伺いしていて、
その料理の素晴らしさに感動しました。
訪問の様子、
1回目
2回目
3回目

そしてこちらのお店は、
何度もブログでご紹介している番屋の会の
番屋のオーナーの方の奥様が営んでいるんです。
番屋の会の様子、
1回目
2回目
3回目
4回目
ですので出てくる料理は味はもちろん、
素材も素晴らしいんです!!
今回、運よく予約を取ることができて、
ラッキーでした。

こちらのお店の素晴らしいところは、
お店の窓から見える、
IMG_4999.jpg
素晴らしいオーシャンビューです!
小樽の祝津までばっちりと
見ることができます^^
この日は残念ながら曇っていましたが、
天気がよければ、夕日が沈むところなんかも、
見ることができるんですよー!

普段は3~5人程度の利用なのですが、
今回はワイン会ということで、
8名でお願いしちゃいました^^
お店に入ると、
IMG_5001.jpg
すでにきれいにテーブルセッティングが、
されていました。

各席には、
IMG_5002.jpg
素敵な敷物とこだわりのお箸が、
並べられていました。
このお箸、2本非対称で、
人間が箸を持つのにぴったりな形に、
カットされているそうです。
素敵なお箸ですよねー!

というわけで、
早速いただいたワインと料理を
ご紹介します!

まず乾杯の泡は、
IMG_5006_20100831002406.jpg
モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル N.V

NM(ネゴシアン・マニピュラン)である
モエ・エ・シャンドン。
さすがはモエです。
とってもバランスが良くて、
とっても美味しいです♪
バランスが良いと書くと
特徴がないと思われるかもしれませんが、
全体のレベルが高い位置で、
バランスが良いんです^^
泡もきめ細かく、
酸味も感じながら果実味も
しっかりと感じられる。
こうしたシャンパン、
ありそうでなかなかないかも。
しいて言えば、熟成した感じが、
少し欲しかったですが、
それはミレジムに任せるって感じですかね^^
いきなり良いものを出してしまったので、
ちょっと順番、間違えちゃったかもしれません^^;

IMG_5003.jpg
たこの柔らか煮

このたこ名前のとおり、
めちゃめちゃ柔らかいですー!
そして醤油風味のだしが、
しみこんでいるので、
噛むたびにじゅわっと
味が口に広がりました♪

IMG_5008_20100831002435.jpg
海草サラダ

マリンブーツ・インさんの定番メニューの
こちらの海草サラダ、
海草がとっても新鮮で、
歯ごたえも良く、
とっても美味しいんですよねー!

そのまま食べても美味しいサラダなのですが、
IMG_5011.jpg
自家製ドレッシング

こちらの酸味が効いた、
自家製ドレッシングを入れると、
さらに味わいが広がります。
この酸味とシャンパンの酸味が、
良い感じに合わさり、
良いマリアージュとなってましたよー!

IMG_5013.jpg
ボーモン・デ・クレイエール グランド・レゼルヴ ブリュット N.V

こちらのシャンパンは、
CM(コーペラティブ・マニピュラン)です。
こちらはすっきり味の、
シャンパンです^^
酸味を感じられる辛口なのですが、
果実味が弱いのか、
すっきりさっぱりした味わいでした。
黒ブドウのピノ・ムニエが
多く使われているはずなのですが、
黒ブドウのシャンパンに感じる、
ほっこりした感じが、
あまりありませんでした。
夏の暑い日にキンキンに冷やして飲むのに、
よさそうな感じでした^^

IMG_5016.jpg
蝦蛄とホッキのグラダン

今回はじめて食べた、
蝦蛄とホッキのグラタン!
ホワイトソースが柔らかめな感じで、
私の好みの感じです!!
海の香がほんのりと香り、
熱々でとっても美味しいです♪
しっかりした味わいなのですが、
シャンパンがすっきりと洗い流してくれるので、
口にくどさが残ることはありませんでした^^

IMG_5015_20100831002434.jpg
ラタトゥイユ

このラタトゥイユが、
もう最高です!
普通のラタトゥイユに入っていない、
いかなどの魚介が入っていて、
そこからの出汁がとっても出ています♪
わからないですが、
いかの身だけではなく、
いかごろなども入っている?
と思うぐらい濃厚な味わいは、
普通のシャンパンでは負けてしまうと
ご参加いただいたワインアドバイザーからの
ご指摘をいただき、
次のシャンパンを変更しました。

それがこちらです。
IMG_5017_20100831002434.jpg
パイパー・エドシック ブリュット・ロゼ・ソヴァージュ N.V

カンヌ映画祭ぜ振舞われるパイパー・エドシックが造る、
ロゼシャンパンです。
普通のパイパー・エドシックに、
ピノ・ノワールから造られた赤ワインを
添加することで造られるというこちらのロゼは、
まずとっても色がきれいです!
飲むとやはり黒ブドウのほっこり感を
感じますが、
それと同時にベリー系の甘酸っぱさも
感じられます。
その甘酸っぱさが、
ラタトゥイユとの相性が良く、
その組み合わせを提案してくれた
ワインアドバイザーさん、
さすがだと思っちゃいました^^

IMG_5019_20100831002459.jpg
秋刀魚のマリネ

この秋刀魚のマリネがもう最高です!
今年は不良が続いているという秋刀魚、
そんな貴重な秋刀魚を出してくださいました^^
脂がしっかり乗った秋刀魚は、
マリネにしてあるので、
脂がくどくなく、
程よい酸味がさっぱりしていて、
とっても美味しかったです!
この後ご紹介する、
シャンパンとの相性も抜群でした^^

IMG_5020_20100831002459.jpg
茹でつぶ

こちらの茹でつぶも、
とってもシンプルな料理なのですが、
塩の塩梅がちょうど良くて、
シャンパンとぴったりでした^^
特にこちらのつぶは、
うろの部分まで食べても
酔っ払わないということで、
うろをいただくとほんのりした苦味が、
大人の味といった感じで、
素敵な味わいでした^^

IMG_5022_20100831002459.jpg
ジョエル・フェルメ ブリュット トラディション N.V

順番は前後しましたら、
RM(レコルタン・マニピュラン)な一本。
リュット・レジネで育てられているそうです。
飲むと、ほっこりした感じもありながら、
酸味も程よく感じる、
まさにピノ・ノワールとシャルドネが、
うまくブレンドされているような、
一本でした。
バランスの良さではモエにはかないませんが、
個人的にはコスパでは、
こちらの方が高いと思いました^^
だって、3200円なんですよ♪
3200円でこの味が楽しめるなら、
素敵ですよねー!

IMG_5023_20100831002458.jpg
ホッキ・生ホッキ・鱒の刺身

でました!
マリンブーツ・インさんの、
素敵なお刺身です^^
どれも取れたての物ばかりということで、
とても新鮮です♪
ホッキは生とゆでたものが2種類あり、
生のものは食感が良く、
磯の香がとても心地よい味わいで、
ゆでたものは生のものよりも甘味を感じて、
それぞれの違いを堪能することができました^^
そして鱒は、サーモンと違い、
脂はそれほど濃厚ではないのですが、
その分、しっかりとした味わいを感じることができ、
とっても美味しかったです!
もちろんシャンパンとの相性も良かったのですが、
この後ご紹介する白ワインとの相性が、
素晴らしかったですー!

IMG_5024.jpg
ヒラメの昆布締め

こちらも素晴らしい一皿です。
近くで取れたヒラメを、
昆布締めしています。
生のお刺身とは違う、
ほんのりと昆布を感じられる味わいは、
日本人でよかったと思わせるような、
ほっとする味わいです^^
こちらもシャンパン、そして白ワインと
あわせて美味しくいただいちゃいました^^

IMG_5026.jpg
あわびの刺身

そしてこの時期かなり貴重な、
あわびのお刺身を出してくださいました!
遠くにいても食べたときに、
コリッと音が聞こえるぐらい、
新鮮なこちらのあわび。
皆様とても喜んでくださいました^^

IMG_5029_20100831002536.jpg
あわびのウロ

さらにそのあわびから取れた、
貴重なウロです^^
苦味と共に甘味がある不思議な味わい、
まさに大人の味という感じです^^
新鮮だからこそいただける、
貴重な味でした^^

IMG_5044_20100831002535.jpg
アグガパール コトー・シャンプノワ ヴィエイユ・ヴィーニュ N.V

こちらはなんと!
シャンパーニュ地方で作られている、
白ワインなんです。
シャンパーニュにはシャンパンのほか、
AOCコトー・シャンプノワという、
スティルワインのAOCもあるんです^^
知りませんでしたねー^^;
アグラパールといえば、
とっても美味しいシャンパンとして有名で、
過去参加させていただいた
あの会でも、この会でも、
飲ませていただきましたが、
きりっとした酸味が美味しいシャンパンでした^^
そのアグラパールがこそっとスティルワインを
造っていたということで、
飲んでみたいと思い出してみました^^
ブドウはシャルドネが100%となっており、
ヴィンテージは、2004と2005のブレンドなので、
N.Vとなっています。

早速飲んでみると、
ブルゴーニュとも、
ニューワールドとも違う
シャルドネがありました。
北のシャルドネということで、
シャンパンに感じるような酸がありますが、
それほどきつくありません。
樽が使われていますが、
その樽のニュアンスもとても自然で、
酸、樽共に程よいバランスが保たれています。
まさに、和食にぴったりなシャルドネだと思いました^^
ある意味、北海道のシャルドネの方向性として、
こうした味わいが良いのでは?
と思いました^^
ぜひ、シャルドネを造っている方に、
飲んでみていただきたい一本でした^^

ちなみにこちらのワイン、
コルクにちょっとした細工がしてあります。
IMG_5041_20100831002535.jpg
今年の世界ソムリエコンクールの様子を
ごらんになった方はわかるかと思いますが、
コルクの抑え方がシャンパンとは違う形になっています。
残念ながらアジア代表の日本人の方は、
このコルクを空けるのに時間がかかってしまい、
サービスが時間切れになってしまいました。

ちなみに開け方の正解は、
金具にソムリエナイフのナイフの部分を当てて、
90度ナイフを回転させて、
金具を瓶から浮かせてはずします。
テレビではずす方法、
見ておいて良かったー!
っと思いました^^;

IMG_5028.jpg
生エゾバフンウニ

でました!うにです!
しかも通称赤うにと呼ばれる、
エゾバフンウニですよー^^
小樽の漁は8月31日までだったので、
まさに禁漁間近の貴重なうにを
一人にこれだけの量を
出してくださいました^^
とれたてのうには
ミョウバンはもちろん使っておらず、
うにそのものの甘さと、
磯の香がもう最高でした!
このまま食べるのも良いのですが、
やっぱりあの食べ方をしたくなりますよね。
ということで、
急遽あるものをお願いしちゃいました^^;
それが何かは後ほどご紹介しますね!

IMG_5032_20100831002535.jpg
秋刀魚のなめろう

こちらも貴重な秋刀魚を使った、
なめろうです^^
ちょっと食べただけで、
口に味が広がる、
濃厚な美味しさは、
もう最高です!
上にふってあるしそが、
そんな濃厚な味を、
さっぱりとさせてくれます^^
こちらもあれと一緒に
食べたくなっちゃいました^^

IMG_5045.jpg
あぶらこのお吸い物

本当にマリンブーツさんの料理の順番、
素晴らしいです!
みんなシャンパンや白ワインを飲んで、
良い気持ちになってきて、
さらにお腹も満たされ始めたところに、
このお吸い物です。
さっぱりとしていながら、
旨味がしっかりあるお吸い物は、
ほろ酔い加減の身体に染み渡るようでした^^
ここで良い意味で
身体をリセットできた感じでした♪

IMG_5046_20100831002602.jpg
ホッキフライ

もう言葉はいりません!
ホッキの甘味がフライになって、
タルタルと合わさると、
もう最高のマリアージュ、
何もいらない!
そんな気持ちにさせてくれます。
これにはあのワインでしょう!
ということで、
急遽1本ワインを増やしちゃいました^^

そのワインがこちらです!
IMG_5048_20100831002602.jpg
北海道ワイン 鶴沼トラミーナ 2008

この日の午前中にお伺いした、
鶴沼ワインフェスで買った一本です。
本当にご参加いただいたoroppasさんのワインだったのですが、
次の日に同じワインをお届けする約束をして、
開けちゃいました^^
香りがまずライチです!!
そして同時にどこかスパイシーな香りも感じます。
口に含むと、
酸味と共にやはりスパイシーな感じも、
口の中に広がります。
値段はさておき、
やっぱり美味しいですよねー!
世界のトラミーナに負けていません^^

トラミーナは、北海道では
鶴沼ワイナリーさんとナカザワヴィンヤードさん、
そして松原農園さんと他に何ヶ所かしか、
植えられているぐらいですが、
私は個人的に北海道に非常に向いている品種だと
思っています。
アルザスやイタリアほど濃厚な香りが出ないので、
食事とあわせるにはぴったりだと思うんです!
個人的に好きな品種だからというのもありますが、
私も今年苗床に枝を植えています。
これからどう育っていくか、
楽しみな感じです^^

IMG_5052_20100831002601.jpg
かすべのぬた

かすべのぬたは、
我が家でも定番メニューとして、
出るのですが、
マリンブーツさんのぬた、
何でこんなに美味しいのでしょう!?
甘さと酢の味わいが絶妙で、
素晴らしいです!!
そしてびっくりなのは、
このぬたとシャンパンとの相性♪
甘酸っぱいぬたが、
同じく果実味と酸味があるシャンパンと
良く合うんです!
すごい発見でした^^

IMG_5058.jpg
鱒の塩焼き

お刺身で出た鱒を、
塩焼きでも出してくださいました^^
お刺身の時には感じなかった脂ですが、
こちらはしっかりと脂が乗っています。
その脂がめちゃめちゃ美味しいです!
もちろん身の部分も味が濃厚で、
美味しかったです♪

IMG_5057.jpg
ベルナール・トルネ コトー・シャンプノワ・ブジー・ルージュ 2000

こちらもシャンパーニュ地方の
スティルワイン、
AOCコトー・シャンプノワです。
すでに10年経過しているとの事で、
少し下りかかったような味わいでしたが、
白のコトー・シャンプノワと同じように、
ブルゴーニュや、新世界とは違う、
独特なピノ・ノワールでした。
酸がきれいで果実がそれほど強くない、
どちらかというと
アルザスやドイツの辛口に近い?
味わいでした。
古酒好きでアルザス好きの私には、
ぴったりな味わいでした。

そして先ほど、
うにが出たときに
お願いしたものができあがったと、
奥様が教えてくださいました。
こちらです!
IMG_5059.jpg
ごはん

マリンブーツさんのごはん、
めちゃめちゃ美味しいんです!
聞くとそんなに高いお米ではないとの事で、
肝心なのは炊き方なんだそうです。
まず香りがとっても良く、
口に含むと粘り気がありながらも、
一粒一粒がしっかりと主張しているんです。
こんな美味しいご飯、
久しぶりに食べました^^

と、そのまま食べても良いのですが、
やっぱりここは、
IMG_5063.jpg
うに丼

うにを乗せて、
うに丼でいただいちゃいます!
うにの甘さとお米の甘さが合わさると、
もう最高な一杯です!
ワイン会だということを忘れて、
うにとお米のマリアージュを
楽しんじゃいました^

そして料理の最後は、
IMG_5066.jpg
そうめん

これまたさっぱりとした、
そうめんを出してくださいます^^
本当にマリンブーツさんは、
ワイン会前提の料理ではないのに、
飲む方のことを良くわかっていてくださいます^^
やさしい味わいのそうめんは、
沢山食べたはずなのに、
スイスイ食べることができました^^
そして食べるとやはり、
口の中をリセットさせてくれます♪
この後のチャレンジの前に出してくださり、
とってもありがたかったです!

そしてシャンパンも最後の一本。
ここであるチャレンジを参加者にお願いしちゃいました^^
IMG_5068.jpg
オブリ・フィス ル・ノンブル・ドール カンパナエ・ウェテレス・ウィテス ブリュット 2002

あまり知られていない、
こちらのシャンパン。
実はセパージュに秘密があったのです。
その秘密を参加してくださった方に、
答えていただきました。
すると約一名かなり近いところまで、
答えてくださいました。

ということでこのシャンパンの秘密ですが、
実はこちらのシャンパンは、
8種類もの品種が使われているんです。
その品種と割合がこちらです!
フロモントー(ピノ・グリ)24%
プティ・メリエ20%
ピノ・ノワール20%
アルバンヌ15%
シャルドネ10%
ピノ・ムニエ8%
ピノ・ブラン2%
アンフュメ1%
です!
ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ以外は、
まったく知らない品種ばかりですよねー^^;
実はこれらの品種は昔々はシャンパーニュ地方のあちこちで、
栽培されていたらしいのですが、
年とともに栽培面積が小さくなり、
今やほとんど栽培されなくなってしまったそうです。
そんな現状を危惧したオブリ・フィスの
ピエールとフィリップ兄弟が、
積極的にこれらの品種を育て、
シャンパンにしたのです。
漫画[ソムリエール]5巻にも登場していますので、
気になる方は読んでみてくださいね♪

肝心の味のほうは、
香り味共に驚きの味わいです。
時間と共にどんどんニュアンスが
変化していくのです。
最初はブラン・ド・ブランのような、
柑橘系のすっきりした香りと味わいだったのが、
時間と共に、黒ブドウが持つほっこりさや果実味が、
表に出てきました。
さらに熟成した味わいの複雑さが口に広がり、
珍しさというだけではなく、
味わいも素晴らしい1本でした^^

IMG_5072.jpg
すいか

最後にデザートとして、
甘いスイカをいただいて、
ワイン会も無事に終了となりました^^

飲んだワインも最終的には、
IMG_5069.jpg
8人で8本となり、
1人1本飲んじゃいました^^
かなりマニアックなラインナップとなりましたが、
ご参加した皆様が喜んでくださったので、
ほっとしました^^

今回のワイン会も、
無事に8名満員御礼で、
開催することができました。
これもひとえにご参加してくださった皆様、
そして素晴らしい料理を提供してくださった、
マリンブーツ・インさんの奥様のおかげです。
改めて、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました!
次回開催は9月10日に、
山崎ワイナリーさんのワインを全部飲んじゃおう会
を開催します!
おかげさまで満席となりましたが、
まだまだキャンセル待ちを募集中ですので、
お気軽にメールくださいね^^
よろしくお願いしますー!

次回のブログは、
この日の午前中にお伺いした、
鶴沼ワインフェスの様子を
ご紹介します^^
お楽しみにー!

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。