*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 貴重なピノ・ノワールの苗植えを手伝わせていただきました ドメーヌ・タカヒコ

こんばんはー!
昨日は涼しかったのに、
今日はまた蒸し暑い感じですね。
帰り道は雨が降ったりと、
まだまだ不安定な天気が続きそうです。
日曜日にはワイン会&ワインフェスがあるので、
晴れて欲しいと思っていますー!
皆様もお祈りお願いしますー!

さて今日は、
前回のブログでご紹介した、
メーカーズディナーにご参加いただいた、
ドメーヌタカヒコさんに、
先月お手伝いに行ってきた様子を
ご紹介します^^
ハンバーグ特集は、
今日も一休みです、
ごめんなさい^^;

前回ドメーヌタカヒコさんに、
お伺いしたときに曽我さんから、
7月のはじめに、
ポット苗を植える作業を行うと聞き、
今回、幸運にも
お手伝いをさせていただくことになりました。
これまで収穫の手伝いを
させていただくことはありましたが、
収穫以外のお手伝いも、
ぜひやってみたいと思っていたので、
今回の申し出、
とても嬉しかったです♪
喜んで朝早くから
お伺いしちゃいました^^
改めてお伺いしたドメーヌの名前は、
「ドメーヌ・タカヒコ」さんです。
IMG_1703_20100816141743.jpg

名前 ドメーヌ・タカヒコ
住所 北海道余市町
HP  http://takahiko.co.jp/index.html

 ※ ドメーヌ・タカヒコさんは、
   毎日忙しくぶどうを育てています。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的に観光名所ではありません。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


ドメーヌタカヒコさんの畑、
前回6月に訪問したときになかった、
柱が植えられていました^^
何度もお伺いしていると、
一歩一歩ブドウ畑としての完成が、
近づいているのを実感できて、
とっても幸せな気持ちになれますね。

そんなドメーヌタカヒコさんの畑からは、
IMG_1663.jpg
道路を挟んで反対側にある、
ブドウ畑の景色を一望することができます^^
相変わらず素敵な景色ですよねー!
これだけの景色は、
ほかにはありませんよね。

4月に苗を植えた畑は、
IMG_1664.jpg
前回来たときよりも、
雑草が生えている感じです。
土が生きているというのが、
こうしたところから実感できますね^^

植えた苗も、
IMG_1707.jpg
かなり成長しており、
ぐんぐんと伸びていっています。
土のことは詳しくわかりませんが、
周りにはシロツメクサが生えており、
良い土ができているというのが、
なんとなく伝わってきました。

そして以前の持ち主が植えていたという、
IMG_1696.jpg
ナイヤガラの棚は、
ビオロジックで栽培されていますが、
ほとんど病気も出ずに、
かなりの成長をしているそうです。
本当に強い品種だと、
曽我さんおっしゃっていました。

そのナイヤガラの枝では、
IMG_1697.jpg
あちこちで開花が始まっており、
ブドウができる準備が、
着々とできている感じでした^^

と、今日はそんなブドウの成長を
見に来たわけではありません^^;
お手伝いにきたんです^^;
というわけで、
早速お手伝い開始です!
今回は最初にちらっと書きましたが、
ピノ・ノワールのポット苗を
畑に植える作業を手伝わせていただきます。
曽我さんと私のほか、
余市でブドウ栽培を志している方の3人で、
作業を行うこととなりました。

まずは行う作業を、
曽我さんから教えていただきます。
はじめにこちらの、
IMG_1656.jpg
ピノ・ノワールのポット苗を、
持ってきます。

続いて畑に行くと、
畑の列に
IMG_1658_20100816141555.jpg
このように植える位置に目印を
つけていてくれていました。
これで植える場所を間違える心配ありません^^

続いて曽我さんが自ら、
見本を見せてくださいました。
まずは目印のある場所に、
IMG_1665.jpg
スコップが見えなくなるぐらい、
差し込みます。

そのままてこの原理で、
IMG_1666.jpg
土を持ち上げ、
その土を横に置きます。

そこから北海道の特徴でもあるのですが、
ブドウの苗が斜めになるように、
IMG_1667.jpg
手で土を入れたり取ったりして、
土の量を調整します。

そしていよいよポット苗を
入れ物からはずし、
IMG_1668.jpg
斜めになるように、
穴の中に入れていきます。

続いて、
IMG_1669.jpg
苗が崩れないように、
手で穴に土を入れていきます。
この時に先ほどスコップで抜いた土を
戻します。
これには理由があり、
周りの土だと乾燥していて、
苗に水分が充分にいかずに、
その点、スコップで掘った土だと、
湿り気があり苗の根に水分が
いきわたるとの事でした。

そして最後に、
IMG_1670.jpg
苗の接いでいる部分より少し下に、
土が来るようにして、
苗植え完成です^^

曽我さんの忙しいにもかかわらず、
こうしたお手本を、
2度3度としてくださいました^^
おかげで迷うことなく、
自分でも作業をすることができました♪

その様子がこちらです!
まずは、
IMG_1677.jpg
ピノ・ノワールの苗が入った箱を
用意します。

そこから、
IMG_1676.jpg
苗を一つ取り出し、

畑の列にある、
IMG_1678.jpg
目印を探します。

続いてその目印の場所に、
IMG_1679.jpg
スコップが見えなくなるぐらい、
スコップを差し込みます^^

そして、
IMG_1680.jpg
てこの原理で土を掘り出し、
その土を穴の脇に置きます。

そうしてできた穴に、
IMG_1681.jpg
苗が斜めに入るように、
調整しながら手で土を入れたり、
除いたりします^^

そうしてできた穴に、
入れ物からはずした苗を一つ用意し、
IMG_1682.jpg
穴の中に静かに入れます。

個人的にこの作業が、
一番難しかったです^^;
入れ物をはずしたときに、
苗についている土が崩れないように
しなくてはいけないのですが、
何度か崩してしまいましたT_T
曽我さんに申し訳ない気持ちで一杯です^^;

続いてスコップで掘った土を
IMG_1683.jpg
穴に静かに戻して、
作業完了です!

初めての経験ということもあり、
この1連の動作を行うのに、
結構時間がかかってしまい、
自分が1つ完成させる間に、
曽我さんやご一緒した方が2つぐらい
できていました^^;
もっともっと修行が必要ですね。。。

そうはいっても何とか頑張ることができ、
IMG_1675.jpg
自分で何列か
完成させることができました^^

私がお手伝いをさせていただいたり、
自分でぶどうを育てるのは、
少しでもぶどうを育てている方、
ワインを造る方の気持ちを知りたい、
ということからでした。
実際にこうしてお手伝いをすると、
改めて、一つ一つの作業を行った結果として、
素晴らしいブドウができ、
美味しいワインが完成するんだというのを実感します。
そうしたことを思いだしながらワインを飲むと、
本当にワインが美味しくなりますね。
それだけでなく、
さらにお手伝いさせていただき、
土や苗とたわむれると、
自然と心が休まります。
そして、お手伝いした作業が完成すると、
気持ちが達成感に満たされ、
心のリフレッシュにもなりました。
本当に生きているものと触れるというのは、
素晴らしいものですね。

最後に、
曽我さん、この度はお手伝いさせていただき、
本当にありがとうございました!
これからも、
もっともっとお手伝いできることがあれば、
なんなりとおっしゃってください!
私でできることがあれば、
何でもお手伝いしていきたいと思いますー!
そのときにはブログでご紹介しますね^^

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。