*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 ふらのワインと富良野の野菜をいただく会に行ってきました♪ ピアレ

こんばんはー!
昨日はめちゃめちゃ楽しいあの会に
行ってきました!
今年2回目、通算で4回目の参加でしたが、
美味しくて楽しくて、
家に帰ってきたらそのまま
バタンキューでした^^;
その様子は今度ブログで書きますねー!
今週もイベントが立て続けにあるので、
体調悪くしないように、
頑張りたいと思いますー!

今日は先週の金曜日にお誘いを受け、
参加させていただいた、
ホテル主催のワイン会の様子を
ご紹介します!
ワイン会と名の付くものには、
恥ずかしながら数多く参加してきましたが、
実はホテルが主催のワイン会というのは、
今回が初参加でした。
テーマが私が大好きな道産ワインで、
尊敬するゲストの方もいらっしゃるというのと、
自分もワイン会を主催しているので、
勉強にもなるかと思い、
参加してきました。

ゲストの方とも久しぶりにお話しすることができ、
楽しいお話しを聞くことができ、
勉強にもなったので、
参加できてよかったです!
そのワイン会の会場となったのは、
札幌パークホテル内にあるレストラン、
「ピアレ」さんです。

IMG_1950.jpg

名前 ピアレ
住所 北海道札幌市中央区南10条西3丁目1番1号 札幌パークホテル1階
電話 011-511-3131
時間 朝 7:00~10:00
   昼 11:30~14:00
   ティータイム 14:00~17:00
   夜 17:00~21:00
休み なし(貸切の場合がございます。ご確認ください。)
HP http://www.park1964.com/n_restaurant/piare.html

ピアレさんは、
札幌パークホテルの一階にあり、
ホテルの庭に面しているので、
ワイン会会場からは、
IMG_1913.jpg
こんな素敵な庭を見ながら、
美味しいワインと料理を
いただくことができました♪

席に座ると、
IMG_1909.jpg
テーブルセッティングがすでに
完了していました。
今日の料理のメニューやワインリストが、
しっかり用意してあり、
ワインリストの横には、
ふらのワインさんの畑やワイナリーの様子が、
写真で見れるようになってました。

さらに封筒の中には、
ワイナリーのパンフレットや、
高橋さんが用意したテイスティングレポートなども
入っており、
そのテイスティングレポートには、
醸造の方法やヴィンテージの特徴なども書かれており、
資料としてもつかせそうな、
素晴らしいものでした。

ということで時間になり、
ワイン会がスタートです♪
まず、上でも書きましたこの日のゲストさんが
紹介されました。
それがこの方、
IMG_1911.jpg
高橋克幸さんです。
(ちなみにとなりは私です、モザイクかけちゃってます^^;)

高橋さんはふらのワインさんの、
醸造および栽培の責任者をなさっていて、
ワインの味は高橋さんが決めるといっても、
過言ではないぐらいの方なんです♪
高橋さんとはワイナリーではもちろん、
先日開催されたライラックまつりでも
お会いしていますー!
こちらからお聞きしたことを、
いつも丁寧にしてくださる高橋さん。
この日も一本一本のワインについて、
詳しく説明してくださったり、
参加した方からの質問にも、
丁寧にお答えしていて、
本当に頭が下がります。
私も会の前にこうして写真を撮らせてもらったり、
いろいろと質問させていただいちゃいました♪
もちろんわかりやすく答えてくださいましたよー!

それではいただいた料理とワインを
ご紹介しますー!
今回はワインはもちろんふらのワインですが、
料理も富良野産の野菜や豚肉など、
富良野の食材にこだわったメニューが
数多く登場しました♪
どのメニューもとっても美味しかったですよ!
IMG_1914.jpg
ふらのワイン ふらのワイン(白) N.V

ふらのワインさんのスタンダードシリーズの白です、
セイベル5279というふらのワインさん以外では、
あまり使用されていない品種が使われています。
香りは柑橘系の香りをほのかに感じ、
口に含むと香りの印象どおり、
柑橘系の酸味が口に広がります。
果実味も適度にあるので、
酸のきつさは余りありません。
余韻はさすがにそれほど長くありませんが、
夏の暑い日に、
きりっとさせるのにぴったりなワインだと思いました。

IMG_1921.jpg
富良野産グリーンアスパラのヴルーテと積丹沖塩水雲丹 雄武産毛蟹のアボガドガトー仕立て

とっても綺麗な彩りですねー!
富良野産のグリーンアスパラは、
食感も良く、
とってもみずみずしかったですー!
アスパラの内側には、毛蟹とアボガドが入っていて、
アスパラで作ったヴルーテを絡ませて食べると、
生臭さもなく、
美味しかったです!!

IMG_1923.jpg
パン&フォカッチャ

最近ワイン会で参加するお店、
最初からパンを持ってきてくださり、
とてもうれしいです♪
早速パンをアスパラのスープにつけて、
美味しくいただくことができました♪
ちなみにフォカッチャは、
写真の奥に見えてる
オリーブオイルにつけて食べると、
もう最高でした♪

IMG_1922.jpg
ふらのワイン ふらのワイン(赤) N.V

先ほどご紹介したスタンダードシリーズの赤です。
こちらは北海道の赤ワインとしては、
あちこちで栽培されているセイベル13053が
使われています。
香りはセイベル13053独特の香りがします、
口に含むと、タンニンはそれほど強くなく、
やはり酸を感じます。
全体的に味わいは濃くなく、
余韻もそれほど長くないので、
こちらもすっきりといただける感じでした。

IMG_1924.jpg
ふらのワイン ミュラートゥルガウ 2009

ふらのワインさんのミュラートゥルガウは、
毎年飲んでいますが、
ここ数年、とても美味しくなっていると思います♪
そしてあまり気候の変動がないのか、
どのヴィンテージも平均して美味しいです!
香りは華やかな感じで、
ちょっぴり香水のような感じもあります。
口に含むと、こちらも酸を感じますが、
果実味がかなりあるので、
フランスのワインを普段飲む方には、
少し甘口に感じるかもしれませんが、
余韻もスーッと広がり、
身体に染み渡るようで、
飲み疲れするようなところがありません。
やっぱりふらのワインさんのミュラーは
美味しいですねー!

IMG_1936_20100711104435.jpg
富良野産フルーツトマトのフェデリーニ 道産黄トマトスープのガスパチョ仕立て

じめじめして蒸し暑かったこの日にぴったりな、
素敵な冷製パスタです♪
ガスパチョ風のトマトスープが、
とっても美味しいですねー!
ミュラーとトマトなんて、
初めてのマリアージュでしたが、
トマトの酸味とミュラーの心地よい果実味が
素晴らしかったです^^
中に入っているパスタも固めの食感が、
私好みな味わいでした^^
添えられているフルーツトマトも、
しつこくない甘さで、
美味しかったー!

IMG_1937.jpg
ふらのワイン 羆の晩酌 2007

ふらのワインさんが
セイベル13053と山葡萄を交配させて作った品種、
ふらの2号とツヴァイゲルト・レーベが使われている
こちらのワイン。
同じような品種に十勝ワインさんの清舞や山幸がありますが、
そちらに比べると、飲みやすい感じです♪
香りは山葡萄独特の土っぽい香りもしますが、
それ以上に樽のバニラ香を強く感じます。
聞くと日本のワイナリーとしては珍しく、
フレンチオークだけでなく、
アメリカンオークを20%使っているそうです。
ですので、樽香が強かったんですね^^
口に含むと、やはりスパイシーな感じで、
独特な味がある一方、
思っていたよりも酸が強くありません。
タンニンも柔らかく、
時間をかけて味わいたい、
そんな一本でした。
ちなみにかわいいラベルの羆は、
倉本聡さんの娘さんが書いていますー!

IMG_1939_20100711104500.jpg
古平沖ソイと石狩産ズッキーニの備長炭焼き 赤ピーマンとトマトのフレーバーオイル

こちらとっても美味しかったですー!
料理の説明によると、
フレーバーオイルは、
今流行の食べるラー油をイメージして、
イタリアンバージョンとして作ったそうです。
淡白な白身のソイにこのフレーバーオイルが加わり、
魚料理というと白ワインと合わせたい感じですが、
スパイシーな赤ワインと合わせても、
美味しかったです♪

IMG_1943.jpg
ふらのワイン ツヴァイゲルト・レーベ 2003

個人的にふらのワインさんで、
一番大好きなワインが
ふらのワインさんのツヴァイなんです。
こちらはなんと樽熟した後に、
瓶熟を4年した後に出荷されています。
北海道のワイナリーで、収穫から出荷まで、
これほど時間をかけているワインは、
ほかには十勝ワインさんの
アムレンシスぐらいではないでしょうか?
香りは樽香とともに、
ツヴァイのスパイシーな香りを
感じます。
口に含むと酸とタンニンを感じますが、
熟成によってその味わいはまろやかです。
高橋さんがまだ若いとおっしゃっていましたが、
確かにまだまだ熟成させても、
面白そうな一本でした。
やっぱり富良野のツヴァイ、美味しいです!

ちなみにこちらのツヴァイ、
上にも書いたとおり高橋さんがまだ若いとおっしゃったので、
急遽、
IMG_1932.jpg
デキャンタされて提供されました。
この日のワイン会の進行を勤めたソムリエさんが、
上手にデキャンタしてましたー!
その様子をじっと眺める高橋さんも、
なんだか面白くてつい写真撮っちゃいました^^

そんなツヴァイとあわせたのがこちら、
IMG_1941.jpg
富良野産地養豚の低温ローストとホワイトアスパラ 
茸とのフリカッセ万願寺唐辛子添えカレーオイルソース

富良野産の豚肉を低温ローストさせた一皿。
豚肉はとっても柔らかく、
お肉そのものの味がとっても美味しかったです。
さらにカレーオイルソースがスパイシーで、
ツヴァイとの相性を良くするのに、
一役かってる感じでした^^
添えられているホワイトアスパラもとろとろで、
とっても美味しく、
さらに万願寺唐辛子が良い味出してましたー^^

IMG_1944.jpg
富良野メロンの軽いコンポートとヨーグルトジェラート
ハスカップのギモーブと富良野チーズ(ホワイト・セピア・たまねぎ)

デザートだけでなく、
チーズもこんなにいっぱい出していただき、
とってもうれしいー♪
富良野にはワイナリーのほかに、
チーズ工房もあり、
どのチーズもあっさりした感じですが、
美味しかったですよー!
特にたまねぎは本当にたまねぎの風味がして、
とっても好みでした♪
デザートも甘さ控えめな感じで、
美味しかったです♪

IMG_1946.jpg
ピリテリー・エステイト ヴィタ アイスワイン・ヴィダル 2004

ふらのワインさんが本物のアイスワインを
日本で最初に造ったワイナリーということで、
本場カナダのアイスワインがデザートワインとして登場です♪
というのも、
ふらのワインさんのアイスワインとしての基準も、
カナダを参考にしているんですー!
ヴィダルという品種、
あまりなじみがありませんが、
カナダではアイスワイン用の品種として、
良く栽培されているそうです。
口に含むと、とっても甘いですー!
ただ、口に残るような甘さではないので、
口の中が甘ったるくなるようなことはなく、
最後まで美味しくいただくことができました♪


IMG_1945.jpg
富良野産チコリ入り玄米茶

甘いワインとデザートをいただいた後に、
ほっとする味わいで、
美味しかったです♪

今回のワイン会では、
IMG_1949.jpg
6種類のワインを飲むことができました。
特にふらのワインさんの5種類は、
いっぺんに飲む機会というのが、
なかなか無く、
特にふらのミュラーとふらのツヴァイを
飲むことができて、
本当に大満足でした!

ふらのワインさんは、
高橋さんも会の途中に言ってましたが、
場所が観光地にあるので、
つい観光わいんのような、
甘いワインを想像している方が多いそうですが、
実は辛口にこだわって作っているんです。
中にはアイスワインのような甘口もありますが、
それも本場の基準に合わせた本格派のものとなっています。
個人的にふらのワインさんのワインは、
どのワインも、
平均的にレベルが高いと思います^^
今までふらのワインという名前だけで避けてきた方にも、
ぜひ飲んでみて欲しいです!!
目からうろこ間違いなしですよー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。