*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 とても楽しく勉強になるワイン会に行ってきました♪ ラ・プロヴァンス

おはようございます!
先日とある初体験をしてきました!
それはカプセルホテルに泊まることです^^
私のワイン会にご参加いただいてる方が、
便利だという話しをしていて、
いつも泊まっているホテルが、
夏季料金になり、
1000円以上値上げしたので、
思い切ってカプセルホテルにしてみたんです。
結果は大満足!
元々酔って寝るだけなので、
ベッドさえあれば充分なんですよねー^^
大浴場もあり朝風呂してすっきり!
これから多用しちゃいそうです♪

今日は上にもチラッと書きましたが、
初めて参加させていただいたワイン会のことを
書きたいと思います!
ワイン会でご一緒する方から、
ちらほら噂は聞いていたのですが、
ワイン素人の私が参加してよいのか?
と思ってなかなか参加したいと言えなかったのですが、
今回いつもお世話になっている、
sanさんにお声をかけていただき、
思い切って参加してきました!!
思っていた通りとても勉強になりましたが、
思っていたよりもカジュアルな感じで、
笑いしながら美味しいワインと料理を
楽しませていただきました。
そんなワイン会の会場となったのは、
初めてお伺いさせていただいたノボテル札幌のレストラン、
「ラ・プロヴァンス」さんです。

IMG_1871_20100708204407.jpg

名前 ラ・プロヴァンス
住所 北海道札幌市中央区南10条西6丁目1-21 ノボテル札幌5階
電話 011-561-1000
時間 昼 11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
   夜 18:00~22:00(ラストオーダー20:30)
休み なし(貸切の場合がございます。ご確認ください。)
HP http://www.novotelsapporo.com/restaurant/laprovence.html

ラ・プロヴァンスさん、
一度来てみたいと思っていたので、
今回、ワイン会にも出れて、
ラ・プロヴァンスさんにも来れて、
一石二鳥です♪

ワイン会の会場となる個室に入ると、
IMG_1832.jpg
すでに綺麗なセッティングが、
完了していました♪
ひまわりがさりげなく飾られているのが、
夏っぽくて良いですね^^

こちらのワイン会の特徴があって、
その特徴ゆえに素人の私が参加して良いのか、
考えちゃっていたんです。
その特徴というのがこちら、
IMG_1835.jpg
ワインをこうしてすべてデキャンタして、
ブラインドで飲むんです^^
普段美味しいだけで満足している私、
場所や品種やヴィンテージなど、
ちんぷんかんぷん^^;
ほかの参加者の答えを聞いて、
一人で感心していました^^

それではいただいた料理と、
皆様が持ち寄ったワインをご紹介します!

まずは乾杯の泡ということでこちら、
IMG_1839_20100708214048.jpg
マルキ・ド・サド ブリュット N.V

レッグラベルにとらわれた女性の絵が書かれた、
まさにサド男爵をイメージしたシャンパンです♪
香りは結構イースト香と共に、
熟成を感じさせる香りがします。
飲んでみると、ピノのほっこり感がありながら、
シャルドネのきりっとした酸も感じられます。
お持ちくださった方に聞いたところ、
やはりピノとシャルドネの両方が
使われているそうです♪
適度な熟成感があって、
美味しかったですー!

料理の一皿目です。
IMG_1836.jpg
スペイン産~ハモンセラーノと野菜のミル・クレープ、タップナードを添えて

見た目も綺麗なこちらの一皿、
ハモンセラーノの塩分と野菜の味が、
口の中でマッチングして、
とっても美味しいですー!
繊細な感じなので、
泡と一緒に楽しむのに、
もってこいという感じで、
とっても良かったです♪

そしてうれしい、
IMG_1837_20100708204224.jpg
香り豊かなフランス小麦のパン・ド・カンパーニュ

パンが最初から出てきますー!
表面はカチッとしていて、
中はふわふわ。
口に入れるとふわっと麦の香りがして、
とっても美味しいパンです♪
この後に出てくる料理のソースや、
スープに浸していただいちゃいました!

そんなパンのおまけに付くのが、
IMG_1838.jpg
北海道産 乳酸菌発酵のバター

乳酸菌発酵させたという、
こちらのバターです。
そう書かれたのを見たからかもしれませんが、
普通のバターよりも、
まろやかな味わいがしたような気がしました^^;
パンにつけて食べると、
めちゃめちゃ美味しかったですよー!

ワインは2本目、3本目と続きます。
IMG_1843.jpg
ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ エ・アロー N.V(2007)

こちらが今回、
私が持ち寄りしたワインです。
ロワールでワインを造っている、
新井順子さんのワインです。
いつもの年は、AOCトゥーレーヌで、
販売されているのですが、
2007ヴィンテージは天候不順で、
AOC認定取れなかったそうです。
そこでVdTとしてリリースされたそうです。
名前の「エ・アロー」は日本語で「だからどうしたの?」
という意味との事で、
ラベルもそんなことを意識したものになっています。
これはAOC取れなかったことに対する
新井さんの気持ちが表現されているんでしょうねー^^
香りは若干ビオっぽい還元した感じがありますが、
新井さんらしい密っぽい香りがします。
口に含むと樽を感じた後に、酸と苦味が口に広がります。
いつもの年に比べて果実味が弱いので、
この酸と苦味が強く感じられ、
好き嫌いの分かれる味わいだと思います。
私はもちろん好みでした♪

IMG_1840.jpg
フリードリッヒ・ベッカー シルヴァーナーQ.b.A. トロッケン 2006 

ドイツのシルヴァーナです。
ベッカーさんの畑は、ドイツとアルザスの国境付近にあり、
実際にその一部はアルザスの中にあるそうです。
香りはまさにドイツっぽい、
ケミカル香を感じ、
すっきりして飲みやすい味わいは、
夏の暑いときなどに、
気軽に楽しむことができそうです。
ちなみにこちらのボトルは、
なんと1リットル入りとなっています。
750mlや1500mlは聞いたことありますが、
1リットルってなかなか無いですよねー^^

料理は二皿目、前菜です。
IMG_1842_20100708204251.jpg
タラバ蟹と自家製フレッシュ・チーズ、アボカドのサラダ、ルッコラ・ピュレとともに

アボカドとチーズと蟹が、
めちゃめちゃ合いますー!
さわやかなチーズと濃い蟹の味を、
まろやかなアボカドの風味が包んでいます。
そこに味を占めるルッコラ・ピュレが
また良い味をしています。
個人的にはソーヴィニヨン・ブランとの相性が、
良かったです♪

ワインもどんどん飲んでいきます!
IMG_1846.jpg
甲斐ワイナリー かざま甲州 やや甘口 2009

国産ワインの登場です!
山梨にある甲斐ワイナリーが、
2009ヴィンテージに初めて販売したのが
こちらのやや甘口です。
山梨県は2009年はとても良い年だったそうで、
完熟した甲州を収穫できたそうです。
その完熟した公衆を残党を残した状態で、
醸造したのがこちらのワインです。
香りはそれほど強くなく、
飲んでみても甘さもほどほどに、
それほど強い酒質はありません。
余韻もすっきりという感じで、
ご一緒した方もおっしゃっていましたが、
なんだか日本酒っぽいところもあります。
線は細いですが綺麗なワインでした^^

IMG_1844.jpg
ジョスメイヤー ピノ・グリ 2007

私の大好きなアルザスの作り手、
ジョスメイヤーです♪
ビオディナミで作られたピノ・グリは、
ほんのりした甘い香りがします。
口に含むと、綺麗なミネラルを感じ、
果実味と酸を感じます。
余韻もほどほど感じることができ、
デイリーワインにもってこい、
そんな素敵なワインでした。

IMG_1845.jpg
カレラ セントラル・コースト シャルドネ 2006

カリフォルニアのシャルドネですー!
シャルドネっぽさは感じましたが、
残念ながらカリフォルニアとはわかりませんでした^^;
カレラとうえばジャンセンが有名ですが、
こちらはセントラルコーストという普及品です。
香りからは樽っぽさとともに、
酸化熟成感じがしました。
口に含むと香りほど樽っぽさは感じず、
果実味を感じるのですが、
その果実味が、これまで感じたものとは、
ちょっぴり違いました。
この辺が、香りから酸化っぽさを少
し感じたのかもしれません。
酸もあるのですが、
それほど強くはありません。
果実味が強いワインは、
長熟させるのに向いてないのでしょうか?
なんとも不思議でした。

IMG_1847.jpg
ヘーゼル・ナッツの香るカリフラワーの冷製スープ

このスープ、
めちゃめちゃ美味しいですー!
カリフラワーの風味と共に、
ヘーゼル・ナッツの香りが口に広がり、
口の中を爽やかにしてくれます♪
パンをつけて食べたりして、
グビグビ飲んじゃいました♪
ただ、スープとワインのマリアージュって、
難しいですよねー^^;

IMG_1851.jpg
ボデガス・パソ・デ・セニョランス アルバリーノ 2006

今までに飲んだことのない味だったので、
フランス以外と思いましたが、
スペインの白でした。
アルバリーノはアルバニーリョとも言われる、
スペイン原産の品種との事で、
今回初めて飲みました♪
さわやかな香りと共に、
きりっとした酸がしっかりしていて、
素直に美味しいといえる、
とても飲みやすいワインでした。

IMG_1850_20100708214048.jpg
マルク・コラン・エ・フィス ブルゴーニュ・ラ・コンブ 2002

こちらはサントーバンにある作り手で、
今年の正月にガレット・デ・ロワ会をしたときに、
サントネイをいただきました♪
最初グラスが来たときに、
かなりワインの色が濃くて、
ちょっとびっくり。
飲んでみても酸化していて、
果実味や余韻をあまり感じず、
かなり熟成が進んだ印象です。
2002ヴィンテージといえば、
ブルゴーニュの良い年だといわれていますが、
今まで飲んだACブルゴーニュ・ブランは
以前ご紹介したオリヴィエ・ルフレーブも含めて、
みんなこんな感じです。
やはりいくら良い年でも、
村名クラスまで行かなくては、
熟成には耐えられないのかもしれないですね^^;

いよいよここから、
赤ワインの登場です。
IMG_1852.jpg
オー・ボン・クリマ サンタ・マリア・ヴァレー ピノ・ノワール 2007

こちらブラインドで飲んだときに、
酸と果実みのバランスが良く、
ミネラルもほどほどあり、
とっても美味しかったので、
完全にブルゴーニュの村名クラスだと
思っちゃいました^^;
あけてびっくりカリフォルニアのピノ・ノワールです!
しかし調べてみると、
こちらのオー・ボン・クリマ、
ほかのカリフォルニアのワイナリーと違い、
ブドウを完熟させる前の、
的確な時期に収穫をしているので、
カリフォルニアのワインにありがちな、
強い果実味を感じないみたいです。
あのアンリ・ジャイエを師と仰いでいるそうなので、
完熟させない自然な作りというのも、
うなずける感じですね。

IMG_1853_20100708204315.jpg
アントワーヌ・シャトレ ポマール 2006

こちら、つい先日開催された、
アキ・ナガオワイン会でも登場していた、
村名ブルゴーニュです。
作り手はブルゴーニュの著名ネゴシアンである、
ラブレ・ロワの系列のネゴシアンです。
飲んでみると、
確かにポマールにしては、
味わいが薄くおとなしい感じですが、
2000円台で買えるのなら、
充分だと思います^^

料理はパスタの登場!
IMG_1855.jpg
北海道産夏野菜とルスツ産もち豚のトマトパスタ~タリオリーニ

このパスタが、
めちゃめちゃ美味しいです!
手打ちパスタは数あれど、
太さ湯で加減が絶妙なんですよねー!
手打ちパスタでありながら、
ぷりっとしていて、
それでいながらもちっとした
食感も楽しめるんです♪
トマトソースも、
パスタやもち豚や夏野菜と絡み、
良いお味です♪
フレンチでいただくパスタも、
素敵です!

ここから濃いワインゾーンです♪
IMG_1857.jpg
ドメーヌ・サンタ・デュック ジコンダス 2007

フランス、コート・ド・ローヌにあるドメーヌで、
あの某○ーカー氏に、
ジコンダスのチャンピオンといわれるほどの、
作り手だそうです。
セパージュは
ググルナッシュ75%、
シラー15%、
ムールヴェドル10%
となっています。
ムールヴェドルって、
あまり聴いたことのない品種ですね^^;
飲んでみるとローヌらしい果実味の濃さが
口に広がります。
個人的にローヌやスペインのワインが得意ではありませんが、
こちらのワインは、濃い中にも旨みがあり、
それほど嫌いな味ではありませんでした^^
トマトのパスタとの相性も良かったです♪

IMG_1856.jpg
テロワール トロ・テンプラニーリョ 2008

こちらはエノテカのオリジナルワインで、
スペインを代表する品種、
テンプラニーニョを使ったワインです♪
上にも書きましたが、
ローヌだけでなくスペインのワインも、
あまり得意ではない私。
こちらもやはり果実味が強く、
濃く感じました。
ブラインドで飲んだときにはニューワールドの、
ボルドー品種のワインかと思いましたが、
テンプラニーニョとの事。
テンプラニーニョにしては、
個人的には飲みやすい印象でした^^

IMG_1859.jpg
エピスを効かせた勇払産鶏のクロカント 百合根のピュレとエストラゴンの香るジュ

この日のメインは、鶏肉でしたー!
鶏肉はとても柔らかくて、
とってもジューシー♪
ソースも濃厚な感じで、
私好みの味でした^^
そこに百合根のピュレが
口休めとして下に敷いてあるので、
口の中をリセットさせながら、
最後まで食べ飽きすることなく、
美味しくいただくことができました^^
まさに赤ワインと一緒に楽しみたい、
そんな一皿でした♪

ここからワインもラストスパートです!
IMG_1860.jpg
シャトー・ガザン 1999

ポムロールの著名シャトーの登場です!
畑はあのペトリュスと隣接しているそうです。
まさに今が飲み頃に差し掛かっているのではという、
力強さと熟成とがせめぎ合っている印象です♪
その力強さから、
ボルドーの左岸を印象しましたが、
右岸だったんですねー^^;
力強さがありながらあまり青臭くなく、
飲みやすかったのは
11年という時のおかげなんでしょうね^^
美味しいワインありがとうございました!

IMG_1864.jpg
ヴィーニャ・エチェベリア メルロー・レゼルヴァ 2005

こちらはチリのメルローです。
ジャパンワインチャレンジで金賞と最優秀チリワインを
受賞したことがあるそうです。
先ほどのボルドーよりも、
こっちの方が柔らかかったので、
ボルドーの右岸と思いましたが、
チリでした^^;
メルロー100%ということで、
柔らかさがあり、
しかもチリのワインという割には、
暑苦しいような果実味の強さも
それほど感じなく、
とても心地よい美味しさでした。

IMG_1865.jpg
ラ・セルヴァ モレリーノ・ディ・スカンサーノ 2007

イタリア・トスカーナのマレンマ地方で
ビオロジックを営む作り手のワインです、
トスカーナを代表する品種である、
サンジョベーゼが90%、
メルローが10%使われています。
飲んでみると
柔らかいのですが、
タンニンもしっかりしており、
ブラインドで飲んだときには正直、
サンジョベーゼが90%も入っているとは
思いませんでした^^;
2006年にDOCGに昇格したという、
モレリーノ・ディ・スカンサーノは
これからますます注目なのかもしれません♪
ちなみにこの地区では、
サンジョベーゼのことをモレリーノと
呼ぶこともあるそうです。


IMG_1866.jpg
シドゥーリ ピノノワール ウィラメットヴァレー 2007

珍しいオレゴンのピノ・ノワールです。
飲んだ瞬間に果実味が強く、
ピノとわかるその味わいは、
ブルゴーニュというよりは、
やはりアメリカのピノという印象です。
さきほどのオー・ボン・クリマが
ブルゴーニュらしい、
酸とミネラルを感じるつくりをしているのに対し、
こちらは果実味勝負といった印象です。
個人的にはブルゴーニュが好きなので、
オー・ボン・クリマのほうが好みですが、
何も考えずに料理と楽しむには、
こちらの方が味わいがわかりやすいので、
こちらの方が楽しめると思います。

IMG_1867.jpg
タイユヴァン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2009

こちらはブラインドでもわかりました♪
グラスを近づけたときに感じるキャンディ香と、
口に入れた瞬間に広がる甘酸っぱさは、
まさにガメイといった感じです。
フランスの有名なレストランである
「タイユヴァン」でセレクトされたという
こちらのボジョレー・ヌーヴォー、
お持ちくださった方の話によると、
すごい高級そうな箱に入っていたそうです。
味わいは、まさにボジョレー・ヌーヴォーといった感じで、
口に甘酸っぱさが広がり、
余韻がそれほど長くありません。
冷やしてグビグビ飲むのによさそうな感じでした。

そして料理の最後がこちら、
IMG_1870.jpg
“フランス生まれのバラ~イヴ・ピアジュのグラス”とグロゼイユのフイユテ、ショコラのチュイル

デザートです♪
綺麗な一皿ですねー^^
なんとこの日のデザートには、
バラの風味をしたアイスがついていました♪
口に含むと、
ほんのりバラの香りが口から鼻に抜け、
程よく甘くさわやかな味わいです。
ワインをたくさん飲んだ後にぴったりな、
さわやかなデザートでした♪

今回15人の参加者で、
IMG_1868.jpg
合計17本のワインを、
楽しんじゃいました♪

初めて参加させていただく会だったのですが、
ご一緒した皆様が、
とても良い方ばかりだったので、
楽しく飲むことができ、
さらに楽しむだけでなく、
ブラインドということで、
いろんな方の意見を聞きながら、
どういうワインなのか考えることができ、
勉強にもなりました^^
また再来月にあるそうなので、
都合が合えば、
また参加したいなぁと思う、
そんな素晴らしい会でした♪
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。