*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 タカヒコ・ソガのブドウの故郷に行ってきました 某ブドウ畑

こんばんはー!
今日はようやく
気温が下がってきましたね。
私の部屋は風が抜けないので、
ここ最近、扇風機が欠かせなかったのですが、
今日はまわさずに寝ることができそうです♪
そして明日の朝、W杯の準決勝がありますよね。
早起きしようか迷い中です(笑)

今日は昨日ご紹介したドメーヌ・タカヒコさんの
後にお伺いした余市のブドウ栽培家さんの様子を
ご紹介します♪
余市には、ワイン用ブドウを栽培している、
栽培家さんが沢山いらっしゃり、
私も何件かお伺いさせていただいているのですが、
今回は、ある思い入れがあり、
去年もお伺いした栽培家さんに行きました。
はっきりいってここのブドウ畑の景色を見たら、
余市のブドウの印象が変わると思います。
そんな素晴らしいブドウ畑を、
一生懸命育てているブドウ栽培家さんの名前は、
「Kさん」といいます。

IMG_0826.jpg

名前 Kさんのブドウ畑
住所 北海道余市郡余市町

※ Kさんは普通のブドウ栽培家さんですので、
   住所等の公開は控えさせていただきます。
   そして、こちらの栽培家さんに限らず、
   ブドウ栽培は普通の農家さんが
   やっていらっしゃるのがほとんどです。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的にはぶどう栽培家さんの所には、
   畑しかありません。仕事場である畑を
   ご好意で見学させてくださってます。
   それを理解したうえで、
   訪問してください。


今回、ドメーヌ・タカヒコさんに
お伺いした後に、Kさんの畑に行きたかったのは、
実はドメーヌ・タカヒコのオーナーの曽我さんが、
今年の春発売した
IMG_5966_20100706211724.jpg
タカヒコ・ソガ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2008

に使われたピノ・ノワールが、
Kさんの畑で栽培されたピノ・ノワールだったからです。
元々ドメーヌ・タカヒコさんにお伺いしたのも、
このワインが美味しかったのがきっかけだったので、
醸造した曽我さんに続いて、
ブドウを栽培したKさんの畑にも行きたかったんです。
そこで前もってKさんにお願いしたところ、
快くOKしてくださったので、
お伺いしてきましたー!

Kさんの畑で栽培されている品種は、
去年までピノ・ノワール、ケルナー、
そして山葡萄でした。
そのうちピノ・ノワールとケルナーは、
中央葡萄酒千歳ワイナリーでワインになっています。
そして山葡萄に関しては、
ぶどうジュースに使われていたそうですが、
今回お伺いしてびっくり!
IMG_0825.jpg
なんと山葡萄が植えられていた部分が無くなり、
新しい苗木が植わさっていたんです!!
Kさんに話を聞くと、
こちらの苗はなんとシャルドネとの事。
ピノ・ノワールは余市で少しずつ広まってますが、
正直シャルドネはまだあまり広がりを見せていません。
そんなシャルドネを栽培するなんて、
これからが楽しみですね!
実はもうこのシャルドネの行き先は決まっていて、
めちゃめちゃ楽しみなワインになりそうなのですが、
まだちょっとシークレット。
時期がきたらまたご紹介しますね♪

続いて見せていただいたのが、
先ほどもご紹介した、
タカヒコ・ソガのピノ・ノワールの原料となった、
IMG_0823.jpg
ピノ・ノワールの樹です。
今年も誘引が終わり、
毎日元気に成長しているそうです。

その証拠に樹には、
IMG_0828.jpg
花のつぼみが沢山なっていました♪
もう少ししたら開花して、
受粉するんですね。
この花から、沢山のブドウが収穫できるのを、
お祈り申し上げます。

そして続いて見せていただいたのは、
IMG_0832.jpg
ケルナーの畑です。
ケルナーは例年に比べると、
ちょっぴり病気の影響が出ているそうです。
やはり人工的に交配して作られた品種だから、
ピノ・ノワールなどに比べて、
病気に弱いんですかねー^^;
余市のケルナーはめちゃめちゃ美味しいので、
ちょっぴり心配しちゃいます。。。
何事も無いことをこちらも、
お祈り申し上げます。

ケルナーも古い木が沢山あり、
IMG_0833.jpg
このような大きな幹のものも
沢山ありました。
樹齢を重ねるごとに、
ブドウがなる量は少なくなるそうですが、
その分凝縮したブドウができるそうなので、
こうした古い樹も大事に育てているそうです。

こちらのケルナーの樹にも、
IMG_0834.jpg
ピノ・ノワールと同じように、
花のつぼみが沢山付いていて、
今や遅しと開花のときを待っている状態でした。
こちらも無事に受粉して、
沢山のブドウがなると良いですね。

この日は急に霧が出てきて、
畑一面眺めることはできませんでしたが、
それでも霧の隙間から見える、
畑の景色は、
本当に日本にはいないみたいです。
ご一緒した方も、
その景色の雄大さに感激してくださり、
とても喜んでくださいました。
ぜひワインを飲む方には、
一度見に着て欲しい景色ですー!
本当にヨーロッパの畑に
来ているようですよ♪

ただ、訪問する際には、
勝手に訪問するのではなく、
必ず先方の許可を取ってから、
訪問してくださいね♪
せっかくこうして見せてくださっているのに、
一部のマナーの悪い方のせいで、
見せていただけなくなるのは、
非常に悲しいことですので^^
ご協力よろしくお願いします!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。