*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 マニアックな世界のワイン選手権開催しちゃいました^^ なまらや

こんばんはー!
今日は日曜日、
久しぶりに家で、
ゆっくりしています。
ゆっくり過ごす休日も
たまには良いですねー!

今日は毎月開催している、
私が主催しているワイン会の様子を
ご紹介します♪
札幌で開催することが多いのですが、
地元小樽でも開催したいということで、
今は3ヶ月に1度は小樽で開催しています♪
地元小樽の方はもちろん、
札幌からご参加くださる方も沢山いらっしゃり、
本当に感謝感激です。
ありがとうございました。
そんな小樽で開催したワイン会、
テーマはずばり、
「マニアックな国のワイン選手権」
です。
フランスやイタリアといったメジャーな国以外でも、
ワインは造られています。
そんなマニアックな国のワインを集めて、
みんなで1位を決めちゃおうということで、
企画しちゃいました^^
ご参加いただいた方からも
多くのマニアックな国のワインを
持ち寄っていただき、
とても楽しい会となりました。
そんなマニアックな企画に賛同していただいた
お店の名前は、
「なまらや」さんです。

IMG_0840.jpg

名前 なまらや
住所 北海道小樽市花園3-6-6
電話 0134-61-7930
時間 昼 12:00~14:00ラストオーダー
   夜 17:00~22:00ラストオーダー
休み 日・月曜日
HP http://www.geocities.jp/gitagan/

なまらやさん、
この日は休みにもかかわらず、
IMG_0841.jpg
貸切でお店を開けてくださいました。
本当にこうした皆様のご協力のおかげで、
ワイン会が開催できます。
本当に皆様、
ありがとうございます!
そして今回、
主催者だったにもかかわらず、
遅刻をしてしまったこと、
心からお詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

それではここから、
いただいた料理とワインをご紹介します。

まずはマニアックな国の泡飲み比べ、
3種類です!
IMG_0844.jpg
スーラ・ヴィンヤード ブリュット メトッド・シャンプノワ N.V (インド)

記念すべき一本目は、
インドの泡です!
品種はトンプソン・シードレス(サルタナ)60%、
シュナン・ブラン40%
となっており、
シャンパンと同じ瓶内二次発酵で、
作られています。
トンプソン・シードレスという品種、
聞いたことがないので調べてみたところ、
アメリカで1876年、
スコットランド移民のウィリアム・トンプソンが作出した品種で、
当初はレディ・ディカバリーと呼ばれていたそうです。
ワインの原料のほか、
生食用としても使われており、
特にカルフォルニアで生産される
干し葡萄の9割以上は、
こちらの品種が使われているそうです。
そんなブドウが使われたこちらのスパークリング、
インド版のオリエント・エクスプレスや、
五つ星のホテルなどに採用されていて、
インドのドンペリとも言われているそうです。
味わい的には今までに感じたことのないような、
不思議な味わいです。
特に余韻に感じた香りと味わいは、
初めて飲んだ感じでした。

IMG_0847.jpg
ナイティンバー クラシック キュベ 2003 (イギリス)

続いてはイギリスの瓶内二次発酵の
スパークリングです。
漫画「ソムリエール」の1巻でも登場していて、
気になっていたスパークリングなんです。
この2003ヴィンテージは、
イタリアで開催されたコンクール、
「ボリチーネ・デル・モンド」でシャンパーニュを抜いて、
見事金メダルを受賞しているそうです。
詳しくはこちらをご覧ください^^
ブドウ品種は、
シャルドネ60%、ピノ・ノワール23%、ピノ・ムニエ17%
といったシャンパンと同じ品種を、
すべてイギリスの自社畑で栽培されているそうです。
香りはまさにシャンパンといった感じで、
ふくよかなイースト香を感じ、
飲むと、シャルドネの比率が高いということで、
ほっこりした感じというよりは、
綺麗な味わいをしており、、
6年間瓶熟成された後に
出荷されているだけあり、
程よい熟成感を感じました。

IMG_0852.jpg
クリコヴァ スパークリング クラシック ブリュット N.V (モルドヴァ)

最後の泡は、
モルドヴァの泡です!
初めて宇宙に行ったガガーリンが、
こちらのワインが大好きで、
飲みすぎて酔いつぶれたエピソードがあるぐらい、
美味しいそうです。
こちらのスパークリングもシャンパンと同じく、
瓶内二次発酵でつくられており、
品種もシャンパンと同じ、
シャルドネとピノ系とのことです。
こちらははじめかなり泡が強かったのですが、
時間と共に泡の勢いが無くなりました。
花のような香りと共に、
酸が柔らかい味わいで、
全体的にはかなげなを感じでした。

そんな泡と一緒にいただいた、
料理たちです!
IMG_0843.jpg
スパニッシュオムレツ
茄子バルサミコマリネ
カリフラワーマリネクミン風味
グルジア風ほうれん草サラダ
ラタトゥイユ

5種類どれも美味しいですー!
なまらやさんの料理は、
目も覚めるような美味しさではなく、
なんだかほっとする美味しさで、
ワインと合うんですよねー!
私の大好きなラタトュイユも、
もちろん美味しかったのですが、
今回はグルジア風ほうれん草サラダが、
ワインとの相性もよく、
とっても美味しかったです!

続いて2皿目は
IMG_0842.jpg
黒ガレイのカルパッチョ
南蛮えびのタブナートソースあえ

お魚を使った前菜2品!
どちらも初めて食べましたが、
とっても良いです!
黒ガレイも鮮度良く酸味が効いているので、
白ワインが進みます。
そして南蛮えびも、
タブナートソースがとっても美味しいー!
やはりワインのお供に最高でした♪

ここで登場、
IMG_0845.jpg
パン

パンです!
ラタトュイユを上に載せたり、
タブナートソースをつけたりすると、
美味しい~!!
やっぱりパンは、
今回みたいに早く出して欲しいですよね♪

さてワインは白ワイン部門です!
o0800106710597907358.jpg
サイアムワイナリー モンスーンバレー・ブラン 2007 (タイ

タイの白ワインです!
なんとあのパーカーポイントで、
86点をとっています。
品種はタイの土着品種である、
マラガブランという品種を主体に、
コロンバードがブレンドされています、
香りはあまりたたずに、
色もなんだか薄い感じです。
飲んでみると、
こちらも今まで飲んだことのない味。
もわっとした味わいで、
誰かがほこりっぽい感じとおっしゃってましたが、
まさにそんな感じだと思います。
酸とか果実味など、
通常ワインを飲んだときに感じる感覚が、
フィルターされているような感じでした。
ちなみにこちらの写真撮り忘れていたので、
Tomoさんからいただきました。
Tomoさんありがとうございました!

料理はお肉の前菜です♪
IMG_0850.jpg
ホルモンテリーヌ
白レバームースのテリーヌ
ローストビーフ

わーい!私の大好きなホルモンテリーヌ。
やっぱり食感が楽しく、
味もしっかりしていて美味しいです!
レバームースのテリーヌも、
ワインと一緒に食べると、
たまりません!!
ローストビーフもとっても、
柔らかくおいしかったです。

サラダです!
IMG_0854.jpg
蝦蛄と緑のサラダ

なんとこの時期旬だった、
小樽の蝦蛄です!
これにはみんな大喜び♪
なまらやさんのお二人、
粋なものを用意してくださり、
ありがとうございます!
もちろん味は美味しく、
緑のものも取りたかったころなので、
大満足でした!

続いてマニアックな国のシャルドネ対決。
IMG_0853.jpg
ヴァルダルスカ シャルドネ N.V (マケドニア)

まずはマケドニアのシャルドネ。
ネットで調べましたが、
あまり生産者の情報は出ていません^^;
香りは柑橘系の香りを若干感じますが、
それほど強くありません。。。
そして飲んでみると、
少し飲み頃すぎていた?
酸味はありますが、
ほかに味わいが特にありません^^;
特に印象に残らない味でした。

IMG_0855.jpg
カーサ・マデロ シャルドネ 2004 (メキシコ)

こちらはメキシコのシャルドネです。
1597年創業というメキシコだけでなく、
南北アメリカ大陸の中で、
最老舗ワイナリーだそうです。
こちらのシャルドネは、
メキシコの高級ワインブドウの産地である、
パラスヴァレーという場所で、
栽培されたブドウが使われているそうです。
まずグラスを近づけた瞬間に、
樽香を強く感じます。
これまで飲んだワインには
なかったテイストです。
口に含むと、樽香と共に、
果実味ががつんと感じます。
カリフォルニアやチリなどにありそうな
インパクトの強いワインでした。
個人的に美味しいなぁとおもいました^^

そしてこの日1番の
おもしろ白ワインの登場です。
IMG_0856_20100620050503.jpg
名護パイナップルワイナリー ラグリマ・デル・ソル N.V (沖縄)

なんとパイナップルを使って作ったワインです。
これをワインといってよいかは微妙ですが、
みんなこちらのワインに大盛り上がり♪
楽しませていただきました。
パイナップルのワインなのに、
やや辛口と書いてあったので、
どんな味かと思いましたが、
飲んでみるとやっぱり甘かったです^^;
酸味と甘味はまさにパイナップル、
パイナップルの缶詰の汁のような感じでした♪

続いてこちら、
IMG_0857.jpg
モヴィア ルナー 2007 (スロベニア)

スロベニアの白です!
スロベニアってどこにあるの?
と思いましたが、
イタリアの横にあるんですねー^^
実は以前私の家でワイン会の二次会をしたときに、
参加してくださったjunさんが
同じ作り手のスパークリングを
持ってきてくれたんですよねー!
その味が参加した方に大好評だったので、
今回もとても楽しみでした♪
こちらのワインは、
ブドウの粒をそのまま地中に埋めた容器にいれて、
その粒の自重で粒がつぶれて出たフリーランジュースを、
そのまま自然酵母で発酵させるそうです。
もちろんSO2も無添加とのことで、
まさに自然派の作りとなっています。
濁りのある濃い黄金色をしている、
こちらのワイン。
味わいはちょっと独特、
酸味と共にミネラルを感じ、
さらに白ワインなのですが、
果皮の渋みというものを感じます。
その渋みが味に深みを与えてくれます。
そしてそうした味わいが、
全体的にまろやかな味わいとなっているので、
スーッと飲めちゃいます。
好き嫌いが出そうな味わいですが、
個人的には今回1番のワインでした♪

料理は温かい前菜
IMG_0859.jpg
ノーザンレッドのブルーチーズ風味クリームあえ
いろんな豆のマサラいため
ホワイトアスパラオリーブオイルとレモンマヨ
茄子とイワシ、チーズの重ね焼き

こちらもまさにワインと共に、
味わいたい!
そんな料理たちです。
ノーザンレッドのブルーチーズ風味クリーム和えが、
ブルーチーズのコクと癖が、
ノーザンレッドに絡まり、
たまりません!
美味しいですねー!
もちろん旬のホワイトアスパラも、
さっぱりといただくことができ、
美味しかったですー!

ワインは続いて、
今回唯一のロゼです!
IMG_0860.jpg
ジャン・ポール・リュダン ウイユ・デュ・ペルドリ ヴァランタン 2007 (スイス)

こちらはなんとスイスのロゼです!
フランスのジュラ地方と接している、
スイスのヌシャテル州にある
クレシエという街にあるワイナリーです。
ピノ・ノワールを短い時間醸し発酵させた後に、
プレスしてロゼにしているそうです。
味わいはまさにチャーミングなピノ♪
チェリーのような甘酸っぱさを感じます。
接しやすい味わいで、
素晴らしいロゼだと思います♪

料理はパスタを出していただきました♪
IMG_0863.jpg
甘栗と自家製スモークチキンのトマトクリームパスタ

パスタに甘栗なんて、
すごい組み合わせですよねー!
食べてみると、
その甘栗の甘さとスモークチキンの感じが、
見事なハーモニーとなり、
めちゃめちゃ美味しいです。
トマトクリームも、
しっかりした味付けになっていて、
やはりワインと一緒に楽しみたい!
そんな一皿でした。

いよいよワインも後半、
赤ワインの登場です!
まずはピノ対決ということでこちら、
IMG_0864.jpg
レヌ・ディドン ピノ・ノワール 2007 (チェニジア)

なんとアフリカ北部の国、
チェニジアで作られたピノ・ノワールです!
こちらのワインは、
チェニジアの中でもワインの生産が盛んで、
グラン・クリュ、プルミエ・クリュと呼ばれる畑がある、
モナルグ地域で栽培されたピノ・ノワールが使われています。
収量が20hl/haという少なさで、
この少なさはロマネ・コンティ並みだそうです。
香りはピノっぽいベリー系なすっぱさを感じます。
口に含むと、
めちゃめちゃ濃厚で力強いです。
ニューワールドのピノという感じで、
強い味わいが口に残ります。
繊細なブルゴーニュのピノとは違いますが、
まだまだ若く力強いので、
熟成させても面白いかもしれませんねー。

IMG_0865.jpg
プルカリ ピノ・ノワール 2006 (モルドヴァ)

こちらはモルドヴァのピノです♪
フランス産の樽を使って、
樽熟12ヶ月させた後、
さらに瓶熟させた後に出荷されているという、
こちらのピノ。
チェニジアに比べるとこちらの方が、
ブルゴーニュのような柔らかさとふくよかさを
もっていました。
味わいはミネラルと共に、
土っぽい独特な味わいがあり、
個性的な感じでした。

そしてすごい古酒の登場です。
IMG_0866.jpg
カーヴェス・ド・キャサリーニョ オーロ・ヴェーリョ 1983 (ポルトガル)

ポルトガルの赤ワインですが、
まずそのボトルの形状に目が行きます。
実はこちらのボトルは、
古いワインのようになっていますが、
実は人工的に地下のワイン蔵から出てきたイメージを出すのに、
泥をスプレーで吹き付けてあったり、
中世の変形瓶をかたどったりしているそうです。
考えてますよねー!
品種はトウリガ、ナシオナル、ティンタ、ロリスといった
聞いたことのない土着品種が使われています。
正直27年も前のワインということで、
飲めるかどうか心配でしたが、
普通に飲めます、
というか熟成好きな私にとっては、
結構好みの味でした。
酸もまだ残っており、
そこに醤油のような味わいもあり、
良かったです♪

料理もいよいよ最後、
お肉のメイン料理の登場です!
IMG_0867.jpg
豚肩ロースの真空調理 きのこのソテー添え

すごいボリュームですよねー!
これまで出すでに結構おなかいっぱいでしたが、
こちらをいただくと本当におなかがいっぱいになりました♪
真空調理された豚肩ロースは、
めちゃめちゃ柔らかく、
濃いソースと絡まって、
赤ワインがどんどん進みます!
私は肉好きなので、
めちゃめちゃ美味しくいただいちゃいましたー!

ワインはまだまだ続きます!
IMG_0868.jpg
ベッサ・ヴァレー・ワイナリー エニーラ 2006 (ブルガリア)

こちらはブルガリアのワインです♪
品種はボルドータイプのセパージュで、
メルロー80%、カベルネ・ソーヴィニョン10%、シラー10%と
なっています。
こちらのワイナリーは、
ボルドー右岸で素晴らしいワイナリーを複数持っている、
ステファン・フォン・ナイペルグ伯爵が、
ブルガリアのブドウのポテンシャルに目をつけ、
ブルガリアに設立されたそうです。
飲んでみると、
確かにボルドータイプのしっかりした味わいなのですが、
それとともにブルガリアという名前から
そう感じたのかもしれませんが、
どこか乳酸系の味わいを感じます。
ですので若いビンテージでも、
美味しく飲むことができました^^

IMG_0870.jpg
クルタキルス クーロス・ネメア 2005 (ギリシャ)

こちらはギリシャの赤ワインです。
クルタキルス社は、
1895年にアッティカのマルコポーロに創設され、
いまやギリシャの最大手のワイナリーとなっています。
アギオルギティコというギリシャの土着品種で
造られたこちらのワインは、
「ヘラクレスの血」と呼ばれています。
味わいは果実の甘味とやわらかいタンニンが、
深く感じられて、美味しかったです♪

IMG_0871.jpg
スーラ・ヴィンヤード ディンドリ リザーヴ シラーズ 2007 (インド)

最初の泡と同じ作り手の
プレミアム赤ワインです。
リアルワインガイドにいぶりがっこみたいと
書いてあったのでどんな味わいか
気になってましたが、
普通に美味しいです。
品種は得意ではないシラーズでしたが、
それほど濃厚すぎず、
独特な味わいがあるので、
面白く飲み進めることができました、

そしてデザートとして、
今小樽で応援しているお店のものを
用意しました♪
IMG_0873.jpg
ル・キャトリエム ティラミスロール

小樽で有名な美園アイスクリームの息子さんが
新しく始めた洋菓子屋さんの、
ティラミスロールです。
甘さ控えめでほろ苦い味わいは、
大人のスイーツといった感じで、
美味しかったです♪
運河沿いに路面店があり、
2階がカフェになっているので、
運河散策の休憩として、
ぜひ使ってみてくださいねー!

そんなデザートと合わせたワインがこちら、
IMG_0872.jpg
キンズマラウリ サペラヴィ N.V (グルジア)

TV「笑ってこらえて」にも登場した、
グルジアの赤ワインです。
まずボトルが陶器でできていて、
とってもおしゃれですよねー!
スターリンが愛したワインといわれており、
第二次世界大戦末期に開催されたヤルタ会談において、
各国首脳に振舞われ、
イギリスのチャーチル首相も絶賛したそうです。
品種はサペラヴィという土着品種が、
使われています。
甘口と聞いていたのですが、
飲んでみると確かに果実の甘味はありますが、
酸がしっかりしているので、
それほど甘く感じません。
タンニンも柔らかく、
冷やしてグビグビ飲んでもよさそうな、
そんなワインでした^^

IMG_0874.jpg
スーラ・ヴィンヤード レイトハーベスト シュナン・ブラン 2009 (インド)

三度登場のインド、
スーラ・ヴィンヤードのワインです
遅摘みのシュナン・ブランを使った、
甘口ワインです。
ステンレスタンクが85%使われており、
残り15%は樽が使われているそうです。
飲んでみると、まさに遅摘みの甘口といった感じで、
さわやかな蜂蜜のような甘さとほんのりとした苦さがあります。
1000円しない値段でこの味わいは、
個人的にはかなり有りだと思います。
今回インドワイン3本飲みましたが、
個性的な味わいも確かにありましたが、
それぞれなかなかの味わいでした♪
今度インドワイン会やろうかなー(笑)

ということで、
今回も参加者が素敵なワインを
持ち寄ってきてくれたおかげで、
IMG_0878.jpg
12人で17本飲んじゃいました♪
沢山飲みましたねー^^
参加された皆様、
次の日は大丈夫でしたでしょうかー?(笑)

そうして無事にワイン会も終了し、
皆様それぞれ家路に帰っていきました^^
今回のワイン会は、
地元小樽の方もいらっしゃいましたが、
札幌から来てくださった方も多く、
遠くは岩見沢から来てくださった方も
いらっしゃいました。
本当にこのようなマニアックな会に、
参加してくださった一人ひとりに、
感謝感激です♪
ありがとうございました。

そしてみんなが帰った後、
後片付けをして、
その後は残ったワインを、
なまらやさんのお二人と3人で
反省会ということで、
飲んじゃいました^^

するとなまらやさんから、
IMG_0879.jpg
前菜盛り合わせ

今回の料理で余ったものを盛り合わせで
用意してくれちゃいました^^
お疲れのところこんな素敵な盛り合わせを
用意してくださり、
本当にありがとうございました。
もちろんどの料理もやっぱりめちゃめちゃ美味しく、
ワインと合わせて美味しくいただきました♪

そしてさらに、
今回のお礼ということで、
IMG_0880.jpg
チョコレートケーキ

なまらやさんが作ったチョコレートケーキを
ご馳走になってしまいました^^;
お礼を言わなくてはいけないのは、
私の方なのに、
そこまで気を遣ってくださり、
本当に私は幸せ物です。
チョコレートケーキは、
密度が濃く、
味わいもとっても濃厚で、
ワインを沢山飲んだ後の締めに、
ぴったりでした。
なまらやさん、
今回もお休みの日にもかかわらず、
お店を開けてくださり、
素晴らしい料理を提供してくださり、
本当にありがとうございました。

先ほどもチラッと書きましたが、
ワイン会は一人では開催することができません。
ご参加してくださる方、
会場として利用させていただくお店。
そして飲むワインを造っている方々のおかげです。
本当にいつも感謝感激です。
ありがとうございます!!
これからも急がずあせらず、
月に1回ペースで開催していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします!

今回のワイン会のことを、
ご参加いただいたさんさんとTomoさんが
ブログに書いてくださいました。
ぜひそちらもご覧になってくださいー!
さんさんのブログ
Tomoさんのブログ
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。