*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 松原農園のアスパラとワインを楽しむ会を開催しちゃいました コム・シェモア

こんばんはー!
今日はめちゃめちゃ暑かったですねー^^;
そんな暑い中、
ゴルフの予定だった私は
急遽仕事となり、
予定をキャンセル。。。
お誘いくださっていたさんさん、
申し訳ありませんでしたT_T

今日は昨日ご紹介した、
ぷち悦の会の2日後に、
急遽開催したワイン会の様子を、
ご紹介します。

私が大好きな葡萄の作り手さんである、
松原農園さん。
松原農園さんのワインは、
どんな料理ともあわせやすく、
まさに料理と楽しむワインとして、
我が家の定番になっているのですが、
実はこの時期限定で、
葡萄以外のものを作っているのです、
今回はその葡萄以外に作っているものと、
松原さんの新酒をマリアージュさせようということで、
急遽お店にお願いして、
食材を持ち込んでの
ゲリラワイン会を開催しちゃいました。
そのわがままなお願いを聞いてくださった、
お店の名前は、
「コム・シェモア」さんです。

IMG_0689.jpg

名前 コム・シェモア
住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目仲通り
電話 011-252-6666
時間 ランチタイム 11:30~14:30
ディナータイム 17:00~23:00(L.O. 22:00)
休み 日曜日
HP  http://www.sanshusha-grp.com/comme/index.html

松原農園さんが、
この時期にしか作っていないものというのは、
こちらです!!
IMG_0670.jpg
ふきです!
というのは冗談で、
今回松原さんにアスパラをお願いしたところ、
こんな素敵な蕗で包んでくださいました^^
なんかとなりのトトロで、
トトロがさつきとメイにプレゼントした
木の実を包んでいた葉っぱみたいで、
とってもかわいらしかったです♪

肝心のこの時期作っているというのは
こちらなんです、
IMG_0671.jpg
グリーンアスパラ

そうです!
アスパラなんです♪
アスパラ星人な私。
いつか食べてみたいと思っていましたが、
今年ついにお願いしちゃいました^^

松原さんのアスパラは、
葡萄同様、化学肥料や化学農薬は一切使わず、
農薬はビオロジックでも認められている、
ボルドー液だけを使い、
その回数も、収穫後の育成株にのみ、
一回使うだけなんです。
そんな健康的に育てられたアスパラを
この会の前日に収穫していただいて、
私がその日のうちにお店に運びました^^

ちなみに松原農園さんのワインとアスパラを買うと
IMG_1310.jpg
いつもおなじみ松原農園便りの最新号と共に、
ワインを買った方だけにもらえる号外、
そしてアスパラについての説明書きが付いてきます♪
こうした細かい配慮がとってもうれしいですよねー!

さらにアスパラの説明書きの裏には、
IMG_1311.jpg
松原さんが手書きで書いた、
特製地図が付いています^^
松原農園さんは結構わかりにくい場所にあるので、
この地図は助かります!
次回行くときには、
迷わずいけそうです♪

そして会場となるコム・シェモアさんでは、
IMG_0693.jpg
いつもながら素晴らしいテーブルセッティングが、
すでに完成していました!!
ワイングラスが並ぶさまは、
まるで龍のようです(笑)
これだけのグラスを用意してくださり、
感謝感激です!

IMG_0692.jpg
ワイングラスが9つもあり、
さらにメニューまで用意してくださって、
いつでも準備万端です。
私も先ほどご紹介した松原農園だよりと、
アスパラの説明書きを人数分コピーして、
皆様にお配りさせていただきました。

と、いつもでしたら最初の料理とワインが
登場するのですが、
この日は何か違います。
なんといきなり、
IMG_0695.jpg
古田シェフが、
白い物体を持って登場です。
なんと今回のために塩釜を
作ってくださったそうです!
突然のお願いだったにもかかわらず、
ここまでしてくださり、
本当に頭が上がりません^^

その塩釜を古田さんの手で、
IMG_0698.jpg
早速割っていきます!
割った瞬間から湯気が出てきて、
アスパラの甘い香りが広がります^^

すると中から、
IMG_0703.jpg
緑色の綺麗なアスパラが顔を出しました^^
全部ここで割っても良いのですが、
時間をかけすぎるとぬるくなるということで、
お披露目はここまで♪
古田シェフと共に、
厨房に戻っていきました^^

というわけで待っている間に、
乾杯です!
IMG_0708.jpg
十勝ワイン ブルーム・ロゼ N.V

道内ワイナリーで、
唯一シャンパン製法(瓶内二次発酵)で作られた、
スパークリングです。
清見を主体に作られたこちらのスパークリング、
きめ細かい泡を口に感じながら飲むと、
酸がしっかりしていて、
旨味も口に広がります。
すっきりというよりはほっこりした味わいは、
めちゃめちゃ美味しいのですが、
1品目の料理が淡い味わいだったので、
マリアージュ的にはちょっと失敗でしたT_T
サッポロワインさんや北海道ワインさんの
ケルナースパークリングの方が良かったかも^^;

そして料理も一品目が登場です。
IMG_0706.jpg
松原農園さんのアスパラのスープ

こちらも松原さんのアスパラを使った、
アスパラのスープです!
色がなんともいえない淡い緑で、
素敵ですねー♪
味わいも青臭いところがまったくなく、
ほのかにアスパラの甘さを感じる、
さわやかな味わいです。
なによりスープがめちゃめちゃ滑らかで、
のどに引っかかるところがなく、
美味しかったですー!

続いていよいよあの料理の登場です!
IMG_0711.jpg
松原農園さんのアスパラの塩釜焼き ベアルネーズソース
松原農園さんのアスパラのパークブリック包み エスカルゴバター風味

塩釜から出されたアスパラは、
酸味の効いたベアルネーズソースとともに
提供されました!
アスパラをそのままいただくと、
想像通りの甘さとみずみずしさで、
大感激!!
やっぱり美味しいですねー^^
そしてソースと絡めて食べると、
甘さと酸味が口の中で融合し、
なんともいえない美味しさです!
そしてもうひとつのパークブリック包みの方も、
パークブリックにナイフを入れた瞬間に、
アスパラの甘い香りが広がります。
エスカルゴバターのかかった部分を食べると、
濃厚なバターの風味とアスパラの風味が、
とっても美味しいです!
まさにフレンチといった素晴らしい料理でした^^

そして余ったソースには、
IMG_0716.jpg
パン

やっぱりパンをつけていただいちゃいます!
コム・シェモアさんのパンは、
ソースにつけて食べるのにぴったり♪
素晴らしいです!!

そんな松原さんのアスパラと合わせる
ワインはもちろんこちら!
IMG_0713.jpg
松原農園 ミュラートゥルガウ 2009

松原農園さんで去年収穫されたミュラートゥルガウを使い、
北海道ワインさんで委託醸造された新酒です。
2009年は収量も少なく、
大変な年だったそうですが、
ワインはそんなことを感じさせない素晴らしさです。
松原さんのワインらしい綺麗な酸味が、
アスパラとの相性ばっちりです!
例年に比べると香りが強く、
華やかな感じでした^^
酸も強すぎず、今から秋ぐらいが飲み頃なのでは?
と思いました^^

そしてもう一本、
こちらです!
IMG_0717.jpg
松原農園 ミュラートゥルガウ 2008

同じ松原さんのミュラートゥルガウの
バックヴィンテージです。
今回松原さんに譲っていただきました^^
2008ヴィンテージには、
去年も何度もお世話になりました♪
お酒の感想でもご紹介しましたね。
1年経ちかなり酸がまろやかになり、
味わいがおとなしくなって、
香りも華やかさをあまり感じません。
好みもあるかと思いますが、
私はリリースした年に飲むのが、
やっぱり一番美味しいなぁと思いました^^

料理は魚料理の登場です。
IMG_0720.jpg
ホッキのグリエと平目のポワレ 浅利とトマト、バジルのブールブランソース

私の大好きな、
古田シェフのブールブランソース!
今回はスペシャルバージョンで、
浅利とトマトとバジルが入っています♪
普通のブールブランソースよりも、
酸味と魚介の風味がして、
初夏にぴったりという感じです!
ひらめのポワレも火加減がちょうど良く、
ホッキも程よい食感が楽しめます!
やっぱり古田シェフの魚料理は、
最高ですね!

そんな美味しい魚料理に合わせたワイン2種類、
まずはこちら、
IMG_0718.jpg
宝水ワイナリー リッカ・ケルナー 2006

宝水ワイナリーさんのケルナーです。
前々日にぷち悦の会で、
千歳ワイナリーの熟成したケルナーを飲んで、
急にラインナップに加えてみました。
宝水ワイナリーさんの畑のケルナーと余市のケルナーが
使われたこちらのワイン。
宝水ワイナリーさんのワインは綺麗な味わいが印象的でしたが、
熟成したからか、
味わいがはっきりしてきて個性を感じます。
石油香も強くはありませんが出ていて、
宝水ワイナリーさんのイメージが少し変わりました^^
ブールブランソースとの相性も、
良かったと思います^^

そしてもう一本がこちら、
IMG_0721.jpg
中澤ヴィンヤード クリサワブラン 2007

ご存知岩見沢市栗沢でブドウ栽培をしている、
中澤さんの葡萄を使って、
ココファームさんが醸造している栗沢ブランの
バックヴィンテージです!
1年に1本経過観測のためあけていたので、
今年は今回出してみました。
うーん、こちらも想像と違います^^;
以前飲んだときのような華やかさがなく、
味わいも小さくまとまっている感じです。
温度を上げてくると香りからゲヴェルツの要素が出てくるのですが、
それにしても弱い味わいです。
もしかしたら、私の保管状態が悪かったか、
若干休眠期に入ってしまったのかもしれません。。。
中澤さんに申し訳ない感じでした。

料理はお肉料理です!
IMG_0724.jpg
道産牛のフィレ肉の野菜サンド、パンチェッタ巻き 赤ワインソース

こちらはなんと、
野菜を使ったサンドイッチです!
野菜と野菜の間に柔らかい道産牛が入っていて、
赤ワインソースとの相性が抜群です!
お肉だけでなく野菜も食べることができ、
とても幸せな一皿です♪
パンチェッタも良い味を出していて、
幸せな気持ちになりました^^

そんな美味しい道産牛に合わせたワインはこちら、
IMG_0729.jpg
タカヒコ・ソガ ヨイチ・ノボリ キュムラ ピノ・ノワール 2008

こちらも今年話題になった、
余市のドメーヌ・タカヒコの曽我さんが、
買い葡萄で作ったワインです。
葡萄は以前ご紹介した、
あの方の畑の中でも、
特に樹齢の高い場所のものが使われています!
今回、コム・シェモアさんの松村ソムリエと、
いつも美味しいワインを飲んでいるヤックリュさんに、
ぜひ飲んでみて欲しいと思い、
飲み頃には早いといわれていますが、
持ってきちゃいました。
飲むと道産ピノらしいやさしい味わいなのですが、
そこに茎の味のような複雑さを感じます。
余韻もじわっと口に残りました^^
全房発酵だからこうなったのでしょうか?
ヤックリュさんもかなりこちらのワインを
気に入ってくださったみたいで、
急遽一緒に畑に行くことが決まったぐらいでした♪
まだ内に数本あるので、
何年後にあけるか考えちゃいます^^

と、ここでメニューになかった一皿が、
IMG_0731.jpg
ブルーチーズ

曽我さんのピノ、そしてこの後に出てくるワインのためにと、
松村さんが気を利かせて出してくださいました、
まさに赤ワインのお供にぴったりというブルーチーズは、
添えられている蜂蜜をつけて食べると、
また味わいが変わり、
とってもおいしかったです!

そして続いてもみんなに飲んで欲しくてもって来たワインです。
IMG_0730.jpg
山崎ワイナリー ツヴァイゲルト・レーベ ノンフィルター 2008

山崎ワイナリーさんが今年ワイナリー限定で発売した、
ステンレスタンクを使って作ったツヴァイを
ノンフィルターで仕上げた一本です。
先日レセプションで参加した、
ぴあっとさんに持参して、とても美味しかったので、
こちらにも持ってきちゃいました!
山崎ワイナリーさんのワインといえば、
酸が結構しっかりしているので、
好き嫌い分かれるのですが、
こちらはその酸がほど良いバランスなんです!
これにはほかの参加者もびっくりしてました、
口に含んだ瞬間、ぴりっと舌に刺激があり、
そして柔らかいタンニンと共に
乳酸系のようなテイストも入っているこちらのワイン。
売り切れる前に後数本仕入れておけばよかったなぁと
思いました^^

そんなできたそのままの自然的なツヴァイと比較するために、
用意した最後の一本がこちら、
IMG_0737_20100620045729.jpg
北海道ワイン おたるヴィラージュ・ヌーヴォー ツヴァイゲルト・レーベ 2009

北海道ワインさんが昨年、
コープさっぽろさんと組んで販売し、
発売前に予約完売したという
ツヴァイゲルト・レーベのヌーヴォーです。
なんとボジョレーヌーヴォーと同じように、
二酸化炭素を使ったマセラシオンカルボニック法で、
作られているそうです。
北海道ワインさんにはマセラシオンカルボニック法用の
専用タンクはないので、
セミマセラシオンカルボニックといった感じでしょうか?
口に含むと、若干の青臭さは感じるものの、
甘さの残る味わいとなっており、
色味共に良く引き出されています。
個人的な印象ですが、
マセラシオンカルボニックで赤ワインを作ると、
どの品種もボジョレーヌーヴォーのような
味わいになるような気がします^^;
熟成による伸びしろはあまり感じませんが、
イベントとしてヌーヴォーを楽しむには、
良いかもと思いました。
そして、後もう少し安くなるといいなぁとおもいます。

続いての料理はコム・シェモアさんで珍しいパスタです!
IMG_0739_20100620045729.jpg
旬菜のクリームパスタ

えびがゴロンゴロンと入った、
クリームパスタ♪
クリームがとっても滑らかで、
魚介の風味も溶け込んで、
ワインとよく合います。
それほど濃厚ではないので、
料理の最後として食べても、
ももたれることなく
いただくことができちゃいます!
コム・シェモアさんのパスタ、
面白いですー!

料理はデザートの登場♪
IMG_0743_20100620045805.jpg
ヨーグルトムース フレッシュパッションフルーツのソルベ添え

ヨーグルトのムースは、
ちょっぴり酸味が効いていて
とっても美味しいです♪
特にパッションフルーツのソルベとあわせて食べると、
酸味と甘味が合わさり、
めちゃめちゃ美味しいです!
甘味もべたつくような甘味ではなく、
さっぱりした甘味なので、
食べ終わっても口の中はそれほど甘くなりません^^
美味しいデザートでした!

そして最後に、
IMG_0744.jpg
コーヒー

コーヒーを飲んで、
ワイン会終了となる予定でした^^

が、松村ソムリエからの提案で、
急遽ブラインドテイスティングが、
行われることになりました^^
なんで急にそうなったのか、
酔っていたのもあり忘れてしまいましたが、
みんなやる気満々!
とっても盛り上がりました。

問題として出されたのはこちらでした。
IMG_0741.jpg
ふらのワイン バッカス 2006

程よい酸味と甘味、
そしてマスカットのような香りは
バッカスだとはわかったのですが、
鶴沼だと思っちゃいました^^;
2006ということで程よく熟成が進んでおり、
マスカットのような香りも淡くなっていたので、
ケルナーと答える方もいらっしゃいました。
ふらのワインさんのバッカスは、
富良野地域限定発売なので
なかなか飲むことができません、
貴重なワインを飲ませていただきました。

そして正解した方が複数いらっしゃったので、
もう一問!
決勝戦が行われました^^
もちろん不正解の方も
一緒に飲ませていただきましたよー!

2本目はこちらでした!
IMG_0745.jpg
北海道ワイン 鶴沼 ヴァイスブルグンダー 2006

私は答えを教えてもらっていたのですが、
ちょっとびっくりでした。。。
酒質が弱く、すでにへたっているような味わいなんです。
ヴァイスブルグンダーといえば、
鶴沼の中でも長熟のワインというイメージだったので、
この味わいの弱さは、
信じられませんでした。。。
最近、中根酒店の中根さんからも、
同様なメールをいただいたので、
ボトル差でもなさそうです。
現行の2007の方がよさそうなので、
買うなら2007かもしれませんねー!

と、ここで参加してくださったヤックリュさんからも、
ブラインドということで一本だしてくださいました。
私はヒントを聞かないとさっぱりわかりませんでした^^;
問題はこちらでした。
IMG_0746.jpg
アルトス・ラス・オルミガス マルベック 2009

チリのワイナリーで作られた、
マルベック種の赤ワインです。
アルトス・ラス・オルミガスは、
テスタマッタな度を手がける、
トスカーナの著名な醸造家アルベルト・アントニーニ氏と
若き実業家アントニオ・モレスカルキ氏が、
メンドーサのマルベックのポテンシャルに感銘を受けて、
設立したというワイナリーです。
ヴィンテージが2009ということで、
果実味いっぱいで、
まだまだピチピチしています、
果実味が強いので、
今飲んでも楽しめますが、
飲み頃までもう少し待った方が
よさそうな感じでした。

みんなでわいわい楽しんで気が付いたら、
IMG_0749.jpg
11本ものワインを空けちゃいました^^;
でも、ほとんど道産ワインだったからか、
次の日にはあまり残りませんでした。
地元のワインだからなんですかねー?
なんとも不思議でした。

今回は急な開催だったにもかかわらず、
盛況のうちに会を終了させることができました^^
これもひとえに、
貴重なアスパラとワインを提供してくださった、
松原農園の松原さん、
貴重なワインを提供してくださった、
ヤックリュさん、
あれこれお願いしちゃいましたコム・シェモアさんの
松村ソムリエ、古田シェフ、サービスの皆様。
そしてみんなでわいわい盛り上がってくれた
ご参加くださった皆様、
本当にありがとうございました!
また急に開催しちゃうかもしれませんが、
都合が合えば、
よろしくお願いしますー!

次回はこの日の二次会で行ったお店を
ご紹介します!
驚きのワイン飲ませていただいちゃいましたよー^^
お楽しみに♪
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。