*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 素晴らしい料理がとっても美味しいフレンチでワイン会! ル・デパー

こんばんはー!
今日は会社の展示会があって、
ずっと立ち仕事でした^^;
昔はなんでもなかった立ち仕事が、
だんだん辛くなってきて、
なんだか年を感じちゃいました^^;

今日は先日参加させていただいた、
ワイン仲間が集まっての持ち寄りワイン会の様子を
ご紹介します。
当初の目的は、急なトラブルがあり
果たせませんでしたが、
特にテーマもなく持ち寄ったワインは、
素敵な巡り会わせばかりで、
とっても楽しかったです!
そしてお伺いしたお店も、
初めて行くお店で、
以前からずっと行きたいと思っていたお店で、
想像通りの素晴らしい料理だったので、
とっても楽しい一夜を過ごすことができました^^
その大満足な料理を提供してくださったお店の名前は、
「ビストロプラスバル ル・デパー」さんといいます。

IMG_7430_20100531230507.jpg

名前 ビストロプラスバル ル・デパー
住所 北海道札幌市中央区南3条西4 カミヤビル3F
電話 011-219-0916
時間 18:00~2:00
休み 日曜日
HP http://r.gnavi.co.jp/h116001/

こちらのお店、
実は昨年末に惜しまれつつ閉店した、
あのクリュさんの後にできたお店なんです。
そしてオーナーシェフが、
以前クリュに勤めていて、
この度、独立した高山シェフなんです。
どんな料理を食べさせてくれるか、
始まる前からドキドキでした♪

お店の前には、
IMG_7435_20100531230507.jpg
この日のお勧めメニューが書かれた看板などがあり、
まさにビストロといった感じですよね。

黒板の下には、
IMG_7437_20100531230507.jpg
パンやパスタが
オブジェのように置かれていて、
とってもセンスを感じます♪

お店の中に入ると、
クリュのときから大きく直した感じはありませんでした。
くの字になったカウンターと、
その奥に、
IMG_7442_20100531230506.jpg
4人がけのテーブルが2つありました。

テーブル席の壁には、
IMG_7446_20100531230506.jpg
飲まれたワインの空き瓶や、
これから飲まれるであろうワインが
たくさん並んでおり、
中には北海道では珍しい、
山梨の一升瓶ワインや
城戸ワイナリーのワインなどもありました。
これは持ち寄りワイン会以外でも、
お伺いして飲んで見なくてはだめですねー!

それでは早速いただいた料理と
ワインをご紹介します♪

まず乾杯の泡は、
IMG_7449_20100531230550.jpg
ルミエール ペティアン・オランジェ 2008

山梨県にあるワイナリー、
ルミエールさんのペティアンです。
かもし発酵していることもあり、
黄金のような色と共に、
柑橘系のような酸と苦味を感じます。
面白い味わいの一本でした。
ちなみにこちらのワインは、
ブラインドで出されたのですが、
ヒントで甲州とまではわかりましたが、
さすがにワイン名までは出てきませんでしたー^^;

そして料理の一品目はこちら、
IMG_7448.jpg
カリフラワーのムース・ハモンセラーノから取ったコンソメジュレ乗せ
レバーペースト

一品目からやられましたー!
カリフラワーのムースは、
しっかりとカリフラワーの味を感じ、
さらにジュレと一緒に食べると、
口の中に味わいがどこまでも、
広がっていく感じがしました^^
レバーペーストも濃厚とくどさが、
紙一重な感じの美味しさで、
大満足な一品でした^^

IMG_7453.jpg
シューベルト トリビアンコ 2006

下に登場する楠田さんの親方的な存在のワイナリーで、
シャルドネ・ピノグリ・ミュラートゥルガウという、
北海道にもゆかりのある3種類の品種が、
使われています。
熟成香を感じた後に、
ピノ・グリらしい苦味のある果実味を感じます。
ミュラートゥルガウの要素は、
私にはさっぱりわかりませんでした^^;

IMG_7455_20100531230550.jpg
クスダワイン リースリング 2009

ニュージーランドでワイン醸造を営んでいる日本人、
楠田浩之さんが作った初めての白ワインです。
ニュージーランドのリースリングということで、
もっと厚ぼったいのかと思いましたが、
香りはまさにケミカルなリースリング香を感じ、
味わいもしっかりとした酸を感じ、
果実味そのバックに感じられます。
これは美味しいリースリングでした♪
後半になるに従って酸が弱まり、
果実味が表に出てくるあたりが、
ニュージーランドという感じでした。

IMG_7458.jpg
豚肩ロースのコンフィをほぐしてリエットにしたテリーヌ
マガリダケとうどのマリネ
グリーンサラダ

こちらのテリーヌも、
めちゃめちゃ美味しいです!
肉の食感が荒すぎなく、
滑らか過ぎない感じで、
とっても美味しかったです!!
マガリダケとウドという
北海道の食材を使ったマリネも
ちょっぴり和を感じるような味わいで、
リースリングとの相性が良かったと思います^^

IMG_7463_20100531230549.jpg
ホワイトアスパラとウニのスープ

でました!
うにとホワイトアスパラです!
どっちも大好きな私にはたまりません。
肝心の味も、うにの甘さとホワイトアスパラの甘さが、
相性抜群といった感じで、
この後に出てくるドイツワインとも、
相性良かったと思います^^

IMG_7472_20100531230629.jpg
ダインハルト ダイデスハイマー ヘルゴッツアッカー シュペートレーゼ ハルプトロッケン 2001

こちらのドイツワインは、
ハルプトロッケンということでしたが、
結構甘さが残っていました。
けれども、きちんと酸とミネラルがあるので、
その甘さもいやになりません。
むしろ心地よさを感じました。
ドイツワインは不思議と体に染み入る感じがして、
個人的にすきなんですよねー^^

とここで、
IMG_7465_20100531230549.jpg
なぞの黒い物体がやってきました!
こちらはいったいなんでしょう?
お店の方がなにやら黒い物体に、
ナイフを入れてますよー!

すると中から、
IMG_7471.jpg
なんと中からホワイトアスパラが出てきました^^
そうですこちらの黒い物体の中には、
ホワイトアスパラが入っていたんですー!

ということで料理がこちら、
IMG_7473_20100531230628.jpg
ホワイトアスパラの塩釜蒸し

先ほどの黒い物体は、
塩で作った塩釜だったんです!!
すごいですよねー!
早速いただいてみると、
まさに素材そのものの味わいが、
口いっぱいに広がります!
ところどころにある焦げの苦味が、
さらにアクセントを与えてくれて、
幸せな時間を与えてくれます。
本当に素晴らしい料理でした^^

アスパラと共に、
IMG_7476_20100531230628.jpg
パン

パンがやってきました。
熱々のパンは外はパリッと、
中はふんわりという感じで、
そのまま食べても、
料理のソースにつけて食べても、
とっても美味しかったです。

IMG_7478.jpg
ウサギのラビオリ アサリとパセリのソース

ウサギのお肉を
ラビオリで包んじゃいました^^
ウサギの肉は数回しか食べたことがありませんでしたが、
あまり癖がなく、
脂肪もそれほど多くなく、
あっさりとした味わいでした。
アサリとパセリのソースは、
海を感じるような香りと味で、
ラビオリにつけて食べると、
とっても美味しかったです!

IMG_7479_20100531230628.jpg
シャトーメルシャン 長野シャルドネ 2008

日本を代表するワインメーカーである、
メルシャンが運営するワイナリーが、
シャトーメルシャンです。
こちらは長野県で栽培された
シャルドネを使ったワインです。
香りはフレッシュな香りと共に、
樽の香りを強く感じます。
口に含むときりっとした酸と共に、
樽のテイストを感じて、
素直に美味しいです。
ここにミネラルが加われば、
ブルゴーニュにも引けをとらない、
素晴らしいシャルドネとなるような気がしました^^

IMG_7481_20100531230703.jpg
金目鯛のポワレ 赤ワインソース

金目鯛がパリッ、
中はふわっとしていて、
めちゃめちゃ美味しいですー!
そのまま食べても美味しくて、
さらにソースをつけると、
ワインとあわせたくなるような美味しさです!

IMG_7484_20100531230703.jpg
フィリップ・シャルロパン・パリゾ マルサネ・ロゼ 2007

アンリ・ジャイエの弟子といわれる
パリゾのロゼです。
口に含むと、
しっかりとした酸をまず感じます。
その後にチャーミングな果実味が
口に広がっていきます。
その酸と果実味が合わさり、
とても心地よい味わいとなり、
余韻となって行きました。
少し冷やしてすっきり飲みたい、
そんなワインでした^^

IMG_7485.jpg
フィリップ・シャルロパン・パリゾ マルサネ 2006

なんと持ち寄りワイン会で、
同じつくり手の同じ村のワインが出ました!
上のロゼと同じパリゾのマルサネです。
こちらは赤ワインということでしたが、
飲むと、樽の風味と共に、
口の中でじりじりするような、
ミネラルを感じます。
これは素晴らしいブルゴーニュです!
さすがはジャイエの弟子ですねー^^

IMG_7490_20100531230702.jpg
ベンフィールド&デラマー カベルネー ソーヴィニヨン・メルロ 2006

ニュージーランドのボルドータイプです。
南のボルドータイプということで、
味のボリュームがとても大きかったです。
カシスの香りと共に、
口に含むとタンニンと共に、
しっかりとした果実味を強く感じました。
余韻もそれほどあり、
素直に美味しいといえる、そんなワインでした。

IMG_7492_20100531230702.jpg
ラム肉のソテー ラタトゥユ添え

こちらのラム肉は、
まさにラム肉!といった感じで、
とっても肉々しい感じです。
香りもラムの香りを感じ、
口に含むと、
歯ごたえもしっかりあります。
とても食べ応えのある料理でした。

IMG_7488_20100531230702.jpg
パン

ソースをつけて食べるのに、
パンをお願いしたところ、
さっきと形が違ったりして、
素敵ですよねー^^
なんだかうれしくなっていただきました^^

IMG_7494.jpg
ボデガス・サン・アレハンドロ レイシス1 1998

ワインの最後は、スペインのプレミアムワインです。
1998年に一度きり造られたワインで、
今後作られるかも未定との事。
モナストレル40%、テンプラニーリョ30%、ガルナッチャ30%という、
まさにスペインを代表する品種を
絶妙にアッサンブラージュしています。
スペインは暑苦しくて、
あまり好きではなかったのですが、
こちらは果実味は強いですが、
しっかりとタンニンと酸があるので、
嫌になりません。
余韻もしっかりあるので、
時間をかけて楽しみたい、
そんなワインでした。

そして料理もデザートへ
IMG_7497.jpg
あいなんゴールドのデザート

あいなんゴールドを使った、
アイスのようなデザート。
柑橘系の酸味が口に広がり、
ワインの味わいを、
洗い流してくれます。
酸味があって好みの味でしたー^^

って、あいなんゴールドと書いてますが、
何かわかりますか???
私はわからなかったので、
どんなものか聞いてみたところ、
IMG_7501_20100531230723.jpg
お店の方が持ってきてくださりましたー!
あいなんゴールドは、
別名、美生柑、河内晩柑とも呼ばれ、
熊本県川内町で自然交配した品種で、
文旦の系統だといわれています。
確かに見た目文旦に似てる感じですよねー^^
さっぱりして美味しいデザートでした。

この日はいつもよりも早く始まったのですが、
料理の量もワインの量も素晴らしく、
遅い時間まで楽しんじゃいました^^
最初にも書きましたが、
特に持ち寄りのテーマを決めてなかったのに、
このラインナップは素晴らしいですね!
またこうした機会があれば良いなぁ、
なんて考えていました^^

本当にこの日は楽しかったです!
ご一緒して楽しい話をしてくださった皆様、
素晴らしい料理を提供してくださった、
ル・デパーの皆様、
この度は本当にありがとうございました^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。