*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 5月のみんわいワイン会を開催しましたー! ビストロ・デジャ

こんばんはー!
昨日までイベント続きで、
ブログを書く時間がありませんでした^^;
めちゃめちゃ書きたいことがたまっているので、
1日1記事といわず、
かけるだけどんどん書いていきたいと、
思いますー!

まずは、先日開催したワイン会の様子を
ご紹介します♪
5月のワイン会のテーマは、
「ブルゴーニュ」
というオーソドックスなものでした。
ですが、そこはマニアックな私が選んだブルゴーニュ、
変化球なワインばかりを選んでみました^^
マニアックなブルゴーニュばかりにもかかわらず、
参加してくださった皆様、
本当にありがとうございました^^
今回ワイン会の会場として、
利用させていただいたお店は、
ランチに行ったり、
ヤックリュさんが主催したワイン会の会場だったりと、
みんなに大人気のフレンチビストロです。
お店の名前は、
「ビストロ・デジャ」さん
といいます。

IMG_7092_20100524200836.jpg

名前 ビストロ デジャ?
住所 北海道札幌市中央区北3条東5丁目5番 岩佐ビル
電話 011-219-6235
時間 ランチタイム AM11:30 ~ PM3:00 ラストオーダー PM2:15
  ディナータイム PM6:00 ~ PM11:30 ラストオーダー PM11:00
休み 火曜日
HP  http://www.117shop.jp/deja/

ちょうどワイン会が開催された日、
TVの生中継があり、
某S○Vの木○アナウンサーが、
きたそうです。
○村アナウンサーは、
TV同様、
とっても楽しい方だったみたいですよ。

そんなTVの生中継があった日に、
ワイン会をしてしまうのは、
なんだか申し訳なかったのですが、
「気にしなくても良いよ」
とお店の方がおっしゃってくれたので、
とても気持ちが楽になりました^^

今回のワイン会は、
12名での開催ということもあり、
ほぼ貸切でさせていただきました^^
お店のドアのところには、
IMG_7133_20100524201042.jpg
かわいい豚のイラスト共に、
満席の文字^^
本当にお店の方には、
いろいろと配慮してくださり、
ありがとうございました!

お店に着くとすでに、
IMG_7094_20100524200836.jpg
セッティングができており、
いつでも準備万端といった感じです^^
それでは早速ワイン会を
はじめましょうー!

ということで、飲んだワインと料理を
ご紹介します^^
まずは乾杯の泡です!
IMG_7096_20100524200836.jpg
ルーデュモン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン N.V

日本人の仲田晃司さんが、
ジュヴレ・シャンベルタン村で
営んでいるネゴシアンの泡です。
あの故アンリ・ジャイエさんも
絶賛したというこちらの泡、
シャルドネ100%ということもあり、
きりっとしているのですが、
酸が鋭角的な感じがせずに、
すっきりといただくことができました^^

料理一品目はこちら、
IMG_7099_20100524200835.jpg
アミューズ
田舎風パテ
自家製スモークサーモンとカブのピクルス巻
リエットのカナッペ 白レバーのムースのカナッペ
白身魚のエスカベッシュ

でました!
デジャの料理で大好きな田舎風パテです!
やっぱりデジャさんのパテは、
お肉の食感も良くて、
美味しいですねー!
エスカベッシュもやさしいお味で、
美味しかったです♪

IMG_7098_20100524200835.jpg
ドメーヌ・ゴアゾ サン・ブリ コール・ド・ガルド 2007

ブルゴーニュのAOCで唯一ソーヴィニヨン・ブランが
認められているサン・ブリ村のワインです。
さわやかな草原のような香りは、
まさにロワールのソーヴィニヨン・ブランのようです。
酸と共に、ふわっとした果実味もあり、
飲みあきしないワインでした。

IMG_7103_20100524200911.jpg
前菜
フルーツトマトのファルシ
ツブカルゴ行者ニンニク風味

この料理、
めちゃめちゃ美味しいです!!
トマトもとっても甘くて美味しいのですが、
上にかかっている行者にんにく風味が、
つぶと絡まって、
めちゃめちゃ美味しいんです!!

あまりにも行者にんにくが美味しかったので、
IMG_7104_20100524200910.jpg
パン

パンにつけて食べてみたところ、
これまためちゃめちゃ美味しいです!!
危なく魚料理が来る前に、
パンを食べきっちゃうところでした^^;

IMG_7100_20100524200835.jpg
ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ ブーズロン アリゴテ 2007

DRCの共同経営者である、ヴィレーヌ氏の
個人的ドメーヌが作るアリゴテ。
ブーズロン村は村名AOCとしては唯一、
アリゴテを使ったワインになっています。
特にブーズロン村のアリゴテは、
アリゴテ・ドレという果皮が黄金色をしているもので、
だからなのか口に広がる強い酸は無く、
程よい酸味とよく熟した甘さを
感じることができました。

IMG_7106_20100524200910.jpg
ドメーヌ・シュヴロ ブルゴーニュ アリゴテ 2006

奥様がかおりさんという日本人のドメーヌ。
いまだに馬を使って耕したりしているそうです。
2006ヴィンテージということで、
こちらもそれほど強烈な酸はありませんでした。
ただ、あまり味の強弱がない感じは、
アリゴテっぽいのかな?
と勝手に思っちゃいました。

IMG_7109.jpg

赤魚とホタテ
旬ウドとホワイトアスパラを添えて

でました!ホワイトアスパラです!
本来は赤魚とホタテがメインなんでしょうが、
このホワイトアスパラの大きさは素晴らしすぎます!
ソースを絡めて食べると、
もう最高!
北海道人出よかったなぁとお持っちゃいました^^
後、うどとアリゴテの相性も、
とっても良かったですよー!

IMG_7107_20100524200910.jpg
ドメーヌ・アンリ・グージュ ブルゴーニュ・ブラン ピノ・ブラン 2006

ピノ・グージュというピノ・ブランを見つけた、
アンリ・グージュの子孫が営むドメーヌ。
ピノ・ブランのブルゴーニュなんて飲んだことありませんでしたが、
かなり色が濃かったです^^
飲んでも、酸味のほかに白ワインではあまり感じないような、
渋みを若干感じました。
シャルドネとはぜんぜん違う感じですよねー^^;

IMG_7110_20100524200909.jpg
ドメーヌ・シモン・ビーズ ブルゴーニュ・ブラン ピノ・ブーロ 2003

こちらはピノ・ブーロという、
ピノ・ノワールの突然変異で、
果皮がピノ・グリのような色をしているそうです。
こちらは2003ということで、
あまり酸は感じずに熟成した樽のテイストを感じます。
そこにはタンニンもしっかりと感じられ、
本当にピノ・ノワールの突然変異だというのが、
よくわかりました^^
今回の白ワインで1番好きでした♪

IMG_7111_20100524200937.jpg
ルイ・ジャド ボジョレー・ロゼ 2008

ロゼっていまいち人気がありませんが、
こちらのロゼとっても美味しいですよー!
ガメイのイチゴキャンディのような感じが、
ロゼにぴったり♪
温度を冷やし目にしてがぶがぶ飲むのに、
もってこいです!
この日も、白から赤に行く前の、
休憩感覚でとっても美味しくいただきました^^
ガメイのロゼ、やっぱり好きです♪

IMG_7112_20100524200937.jpg
ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ・パストゥーグラン 2007

すいません、こちらのワイン、
少しブショネだったかも。。。
ワインの香りが若干違ってました。
でも、それほど重症ではなかったのか、
飲んでみると香りはあまり感じませんでした。
ピノの渋さとガメイの甘酸っぱさが合わさり、
個人的には普段飲みによさそうな一杯でした^^

IMG_7114_20100524200936.jpg

牛ほほ肉と牛たんの赤ワイン煮込み
インカのめざめのピュレ添え

かなり濃い色をしている、
赤ワイン煮込み^^
めちゃめちゃ柔らかくて、
ナイフいらずです!
濃厚な味わいはボルドーワインのほうが、
相性良かったかな?
なんて思いました^^;
でも、食感の違う2種類を食べることができ、
とっても美味しかったですよー!

IMG_7115_20100524200936.jpg
パン

やっぱり赤ワインソースには、
パンが食べたくなります。
最初のパンとは違う種類のパンが出てきて、
とっても幸せな気分になりました^^

と、みんな少し酔いが回ってきたところで、
クイズを出しちゃいました^^
同じワインで1本には酸化防止剤が入っていて、
1本には入っていないんです。
どっちが入っているかを当てようということで、
問題にしちゃいました^^
自分は正解を知っていたのでわかっちゃいましたが、
正解知らなかったら、
絶対答えられないと思いました^^;

その飲み比べたワインがこちらです。
IMG_7117.jpg
マルセル・ラピエール モルゴン・サンスフル 2007

フィリップ・パカレの叔父で、
ボジョレー地方の自然派第一人者の
マルセル・ラピエールのクリュボジョレーです。
こちらが酸化防止剤が入っていないほうです。
入っていないほうが、酒質が弱い感じで
きれいな味わいでした。

IMG_7119.jpg
マルセル・ラピエール モルゴン 2007

こちらは瓶詰めのときに少し酸化防止剤を入れたワインです。
こっちの方がガメイっぽい甘酸っぱさが強く感じました。
どうしてこんな違いが出たのか考えていたのですが、
個人的には、酸化防止剤が入っていないほうが、
純粋な葡萄の味わい近いから、
味わいも弱くなるのかな?
と考えました。
ぜんぜん違うかもしれませんが^^;

そしてもう1問クイズだしちゃいました。
同じ作り手のドメーヌ物とネゴシアン物を当てるというものです。
私はこちらも正解知らなければ、
絶対間違えちゃうと思います^^;

そのワインがこちらです、
IMG_7120_20100524201012.jpg
パスカル・ラショー ブルゴーニュ・ルージュ ピノ・ファン 2007

こちらはネゴシアン物です。
2007とまだ若いのですが、
今でも果実味があり、
酸のバランスが良く、
タンニンも渋すぎないので、
美味しくいただけます。

IMG_7126_20100524201012.jpg
ドメーヌ・アルヌー ブルゴーニュ・ルージュ ピノ・ファン 2007

そしてドメーヌ物です。
こちらのほうが、なんとなく、
味わいがきれいなかんじがしました。
余計な雑味がない感じで、
逆に言えばすっきりと
飲める味わいでした。
二つの味わいがまったく違うのが、
とても面白かったです^^

IMG_7129.jpg
デザート
パイナップルのタルト
クグロフ
コーヒー風味のシャーベット

この樽とが美味しいですー!
シャーベットを少しかけて食べたりすると、
もうたまりません^^
美味しいデザートも食べることができて、
本当に大満足でした^^

IMG_7127.jpg
ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン マコン・ヴィラージュ・キュヴェ・ボトリティス 2001 

珍しいブルゴーニュの貴腐ワインです。
香りは蜂蜜っぽさがあり、
まさに貴腐といった感じです。
そして口に含むと、甘いですー!
あごがちょっぴり痛くなるような甘さです。
ですが、酸味も若干あるので、
まったく飲みにくさはありません^^
べたつくような余韻もないので、
すっきりといただくことができました♪

そして最後に、
IMG_7130_20100524201011.jpg
エスプレッソ

食後のエスプレッソをいただいて、
ワイン会終了です♪

今回も結局、
たくさん飲んじゃいました^^
IMG_7131_20100524201011.jpg
12人で13本です!
1人1本以上飲んでるんですから、
すごいですよねー^^

今回のワイン会も、
おかげさまで無事に終了することができました。
それもひとえに、
最後まで楽しい会話で盛り上がってくださった、
参加者の皆様。
素晴らしい料理を提供してくださった、
ビストロ・デジャさんの森谷シェフとみっちさん。
また、是非デジャさんでワイン会やりたいと
思っちゃうぐらい大満足でした^^
本当に皆様ありがとうございました!

そんな私のワイン会、
6月も開催しちゃいます!
すでに11名の参加者がいらっしゃるので、
残り1名となってます^^
気になる方は、
こちらの案内をぜひご覧くださいー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。