*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌志内 石炭から葡萄に転進を目指しているヴィンヤード 歌志内太陽ファーム

こんにちはー!
私もいよいよ今日からGWです^^
でも、いつもの早起きの癖が抜けず、
せっかくの休みなのに、
6時半にはおきてしまいました^^;
今日は午前中はよしヴィンヤードの仕事をして、
午後から楽しみにしていたイベントに行ってきますー!

さて、今日もこの前行ってきた、
小旅行の様子をご紹介します!
昨日ご紹介した金滴酒造さんを後にして向かったのは、
ズリ山に作られたヴィンヤードです。
これだけでピンと来た方は、
道産ワイン通ですねー^^
私はここで造られたあるワインが大好きで、
畑の様子が気になるので、
年に一度はお伺いしています。
ということでお伺いしたのは、
「歌志内太陽ファーム」さんです。

IMG_5726.jpg

名前 歌志内太陽ファーム
住所 北海道歌志内市上歌32番地15
電話 0125-42-5555
時間 電話でご確認ください
休み 電話でご確認ください
HP http://www.taiyogroup.jp/utashinai/

歌志内太陽ファームさんは、
上にも書きましたが、
ブドウ畑がある周辺には、
もともと露頭掘りの炭鉱がありました。
露頭掘りというのは、
山の表面を削って、
そこから石炭を採掘する炭鉱です。
もちろん、山には石炭以外のものもあるので、
そうしたものは捨てられます。
そうして捨てられたものが山になったのが、
ズリ山といいます。

しかし、エネルギー革命により、
石炭から石油の時代になり、
こちらの周辺にあった炭鉱も閉山してしまいます。
その際に、地元の炭鉱会社がズリ山に
葡萄を植え始めたのが、歌志内太陽ファームさんの始まりです。
その後、一時期歌志内市が事業を引き継ぎ、
さらに、2003年にパチンコチェーンを持つ太陽グループによって、
事業が継続され、現在に至ります。

ヴィンヤードの場所は、
国道12号線から歌志内市方向に向かい、
歌志内の道の駅を超えてさらに進みます。
そうすると、
IMG_5706.jpg
こうした看板が右手に見えてきますので、
看板の指示通りに右に曲がります。

さらにその後道なりに進んでいくと、
IMG_5708.jpg
こうした看板が見えてきます。

こちらも指示通りにさらに100mほど進むと、
IMG_5709.jpg
農場入り口の看板が見えます。

ここから先がブドウ畑になっており、
さらに車で進んでいくと、
右手に、
IMG_5710.jpg
こうした垣根仕立てのブドウ畑が、
見えてきます^^

右手にブドウ畑を見ながら、
さらに道を進んでいくと、
道が終わり、
IMG_8290_20100429011132.jpg
こうした建物があります。

こちらの建物の中に入ると、
IMG_5711.jpg
そう、こちらは事務所兼ワインショップと
なっています。

今、こちらのワインショップでは、
2種類のワインが売られています。
まずはこちら、
IMG_5712.jpg
ココファームさんで醸造された、
ペンケ・ウタシュナイ ピノ・ノワール2005
です。
こちらは、雑誌dancyuにも掲載され、
もともとの生産本数が少ないこともあり、
もう数本しかないそうです。

もう一種類がこちらです^^
IMG_5714.jpg
北海道ワインさんが醸造した、
ペンケ・ウタシュナイ 
です。
こちらは、ヴィンテージが、
2005,2006,2007,2008
と4ヴィンテージが販売されています。
その年によって収穫される葡萄の量が違うので、
セパージュもおのずと違っているそうです。

今回、以前にもお会いした女性の方がいらっしゃったので、
いろいろヴィンヤードの現状などを
お話聞かせていただきました。
やはりもともと石炭を含んだ土の山ということもあり、
栽培の面での苦労もいろいろあるそうです。
今でも畑を掘ったりすると、
IMG_5713.jpg
こんな大きな石炭が出てきたりするそうです。
そうした中で葡萄を育てるというのも、
本当に大変だと思いますー!

そのほかにも1番上の写真を
見ていただいてもわかるように、
やはりこちらも雪が多いんです。
さらに瞬間的に雪が降ることもあるそうで、
事務所の近くにあったビニールハウスは、
IMG_5724.jpg
こんな感じに、1日の雪でなってしまったそうです^^;
本当にすごいところにブドウ畑があるんだなぁと言うことが、
ひしひしと伝わってきますよねー^^

そして歌志内太陽ファームさんの、
もうひとつの楽しみがこちらです!
IMG_5725.jpg
こちらの建物の中に楽しみがあります^^

それは、
動物と触れ合えるんですー!
建物の中には、
IMG_5718.jpg
ヤギ

IMG_5723.jpg


ヤギや羊が沢山飼われていて、
人間になれていくので、
近づくと向こうからも近づいてくれます^^
こうした動物を見ていると、
本当に癒されますよねー!
いつかはこのヤギや羊を使って、
チーズなども作れたらよいなぁとおっしゃってました^^

そして帰りがけに、
畑を見学させていただきました。
畑は、上にも書きましたが、
IMG_5728.jpg
結構雪が積もっています。
歌志内太陽ファームさんには2つの区画で、
葡萄が植えられているのですが、
植えの方の畑には雪が積もっていて、
まだ行くこともできないそうです。
やはり例年よりも雪解けが遅いので、
なかなか作業に入れず、
悩んでいるようでした。。。

そうした環境の中でも、
IMG_5730.jpg
葡萄は元気です!
結構樹齢の高いピノ・ノワールなどもあるので、
いつかまた、ピノ・ノワール単品のワインを出して欲しいなぁ
なんて思ってますー!

今回もワイン買いましたー!
買ったのはこちらです^^
IMG_5803.jpg
袋です。
立派な袋に入れてくれました^^

肝心の中身はというと、
IMG_5804.jpg

IMG_5807.jpg
歌志内太陽ファーム(ココファーム醸造) ペンケ・ウタシュナイ ピノ・ノワール 2005

私こちらのワイン、
道産ピノの中で、
1,2を争うほどの実力だと思ってます。
ただ、ワイナリーが道外なのがちょっと残念ですが、
このテイストは、
ココファームさんだからできたのかもしれないので、
そこは仕方ないですよねー^^:
こちらもどんな機会で開けようか、
あれこれ考えてます^^
今からとっても楽しみですー!

ズリ山の上だったり、雪が多かったり、
いろいろと大変なヴィンヤードだと思いますが、
そこから上に書いたような素晴らしいワインもできるのですから、
何とかがんばって欲しいですー^^
そんな歌志内太陽ファームさんにとって、
朗報といえる話を教えてくださいました。
なんと、4月からヴィンヤードスタッフとして、
太陽グループにいらっしゃる、
あのソムリエさんが参加されるそうです。
札幌からの通勤なので、
毎日歌志内市まで行くのはつらいかと思いますが、
ソムリエという見地から、
歌志内太陽ファームさんを、
もっともっと素晴らしいものにしていって欲しいですー!
私も影ながら応援させていただきますね^^

あの景色はなかなか見ることができないので、
ぜひお時間に余裕がありましたら、
行ってみて欲しいですー!
私もまた新緑のころに行きたいなぁなんて、
思っちゃってます。

次回は小旅行の最後の目的地、
岩見沢にあるあのヴィンヤードです。
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。