*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 第13回みんわいワイン会開催しましたー! バラヴィン

こんばんはー!
今日は寒かったですねー!
春に向けて、
三歩進んで二歩下がるといった感じで、
うちのまわりでは、
まだまだ雪解けが進みません^^;
春の香りを早く嗅ぎたいですー!

今日は土曜日に開催した、
ワイン会の様子をご紹介します^^
今回のワイン会も、
2月のワイン会と同じあのお店
開催しました^^
というのも、
2月開催したときに、
あるワインを飲みたいという話になり、
ワイン会が終わった後のコメントやメールでも、
そのワインの話題となったため、
急遽3月も同じお店で開催になりました^^
今回、3月いっぱいに閉店する、
私のフレンチ初体験のお店であり、
ブルゴーニュワインをはじめて飲んだ
思い入れのあるお店で、
開催することができて、
私自身とても嬉しかったです♪
そのお店の名前は、
「バラヴィン」さんです。

IMG_3975.jpg

名前 バラヴィン
住所 北海道小樽市稲穂2丁目10番13号
電話 0134-23-1124
時間 ランチ 12:00~14:00
   ディナー 17:30~22:00(ラストオーダー20:00)
休み 火曜日全休・水曜日ランチ休み
HP なし

お店に着くと、
すでにテーブルには、
IMG_3976.jpg
テーブルセッティングが、
完成していました^^
緑色のナプキンが素敵ですよね♪

それでは早速いただいた料理とワインを
ご紹介しますねー!

まずは乾杯の泡から、
IMG_3977.jpg
シャルル・ドンブラン ブリュット N.V

今回持込させていただいた、
シャンパンです。
ピノ・ムニエ40%、ピノ・ノワール20%、シャルドネ40%ということで、
珍しく、ピノ・ムニエの割合が多いシャンパンです。
香りはなんとなく乳酸発酵したような香りがして、
口に含むと酸をしっかり感じます^^
ですがやはり鋭角な酸というよりは、
乳酸のような柔らかさです。
泡のきめ細かさはさすがシャンパンといった感じで、
最初のいっぱいとして十分な美味しさでした^^

そんな美味しい泡にあわせた前菜がこちら、
IMG_3980.jpg
鱈のブランダード・海老とアボガドのサラダ・蛸のエスカルゴバター焼き

3種類の盛り合わせで出てきた今回の前菜、
どれも美味しかったですー!
鱈のブランダードは生臭さがまったくなく、
口当たりがとても滑らかで、
そのまま食べてもパンにつけても
美味しいです♪
海老とアボガドのサラダは、
海老の甘さとアボガドのまろやかな味わいが、
とっても好印象^^
そして蛸のエスカルゴバター焼きは、
エスカルゴバターににんにくの風味もあり、
蛸との相性がすばらしかったです♪
どれもワインのつまみに最高な一品でした。

続いてお店でしか売っていない、
貴重な白ワインを2種類いただきました^^
IMG_3982.jpg
ジャック・ド・コルニロン ムルソー 1993

まず色の濃さにびっくりです。
そして口に含むと、
ちょっぴり参加したテイストもありますが、
まだまだしっかりしています。
若干の樽の風味とともに、
バターのようなテイストを感じます。
17年経過した白ワイン、
まだまだ美味しかったです♪

続いて、同じムルソーですが、
プルミエクリュの一本です。
IMG_3983.jpg
ジャック・ド・コルニロン ムルソー・プルミエクリュ・ル・ポルゾ 1994

正直飲みはじめは、
こちらのほうが味わい的に弱い感じが
しました。
バターの感じもあまり感じず、
舌に味が残らない感じでした。
しかし、時間が経つにつれて、
どんどん味わいがしっかりしてきて、
それとともにミネラリーな味わいが、
どんどん前面に出てきます。
この味の変化は久しぶりに
驚かせられました^^
やっぱりこうした良いワインは、
時間をかけてしっかりと味わうのが
良いんですね^^

そんな白ワインに合わせたポワゾンが、
こちらです!
IMG_3985.jpg
鰆の香草パン粉焼き ブイヤベースソース

魚編に春と書いて鰆。
北海道ではこれからが旬ですが、
もうでてるんですねー!
鰆自体も淡白ですが、
じわっとしたおいしさがありますが、
そこにブイヤベースソースが加わると、
味に深みが加わり、
とっても美味しいです♪
聞くとこのブイヤベースソースは
何種類もの魚から出汁がとられて、
造られているそうです。
鰆と絡めてもそのまま飲んでも美味しいのですが、
パンにつけて食べるとまた一段と美味しかったです♪

ここから赤ワインなのですが、
今回急な用事で参加できなかったkazuさんが、
赤ワインを一本差し入れしてくれました。
そのご厚意に甘えて、
みんなでいただきました。
それがこちらです!
IMG_3988_20100314031017.jpg
ドメーヌ・ユージェーヌ・メイエー ピノ・ノワール 2006

アルザスにあるドメーヌで、
ビオディナミでぶどうを育てています。
酸がしっかりとしていながら、
収斂さのある味わいはブルゴーニュには無い
味わいでした。
私は北海道のピノ・ノワールと通じるものがあり、
嫌いではありませんでした。
オーナーの奥様がアルザス出身ということで、
試飲していただいたのですが、
あまり好みではなかったみたいでした^^;
kazuさん差し入れ誠にありがとうございました!

この日のお肉料理は、
赤ワインにぴったりというこちら、
IMG_3986.jpg
エゾシカの赤ワイン煮

かなり濃い色になっているこちらのエゾシカ、
長い時間煮込まれているのがわかります。
食べてみると、
エゾシカの癖のある香りが口から抜けていきます。
1本目のワインではちょっと力不足といった感じでしたが、
この後に紹介するリシュブールを飲んでから食べてみると、
お互いの味を高めます!
まさにリシュブールのための料理、
そんな感じのすばらしさでした^^

そしてこの日のワインのメインが、
先ほども書いたこちらです!
IMG_3989_20100314031017.jpg
ジャック・ド・コルニロン リシュブール 1993

リシュブールを飲むのは、
今回で二度目。
ただ今回は古酒で、
さらに知られていない作り手のものです。
最初、確かに香りも華やかですばらしく、
口に入れてからの味の広がりもすばらしいのですが、
期待値が高かった分、
それほどの感想はありませんでした。
しかしこちらも時間が経ち、
少しグラスをスワリングすると、
どんどん香りが沸いてきます。
そして口に含んでから広がる香りも、
すごいものがあります。
誰かがお花畑といいましたが、
そこまではいかなくても花束を感じました。
また一本思い出に残るワインをいただきました。

すばらしい料理と
すばらしいワインのあとのお楽しみ。
この日のデザートはこちらです!
IMG_3992.jpg
サバラン

美味しいイチゴと
生クリームの下にあるスポンジに、
たっぷりとリキュールがしみこまれています。
口に含んだ瞬間に、
じゅわっとリキュールが染み出してきて、
とっても美味しいです!
これは大人のデザートですねー^^
ワイン会の最後を締めるにぴったりな、
すばらしいデザートでした♪

そして最後に、
IMG_3994.jpg
コーヒー

奥様がいれてくれた、
本場フランスの豆を使ったコーヒーで。
ワイン会無事終了です♪

今回もオーナーのおかげで、
美味しいワインを飲むことができました^^
IMG_3990.jpg
ムルソーの垂直&村名とプルミエクリュの飲み比べに、
アルザスのピノ・ノワールとリシュブールの飲み比べと、
とても充実した内容となりました。
もちろん料理も、春を感じさせる魚や、
ジビエがあったりと大満足の内容です。
そこにご参加いただいた皆様からの
楽しいお話もあり、
最初から最後まで楽しい時間をすごすことができました。
それもひとえに、お店のオーナーご夫婦にシェフ、
そしてご参加いただいた皆様のおかげです。
本当にありがとうございました^^
お店は3月いっぱい営業していますので、
気になった方は
ぜひ足を運んでみてくださいねー!
よろしくお願いいたします^^

そして4月のワイン会の募集も
近々開始する予定です。
皆様のご参加お待ちしていますー^^

明日はワインの感想を書きます^^
お楽しみにー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。