*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 美味しいイタリアンとワインを楽しむ会に行ってきました カンティーナ・スズキ

おはようございます^^
昨日の夜、ブログ書こうと
パソコンを開いたまま、
いつの間にか寝てました^^;
というわけで、
朝から書いちゃってます^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は、木曜日に参加してきた、
素敵な食事会の様子をご紹介します^^
私の大事な友人の方が主催している、
とっても美味しいイタリアンでの食事会で、
過去に2度ほど参加させていただきましたが、
とっても美味しい料理とワインで、
いつも大満足でした。
1回目の様子はこちら
2回目の様子はこちらをご覧ください♪
今回の会ではさらに、
私にとって大事なワインの師匠の一人である、
アマさんがご参加されるということで、
絶対参加しなくては!
と思い、最近身体的事情と、忙しさから
あまりワイン会に参加していない私も、
仕事を早く切り上げて参加させていただきました^^
いつも素敵な料理とワインを
提供してくださるお店の名前は、
「カンティーナ・スズキ」さんといいます。

IMG_3446.jpg

名前 カンティーナ・スズキ
住所 北海道札幌市中央区南2条西3丁目カタオカビルB1F
電話 011-222-3026
時間 ランチタイム 11:30~14:30(ラストエントリー13:30)
    ディナータイム 火~土 17:30~22:30(ラストエントリー20:30)
              日・祝日 17:30~21:30(ラストエントリー20:00) 
休み ランチ 月・火・金曜日
    ディナー 月曜日
HP http://www.cantina-suzuki.com/

お店に着くと、
すでに主催の方が到着していて、
いつでも準備万端といった感じ^^
IMG_3448.jpg
テーブルセッティングも、
すでに出来上がっていました^^

それでは早速、この日いただいたものを
順にご紹介して行きますね♪

まずはこちら、
IMG_3450.jpg
長いものピクルス・にんじんとたこのマリネ・イタリア産のサラミ

酸味が利いた長いものピクルスが
食欲を掻き立てます^^
すっきりさっぱりしていて、
最初の料理にぴったりですね♪
にんじんとたこのマリネも、
たこの味わいと食感が、
とっても美味しいです♪
そして、イタリア産のサラミ、
名前忘れちゃいましたが、
味が濃厚で、
量は多くないのに、
いつまでも口に味が残るような、
素晴らしいサラミでした^^

そんな素晴らしい前菜にあわせるワインは、
今回主催の方にお願いして、
特別に持ち込みさせていただきました。
こちらです!
IMG_3451_20100228061101.jpg
松原農園 松原農園トラミーナ 2008

1月のワイン会で出した松原農園トラミーナの
最新ビンテージの2008です。
とはいっても、松原さんのトラミーナは、
2005と2008しかなく、
2008以降も商品化されていません。
2008ビンテージも通常には販売されておらず、
今回。以前特別に譲っていただいたものを
持ち込みさせていただきました。
というのも、以前から応援してくださっているアマさんと、
何度か一緒に松原さんを訪ねたノクターンさんがいらっしゃり、
さらにカンティーナ・スズキさん自身も、
松原農園さんを訪問して、
お店に松原さんのミュラートゥルガウを置いてくださっていて、
これはここで開けなくては!
と思い、お願いして持ち込みさせていただきました。

思い入れがあるので薀蓄が長くなりましたが、
肝心の味ですが、
まず香りは、まさにゲヴュルツといった、
ライチやバラの香りがします。
しかし、これでもかというぐらい濃厚なものではなく、
食事とも合わせやすい自然な香りです。
そして実際に飲んでみると、
松原さん自身は甘味が少し強くしたとおっしゃってましたが、
結構酸味がしっかりしています。
そこに苦味が合わさり、
仕舞いにかけて若干の甘味を感じます。
その三味が渾然一体となり、
香り同様自己主張が強くないので、
食事と合わせやすいワインをつくりたいという、
松原さんの思いを強く感じました^^
松原さん素晴らしいワイン、ありがとうございました!
鈴木さんにも飲んでいただいたのですが、
感想聞くの忘れました。。。T_T
今度お店に行って聞いてみたいと思います!

ここで登場したのが、
IMG_3453_20100228061101.jpg
バケット

何度も書いたと思いますが、
バケットを最初から置いてくださるお店って、
うれしいですよね♪
料理とともにいただくバケットって、
美味しいですもんねー!

続いての料理はこちら、
IMG_3454.jpg
ほたて・かぶ・インカのめざめ・???にんにくのソテー
(ごめんなさい、名前覚えてませんでした^^;)

ソースもかかっているのですが、
それほど強い味付けではないので、
それぞれの素材の美味しさが光ります^^
ほたては甘く、
かぶはほのかに苦味があり、
インカのめざめもとっても甘いです♪
そして何よりびっくりしたのが、
???にんにくです。
ほろ苦さもありながら甘味もあり、
大人の味といった感じで美味しかったです!
名前を聞き忘れたのが悔やまれますT_T

そんな料理に合わせたワインが、
今回の主役的なワイン、こちらです。
IMG_3457_20100228061128.jpg
エドアルド・ヴァレンティーニ トレッビアーノ・ダブルッツォ 2000

2回目に参加したときにこちらの1999が出て、
その味わいに感動した私。
飲むのが2回目だからか、
2000年だからなのか、
それほどの感激はありませんでした。
注いだときに感じるコーヒー豆のような香りや、
ピリッとした酸と旨味があるのは同じなのですが、
味わいに濃さが無く、余韻も思っていたよりも
短いんです^^;
普通に飲んだら絶対美味しいのでしょうが、
期待しすぎちゃったのかもしれません。

IMG_3458_20100228061128.jpg
サン・ジュスト・ア・レンティナーノ キャンティ・クラシコ 2006

この天秤のラベル、
確かソムリエールに出ていたと思って、
帰ってみてみると、13巻に出てました^^
ただ、漫画ではキャンティ・クラシコは飲んでいないのですが、
重要な役で登場しており、
漫画で飲んだのは上級キュベのペルカルロでした。
こちらのワインは、
中世のシトー派修道院として誕生した、
サン・ジュスト修道院の跡地にできたため、
ジャスト=公平という意味もこめて、
ラベルに天秤が書かれているそうです。
その味わいはキャンティとは思えないほどしっかりしたもので、
私が普段飲んでいる安いキャンティとは別物なのが、
よくわかりました。
チェリーのような甘酸っぱさはあるのですが、
渋さも程よくあり、
この後紹介する料理との相性も良い、
美味しい一本でした。

IMG_3461.jpg
アマトリチャーノ ヤギのチーズがけ

こちらのパスタは、
なんと目の前で
IMG_3460_20100228061128.jpg
ご主人自らヤギのチーズをかけてくれます^^
チーズを削り始めた瞬間から、
美味しそうなチーズの香りが漂い、
食欲を書きたてます♪

実際食べてみるとトマトソースと
山羊のチーズの相性が抜群!
玉葱の甘さやベーコンの風味も
ソースに出ていてとっても美味しかったです!
そして、キャンティクラシコとの相性も、
良かったと思います^^
そして何より麺が、乾麺なのですが、
少し芯が残る抜群の湯で加減で、
改めて乾麺の良さを知ることができました。

IMG_3462.jpg
ゆりねととら豆のアンチョビクリームソースのパスタ

もう一品のパスタは、
こちらも最高!
アンチョビクリームソースが、
めちゃめちゃ美味しいです!
パスタがなくなった後にパンを一生懸命つけて、
食べちゃいました。
ゆりねととら豆のほっくりした味わいが、
このソースにぴったりで、
こちらもこの後に登場するワインと
抜群の相性でした^^

IMG_3463.jpg
コルテレンツィオ ラグレイン・ロゼ 2008

上のパスタに何を合わせようということで、
アマさんとえび子さんが選んでくださった一本です。
コルテレンチィオは1回目のときにソーヴィニヨン・ブランを飲み、
そのさわやかな味わいに感激した作り手でしたが、
こちらのラグレイン・ロゼもとっても美味しかったです!
酸と甘味のバランスが良く、
しっかりした味わいなのに、
すいすいと飲めてしまいます^^
まさに悪魔の水byアマさん、
といった感じでした^^
普段飲みに家に常備したいワインですね。

IMG_3467_20100228061151.jpg
道産牛と山羊のトマトと赤ワインの煮込み

本当にカンティーナ・スズキさんの料理は最高です!
いつもはメインでカツレツをいただくのですが、
この日はたまに違うものをということで、
出していただいたのがこちらの料理です。
山羊のお肉ってあまり食べる機会ありませんが、
癖になりそうです!
ちょっと香りに特徴がある山羊の肉は、
ラム肉のような感じで、
私にはばっちりな味わいです。
ほろほろになるまでやわらかく煮込まれた山羊の肉は、
道産牛がかすんでしまうほどの
素晴らしいおいしさでした^^

そんな料理に合わせるために、
アマさんとえび子さんとロペスさんが
選んでくれたのがこちら、
IMG_3469.jpg
アルビーノ・ロッカ バルバレスコ 1999

もう何も言葉がありません。
11年経過したにもかかわらず、
まだ若さを保っているバルバレスコ。
酸とタンニンがしっかりしており、
余韻もしっかりと口に残ります。
凝縮した味わいは、時間とともに
どんどん開いてくる感じでした。
美味しいイタリアの赤ワインを
久しぶりに飲んだ。
そんな印象でした^^

料理も終盤、
IMG_3470_20100228061151.jpg
チーズの盛り合わせ

チーズの盛り合わせをいただきました。
舌がイタリアのピエモンテのブラというチーズで、
上が中標津のチーズだそうです^^
どちらも濃厚な味わいで美味しかったですが、
中標津のチーズは特に道産だからというのもありますが、
とても好印象でした^^
道産チーズも良いものが出てきて、
とってもうれしいですね♪
ちなみに付け合せについていたのが、
サボテンの花の蜂蜜でしたが、
こちらもそれだけで食べても、
とっても美味しかったです♪

デザートに、
IMG_3474_20100228061150.jpg
シャーベット

何のシャーベットか忘れましたが、
甘酸っぱく口の中を
さっぱりとしてくれます。
この後に出てくるワインとの相性も
ばっちりでした^^

デザートワインとして出していただいたのがこちら、
IMG_3471_20100228061150.jpg
ブライダ モスカート・ダスティ ヴィーニャ・センツァ・ノーメ 2006

こちらのワイン、発泡があり、
マスカットやピーチのようなさわやかな甘さが心地よく、
甘酸っぱいシャーベットとの
相性が抜群でした^^
夏の暑い日にさらりといただきたい、
そんな素敵なワインでした♪

そして最後は、
IMG_3476.jpg
エスプレッソ

エスプレッソをいただいて、
会も無事終了です^^

IMG_3473_20100228061150.jpg
こうして飲んだワインを並べてみると、
それぞれに個性があり、
イタリアワインの奥深さを、
改めて感じました^^
ラベルも素敵なところが、
イタリアらしくて良いですね^^

今回の食事会、
6名といったこじんまりしたもので、
初めてお会いする方もいましたが、
皆様とても素敵な方々で、
とても楽しい時間を過ごすことができました♪
そして料理、ワインともに素晴らしく、
何より相性が抜群でした^^
さすがはワインと料理のマリアージュを愛する主催者だと
思いました^^
本当に主催してくださったノクターンさん、
お忙しい中参加してくださったアマさんをはじめとした皆様、
そして美味しい料理とサービス、ワインを提供してくださった、
カンティーナ・スズキさんのご夫婦。
本当にありがとうございました^^ 
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。