*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン会 美味しいイタリアンとワインのステキな時間 カンティーナ・スズキ

こんばんはー!
先日母が手術をしたので、
今日はあちこち行ったりして、
一日が終わっちゃいました^^;
まだ切ったところが痛むみたいなので、
早く良くなるといいなぁ。

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は一昨日参加させていただいた、
ステキなワイン会の様子をご紹介します。
今回はいつもお世話になっている方が
主催をしてくださり、
参加者もよくお会いする方ばかり。
まったく気を張らずに
楽しい時間を過ごすことができました^^
そして最初から最後まで美味しい料理と
素晴らしいワイン、そして最後のサプライズと、
本当に大満足のワイン会でした^^
美味しい料理とワインを提供してくださった
お店の名前は、
「カンティーナ・スズキ」さんといいます。

IMG_0732.jpg

名前 カンティーナ・スズキ
住所 北海道札幌市中央区南2条西3丁目カタオカビルB1F
電話 011-222-3026
時間 ランチタイム 11:30~14:30(ラストエントリー13:30)
    ディナータイム 火~土 17:30~22:30(ラストエントリー20:30)
              日・祝日 17:30~21:30(ラストエントリー20:00) 
休み ランチ 月・火・金曜日
    ディナー 月曜日
HP http://www.cantina-suzuki.com/

カンティーナ・スズキさんといえば、
今年の8月に松原農園さんのワインを
飲みに行こうということで
素晴らしいワイン会を開催したお店です。
そのときの様子はこちら
そのとき主催してくださったのが、
今回の主催者なので、
おのずと料理もワインも期待しちゃいます!

IMG_0733.jpg
テーブルセッティングもすでに
完成されており、
わくわくな気持ちが最高潮に達します!

というわけで早速、
いただいた料理とワインをご紹介します^^
IMG_0737.jpg
エンリコ・セラフィーノ ブリュット・ミレジマート・メトード・クラシコ 2001

ピエモンテ州で作られる、
瓶内二次発酵のスプマンテです^^
24ヶ月以上瓶内熟成してから出荷されるという
こちらのスプマンテ。
まだまだ香りに若々しさがありました。
ピノ・ネロとシャルドネが使われているという、
いわばイタリア版シャンパンといった感じですが、
味わいは酸はそれほどきつくなく、
ほっこりとした味わいと甘味を感じます。
ピノ・ネロとシャルドネの比率はわかりませんが、
なんとなくピノ・ネロの割合の方が、
多い感じがします。
時間をかけて味わうと、
よりやわらかい甘味が広がり、
最後の一滴まで美味しくいただけました。

IMG_0742.jpg
季節の野菜のバーニャカウダ

こちらのバーニャカウダ、
とってもきれいなソースがかかっています。
どろっとしたソースも好きですが、
こうしたさらっとした美味しいソースも
スパークリングとの相性も良く、
ステキな一皿でした^^

IMG_0739.jpg
パン

パンが最初に出てきてくれると
本当にうれしいです^^
バーニャカウダソースを
つけて食べることができました^^
その後の料理ともあわせていただくことができ、
とてもありがたかったです♪

IMG_0743.jpg
パイティン ランゲ・アルネイス 2008

こちらもピエモンテ州のワインです。
アルネイスという土着品種が使われているそうで、
その特徴は独特の苦味とのことでした。
実際こちらを飲ませていただくと、
ヴィンテージが若いからか、
その苦味はあまり感じませんでした。
香りがリースリングとも違う、
ケミカル香がして、味わいはとてもすっきりです。
酸も甘味もほどほどに、
仕舞いに若干の苦味を感じます。
この苦味があるから味わいにアクセントがついて、
美味しく感じられました^^
ちょっと道産のワインにも相通じそうな、
そんなイメージがありました^^

IMG_0747.jpg
カソン・ヒルシュプルン コンテスト 2002

アルト・アディジェにある
カソン・ヒルシュプルンという作り手の
フラッグシップというこちらのワイン。
シャルドネとピノ・グリージョが使われています。
香りは華やかな果実の香りとともに、
樽の香りを感じます。
口に含むと酸と果実味とともに、
樽の香ばしい感じが
口の中に広がります。
余韻もしっかりと感じられ、
とても美味しい白ワインです^^
これは、魚料理や軽いお肉でも
あわせることができそうです^^

といって出てきた次のメニューが、
IMG_0751.jpg
ハモンイベリコ・ベジョータ

ハモンイベリコです!
しかもベジョータですよー!
ハモンイベリコはその育て方によって、
ピエンソ(穀物で育てられた豚)
レセボ(イベリコになれなく、どんぐりと穀物で育てられた豚)
ベジョータ(初期飼育以降放牧され、どんぐりのみで育てられた豚)
という3ランクがあり、
ベジョータは最高級品といわれています^^

そんな貴重なベジョータを、
IMG_0788.jpg
こちらのレッグから一枚一枚切り取って、
提供してくれました。
香り味ともにもうどんぐりです!
どんぐり自体は食べたことありませんが、
濃厚な植物性の油の味と香りを感じます^^
めちゃめちゃ美味しいので一枚一枚、
ゆっくり味わっていただいちゃいました^^
先ほどの白ワインとの相性も良く、
この後に出てくるワインとの相性も素晴らしかったです!

その次のワインというのがこちら、
IMG_0757.jpg
エドアルド・ヴァレンティーニ トレッビアーノ・ダブルッツォ 1999

イタリアで最も入手が難しい
トレッビアーノの中の一本らしいです。
そんなことも知らずに、
次のワインを聞いたとき
トレッビアーノだとのことで、
ちょっとがっかりしていたのですが、
香りを嗅いでもうびっくりです!
想像していたトレッビアーノの香りとは、
まったく違いました!
最後の最後まで凝縮したような柑橘系の香りとともに、
昆布やコーヒー豆のような香りがします。
なんとも表現できないのがとても悔しいですT_T
香りがすごいのでどれだけ濃厚なのかと思ったのですが、
味わいはそれほど濃くありません。
口に入れたときに感じる凝縮された出汁のような味と
口からはなに抜ける先ほどの香りはすごいのですが、
余韻がそれほど長くないので、
すっきりと飲めます^^
ですので飲みあきすることなく、
その変化をじっくり楽しむことができました。
これがワインの不思議なところですよねー。
エドアルド・ヴァレンティーニ氏は
2006年に亡くなってしまったそうなので、
もしかしたらこの味は二度と飲めないかもしれないですね。。。
なんとも贅沢なワインを飲ませていただきました。

続いて赤ワインに行きます^^
IMG_0762.jpg
マシャレッリ マリナ・チヴェチック カベルネ・ソーヴィニヨン 2004

こちらも残念ながら、
昨年亡くなられてしまった、
ジャンニ・マシャレッリ氏が作ったワインです。
先ほどのエドアルド・ヴァレンティーニ氏といい、
ジャンニ・マシャレッリ氏といい、
アブルッツォ州はここ数年で非常に素晴らしい作り手が
次々と亡くなられて悲しい限りです。
こちらはマリナ・チヴェチックという畑で栽培された、
カベルネ・ソーヴィニヨンのみを使用したワインです。
2004という当たり年だったので、
まだ早いのかな?と思っていましたが、
まったく問題ありません^^
完熟したカベルネの心地よい香りです。
飲んでみてもまったく青いところが無く、
陽気なイタリア人にぴったりな華やかな味わいが
口にしっかりと感じます^^
けれどもそれほど濃厚ではないので、
すっきりといただくことができました^^

IMG_0766.jpg
エゾ鹿肉のラグーソース

ショートパスタでいただいたエゾ鹿肉のラグーは、
まず、上にかけられたチーズの香りが素晴らしくて、
卒倒しちゃいそうです(笑)
口に含むとチーズと濃厚なエゾ鹿の香りが口から鼻に抜け、
そこにトマトソースが絡まり、
食べた瞬間に美味しいと感じます。
上のカベルネとの相性も良かったです♪
もっと食べたいと思っちゃいました^^

IMG_0768.jpg
マシャレッリ モンテプルチアーノ・ダブルッオ・ヴィッラ・ジェンマ 2003

今回の赤ワインの中で個人的ナンバー1のワインです^^
モンテプルチアーノというと1000円台からあり、
果実味を前面に出して複雑さがないというイメージだったのですが、
見事に粉砕されました。
ヴィッラ・ジェンマという畑100%のこちらのワイン。
香りからしてめちゃめちゃ濃厚です。
果実っぽい香りとともに樽のテイストが、
しっかりと感じられます。
そして口に含むと香りどおりの素晴らしい濃さです。
ほんのりした甘さとともに、
酸味とタンニンが口の中に広がります!
さらに余韻もしっかりと感じられて、
それがとても大きくまとまっているんです。
これはボリュームの大きなワインですねー^^
今飲んでも美味しいですが、
もっと寝かせてみるともっと素晴らしそうです♪
料理との相性も良く、
この後のパスタ、そしてメインにも
ぴったりな一本でした。
素晴らしい一本を飲ませていただきました^^

IMG_0771.jpg
クアットロ フォルマッジ

4種類のチーズが入ったこちらのパスタ^^
もう香りからして悶絶ものです”
口に含むと、癖のあるチーズの味わいが、
パスタに絡まりもうたまりません!
上のモンテプルチアーノと合わせると、
最高のマリアージュでした^^

赤ワインの最後を飾るのは、
IMG_0772.jpg
ピラ・ルイジ バローロ・マルゲリア 1997

ピエモンテ州を代表するワイン、
バローロです!
ネッビオーロから作られるバローロは、
若いとタンニンばかりが主張されて、
あまりその味わいを感じられないのですが、
こちらのバローロはそのタンニンが
ちょうど良い塩梅になっており、
そのほかの酸や果実味もしっかりと
感じることができました。
余韻もその柔らかい感じにもかかわらず、
長く感じられ、
とてもきれいなバローロでした。
新しいバローロ像を見つけることができ
とても素晴らしかったです^^

そして楽しみにしていためいんがこちら!
IMG_0777.jpg
ミラノ風ポークカツレツ

前回もいただいて大感激した、
こちらの一品。
しっかり叩かれて柔らかくなったホエー豚が、
チーズの入った衣に包まれています^^
一口食べるとチーズと衣のカリッとしたところと、
中のお肉のジューシーさのギャップが、
めちゃめちゃ美味しいです!
もう、あっという間に食べちゃいました^^
きれいなバローロとの相性も良く、
やっぱり大感激な一品でした^^

食事の後はやっぱりデザートです。
IMG_0779.jpg
ドルチェ・ミスト

蜂蜜のかかったアイスは
とってもさっぱり♪
そしてチーズクリームが乗っかったケーキは、
とっても濃厚♪
この味の差がとても美味しいんです♪
最後にさっぱりとしたイチゴをいただくと、
口の中もさっぱりしてくれました^^

食後はいつもはコーヒーをいただくのですが、
こちらのお店では前回に引き続き、
IMG_0783.jpg
オレンジジュース

こちらのオレンジジュースをお願いしました^^
本当にオレンジをそのまま絞ったような
さわやかな酸味と甘味は、
ほかではなかなか味わえない素晴らしさです^^
デザートとの相性も良く、
お互いに邪魔しない組み合わせでした^^

と、今日の内容は以上で終了だったのですが、
サプライズは最後に待っていました。
私もお店に来てから気になっていた、
あれを出してもらったんです!
IMG_0780.jpg
ロマノ・レヴィ ハーブ入りグラッパ

IMG_0782.jpg
ロマノ・レヴィ グラッパ

IMG_0786.jpg
ロマノ・レヴィ グラッパ

ロマノ・レヴィのグラッパですよ!
ロマノ・レヴィ氏といえば、
一つ一つラベルにいたるまで手作りで作っている
グラッパの作り手です。
一度飲んでみたいと思っていたのですが、
まさかこの日飲めるとは思っても見ませんでした^^
味わいはもうこれまでの食事とワインを忘れちゃいそうなほど
濃厚な味わい^^
のどに刺さるようなアルコールが、
とても心地よいです^^
ハーブ入りは頭がすっきりするようなさわやかだけども
濃厚な味わいで、
もう感謝感激です!
ラベルも本当に手書きでかわいいですよねー^^

最後に今回のワインたちをまとめて写真撮りましたが、、
IMG_0787.jpg
改めて写真を見てみると、
ピエモンテ州とアブルッツォ州が中心となっており、
まるでひとつのストーリーを見ているようでした。
ピエモンテ州のこだわりの作り手や、
アブルッツォ州の故人が作っていたワインを楽しむことができ、
本当に本当に素晴らしかったです。
もちろん料理もそんなワインに負けることなく、
どの料理も本当に素晴らしく、
久しぶりにきちんとしたイタリアンを
楽しんだような気がしました^^
そんなワインや料理を提供してくださった
カンティーナスズキさん、
本当にありがとうございました^^
そんなワインや料理を美味しく食べることができたのも、
笑いが絶えないステキな方々との会話が、
あってこそです^^
最高の思い出となりました♪
ご一緒させていただいた皆様、
そして何より、素晴らしい会を主催してくださった、
Nさん。
本当に本当にありがとうございました^^
また、みんなでワイン会したいですね♪
よろしくお願いしますー!

明日は先日初めてお伺いした
ステキなビストロをご紹介します^^
お楽しみにー!

今日はお酒の感想も書きますよ^^
まだまだヌーヴォー紹介しちゃいます!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。