*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン会 ワイン会「2大テーマでワインを紐解く」に参加してきました マトゥーロ

今日から地方に出張に来ていますー!
出張は何かと大変ですが、
地元のお店に行ける楽しみもあります^^
今日も地元の美味しいお店に
行くことができたので、
また後日ご紹介しますねー♪

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は先月末に参加させていただいた、
ワイン会の様子をご紹介します♪
私は結構あちこちのワイン会に
顔を出させていただいているのですが、
こちらのワイン会はワインの勉強、
味覚の鍛錬という意味では、
一番お世話になっているワイン会なんです。
今回も、普段飲まないようなワインを
沢山飲ませていただきとても勉強になりました。
さらに今回はちょっとしたサプライズで、
いつも大変お世話になっているMご夫妻に
お礼をこめたワイン会にしようということになっていました。
そんな素敵な会が開催されたお店は、
「マトゥーロ」さんです。
IMG_7870_20091002010106.jpg

名前 マトゥーロ
住所 北海道札幌市中央区南1条西1丁目13-5
電話 011-241-0707
時間 ランチタイム 11:30~15:00 (ラストオーダー)
    ディナータイム 火~土 17:30~22:30 (ラストオーダー)
              日・祝日 17:30~22:00 (ラストオーダー) 
休み 月曜日
HP http://www.vin-maruyamaya.com/maturo/

とってもシックな店内が素敵な、
マトゥーロさん。
この日も店内に入ると、
IMG_7873_20091002010103.jpg
素敵なテーブルの上に、
セッティングがされていました。

さらに参加者一人ひとりに、
IMG_7876.jpg
とてもわかりやすい資料が、
配られました^^
こうした資料があると、後で見直したり、
ブログを書くときに便利なので、
とってもありがたいですね♪

今回のワイン会は、
「2大テーマでワインを紐解く」
というテーマで行われました。
まず白ワインは、
「ヴォドピーヴェッツの世界観」
ということで、
フリウリの新進気鋭の作り手さんのワインを
3本飲み比べです。
そして赤ワインは、
「ヴィンテージチャートは必要か?赤ワイン編」
ということで、
一般的に不作といわれた2002ヴィンテージのワインを飲んで、
ヴィンテージより作り手に焦点を当てることの重要性を
学ぶというものでした。
どちらも私にはあまり縁のない、
イタリアワインとテーマということで、
とても勉強になりました。

時間となり会のスタートです。
最初のワインをご紹介しますー!
IMG_7884.jpg
ヴォドピーヴェッツ ヴィトフスカ 2004 ノーマル

口に含んだ瞬間にそれとわかるミネラルが、
口の中全体に広がります。
ほのかにタンニンのようなものも感じ、
余韻もかなり長く続きました。
ダイヤモンド酒造さんの「黄金の甲州」と、
若干似たテイストを感じました。
聞くと「黄金の甲州」と同じく、
白ワインの発酵を醸し発酵で行ったとのことでした。

料理も一品目です。
今回料理名がわからないので書いてません、ご了承ください^^;
IMG_7881.jpg
前菜

プリップリの豚肉を使った、
テリーヌです。
お肉の味わいが素直に口に広がり、
ミネラルが強い今回の白ワインたちとも
相性ばっちりでした^^

そんな前菜と一緒に、
IMG_7883_20091002010053.jpg
パン

こちらのパンを一緒に食べると、
これまた最高です!
ふわふわのパンは、
この後に出てくる料理とあわせても、
素晴らしい味わいでした^^

白ワインのメインともいえる1本の登場です!
IMG_7886.jpg
ヴォドピーヴェッツ ソーロ 2004

こちらのワインは、もともと岩盤だった土地を
岩盤を破壊してブドウ畑にしたそうです。
ですので、岩盤の隙間に根が入りこみ、
素晴らしい味わいのワインとなっているそうです。
まず、香りが1本目よりも
刺激を感じるぐらい濃い感じです。
口に含むと、最初口当たりがよいのですが、
その後に怒涛のミネラルが押し寄せます。
そしてそのミネラルが口の中にずっと残っているんです!
もちろんミネラルだけでなく、酸や苦味があるから、
飲み飽きたり嫌になったりしません。
この味わいはすごいと思いました^^

続いての料理は、
IMG_7889.jpg
オムレツ

オムレツの登場です。
表面カチッとして中が
ふんわりしたこちらのオムレツ。
味もしっかりしていて、
これだけでも楽しめますが、
ワインと一緒に食べると、
最高な一皿です。
ソース自体が素晴らしい香りで、
味わい深く、キッシュとの相性も良く、
パンにつけても最高でした。

白ワイン最後です。
IMG_7891.jpg
ヴォドピーヴェッツ ヴィトフスカ 2005 アンフォラ

こちらはアンフォラと言う大きなつぼのようなものを
土の中に入れて熟成させたものとの事でした。
2本目よりはミネラルが弱い感じでしたが、
やはりミネラルを感じます。
ただしこちらは最初に果実から来る甘味と
甘い香りも同時に感じるので、
よりダレにでも親しみやすい感じとなっていました。

続いての料理は、
IMG_7893_20091002010139.jpg
牡蠣を使ったパスタ

いよいよシーズン突入の牡蠣を使ったパスタです。
ローズマリーがとても効いていて、
華やかに香ります。
牡蠣のエキスがパスタ全体に絡んでいて、
口に含むとローズマリーの香りと海のエキスを
両方感じられる素晴らしい一皿でした。
底に残ったソースをパンにつけると、
また美味でした^^

いよいよワインは赤に突入です。
IMG_7895_20091002010136.jpg
レ・トラーメ ボンチエ 2002

こちらはサンジョベーゼらしいキャンディのような、
甘酸っぱい味わいを感じます。
余韻もそれほど長くなくさっぱりといただけます。
ちょっぴり冷やして飲むとよさそうかも^^
正直、白ワインがミネラルのオンパレードだったということもあり、
ちょっぴり物足りない感じだったかも。。。
たぶんこの一本だけ飲むと、
素晴らしいキャンティだったんだと思います^^;
ちなみにこちらのワインの名前、
日本語で5点を意味してイタリアでの落第点を表しているそうです。

続けて2本めいっちゃいます!
IMG_7897_20091002010132.jpg
パラディーゾ・ディ・マンフレディ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2002

こちらは素晴らしい一本です!
赤1本目よりもアルコール由来なのか、
甘さを感じました。
しかしその甘さもただ甘いだけではなく、
その後ろ盾として完熟した葡萄から来る、
柔らかなタンニンとほのかな酸があるので、
素晴らしい調和となって、
口の中一杯に広がります。
その味わいが余韻となってどこまでも続くのが、
本当に感激でした。
2002だからこそ、
今が飲み頃の美味しさだったのではないでしょうか?

料理もメインの一皿です^^
IMG_7899_20091002010231.jpg
豚肉のロースト

この豚肉とっても美味しいですー!
とっても柔らかく、とってもジューシーなんです^^
噛めば噛むほど、
口の中に豚肉の甘さが広がり、
豚肉の美味しさを再認識させてくれました。
牛肉に比べると低く見られがちな豚肉ですが、
こんな素晴らしい料理もあるということを
みんなに教えてあげたい、
そんな美味しい一皿でした^^

赤ワインも最後の一本。
IMG_7904_20091002010222.jpg
アッコマッソ バローロ ミエヴィーニェ 2002

上二本の赤に比べると、
確実に濃いタンニンを感じます!
ですが、バローロにありがちな
野暮ったい濃厚なタンニンではなく、
柔らかさをタンニンの中に感じます。
そこにはタンニンだけでなく、
ほのかな酸と甘みもありその味わいが
見事に調和が取れていて、
私の個人的な濃い美味しい赤ワインの熟成指標の
醤油っぽい旨味をこちらのワインからは感じることができ、
自分の好みの味で、
バローロの印象が変わる一本でした。

とワインはここで終了だったのですが、
オータムフェストを終えたOさんも駆けつけてくださったので、
Mさんがお店のワインを購入して、
みんなに振舞ってくれました。
結局今回も、Mさんにお世話になってしまいました^^;
いつも本当にありがとうございます。

みんなでいただいたワインがこちらです。
IMG_7901_20091002010228.jpg
IMG_7902_20091002010225.jpg
ラディコン オスラーヴィエ・リゼルヴァ 1998 

噂に聞いたラディコン、
ついに飲むことができました。
色からしてロゼ?というような濃い色をしており、
バニラ?ミネラル?
白ワインとは思えないような濃い香りをしています。
飲むと酸とミネラルがしっかりしており、
さらになぜかタンニンも感じられます。
白ワインという概念では捉えられない、
素晴らしい一本でした。

料理はデザートに突入
IMG_7906_20091002010218.jpg
マンゴーを使ったデザート

こちらのマンゴーを使ったデザート。
口に含んだ瞬間にマンゴーとわかる、
濃厚な味わいがたまりません。
そして驚くべきは、
そのまま食べても美味しいこちらのデザート、
この後ご紹介するワインと一緒に食べると、
味わいが2倍3倍も美味しくなるんです!
素晴らしいマリアージュでしたー^^

そのワインというのがこちら。
IMG_7908_20091002010215.jpg
フランク・コーネリッセン ムンジェベル・ビアンコ N.V

グラスを近づけた瞬間から感じる
刺激的な香り。
口に含むと鼻に抜けていきます。
味わいも舌にぴりぴり来るほどの
濃厚な味わいなのですが、
マンゴーのデザートと一緒に飲むと、
その刺激が和らぎ、
二つの味が見事に合わさり、
口の中一杯に広がっていくのです。
マリアージュの大切さを学んだ、
素晴らしいワインでした。

美味しいワイン会の最後は
IMG_7909.jpg
エスプレッソ

美味しいエスプレッソで、
口の中もさっぱりして、
ワイン会終了です。

こちらが、
IMG_7913.jpg
今回飲んだワインたちです。
個人的には、
白はソーロとラディコン、
赤はブルネッロとバローロが、
好みの一本となりました。

どれもが個性的で素晴らしいワインで、
なかなか自分で飲むことが無いワインばかりだったので、
とっても勉強になりました^^
本当に企画してくださった皆様、
ご一緒させていただいた皆様。
美味しい料理とサービスを提供して下ったマトゥーロの皆様。
本当にありがとうございました!
次回開催も、楽しみにしてますねー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。