*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン ヴァンサン・ドニ・ベルトー ジュヴレ・シャンベルタン クロ・デ・シュゾー 2003

今日のお酒の感想は、
ブルゴーニュの村名ワインです^^

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日ご紹介するワインは、
「ヴァンサン・ドニ・ベルトー ジュヴレ・シャンベルタン クロ・デ・シュゾー 2003」
です。

こちらの作り手は、初めて聞いた名前ですが、
実はブルゴーニュの大地主であるメルシェ家から、
ジュヴレ・シャンベルタンの土地を借りて、
ワインを造っている作り手さんです。
そうして借りた土地から出来たワインの一部を、
メルシェ家の営んでいるドメーヌ、
「ドメーヌ・デ・シェゾー」に現物提供されています。
この制度はメタヤージュと呼ばれ、
同じドメーヌ デ シェゾーとメタヤージュをしている作り手として、
あの有名なドメーヌ ポンソがいます。
この話は漫画ソムリエールの1巻第1話に紹介されています。
そんな実は作り手さんの村名ワイン、
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_7997.jpg
IMG_7971.jpg

ヴァンサン・ドニ・ベルトー ジュヴレ・シャンベルタン クロ・デ・シュゾー 2003

飲んだ日 2009年8月22日
買った店 寿屋
値段 ???円
ブドウ品種 ピノ・ノワール

抜栓直後に飲んだときには、
ジュヴレ・シャンベルタンらしい力強さを感じる一方、
結構酸が強い印象がありました。
香りもベリー系と樽の感じがマッチングした感じですが、
まだまだ閉じている感じでした。
その後、2時間ほど待ってから飲んでみると、
イメージが一変。
力強さもありながら、酸が穏やかになり、
とてもエレガントな味わいになっています。
香りもベリー系の甘酸っぱいものだけでなく、
花のような華やかな香りも感じ始めました。
まさにワインが開いた瞬間でした。
興味を持ってさらに数時間経ってから飲んでみると、
さすがに先ほどまで感じた、華やかさやエレガントさは
薄れていましたが、
まだまだ素敵な味わいでした。
2003なので、抜栓直後でもいけるかと思いましたが、
まだまだ若く閉じていました。
改めて、早めの抜栓の意味や、
でキャン他の必要性がわかる良い勉強材料となりました。
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。