*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン 月浦ワイン ミュラートゥルガウ 2007

今日は久しぶりにお酒の観想書きます♪
今日ご紹介するのは、
私がワインを好きになるきっかけとなった思い入れのある
国産ワインです。

今日ご紹介するのは、
「月浦ワイン ミュラートゥルガウ 2007」
です。

こちらのブログでは、
すでに何度かワイナリーの様子をご紹介していますが、
月浦ワインさんは、
洞爺湖のほとりに自社畑を持ち、
そこからのブドウのみを使用して醸造しています。
私がワインにはまったのは、
札幌のミクニで、こちらのワインを購入し、
飲んでその華やかな香りと
酸の効いた辛口の味わいに感動しました。
そして同じ時期に、松原農園の松原さんとお会いし、
その人柄に触れ、
同じミュラートゥルガウを使ったワインを飲み、
同じ品種でこうも味わいが違うのか、
と衝撃を受けたのが、
現在まで続くワインにはまるきっかけでした。
今回はその原点とも言える、
こちらの月浦ワインの現行ヴィンテージを飲んでみました。
いったいどんな味だったでしょうか?

IMG_8817_20090827091538.jpg
IMG_8014_20090827091539.jpg
月浦ワイン ミュラートゥルガウ 2007


飲んだ日 2009年8月24日
買った店 月浦ワイン直営店
値段 2205円
品種 ミュラートゥルガウ

ラベルがとっても素敵なこちらのワイン。
ほとんど無色で、まるで水のような感じです。
しかしグラスを近づけると、
ミュラートゥルガウらしい華やかだけども
少し内に向いたようなこもった香りが漂います。
そして口に含むと、
月浦ワインさんのひとつの特徴である、
きれいな酸を感じます。
通常ミュラートゥルガウは中口か、
やや甘口に作られることが多い中で、
本当にこの酸が絶妙な感じで、
飲む気を増幅させるぎりぎりのラインを保っています。
とはいっても、実は発売されてから1年近くたっているんで、
熟成により、私の印象よりは少し酸が弱くなっています。
ただ酸が強いだけだと、
すっぱい感じになってしまうのですが、
月浦ワインさんのミュラートゥルガウは、
ここから飲み干すまでに、
苦味・甘味を感じ始めます。
この過程は、いつ飲んでも
本当にすばらしいと思います。
そして余韻にはやはり酸と少しの苦味が残り、
心地よい余韻を楽しませてくれます。
個人的には少し冷やし目で飲み、
徐々に温度を上げていく飲み方をお勧めします!
今回もとってもおいしくいただけました。
そろそろ2008ヴィンテージも出ると思うので、
また、買って販売直後の味を
確かめてみたいと思いますー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。