*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン会 第4回ジャズワイン会に行ってきましたー! なみ喜

こんばんはー!
今日は夜にお出かけがあるので、
ブログは予約投稿です^^;
コメントのご返事遅くなりますが、
お許しくださいー!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は昨日ご案内したとおり、
なみ喜さんで開催されたジャズワイン会の様子を
ご紹介します^^
今回で第4回となるジャズワイン会。
私は前回、第3回から参加させていただいていますが、
そのハイクオリティなワインと料理と音楽に
大満足な一夜でした。
第3回ジャズワイン会の様子はこちら
前回は自然派がテーマでしたが、
今回はブルゴーニュの「ムルソー村」がテーマとのことで、
出てくるワインすべてムルソーのワインでした^^
ムルソーといえば白ワインが有名ですが、
赤ワインやスパークリングもあったんです!
もうそれだけで、目からうろこでした^^;
もちろん白ワインもすばらしいワインの数々。
そして料理もジャズもやっぱり最高でした!
改めまして開催されたお店は、
「なみ喜」さんです。

IMG_6499.jpg
外観写真撮り忘れたので前回と同じでごめんなさい^^;

名前 なみ喜
住所 北海道札幌市北区北二十四条西13-2-1
電話 011-746-0156
時間 11:00~21:00
休み 木曜日
HP なし

この日もお店に入ると、
すでに準備も万端。
SBCA0001.jpg
今日のメニューとワインの説明、
すばらしいグラスが用意されていました^^

早速時間となり、
ジャズも流れ始めます。
今回演奏してくださったのは、
SBCA0006.jpg
こちらの三名^^
前回のメンバーとはまた違うパワフルさがあり、
とてもすばらしかったです!
思わず、料理やワインの手が
止まってしまいました^^
特にサックスの女性の方は、
その小さな体のどこにそんなエネルギーがあるの?
というぐらいすばらしい演奏で、
今回も大満足な音楽でした^^

それでは早速飲んだワインと食べた料理を
ご紹介します^^
感想については主観的であり、
後半酔っていたので、記憶があいまいなのを、
ご了承ください。
SBCA0002.jpg
先付 湯葉の冷製そばの実あんかけ

口に入れた瞬間、そばの香りが
口に広がります。
湯葉の食感もとても良く、
食欲倍増となる素敵な先付でした。

最初はやっぱり泡じゃなきゃ、
ということで、
SBCA0004.jpg
フランソワ・ミクルスキ クレマン・ド・ブルゴーニュ N.V

ムルソーにあるワイナリーのスパークリングです。
酸が結構強く、シャルドネが多いのかと思ったら、
ピノノワールのほうが多いとのこと。
ピノノワールのほっこり感や、
シャルドネのナッツ感が無いのは、
熟成期間がシャンパーニュより短いから?
夏の暑い日にぜひ飲みたいスパークリングでした。

2杯目はブラインドでした^^;
またもやさっぱりわからず、
後ほど正解書きますね♪

続いて料理2皿目
SBCA0007.jpg
前菜 はんぺんときゅうりのサラダ ゴーヤの酢の物 サモサ
    牛たたき 塩辛ポテト カマンベールの味噌漬け 他

いつもながら、前菜から素晴らしすぎます!
これだけでワイン何杯楽しめるんだろう?
というぐらいの充実振りです。
どれもおいしかったのですが、
サモサと塩辛ポテトが私の好み♪
とってもおいしいー!

そしてワインはムルソーが続きます。
SBCA0008.jpg
フランシス・ジョバール ムルソー・ポリュゾ2000

初めて聞く造り手さんですが、
樽の香りと熟成香が良く出ています。
そちらの印象が強いからか、
酸やミネラルはほどほど感じる程度で、
あまり強くありませんでした。
個人的には、
香りを楽しむためのワインといった感じでした。

続いて登場は、
SBCA0009.jpg
アニエス・セバスチャン・パケ ムルソー2006

こちらのムルソー、
めちゃめちゃおいしいです!
ヴィンテージが新しいからか、
造り手の個性なのか、
果実味ドーン!
といった感じの甘酸っぱさを感じ、
おっかけミネラルを強く感じます。
余韻に苦味も少しあり、
葡萄の隅々の味をワインに表したといった感じで、
私的にとてもわかりやすいおいしさでした音符

料理も続きます!
SBCA0010.jpg
お野菜 夏野菜のオイスター炒め

ほっとするおいしさですー!
野菜そのものの味を活かすために、
オイスターの味も弱めとなっており、
おいしくいただきました。

ワインは案内に無いものが出てきました^^
SBCA0012.jpg
アルベール・グリヴォー ムルソー・ペロエール2006

こちらもミネラルが強く、
葡萄の味わいを引き立てている感じです。
パケのムルソーとの比較が面白く、
とてもおいしかったのですが、
この辺でムルソーの特徴が
逆にわからなくなってきました^^;
同じムルソーでこうも違うとは^^;

お造りもおいしそうです!
SBCA0013.jpg
お造り 本日のお造り(万両さんより)

何のお魚か聞くのを忘れちゃいましたが、
すべて違ったニュアンスのお魚で、
ワインとともに口に入れたときの味わいの違いが、
面白かったです。
白身魚は白ムルソー、
赤身魚は赤ムルソー、
青魚はうーん個人的にマリアージュがわかりませんでした^^;

次は地味に楽しみにしていた一本
NEC_0014.jpg
フレデリック・コサール ムルソー・ナルヴォー2006

有名な自然派のコサール氏のムルソーです。
ほんの少しにごりがありますが、
還元香はあまりしません。
ちょっと癖があり、上2本とは違うテイストです。
コサールワールド全開といった感じで、
好きですねー!

続いて同じ作り手のムルソー赤白の飲み比べです。
NEC_0015.jpg
作り手さんは、ジャック・プリウールです。

まずは白のムルソー、
NEC_0016.jpg
ジャック・プリウール ムルソー・クロ・ド・マズレー2005

私の中のスタンダードムルソーになりそうな1本。
果実味もそこそこ、
そしてミネラルもはっきりと感じることができ、
誰もがおいしいといいそうな、
素敵なムルソーでした。

そして赤のムルソー、
NEC_0017.jpg
ジャック・プリウール ムルソー・クロ・ド・マズレー・ルージュ2005

ムルソーの赤は初めて飲みましたが、
めちゃめちゃおいしいです!
2005と若いのでまだ閉じてるかなー?
と思ったのですが、
なんもなんも、お花畑が広がってます。
味わいもわかりやすいぐらいにぐいぐい出てきて、
若さを感じますが、とってもおいしいです!
赤身魚のお刺身との相性が、
とても素敵でした♪

そして、
ここでブラインドの正解です!
正解は、
NEC_0018.jpg
ドミニク・ローラン ムルソー・レ・フォルジュVV2002

樽のテイストが熟成した香りがしたので、
もっと古いワインなのかと思ったら、
2002なんですねー!
色も濃かったので、まったくわかりませんでした、
反省^^;
でも、この熟成したのに、
しっかりとした味わいが残っているのは、
骨格がある良いワインの証拠なんだと思います。
素敵なワインでしたー!

料理はお肉となります。
NEC_0019.jpg
お肉 鶏肉ときのこのソテー

こちらの料理、私のベスト1です!
味がとってもよいのですが、
なにより、白ワインとも赤ワインとも
相性が良いんです。
ムルソー特集ということで白が多い今回でも、
充分マリアージュを楽しませてくれる、
すばらしい一皿でした^^

そして合わせたワインは、
NEC_0020.jpg
ピエール・モレ ムルソー・レ・デュロ・ルージュ2004

こちらもとても素敵な赤です。
香りは先ほどがお花畑だとしたら、
さわやかな花束といった感じで、
味わいはとてもわかりやすい
なじみやすい甘酸っぱさを感じます。
もしかするとこちらのワインが、
ムルソーのスタンダード赤なのかもしれません^^
こうしたすべてがほどほどあるワインって、
実はなかなかないんですよね♪

それに比べて、
NEC_0021.jpg
コシュ・デュリ ムルソー・ルージュ2003

こちらはとても難解なムルソーです。
やっぱりムルソーの定義がわからなくなりそうです。
力強い感じがあるのですが、
それほどぐいぐい引っ張られる味ではなく、
なんとも表現に難しいワインでした^^;
(酔いが回ってきただけです^^;)

再び白に戻って、
NEC_0022.jpg
コント・ラフォン ムルソー2002

こちらのムルソー、
とっても良いですねー!
2002なのにまだまだ若い感じです。
酸味苦味ミネラルすべてが合わさると
こんな味になるの?
といった感じで、探検したくなる味わいでした。

同じビンテージの
NEC_0023.jpg
モレ・ブラン ムルソー・ポリュゾー2002

このあたりに、主催してくださった方の
すばらしいセンスを感じます。
複雑なコント・ラフォンに比べて、
こちらはザ・ムルソーといった感じの
中庸的な味わいを感じます。
赤のピエール・モレでも感じた、
トヨタ的ワインを白でも体現できました。

そしていよいよラインナップを見て楽しみだった、
NEC_0024.jpg
ルロワ ムルソー・ジュヌブリエール1999

私ルロワ苦手なのかも・・・。
家でブルゴーニュブランを飲んだときも
感じたのですが、
何か物足りないのです。
私の舌が繊細な味わいを感じられないだけだと思いますが、
ルロワという名前ほど、
あまり引き込まれませんでした。
ルロワには赤キャップというドメーヌものもあるらしいので、
苦手かどうかの最終判断は、
そちらを飲んでからにしたいと思います。
ちょっとがっかり^^;

そして、楽しみにしていた
NEC_0025.jpg
揚物 本日の天ぷら

てんぷらですー!
なみ喜さんのてんぷら、
カリッと揚がっていて油っぽくなくて、
とってもおいしいんです!
今回もどれもおいしかったのですが、
かき揚げがとっても好みでしたー!

ここからすばらしいワインが続きます!
まずはじめに
NEC_0027.jpg
ニコラ・ポテル ムルソー・ペリエール1990

20年近くたっているのに、全然へこんでません。
むしろ20年経過したからこそ味わえる
熟成したまろやかさは、すばらしいです。
やはりすばらしい骨格があるからこそ、
熟成させることができるという自分の考えどおりの結果に、
なんだか嬉しくなりました^^

そしてやっぱり大好き、
NEC_0029.jpg
ドメーヌ・ルフレーヴ ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌ2005

ルフレーブのムルソーです!
私やっぱりルフレーヴが大好きでした^^
でも、ムルソーらしさといわれると???と思うかも。
ルフレーヴのワインは全部ルフレーヴなんです^^
樽のテイストと圧倒的な旨みが支配しており、
テロワールというものの違いが私の馬鹿舌には、
感じられません^^;
でも大好きなので問題なしです♪
今回個人的ナンバー1です!

料理も待ちに待った
NEC_0030.jpg
食事 そば

なみ喜産の板そばです!
味わい食感やっぱりすばらしいです。
特に口でかんだ瞬間に広がるそばの風味は、
ほかではなかなか味わえないおいしさです!
お腹いっぱいのはずなのに、
ついたくさん食べちゃいました^^
プラス、蕎麦湯も濃厚な感じで、
やっぱり最高のおいしさでした!

いよいよ赤のメイン的一本です。
NEC_0031.jpg
フランソワ・ミクルスキ ムルソー・カイユレ・ルージュ2004

こちらのワイン、
めちゃめちゃ深いです。
表層的な部分だけを見てしまうと、
ブルゴーニュの若さが目立つのですが、
深く探ると、さまざまなテイストがちらりちらりと
出てくるんです。
この日は最終電車が迫っており、
すぐに飲んでしまいましたが、
これは時間をかけて飲みたいワインですねー!
一本のワインを楽しむすばらしさを
体現できそうなそんなワインでした。

そして白の一本は、
NEC_0032.jpg
アルベール・グリヴォー ムルソー・クロ・デ・ペリエール1999

こちらも不思議な一本です。
10年経過した割にはとても若いのですが、
若さの中に熟成らしさもほんのり感じます。
説明書きにはモンラッシェと比べられると書いてありましたが、
確かにギュッと圧を加えたような
果実味もありながら、
10年経過したことによるまろやかさも併せ持っており、
見た目若い熟年なのか、
ふけた若者なのか、
ブラインドで出されると
答えづらいだろうなぁという感じのワインでした。

と、ここで無念の時間切れ。
会の途中ですが、
お暇させていただきました。

今回のジャズワイン会は、
ムルソー特集ということで、
いまいち特徴をつかめていないムルソーの特徴を
つかもうと思い参加させていただきましたが、
同じムルソーでもこうも違うのか!?といった感じで、
逆にわからなくなったかもしれません^^;
ですが、これがワインの面白さですよね。
こうだと思っている固定概念を
簡単に崩させてくれるワインとの出会い、
とてもすばらしかったです。
そして料理もジャズもいつもながら本当にすばらしく、
ぎりぎりの時間まで、
楽しませていただきました^^

会を主催してくださり、
すばらしいワインと料理を提供してくださったTさんご夫妻を始め、
すばらしいジャズを演奏してくださったお三方。
そして、楽しい会話を楽しませていただいた
ご一緒した皆様。
この場を借りて厚くお礼を申し上げます。
本当に素敵な時間をご一緒させていただき、
ありがとうございました^^
そして次回もよろしくお願いいたします!

今日は頭を使ったので、
お酒の感想はお休み♪
明日から再び地方のお店特集を
書いていきますねー!
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。