*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市 とっても素敵な試飲施設があるワイナリー 余市ワイン

こんばんはー!!
今日は朝から会議で、
午後からはカメラを修理に
札幌駅の北口まで行ってきました^^
今日からいよいよ選挙戦が始まり、
あちらこちらで候補者が名前を連呼してました。
私は今まで、
選挙はすべて参加してきました。
今回ももちろん参加します。
戦前からの民権運動を経て、
ようやく勝ち取った選挙権。
この大事な権利を読んでくださった皆様にも、
ぜひ行使してほしいと思います。

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

昨日からお送りしているオプショナルツアーブログ。
後半戦のスタートです。
昨日ご紹介したおいしい燻製屋さんを
後にして向かったのは、
去年ブランドリニューアルをして、
素敵な試飲施設が完成した
余市唯一のワイナリーです。
今までマイナーな存在でしたが、
試飲施設が完成してから、
訪れる人も増えているという、
これからも楽しみなワイナリーさんです。
訪問したのは、
「余市ワイン」さんです。

IMG_7856.jpg

名前 余市ワイン
住所 北海道余市郡余市町黒川町1318番地
電話  0135-23-2184
時間 10:00~16:00(試飲施設)
休み 無休
HP http://www.yoichiwine.jp/
※ 現在、新型インフルエンザのため工場見学はお断りしているそうです。

余市ワインさんは、「千歳鶴」で有名な
日本清酒さんのワイン部門です。
日本有数のワイン用葡萄の生産地である、
余市にワイナリーを造り、
ほとんどのワインが、
余市の葡萄100%使われています。
日本清酒自体が、
千歳鶴に広告宣伝を集中してきたため、
これまであまり有名ではありませんでしたが、
去年、ブランドイメージを一新して、
ラベルを変え、
今まで来客向けに何も無かったワイナリーに、
試飲施設を建て、観光客にも対応できるようにし、
ワイナリーの復活に向け、
今がんばっているワイナリーです。

上の写真の建物。
タイル張りの素敵な建物ですよねー^^
こちらが去年完成した試飲施設
「ヴァインレーゼ」
です。

早速中に入ってみると、
IMG_7860_20090818064633.jpg
販売されている余市ワインの全種類を買うことができ、

IMG_7861.jpg
奥には休憩スペースとなっており、
こちらでグラスワインや、
おつまみのチーズなどを
いただくことができます。

今回こちらに来たのは、
もちろんこれ、
IMG_7862.jpg
試飲ですー!

こちらの試飲施設では、
すべてのワインを無料試飲することができます。
私は車でしたので、
試飲しませんでしたが、
皆さん試飲で飲み比べをして、
楽しみました^^

こちらの試飲施設の隣には、
IMG_7857.jpg
醸造施設が建っています。

通常なら、こちらの見学もお願いすれば
できるのですが、
実は今、上にも書きましたが、
新型インフルエンザの影響で、
見学をお断りしているそうです。
札幌にある千歳鶴の工場も、
先日立ち寄ったら同様の理由で
見学中止していたので、
仕方無いですよね。。。

というわけで、
今回は見学できませんでしたが、
去年見学した様子を
ご紹介したいと思います。

私が見学させていただいたのは、
手前の建物でしたが、
こちらの中に入ると、
IMG_3412.jpg
そこは瓶詰め施設となっていました。

元々日本酒をつめるラインだったものを、
ここに運んで、現在はワインをつめるのに
使用しているそうです。
まず、空き瓶を並べると、
IMG_3408.jpg
こちらでワインが充填されます。

充填された瓶が、
IMG_3410.jpg
こちらでコルクを打たれて、

最後に
IMG_3407.jpg
ラベルを貼って完成とのことです。

余市ワインさんの場合、
ほとんどのワインがノンヴィンテージのため、
常にこちらのラインが動いているのではなく、
商品在庫が無くなりそうになったら、
こちらを動かして、
瓶詰めをして出荷しているそうです。
その方法自体は否定はしませんが、
個人的な考えとしては、
やはり、いつまでもノンヴィンテージでは、
通じないと思います。
せっかくケルナーシュールリーから
ヴィンテージをいれるようにしたのですから、
早くほかのワインもヴィンテージを入れてほしいと
思いました。

そして、2000円台のワインは結構良いものを出しているので、
1000円台のワインももう少し品質が
向上してほしいと思います。
使っている葡萄は、余市産と素晴らしいので、
ぜひ、その葡萄のポテンシャルを引き出すような
ワインを造ってほしいと願ってます。
私も隣町に住んでいることもあり、
個人的に応援しているワイナリーなので、
ついちょっと辛口なことを書いちゃいました^^;

と、本来のツアーの行程はここで終了。
ただ、ちょっと時間が余ったので、
もう一箇所どこかに行こうという事で話し合ったところ、
大事なマイミクさんのYさんが、
素敵な提案をしてくださいました。
電話で確認したところ、
快くOKしてくださり、
早速そちらに向かうことにしました。
どこに向かったかは、次の記事のお楽しみ♪
ではまたー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。