*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン会 とっても勉強になるワイン会に行ってきました マトゥーロ

こんばんはー!
今日は15日のワイン会の
下調べというわけではないのですが、
兄家族と一緒に、
小樽バインさんに行ってきました。
やはり、あの会場はとっても素敵ですね。
ぜひ期待していてくださいー!

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は先日参加させていただいた、
ワイン会の様子を書きたいと思います。
これまで、いろんなワイン会に参加してきましたが、
今回のワイン会、とても勉強となり、
いろいろと考える内容が多いワイン会でした。
ですので、今日のブログは、
皆様に読んでいただきたいという気持ちもあるのですが、
私の考えたこと、学んだことを忘れないための
備忘録的な内容になっています。
読みづらい記述、気になる記述もあるかもしれませんが、
ご了承ください。
ワイン会の会場となったのは、
「マトゥーロ」さんです。

IMG_7609.jpg

名前 マトゥーロ
住所 北海道札幌市中央区南1条西1丁目13-5
電話 011-241-0707
時間 ランチタイム 11:30~15:00 (ラストオーダー)
    ディナータイム 火~土 17:30~22:30 (ラストオーダー)
              日・祝日 17:30~22:00 (ラストオーダー) 
休み 月曜日
HP http://www.vin-maruyamaya.com/maturo/

ワインショップMARUYAMAYAさん系列の
こちらのイタリアンのお店。
以前から一度来てみたいと思っていたお店でした。
ですので、今回おいしいワインも飲めて、
おいしい料理も食べられるということもあり、
こちらのワイン会に参加させていただきました。
IMG_7610_20090813060503.jpg
テーブルセッティングもすでに終わっており、
いつでもスタートの準備万端です^^

今回は、最近ワイン会でご一緒させていただく方の
持ち込みのワイン会ということで、
とても楽しみにしていました。
というのもそちらの方は本当にワインに詳しく、
こだわりをもっていらっしゃるんです。
そんな素晴らしい方が持ち込むワインですので、
素晴らしいに決まってます!
というわけで今回のラインナップはこちら、
IMG_7644.jpg
ちょっとぼやけてわからないですね^^;
テーマは、同じ作り手の飲み比べということで、
4つのカテゴリーに分かれていました。
まず泡は、
IMG_7652.jpg
イタリアでもっとも有名な、
フェッラーリ社が造っている
スプマンテの飲み比べ。

そして白が、
IMG_7653.jpg
イタリアのフリウリ州にある、
イエルマンという銘柄の飲み比べ。

今回の個人的メインである赤が、
IMG_7648.jpg
ブルゴーニュのグロフィエの
ACブルゴーニュからグランクリュまでの
飲み比べ。

そして、シークレットワインとして、
学んだことの復習ということで、
他の造り手の赤
IMG_7651.jpg
A&P・ド・ヴィレーヌ
のACブルゴーニュのヴィンテージ違いの飲み比べ。

後、おまけというか、
隣で開催されていたワイン会からの差し入れ品。
IMG_7650.jpg
イタリアのマッサ・ヴェッキアの赤白ワインが、
登場しました。

もう、この内容だけで、
ドキドキワクワクですよね^^
それでは、いただいた料理とともに、
一本ずつご紹介します♪
(味についてはあくまで個人的感想です、ご了承ください^^;)

まず乾杯の一本
IMG_7611_20090813060503.jpg
フェッラーリ ペルレ 2001

きりっとした酸をはじめ感じ、
香りもそれほど強くありませんでしが、
変化を確認するために残したものを
後ほど飲んでみると、
すごい果実味が広がるようになってました。
香りもナッツを感じ始め、
その点では、もう一本のものより、
味わい深い感じがしました。

そしてそのもう一本。
IMG_7617_20090813060536.jpg
フェッラーリ ジュリオ・フェッラーリ・リゼルバ・デル・フォンダトーレ 1997

フェッラーリ者のフラッグシップで、
創業者のジュリオの名が使われたスプマンテです。
こちらは飲みはじめから、濃いです!
ですが、すごい切れが良いです!
まさにブラン・ド・ブランのお手本のような
スプマンテでした。
あまりにも切れが良いので、
余韻という意味では、ペルレのほうが強く感じますが、
スプマンテの出来としては、
やはりこちらのほうが一枚上手といった感じです。

料理もご紹介します。
(料理名覚えてません^^;)
IMG_7613_20090813060504.jpg
白身魚と野菜のタルタル卵黄ソース

こちら、お魚とズッキーニなどの野菜のタルタルで、
卵黄のソースがかかっており、
とてもさっぱりいただくことができました。
上に乗ったうにが良いアクセントとなり、
単調になりがちなさっぱりした味をふくよかなものに
なっていました。

IMG_7616_20090813060504.jpg
パン

こちらのパンもふんわりしていて、
とってもおいしかったです!
最初から出してくれたので、
タルタルの卵黄ソースにつけたり、
いろんな料理と一緒にいただいちゃいました^^

続いての料理は、
IMG_7619_20090813060536.jpg
米茄子とリコッタのオーブン焼き マジョラム風味

こちら見た瞬間、どんな料理か、
想像つきませんでした。
食べるとジューシーな米茄子と、
リコッタチーズの味わいが
口いっぱいに広がります。
みずみずしいおいしい一皿でした。

ワインは白ワインのカテゴリーに入ります。
IMG_7620.jpg
イエルマン シャルドネ 2007

まずはスタンダードということで飲んでみましたが、
いえいえ、こちらもとってもおいしいです。
わかりやすい酸とミネラル。
そして果実味もあります。
ミネラルや酸はブルゴーニュのシャルドネと
勘違いしちゃいそうです^^;
ただ、そこに果実味も感じるところが、
フランス以外?といったイメージを感じさせました。
今の季節に冷やして飲みたいワインです。

続いて楽しみにしていたこちら、
IMG_7622_20090813060537.jpg
イエルマン ワー・ドリームス

こちらのワイン凄いです!
まず香りが素晴らしいです。
樽テイストの香りがグラスから、
そして口に含むと口から鼻に駆け抜けます。
そして味わいは、スタンダードのシャルドネと同じく、
ミネラルと酸を感じます。
ただ、その感じ方が、
圧倒的にこちらの方がしっかりしていて、
さらにその味わいが長く続きます!
イタリアの白ワインで、こうしたワインは、
初めて飲みました。
飲み比べることで、お互いの違いがわかり、
さらに同じ方向性ということが認識できました。

そして白の最後が、
IMG_7623.jpg
イエルマン ヴィンテージ・トゥニーナ 2006

こちらは上のワインとは、
まったく違う味わいです。
香りは青草・ハーブといったソーヴィニヨンブランのような
香りを感じます。
土着品種を含めた5種類が混醸されているそうで、
なるほど、味わいはソーヴィニヨンブランよりも
酸と果実味があり、余韻もワー・ドリームスほどではないですが、
しっかり感じます。
そして温度が上がってくるに従い、
果実味が強まってきた感じでした。

料理も中盤、パスタです。
IMG_7625.jpg
牡蠣を使った手打ちのタリオリーニ

牡蠣の風味が良く出たおいしいパスタ。
何よりタリオリーニの食感がしっかりしており、
牡蠣の濃い味わいに負けない存在感を
示しています。
ワー・ドリームスとの相性が好きでした。

いよいよ今回のメインイベント、
グロフィエの水平飲み比べです。
まずは、
IMG_7626.jpg
ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ ルージュ 2005 

まずはACブルゴーニュです。
前情報で、村名ぐらいのよさはあると聞いていましたが、
まさに言いえて妙。
これはACブルの出来をこえてます。
きれいな酸と果実味がとても心地よいです。
ただ、全体的に表面的で、
グラスからの香りも細いのがACブル?
という感じでした。

続いては、村名です。
IMG_7629.jpg
ロベール・グロフィエ ジュヴレシャンベルタン 2005 

こちらを飲むと、
先ほどのがACブルだというのが、
すぐにわかります^^
こちらは最初から香りも全開で、
ジュヴレシャンベルタンというと、
力強いイメージでしたが、
こちらはとっても華やかな感じでした。
最初はおとなしめだったテイストも
後半テイストが変わってきて、果実味を強く感じ、
とても素晴らしかったです!

そして、プルミエクリュへ。
IMG_7632.jpg
ロベール・グロフィエ シャンボルミュジニー レ センティエ 2005 

もうこの辺りになると、
格がぜんぜん違います。
ファーストタッチからうまみ全開で、
まるでカツオだし?しょうゆ?というようなうまみ成分が、
口の中にいっぱい広がります。
とてもミネラリーな感じで、
後半はやはり果実味を感じます。
ここがグロフィエの共通項なのでしょうか?
今飲んでもおいしいですが、
後数年寝かせると素晴らしいことになりそうな、
予感を感じさせるワインでした。

bonnes.jpg
ロベール・グロフィエ ボンヌ マール 2005 
(写真撮り忘れちゃいましたT_Tどなたかグラスの写真ある方いませんか?T_T)

ここまでくると、もちろん今飲んでもおいしいのですが、
ポテンシャルを内に秘めた状態で、
ワインの中の圧力が高いのでは?
というぐらいに果実味・ミネラル・酸が、
凝縮されています。
一口飲むだけで、このワインの世界が口の中に広がるような、
そんな別格な味わいがありました。
格段においしいというのが素直にわかりますが、
こちらも寝かせてから飲んでみたい一本でした。

そしてそんなワインたちとあわせた
お肉料理がこちら、
IMG_7634_20090813060559.jpg
牛肉のロースト

とても絶妙な火加減で、
生と焼いた中間のような素晴らしい状態で、
出していただきました。
そのまま食べても牛肉のよさを味わえとてもおいしく、
ソースと絡めてもまたおいしかったです。
ただ、今回はワインがあまりにも良いもの過ぎたので、
ちょっと料理が負けちゃっていた感じでした。
グランクリュ並みの料理を求めるほうがこくな話しですが^^;

最後は、復習の意味をこめて、
2本登場です。
IMG_7638_20090813060638.jpg
A&P ド ヴィレーヌ  ブルゴーニュ ルージュ 1999 

DRCの共同経営者である、オベール・ド・ヴィレーヌ氏の
プライベートドメーヌのACブルです。
個人的な印象なので笑わないで欲しいのですが、
こちらのワイン、グラスからも飲んだ口から鼻に抜ける香りも、
青のりっぽいんです^^;
青のりと海のミネラルが乾燥した香りのような感じなんです。
1999ということで、すでに良い感じに熟成されており、
香り味ともにピークの感じでした。
グロフィエレベルで行くとどの辺りか?ということだったので、
私的には、村名クラスかな?と思いました。

そしてもう一本が、
IMG_7641.jpg
A&P ド ヴレーヌ  ブルゴーニュ ルージュ 1993

同じ造り手の、ヴィンテージ違いです。
こちらは、ピークを少し下ったのか、
香りもあまり経たず、飲んでも余韻がすとんと落ちる感じでした。
だからといって枯れた感じではなく、
枯れたブルが好きな私には、
ちょうど中途半端な枯れ具合でした。
もっと寝かせると枯れた感じが進み、
腐葉土とか、その辺が出てくるのかな?
と思ってます。

料理も最後です。
IMG_7643.jpg
桃のコンポート

こちらのデザートとってもさっぱりしていて、
おいしいですね^^
口の中をリセットしたような感じで、
食後、ワイン後にぴったりでした。
下についているコンポートしたときの煮汁を
シャーベットにしたものもとても冷たく、
おいしかったです。

おまけ
隣でたまたま開催されていたワイン会のワインのおすそ分けをいただきました。
IMG_7636.jpg
マッサ・ヴェッキア ラ・フォンテ・ディ・ピエトラルサ

イタリアの自然派の造り手さんのワインとのことで、
まさにビオ項を感じます。
ただ飲んでみるとさほど気にならず、
優しい味わいです。
ただ飲んだ後にもやはりビオらしい後味が残るので、
好き嫌い分かれる味だと思います。

IMG_7635.jpg
マッサ・ヴェッキア パトリツィア・バルトリーニ

こっちはぜんぜんビオ香しません。
貴腐ワイン?というぐらい、
濃厚な甘口となっており、
とってもおいしかったです。
デザートワインとしていただきたい1本でした。

今回のワイン会、
私のようなワインの基礎を知らないものには、
とても勉強になる会でした。
それもワインの勉強だけでなく、
ワイン会を主催するためにも必要な知恵や、
もっと大きく言うと、人生についても
学ぶことが出来たような感じがします。
そして今回一番感じたのは、
やはり良いワインをよりおいしくいただくには、
良い仲間と飲むということでした。
今回も始めて話をする方もいらっしゃったのですが、
皆様とても素敵な方ばかりで、
笑いながら楽しくワインを飲むことが出来ました。
本当に参加させていただき、
感謝感激です。
皆様、本当にありがとうございました。
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。