*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン会 バッカス&ドルンフェルダー飲み比べ会開催しました コム・シェモア

こんばんはー!
今日も良い天気でしたねー^^
こん
このまま良い天気が続いて、
農作物がうまく育ってくれると
良いですね♪

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

今日は私が主催している、
みんなでわいわいワイン会in札幌の
第5回ワイン会の様子をご紹介します。
今回のテーマはずばり飲み比べ!
ということで、
「バッカス&ドルンフェルダー飲み比べ会」
と銘打って開催しました^^
初めてのブラインドテイスティングでの
飲み比べということで、
慣れない方には、
ちょっと大変だったかもしれませんが、
先入観なしにワインを飲み比べてほしかったので、
今回あえてチャレンジしてみました^^
ワイン会の会場として今回もお願いしたお店は、
「コム・シェモア」さんです。

IMG_6369_20090731044323.jpg

名前 コム・シェモア
住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目仲通り
電話 011-252-6666
時間 ランチタイム 11:30~14:30
ディナータイム 17:00~23:00(L.O. 22:00)
休み 年中無休
HP  http://www.sanshusha-grp.com/comme/index.html

ワイン会の様子をご紹介する前に、
今回の飲み比べに登場したブドウの説明を少し。
バッカス
バッカスは、
シルバーナとリースリングを交配したものに、
さらにミュラー・トゥルガウを交配させて生まれたブドウで、
ドイツなどで主に栽培されています。
最近、栽培量が増えてきているブドウで、
特にほとんどが北海道で栽培されているという、
ブドウ品種です。
ワインにすると、
マスカットを思わせる香りが特徴的で、
糖度があがりやすいことから、
甘口や中口に仕上げられることが多いのが特徴です。
また、栽培面では、樹勢が非常に素直で、
新しい幹がまっすぐ伸び続けます。
病気などにも強く、
一本の木から収穫できるブドウの量が
多いこともあり、
人気が高まっています。

続いて
ドルンフェルダー
ドルンフェルダーは、
1955年にアウグスト・ヘロルド氏により、
ヘルフェンシュタイナーとヘロルドレーベとの
交配で産み出された、
ドイツで最近急激に生産量が増えている
ブドウ品種となっています。
日本では、北海道と長野を中心に栽培されていますが、
まだまだその栽培面積や、
造られるワインの種類は限られたところのみとなっています。
しかし少しずつ広がりを見せています。
ブドウの特徴としては、タンニンが多く、
ワインにするとしっかりとした色と味になるものが多いのが、
特徴です。
また、栽培麺では他のブドウの樹に比べ、
樹勢がよく、節と節との間隔が大きいのが特徴で、
この特徴を嫌がって
栽培にのり出さないワイナリーもあります。
ブドウの葉っぱや茎が他のブドウに比べ、
赤見がかっているのも特徴の一つとなっています。

こんな非常にこれからの北海道において、
期待の高まる2品種のワインを、
IMG_6604.jpg
今回14本用意して飲み比べを行いました。
皆さんには10点満点で点数も
つけていただきました^^
一体どんな結果となったでしょうか?
(名前の後ろの点数は記入いただいた方の平均を表しています)

お店に入ると、
いつもながらすばらしい
IMG_6579_20090731044409.jpg
テーブルセッティングがなされていて、
ワイングラスもたくさん用意してくださいました^^
ワイン会は参加していただける方はもちろん、
こうしたお店の方の手助けがあって、
開催できるんです。
本当にコム・シェモアのMソムリエさん
いつもわがまま聞いてくださり、
本当にありがとうございます!

それでは飲んでいったワインと料理を
ご紹介します。
今回は、私は答えを知っているので、
私のテイスティングコメントは無しで、
みんなに書いていただいた
感想の中から書きたいと思います^^

まず最初の乾杯のワインは、
IMG_6246.jpg
IMG_6580.jpg
山崎ワイナリー バッカス 2008 (6.50点)

・飲みやすい、飲んだ後すっきり
・若い?微発砲、甘い
・他のに比べると酸がある、甘い
・酸味ある、香りがある

IMG_7695_20090731044705.jpg
IMG_6581.jpg
宝水ワイナリー リッカバッカス 2006 (6.43点)

・1番よりまろやか
・薄い、甘い
・シロップサイダーのよう
・ほんのりした甘み、マスカットのよう

IMG_6582_20090731044437.jpg
前菜その1 根室産秋刀魚のタルタルと白ワインヴィネガーライス SUSHIスタイル
        江刺の甘海老とタコのハーブマリネ
        カマンベールチーズフライ

いきなりHシェフの能力全開です!
いきなり出始めの秋刀魚をタルタルにして、
お寿司にしちゃいました^^
私的にも国産ワインは、和食との相性が
良いと思っていたので、
この料理にはびっくり&感激です!
もちろん食べてみてもめちゃめちゃおいしく、
満足ですー!

IMG_8058.jpg
IMG_6583.jpg
聖アントニウス シュロスカペレ バッカス カビネット 2007 (7.13点)

・甘い
・甘ったるい、後味ちょっと苦い
・濃い甘さ
・甘み強い

IMG_6250.jpg
IMG_6584.jpg
余市ワイン バッカス N.V (3.33点)

・ちょっと変わった味
・日本酒のような香り、甘くなくシェリーっぽい
・甘さエグイ
・紙パックの調理酒の味がする

IMG_6242.jpg
IMG_6585_20090731044438.jpg
北海道ワイン 鶴沼バッカス 2006 (7.88点)

・あっさり
・香りうすいがぶどうっぽい
・青の草、よもぎ、リーブ、酸感じる
・酸っぱめ、香りがある(葉っぱっぽい)味さっぱり
・辛口、好きな味

IMG_6587_20090731044438.jpg
前菜その2 道産野菜の天婦羅
       帆立のブルギニヨンバター焼き

続いて登場はなんとてんぷら、
Hシェフって和食のシェフでしたっけ?
というぐらい連続の和風料理に、
本当に頭が下がります。
帆立もおいしかったですし、
もう言葉も出ません^^;

IMG_8067.jpg
IMG_6588.jpg
フェルミエ バッカス 2008 (7.14点)

・甘くなくすっきり
・渋い、苦い、微発砲、辛い
・甘みがほとんどない、でもうまい
・辛口おいしい、冷やしてのみたい

IMG_6304_20090731044409.jpg
IMG_6589_20090731044507.jpg
はこだてわいん バッカス N.V (4.14点)

・エグイ
・味が薄め、香りが薄い
・好きでもいやでもない

IMG_6237.jpg
IMG_6590.jpg
ふらのワイン バッカス 2008 (6.88点)

・おいしい!
・後味薄い、香りは甘い
・薄い、化粧っぽい
・香りがよい、おいしい
・香りがない、つんつん
・飲みやすい
・フルーティ

IMG_6594_20090731044508.jpg
主菜プレート レアに焼いたバチマグロのチリパウダー風味
         紅茶鴨のロティハスカップソース

このレアなマグロがこの日最高でした!
程よい火加減が、
マグロの味をうまく引き出していて、
たまらないおいしさです。
そして、鴨のハスカップソースもとってもおいしく、
パンにソースをつけて食べると、
最高においしかったです。

IMG_6592_20090731044508.jpg
パン

コム・シェモアのパン、
本当においしいですよねー!
上にも書きましたが、
ハスカップソースにつけると、
最高なおいしさでした。

IMG_6320_20090731044409.jpg
IMG_6591_20090731044508.jpg
井筒ワイン ドルンフェルダー 2007 (5.57点)

・後味しっかり
・はじめ還元香、後苦味
・樽の香り、苦い
・料理とあわせれば、あまり苦くない
・香りはよいが、渋みが強い
・香りがフルーティ、少し渋いかな

IMG_8604.jpg
IMG_6595.jpg
月浦ワイン ドルンフェルダー 樽熟成無し 2007 (5.67点)

・飲みやすい
・微発砲
・発砲している、まろやか
・シュワっという中に甘みが少しあり
・なぜ泡?
・発泡性、ライトな感じ

IMG_6283_20090731044324.jpg
IMG_6596_20090731044533.jpg
はこだてわいん ドルンフェルダー 2007 (6.00点)

・あっさり
・酸少し、化粧香
・あっさり
・香り高い、味は薄め軽い感じ
・甘みがほんのり、カベルネ?色は薄い
・少し渋い

IMG_8054.jpg
IMG_6597_20090731044534.jpg
聖アントニウス ドルンフェルダー 2007 (5.63点)

・甘い
・甘い
・甘い
・あまい
・甘い
・???でもおいしい
・甘い~~
・赤には珍しい甘口

IMG_6599_20090731044534.jpg
チーズ マンチェゴ

スペインの羊を使ったハードチーズです。
羊と聞いて癖があるかなー?とも思いましたが、
それほど癖はなく、
軽いドルンフェルダーの味にぴったりな感じで、
美味しかったです^^

IMG_6600_20090731044534.jpg
月浦ワイン ドルンフェルダー 樽熟成 2005 (6.86点)

・甘みあるが、旨味あり
・アルコールって感じの香り
・少し重め
・ん~、甘みがほしい
・赤では一番好き

IMG_6602.jpg
プラムのコンポートとそのジュレ ミルクアイスを添えて

このプラムと、アイスの合わさったところが、
めちゃめちゃ美味しかったです!
この後に出てくるアイスワインとの相性もばっちりで、
最後まで楽しむことができました^^

IMG_6476_20090731044409.jpg
ジョセフ・ドラーテン ラインヘッセン アイスワイン ドルンフェルダー ロゼ 2007 (7.75点)
(グラスの写真取り忘れました、ごめんなさいorz)

・ロゼのアイスワインうまい

今回ブラインドで飲んでいただき、
点数をつけていただきましたが、
やはり飲む方の好みというのも
表れてきたような気がします。
富良野ワインさんのバッカスは、
バッカスの中では珍しく辛口なのですが、
高い点数をつけている方と低い点数をつけている方とで
はっきりと点数が分かれました。
道外のフェルミエとドイツワインが平均してよい点数だったのは、
道民としてはちょっと残念な結果です。
そんな中道産ワインで圧倒的な高点数だったのが、
鶴沼バッカスです。
正直私も、リリース直後のときにも一度飲んでいますが、
そのときよりも1年近く寝かせたこちらのほうが、
味わいが濃くなっておいしく感じました。
これは、鶴沼のテロワールと北海道ワインさんの実力の
結果だと思います。
来月には新ビンテージも発売になるので、
そちらが今から楽しみです!

ドルンフェルダーに関しては、
今回、普段外国のワインを飲むことが多い方が
多いからか、全体的に点数は低めでした。
そんな中、月浦の樽熟成が高得点だったのは、
やはり樽を使った点と、じっくり熟成されたというところが、
評価されているようです。
私も4本の中では1番の出来だと思いました^^
アイスワインに関しては、やはり別格な点数。
デザートとあわせて飲むととてもおいしかったです♪

今回、私の一存でこのような方法でのワイン会になったにもかかわらず、
ご参加していただいた皆様には、
点数や感想を書いてくださり、
本当にありがとうございました。
そして、バッカスとドルンフェルダーのみというワインに合わせる料理を
考案してくださったコム・シェモアのHシェフ、
すべてのワインをブラインドするために、
デキャンタしてくださったMソムリエならびに、
サービスの皆様、誠にありがとうございました!

次回は、8月15日に初の地元小樽での開催を計画中です。
テーマは今回と同じ飲み比べです。
飲む品種は日本の代表的な品種。
「甲州とマスカットベリーA」です。
ただ、今回はブラインドではなく
みんなでラベルを見ながら、
楽しく飲めればと思っています。
楽しい会にしたいと思いますので、
お気軽にご参加くださいねー!
参加希望の方は、
私までメールお願いします。
小樽開催ということで、先着数名の方は、
一緒に小樽観光をナビゲートします^^
詳しくは、こちらをご覧ください。
お楽しみに~!

今日のお酒の感想は、
昨日に引き続き、ブルゴーニュワインです^^
お楽しみにー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。