*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三笠 ぶどう栽培家さんの所に勉強に行ってきました

こんばんは!
今日もなんだかぱっとしない天気、
ここ2週間ぐらい太陽を見ていないような気がします。
農作物への被害も少しずつ
出てきているようなので、
とても心配です。。。
8月は天気がよくなることを
祈っています。

初めてブログを読んだ方は、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-1.html
こちらをご一読していただけるとうれしいです。

中澤ヴィンヤードさん
宝水ワイナリーさん
ブドウ畑やワイナリーを訪ねた旅も、
いよいよ最終目的地。
今日ご紹介するのは、
三笠でブドウ栽培を行っている
ブドウ栽培家さんの畑です。
去年始めてブドウを植え、
まだ2年目で収穫もしていない畑なので、
名前などは紹介できませんが、
1年目、2年目の畑を見ることなど、
なかなか出来ないので紹介させていただきます。

IMG_7583.jpg

※ この記事はタイムリーな記事ではありません。
  5月に訪問したときの様子ですご了承ください。

名前 
住所 北海道三笠市

※  こちらは普通のブドウ栽培家さんですので、
   住所等の公開は控えさせていただきます。
   そして、こちらの栽培家さんに限らず、
   ブドウ栽培は普通の農家さんが
   やっていらっしゃるのがほとんどです。
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的にはぶどう栽培家さんの所には、
   畑しかありません。それを理解したうえで、
   訪問してください。


こちらの写真を見て、
正直、垣根が無ければ、
ブドウ畑とはなかなか思わないような景色です^^;
自分がよく知っているブドウ畑に比べると、
傾斜がかなり急ですし、
なによりいろんな草花が生えていて、
どこにブドウの樹があるのか、
いまいちわかりません^^

実は、こうしたいろんな草花が生えているのも、
こちらのぶどう栽培家さんの考えの一つなんです。
あくまで自然の中でブドウを育てたいということで、
下手に雑草や自然に生えている花などを駆除するのではなく、
ブドウと一緒に育てることこそ、
本来自然界にあるべき姿ということなんです。
確かに、自然界でブドウだけが生えている場所なんて、
絶対無いですもんね^^

そして、近くには、
IMG_7604.jpg
こんなきれいなお花畑が広がっていました^^
本当に一面黄色いじゅうたんのようになっていて、
とても綺麗でした^-^

その近くには、
IMG_7603.jpg
趣のあるトラクターがあり、
なんだか絵になるので、
写真を撮ってみました。
なんかこういうのいいですよねー^^

今回こちらの畑にお伺いしたのは、
苗植えについて教えていただくためなんです。
先日、ブドウの講習会に行ってきましたが、
実はその前にこちらに、
教えてもらっていたんです^^;

ということで、早速、
IMG_7611.jpg
こちらの休憩小屋で、
つなぎに着替えて準備万端です!
早速、あの斜面を登って、
苗植えする場所に向かいました^^

今回苗植えする場所が、
IMG_7587.jpg
こちらになります。

IMG_7591.jpg
これが、今回植えるソーヴィニヨン・ブランの
苗です。

その苗を
IMG_7588.jpg
一本取り出して、

穴を掘ったところに、
IMG_7594.jpg
植えていきます。
その時に気をつけることが、
北海道の場合、冬は雪に埋めなくては、
枯れてしまうので、斜面に対して斜めに植える必要があります。
そうすると冬になると樹が雪に埋まり、
枯れることなく越冬できるんです。

そうして植えた後には、
IMG_7596.jpg
しっかり足でまわりを踏み固めて、

栄養を与えるために、
IMG_7598.jpg
周りに取った雑草をまいて、
完成です♪

と、ただ忙しい中教えてもらうのは、
申し訳が無いので、
お手伝いをしようということになり、
お手伝いをしてきました。

そのお手伝いした作業というのが、
ブドウの木の周りに大豆を植えることでした。
よしヴィンヤード企画でもご紹介した、
大豆を植える作業は、
こちらの畑で学ばせていただき、
大豆もこちらの畑のをもらってきたんです^^

それでは、
IMG_7607.jpg
こちらを例に見てみましょう。

まずブドウの木の周りの、
IMG_7608.jpg
雑草を抜きます。

続いて、
IMG_7605.jpg
用意した大豆を2個用意して、

IMG_7610.jpg
ブドウの樹のまわり2箇所に
2個ずつ埋めていきます。

こうすることで、ブドウの木の周りが、
大豆の作用によって窒素を含んだ肥沃な
土に生まれ変わるというわけです^^
今回は、あまり時間が無かったので、
長い時間お手伝いできず、
申し訳ない感じでした^^;

実はこちらの畑、
5月の寒さの影響で霜が降りてしまい、
IMG_7585.jpg
大部分が、写真の上の芽のように、
芽が凍害で枯れてしまったんです。。。

しかし、今回その被害から
2週間後ぐらいにお伺いしたのですが、
IMG_7600.jpg
こうしてしっかりと葉っぱが開いてきた部分も
でてきて、
他の枯れた芽の樹にも
新しい芽が出てきたそうです。
本当に、自然の力って素晴らしいですね。

こちらのぶどう栽培家さんの育てているブドウの樹、
順調に行けば、
来年には初めての収穫ができるそうです。
収穫されたブドウがどんなワインになるのか、
今から楽しみですね。
また、こちらの畑にも機会を見てお伺いしたいと
思っています。
忙しい中お伺いさせていただいた、
栽培家さんにはこの場を借りて
厚くお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

今日のお酒の感想は、
昨日ご紹介したワインのヴィンテージ違いです。
お楽しみにー^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。