*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 大好きなワインバーの閉店の会に参加しました オイスターバーランス

こんばんは、
前回のブログから、
また少し間隔が空いちゃいましたね^^;
なるべく更新できるよう、
頑張りたいと思います。

今日は大好きだったワインバーが
惜しまれつつ閉店することになり、
お店の方主催の閉店の会に参加した様子を
ご紹介したいと思います。

北海道のワインバーの先駆けといっても
良いぐらい歴史のあるワインバーが、
再開発の影響で閉店することになり、
最後にお店に残っているワインを
みんなで飲もうという会が開催され、
参加させていただきました。
お店の名前は、
「オイスターバーランス」さんといいます。

IMG_7209_20150326204016a90.jpg

名前 オイスター&ワインバー ランス
残念ながら閉店しました

お店はビルの地下にあり、
美味しい牡蠣と貴重な道産ワインを
楽しむことができる素敵なお店でした。

ちょっと遅刻して中に入ると、
IMG_7210_20150326204019761.jpg
すでに沢山のワインボトルが準備されていました。

それでは頂いたワインをご紹介します。
fff.jpg
中央葡萄酒 グレイス・トラディショナル・メソッド N,V

IMG_7226_20150326204106385.jpg
L. オブリ・フィス ル・ノンブル・ドール1998

IMG_7227_20150326204107896.jpg
サントリー 登美の丘スパークリング甲州2008

IMG_7218_20150326204041e35.jpg
カルティッツェ・スプマンテ

IMG_7225_20150326204104328.jpg
宝水ワイナリー トラミナー2013

IMG_7246_20150326211245694.jpg
ドメーヌ・ポテル ブルゴーニュ・ブラン2007

IMG_7228_20150326204125099.jpg
チャールズ・スミス  カンフー ガール・ リースリング2012

IMG_7241_201503262042043e3.jpg
ヒデワイン 6392008

IMG_7220_20150326204042993.jpg
ドメーヌ・シュヴロ サクラ2005

IMG_7229.jpg
KONDOヴィンヤード ロゼ2010

IMG_7214_20150326204021d0b.jpg
ドメーヌタカヒコ ヨイチ赤・ラブルスカサンスーフル2010

IMG_7215_201503262040365f9.jpg
サントリー 登美の丘カベルネ・フラン2002

IMG_7217_20150326204039e35.jpg
メルシャン 椀子ヴィンヤードメルロー2009

IMG_7231_201503262041301c4.jpg
メルシャン シャトーメルシャン(赤)2000年記念1997

IMG_7235.jpg
ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・ラトゥール1997

IMG_7244_20150326211243e3b.jpg
ドメーヌ・ド・ベレーヌ ブルゴーニュ・ルージュ・メソン・デュー2012

IMG_7237_20150326204159d9d.jpg
ドメーヌ・ド・ラ・ギャフリエール1990

IMG_7238_20150326204201471.jpg
シャトー・キノー・ランクロ1997

securedownload.jpg
ドミナス・エステート ドミナス1995

IMG_7223_20150326204103bdc.jpg
シャトー・クロワゼ・バージュ1964

IMG_7249_20150326205544134.jpg
シモン・ビーズ マール・ド・ブルゴーニュ1983

まさにお店の歴史を飲んでいるような、
素晴らしいワインばかりでした。
大好きな道産ワインだけでなく、
ヴィンテージ物の海外のワインも沢山あり、
とても勉強になりました。
特にドミナスとシャトークロワゼバージュは
今ではなかなか手に入らないオールドヴィンテージでありながら、
お店の保管状態が良いため、
今でも素晴らしい味わいと香りで、
飲み干すのが惜しいぐらいでした。

そんなワインとあわせるのは、
お店のオーナーさん自ら調理してくれた、
素敵な料理ばかり。

頂いた料理の一部もご紹介します。
IMG_7213_201503262040192f1.jpg
生牡蠣とラムボール

IMG_7216_2015032620403869f.jpg
牛筋の煮込み

IMG_7221_20150326204100c69.jpg
豚肉炒め

IMG_7230_2015032620412833a.jpg
サーモンマリネ

こちらもどれも美味しく、
ワインにも良く合うものばかりでした。
そしてランスさんといえば、やっぱり牡蠣。
最後に牡蠣をいただくことができて、
感慨深いものがありました。

そんな素晴らしいお店のオーナーだったのが、
IMG_7234_20150326204132cbf.jpg
笑顔がとっても素敵な吉島さん。
ワイン全般に詳しく、
特に道産ワインの黎明期のころの話しは
とても勉強になったものです。

そんな吉島さん、実はすでに新しいお店を
オープンさせています。
次回のブログでは、
その新しいお店のプレオープンの様子を
ご紹介したいと思います^^
あまりの早さにみんなびっくりでした。

スポンサーサイト

札幌 大好きなビストロの営業最終日にお伺いしました パロンブ

おはようございます、
ちょっぴりブログの更新が滞っちゃいました。
ようやく仕事も落ち着いてきたので、
今日からまたブログを書きたいと思います^^

今日は惜しまれつつ先日閉店したお店に、
お伺いした様子をご紹介します。
自分のワイン会を開催させていただいたり、
尊敬する方との会食をお願いしたり、
とても思い出が沢山ある素敵なビストロでした。
そのお店の名前は、
「パロンブ」さんといいます。

IMG_6865_20150314063219ad7.jpg

名前 PALOMBE
※ 残念ながら閉店しました

お店の入口には、
IMG_6866_2015031406322191d.jpg
閉店の案内が貼られていました。
実はパロンブさんの小鹿シェフが晴れて独立するため、
閉店が決まったそうです。
大好きな小鹿シェフが自分のお店を持つ、
閉店は残念ですが、
期待せずにはいられません。
その辺の話しも聞きたくお伺いしました♪

閉店の案内にも書いてますが、
最後の1週間は、
軽いつまみとグラスワインを楽しむ、
特別営業となってました。

それではまずは頂いた料理を
ご紹介します。
IMG_6871_201503140632437be.jpg
シャルキュトリー盛り合わせ

IMG_6958_201503140633140a1.jpg
季節野菜のサラダ

IMG_6959_2015031406331610a.jpg
チーズとシャルキュトリー盛り合わせ

パロンブさんのシャルキュトリーを
最後に頂くことができて良かったです。
小鹿シェフの造るシャルキュトリーは、
フランスで修業しただけあり、
本格的。
ワインのあてにピッタリな味わいで、
ワインがどんどん進んじゃいました^^

そんな料理とともに頂いたワインがこちらです♪
IMG_6954_20150314063248d7f.jpg
ドメーヌ・ジャッキーノ ジャッキ・ブル・ペティアン・ナチュレルN.V

IMG_6875_201503140632469a2.jpg
ナナ・ヴァン・エ・カンパニー ユーアーソーバブリーN.V

IMG_6867_2015031406322374f.jpg
ピエール・フリック ピノ・ブラン2013

IMG_6955_20150314063313468.jpg
ドメーヌ・レスカルポレット  レスカルポレット・ブラン2013

IMG_6869_20150314063226c20.jpg
ドメーヌ・オヤマダ BOW!(白)2014

IMG_6868_20150314063224d57.jpg
レミ・プジョル ル・トン・フェ・トゥー・ルージュ2012

IMG_6874_201503140632469be.jpg
ドメーヌ・ド・スローズ コトー・デクサン・プロヴァンス・レザミ2012

IMG_6960_2015031406331845c.jpg
ローラン・ルブレ サ・セ・ボン2011

IMG_6872_20150314063243538.jpg
ドメーヌ・オヤマダ BOW!(赤)2014

IMG_6961_20150314063319b3b.jpg
ドメーヌ・オヤマダ 洗馬2013

閉店間近にもかかわらず、
素晴らしいラインナップでした。
身体に染み入るようなヴァンナチュールばかりで、
とても美味しかったです、
特にリリースしたばかりの、
ルミエールを独立した小山田さんが設立した、
ドメーヌオヤマダの3本が素晴らしく、
どれも旨味があり余韻も長く、
世界のヴァンナチュールよりも美味しいと思えるほどでした。

こんな素敵なお店がなくなってしまうのは残念ですが、
実は次の展開が決まっており、
独立した小鹿シェフの新しいお店「ゴーシェ」は、
4月にオープン予定で、
パロンブさんがあったところには、
スペイン料理のお店、「コチニージョ」ができるそうです。
思い出のあるお身が閉店するのは寂しいですが、
新しいお店がどんな感じになるのか、
今からとっても楽しみです!
期待して待ちたいと思います^^

第66回ワイン会「日本造り手縛りの会vol1 山口ワイナリー」参加者募集!

22時45分現在、
おかげさまで満席となりました♪
引き続きキャンセル待ち希望の申込みをさせていただきます。
キャンセル待ち希望の方は左側のメールフォームより、
第66回ワイン会キャンセル待ち希望とご記入のうえ、
送信お願いいたします。


こんばんは!
4月のワイン会の参加者を募集いたします♪

最初にお断り、当会はメーカーズディナーではありません。
大変申し訳ありませんが、
造り手は来ません。ご了承ください^^;

今回から、日本全国のあまり取り上げられないワイナリーのワインを飲んでみようという、
「日本造り手縛りの会」
を年に数回開催します。
記念すべき第1回目に取り上げる造り手は山口県にある
「山口ワイナリー」
です。

山口ワイナリーは、山猿シリーズで有名な日本酒の蔵元、
永山酒造が営むワイナリーです。
その特徴は何といっても、
日本では珍しいカルスト台地由来のアルカリ性土壌で
栽培された葡萄を使っている点です。
栽培されている品種も
シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローといった
ヨーロッパ系品種が中心となっています。
その他に山梨県の甲州やベリーAを購入し
醸造されています。
醸造法は基本に忠実で、除梗破砕を行い、培養酵母を使い、
温度管理のできるステンレスタンクにて発酵、
その後タンクや樽を使い熟成されたのち出荷されています。
今回はそんな山口ワイナリーにお伺いし購入してきた
バックヴィンテージのワインも含めた8本を
飲んでいただこうと思っています。

そんなワイン会の会場となる今回のお店は、
昨年マルサン葡萄酒飲み比べの時にお世話になった
「かま田別邸 蝦夷風花」さんです。
北海道の食材にこだわった
和食料理を提供してくださり、
石川店長が素敵なサービスを提供してくださる
素晴らしいお店です。
日本のワインとの相性も
きっと素晴らしいものになると思います。

ワイン会概要

1.名称 「日本作り手縛りの会vol1 山口ワイナリー」
2.日程 2015年4月23日(木)19:30~
3.場所 「かま田別邸 蝦夷風花 」
     北海道札幌市中央区南5条西3丁目
     Nグランデビル(旧第4グリーンビル)1F
     011-211-6270
4.会費 6500円
5.定員 11名+主催者1名 計12名

白 ヴィンテージ白2012
  品種 甲州
白 やまぐちワインセミヨンN.V
  品種 セミヨン
白 シャトーヤマグチシャルドネ2004
  品種 シャルドネ
赤 遅摘マスカットベリーA新酒2013
  品種 マスカットベーリーA
赤 ヴィンテージ赤2012
  品種 マスカットベーリーA
赤 シャトーヤマグチメルロー2004
  品種 メルロー
赤 シャトーヤマグチカベルネ・ソーヴィニヨン2004
  品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
赤 ヴィンテージ白甘口2000
  品種 甲州

皆様のご参加お待ちしています♪
参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「第66回ワイン会参加希望」
と書き、
本文にお名前と当日連絡のつく連絡先をご記入のうえ、
送信お願いします。
よろしくお願いします^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。