*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 50回記念!なまらや×みんわいコラボパーティ 日本ワインマグナム会を開催しました なまらや

こんばんは。
今日は参議院議員通常選挙の
投票日でしたね。
選挙権は義務ではないので、
みんなに行こう!とは強制しませんが、
私は行ってきました。
先人が苦労して手に入れた選挙権を行使するために。。。

さて今日は、
先月開催した、私が主催するワイン会の
第50回目を記念するパーティの様子をご紹介します。

4年前の2月に第1回目を開催して以来、
先月のワイン会で50回目を迎えることができました。
これもひとえに、
ご参加いただいた皆様をはじめ、
素晴らしい料理とサービスを提供してくださった、
各お店の皆様のおかげです。
まず初めにお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

そんな記念すべき50回目のワイン会の会場となったのは、
やっぱりこのお店、
「なまらや」さんです。

IMG_2298_20130721191238.jpg

名前 なまらや
住所 北海道小樽市花園3-6-6
電話 0134-61-7930
時間 昼 12:00~14:00ラストオーダー
   夜 17:00~22:00ラストオーダー
休み 日・月曜日
HP http://www.geocities.jp/gitagan/

まずはじめに、
ワイン会当日は主催者サイドとして
お手伝いしていたので、
写真がほとんどありません。
ご了承ください。
そんな中、貴重な写真を提供してくださった、
デクさんありがとうございました。

今回はご参加いただいた皆様に
少しでも還元したいと思い、
会費を安くさせていただきました。
そのため、
983268_508735209198849_1777796804_n.jpg 
このように立席パーティにて
開催させて頂きました♪

決して広くはない空間でしたが、
運良く天気が良かったこともあり、
目の前の公園に出て楽しんでいただいたりして、
何とか事故なく会を終えることができました^^
ご参加いただいた皆様、
ご協力いただきありがとうございました♪

そんなパーティのテーマは、
ずばり!
「日本ワインマグナム会」
です。

日本のワイナリーにも少なからず、
マグナムワインを提供している造り手があります。
大勢で楽しんでいただくこともあり、
そんなマグナムワインを集めて、
開催させていただきました!

いつも1本ずつ提供するワインも、
992382_508735215865515_1274359700_n.jpg

1059908_508735219198848_765056194_n.jpg
このようにカウンターに並べて、
好きに飲んでいただくスタイルをとりました♪

マグナムワインをプレゼントいただいたものを含めて、
13本+α用意したのですが、
さすがは私のワイン会にご参加いただく皆様、
あっという間に完飲!
お店にあるワインもあけてもらっちゃいました。

そんなワインたちに合わせて、
なまらやさんも素晴らしい料理を提供してくださいました♪
その数々をご紹介したかったのですが、
残念なことに一枚も写真を撮っていませんでした^^;
ごめんなさい。

その他に日本のワインには日本のチーズを!
ということで、
北海道のチーズ工房のチーズも提供させていただきました♪
IMG_2072_20130721191215.jpg
山田農場 山羊のチーズ
さらべつチーズ工房 きまぐれブルー
伊勢ファーム 江丹別の青いチーズ
半田ファーム 熟成チーズみそ漬け

どのチーズも個性的で、
とっても美味しかったです!
チーズのみそ漬けは日本酒にも合い、
ブルーチーズ2種類もまったく味わいが違い、
とても面白い食べ比べとなりました♪

そして会の初めには、
1045020_497630433644139_507086053_n.jpg
サプライズでこんなお花までいただいちゃいました♪
本来であれば私が皆様にお花を贈りたいぐらいなのに、
Nさん、本当にありがとうございました!

ということで、
だいぶ端折った感じになってしまいましたが、
無事に会も終了。
同じなまらやさんで開催させていただいた、
2次会にも多くの方が残ってくださり、
楽しい時間を過ごすことができました♪

最後に飲んだワインの一部ですが、
ご紹介させていただきます♪
IMG_2579.jpg
ルミエール ルミエール・ペティアンマグナム 2010
四恩醸造 クレマチス(橙)マグナム 2009
カタシモワイナリー たこシャンマグナム 2011(デクさん提供)
機山洋酒工業 キザンワインマグナム(白) 2008
北海道ワイン おたるヴァイスブルグンダーマグナム 1990
シャトーメルシャン 甲州きいろ香マグナム2006(Nさん差し入れ)
シャトーメルシャン 甲州きいろ香アン・オマージュ・ア・タカマグナム2012
機山洋酒工業 キザンワインマグナム(赤) 2008
ボーペイサージュ ラ・モンターニュトランスマグナム 2010
ボーペイサージュ ラ・モンターニュマグナム 2010

その他写真には写ってませんが、
十勝ワイン セイオロサム赤 2003
シャトー勝沼 生産者還元ワイン赤 2010
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・7号酵母セプト・大正生酛(純米吟醸生原酒)
十勝ワイン アムレンシス 2002(すーさん提供)
もみんなで飲みました^^
今回のワイン会のためにワインを提供してくださった、
デクさん、Nさん、すーさん、
本当にありがとうございました!

繰り返しになりますが、
ご参加いただいた皆様、お店の皆様によって、
50回目まで迎えることができました。
先日無事に第51回目も開催することができ、
次の第52回目も今のところ満席となっています。
自分の身の丈に合った会を、
これからも開催していければと思っていますので、
皆様よろしくお願いします。
また100回目になった時には、
皆様で大いに盛り上がりましょう。
皆様本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

第52回ワイン会「緊急開催!マリンブーツ最後の持ち寄りワイン会」参加者募集

2013年7月20日現在、
おかげさまで満席となりました。
引き続きキャンセル待ちを募集しておりますので、
キャンセル待ち希望の方は、
メールフォームより
キャンセル待ち希望と記載し、
送信お願いいたします。


こんばんは、
昨日無事に51回目のワイン会が終わりました。
通常ですと次回のワイン会は来月開催なのですが、
今回事情があり今月もう一回開催しちゃいます。
詳しくは下記をご覧ください。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
私のワイン会で何度も利用させていただき、
素晴らしい魚介料理を提供してくださっていた、
マリンブーツさんが7月いっぱいで閉店してしまいます。
そこで7月の最終日曜日である28日にみんなでもう一度
マリンブーツさんの食事をいただきたいと思い、
イベントを企画させていただきました。
今回は持ち寄りワイン会としたいと思います。

998341_498451990228650_554436414_n.jpg IMG_1264_20130719213828.jpg IMG_1277_20130719213831604.jpg



ワイン会概要

1.名称 「マリンブーツ最後の持ち寄りワイン会」
2.日程 2013年7月28日(日)17:00~
3.場所 「マリンブーツ」
     北海道小樽市銭函2丁目1番2号
     TEL 0134-62-5737
4.会費 5000円+ワイン1本
5.定員 7名+主催者1名(よし) 計8名

ご参加いただける方は、
左側のメールフォームより、
「第52回ワイン会参加希望」
と書き、
本文にお名前と当日連絡のつく連絡先を
記入のうえ、
ワインのバランスをとるために、
ご持参するワインの書き込みを
していただけると幸いです。
よろしくお願いします。

最後のマリンブーツを
みんなで時間の許す限り楽しみましょう!
参加者お待ちしています。

札幌 川頭さんと、伊東さんと一杯やる会に参加しました♪ オステリアヨシエ

おはようございます!
昨日は住吉神社の例大祭に行き、
その後は美味しい日本酒と料理を
頂けるお店に行って、
幸せな時間を過ごしました!
今日はこれから余市に畑のお手伝いに
行ってきたいと思いますー!

今日は5月に開催された、
素敵なワイン会の様子をご紹介します。

毎年ある方が北海道に来て下さるのを楽しみにしています。
戦うワイン商こと川頭義之さんと
イタリアワイン専門インポーターアルトリヴェッロの伊東社長です。
北海道はワインの販売という面からすると、
東京や大阪に比べてパイが小さいのですが、
そうにもかかわらず毎年来て下さり、
イベントを開催してくださるんです。
今回も札幌でイタリアワインといえばのはやしや商店さんが企画して、
素敵なワイン会が開催されました。

その会場となったのは一度行ってみたかったお店、
「オステリアヨシエ」さんです。

IMG_1320.jpg

名前 オステリアヨシエ
住所 北海道札幌市中央区南1条東3丁目 大成ビル1F
電話 011-231-2778
時間 18:00~ (ランチの時間については電話でお確かめください)
休み 日曜日(ランチ休み 月曜日、金曜日) 
HP http://osteriayoshie.com/

近くを車でいつも通っていたのに、
こんな素敵な外見、
全く気が付きませんでした^^;

早速中に入ると、
IMG_1321_20130706072318.jpg
テーブルセッティングも終わっており、
準備万端です♪

ということで改めてご紹介します。
IMG_1340.jpg
川頭 義之さん

もはやゴッドファーザーのような、
風格すら感じられる川頭さん、
この日も現地に住んでいるならではの
ヴィンテージの気候についてや、
気候や土壌についての情報を
細かく教えていくださいました。

IMG_1336.jpg
アルトリヴェッロ 伊東社長

お若いのに素晴らしい情熱と知識を
持っていらっしゃる伊東社長、
今回のワインリストのワインを
すべてインポートしている、
まさにイタリアワインのためのインポーターである
アルトリヴェッロを率いています。
一つ一つのワインについて、
こちらも丁寧に教えていただきました♪

それではまず、今回のワイン会でいただいた
料理をご紹介いたします。
IMG_1326_20130706072321.jpg
毛がにとじゃが芋のズッパ

IMG_1330.jpg
バケット

IMG_1331_20130706072338.jpg
桜鱒とトレビス、発芽雑穀のマリネ 自家製カラスミ和え

IMG_1337.jpg
三石産グリーンアスパラのグリル ホタルイカを使ったソース

IMG_1339.jpg
キャベツと桜エビのタリオリーニ

IMG_1342_20130706072434.jpg
滝川産鴨のロースト

IMG_1350.jpg
アドナイ フォンティーヌ(興部町)
白糠酪恵舎 テネレッロ(白糠町)
ゴルゴンゾーラ・ピカンテ(ゴルゴンゾーラ村)

オステリアヨシエさん、
初めてお伺いしたのですが、
どれも素晴らしい料理でした♪
見た目はシンプルなのですが、
どれも素材の味わいを活かした料理となっていて、
最初のズッパの毛ガニの濃厚さが口に広がった瞬間、
すごい!と唸っちゃう美味しさでした♪
そしてグリーンアスパラもとてもみずみずしく、
さらにその上のかけられた
ホタルイカのソースがとても美味しく、
ソースだけでパンがいくつでも食べられそうな美味しさでした。

続いてそんな素晴らしい料理に合わせた、
ワインをご紹介します。

今回のワインはすべて、川頭さんの紹介により、
伊東社長率いるアルトリヴェッロが、
輸入しているワインでした^^
ということでワインは、
IMG_1323.jpg
伊東社長自ら説明しながら、
サービスしていただきました^^

それでは順にご紹介します♪
IMG_1328.jpg
レ・マンザーネ ロゼオ・フリッツァンテ・ロゼ N.V(2011)(ヴェネト州)

IMG_1332.jpg
テヌテ・フェッロチント ティンパ・デル・プリンチペ 2011(カラブリア州)

IMG_1333.jpg
ペッケニーノ V.マエストロ 2011(ピエモンテ州)

IMG_1338.jpg
シリオ エトナ・ロサード・Valle・Galfina 2011(シチリア州)

IMG_1341.jpg
カンティーナ・デイッダ アルカイス・カンノナウ 2010(サルデーニャ州)

IMG_1343.jpg
アジエンダ・アグリコラ・テルチッチ・マティアズ テルチッチ・メルロ 2009(フリウリ=ヴェネチア ・ジュリア州)

IMG_1351.jpg
ディ・レナルド パス・ザ・クッキーズ! 2011(フリウリ=ヴェネチア ・ジュリア州)

私普段はイタリアワインは、
たまにたしなむ程度なのですが、
今回いただいたワインは、
全部とっても美味しかったです。
最初のフリッツァンテは、
泡が程よく果実味と酸味がキュッと感じ、
夏に飲みたい感じです♪
白はペッケニーノが、
樽の風味が溶け込みそれに負けない果実味とミネラル、
良いブルゴーニュのプルミエクラスと言ってもおかしくない、
冷えた状態から温度が上がるまでゆっくり楽しみたい、
そんな素晴らしいワインでした。
続いて赤ワイン、
テルチッチのメルローが特に美味しかった!
樽の効かせ具合が絶妙で、
熟しすぎていない果実と酸のバランスが素晴らしく、
それでいてタンニンは荒々しさがなく口に広がる。
北のメルローのひとつの完成形を観た印象でした。
そして最後の甘口ワイン、
個人的にパッシートが大好きな私。
凝縮感がありながら、
極甘口まではなっておらず、
蜂蜜やドライフルーツのような複雑さもあり
何倍でも飲めちゃう甘口ワインでした♪

というわけで、
IMG_1352.jpg
素晴らしいワインをこんなにも沢山
頂いてしまいました^^

伊東社長も最後は、
IMG_1344.jpg
こんな笑顔を見せてくださり、
札幌プロモーションの成果を
感じていたのではないでしょうか?

そして会の最後には、
IMG_1353.jpg
吉江シェフも挨拶に出てきてくださり、
とても楽しい会が終了しました♪

イタリアワイン、品種が多いことや、
開放的なワインが多く感じていたので、
いつも飲んでいるわけではなかったのですが、
今回のワインはどれも本当に美味しく、
改めてその良さがわかる会でした。
これもひとえに札幌まで来てくださった、
川頭さん、伊東社長をはじめ、
はやしや商店の林津さん、
オステリアヨシエの吉江シェフ、
そしてご一緒して頂いた皆様のおかげです♪
本当に皆様、ありがとうございました!

札幌 海老の風味が美味しい限定ラーメンをいただきました 麺部屋 綱取物語

こんにちは。
今日はようやく去年作った、
ゲヴェルツトラミネールとピノ・ノワールの
苗植えをしました。
去年植えたのが、
ほとんど成長していないので、
葡萄畑には向いていないのかもしれませんが、
この土地の葡萄を作ってみたいと思います。

今日も先日お伺いした、
ラーメン屋さんをご紹介します。

菊水にある小さなラーメン屋さん、
いつも混んでいて、
なかなか入れなかったのですが、
ある日、清田区に支店ができたとの事。
早速近くを通ってみると、
本店よりもずっと大きく、
駐車場も完備!
早速お伺いしてきました^^
そのお店の名前は、
「麺部屋 綱取物語」さんです。

IMG_8747_20130211104631.jpg

名前 麺部屋 綱取物語 真栄店
住所 北海道札幌市清田区真栄4条3-2-5
電話 011-376-0835
時間 11:00~21:00
休み なし
HP なし

大きな駐車場に車を止め、
さっそくお店に入ると、
テーブル席が沢山あり、
カウンター席も完備されています。

この日はカウンター席に陣取ると、
目の前では、
IMG_8754_20130211104638.jpg
店員さんがバーナーで、
チャーシューを炙っていました。
おいしそうな香りと音がして、
それだけでよだれが出てきそうです^^

カウンターには、
IMG_8750_20130211104635.jpg
粒コショウとホワイトペッパー、

そして珍しいところでは、
IMG_8751.jpg
マヨネーズが置かれていました。
このマヨネーズ、
何に使うかは後のお楽しみです♪

メニューは定番の3味のほか、
辛味噌などがあり、

その他に
IMG_8748_20130211104633.jpg
限定創作麺が数種類、
用意されていました。

お店につくまで
辛味噌を食べる気満々だったのですが、
この限定メニューを見て、
急遽変更!
こちらをお願いしちゃいました^^
IMG_8756_20130211104654.jpg
海老味噌ラーメン(濃い味)

海老風味のラーメンが大好きな私、
こちらのメニューを見た瞬間、
頼んじゃいました!
早速スープを飲んでみると、
こってりとした味噌に、
海老の風味がガツンと感じて、
とっても美味しいです!
カウンター奥で炙られていたチャーシューも
香ばしくなっていて、
良い感じです^^

IMG_8759_20130211104658.jpg
麺は、中太の縮れ麺で、
このぷりぷりの麺が、
このエビと味噌の風味がよく絡み、
美味しくいただけます♪

さらにこちらのお店では、
ランチタイム限定で、
IMG_8757.jpg
ミニチャーシュー丼

こちらのミニチャーシュー丼が、
ラーメン代プラス100円でいただくことができます♪
熱々に炙られたチャーシューが、
一枚ドカンと乗っている、
こちらのミニチャーシュー丼。
そのまま食べてもチャーシューの香ばしい味わいと
ご飯が良く合うのですが、

こちらに先ほどご紹介した、
IMG_8760_20130211104659.jpg
マヨネーズを加えると、
ジャンクな感じですが、
めちゃめちゃ美味しいです!
ラーメンとともに、
あっという間に完食しちゃいました♪

本店の味を食べたことが無いので、
同じ味なのかはわかりませんが、
とっても美味しかったので、
またお伺いして、
今度こそ辛味噌を食べてみたいですー!
とか言ってまた違う限定メニュー
頼んじゃったりしてね^^;

札幌 いろいろなラーメンが楽しめる素敵なお店 吉山商店

こんばんは。
今日は暑かったですねー!
そんな暑さに負けないぐらい熱いFacebookページが
最近誕生しました♪
「札幌ラーメン部」
食べたラーメンについて書き込みするのですが、
いろんな方がいろんな場所で食べたラーメンを紹介していて、
とても盛り上がっています。
私も参加しているので、
みんなに負けずにアップしていきたいと思いますー!

ということで、
今日はいろいろなラーメンが
楽しめる美味しいラーメン屋さんを
ご紹介します。

ラーメンの味と言えば、
味噌、塩、しょうゆの三味が
一般的ですが、
今はそんな三味も、
いろいろな出汁を使って細分化されて、
いろいろな味のラーメンも出てきています。
先日、そんな新しいタイプの
ラーメンを提供している
お店に行ってきました。
お店の名前は、
「吉山商店」さんといいます。
IMG_3734.jpg

名前 吉山商店 本店
住所 北海道札幌市東区東苗穂3条2丁目4-25
電話 011-782-2005
時間 [月~金]11:00~15:00 17:00~21:00
   [土・日・祝]11:00~21:00
休み 無休
HP http://www.yosiyama-shouten.com/

お店はカウンター席と、
テーブル席があり、
広々しています。
今回はカウンター席に座らせて、
頂きました^^

それではさっそくいただいたメニューを
ご紹介します。
IMG_3732.jpg
濃厚魚介焙煎ごまみそらーめん

基本の味噌ラーメンなのですが、
最近、北海道でも多く出てきた魚介の出汁を
効かせたタイプになっています。
今まで食べたことのある
魚介のだしを利かせたラーメンは、
醤油が多かったのですが、
味噌も良いものですね。
さらに炒った胡麻の風味もほのかに感じて、
美味しかったです^^
具材もチャーシューにメンマ、
ネギにのり、そして味付け卵と、
たくさん入っていて、
嬉しいですね♪

IMG_3733.jpg
麺は中くらい太さの縮れ麺で、
スープとの絡みも良く、
プリッとした食感で良い感じです♪
美味しい一杯でした^^

そんな吉山商店さんでは、
その他にこんなメニューもあります♪
IMG_2921.jpg
油そば

油そばってなじみが、
無い方もいるかもしれませんが、
いわゆる汁無し麺で、
丼の底に醤油やラードなどの調味料が
入っていて、
麺をよくかき混ぜていただきます。
さらにお店にある調味料を足して、
自分の味を作り出すこともできます。

吉山商店さんの油そばは、
醤油ベースな味わいで、
アクセントに辛味も加わって、
具材も盛りだくさんで、
とっても美味しかったです♪

お店は東苗穂の国道275号線沿いにあり、
支店も南1条東2丁目にあるので、
ぜひ気になった方は、
食べに行ってみてくださいねー^^

小樽 小布施蔵の酵母違い日本酒飲み比べ会を開催しました♪ マリンブーツ

おはようございます、
しばらくブログを書いてないですいません^^;
今年度に入ってから、
かなり忙しい日が続き、
5月下旬からは本当に目まぐるしい忙しさでした。
これもアベノミクスのおかげのようです。
ブログを書くのをやめたわけでは決してないので、
気長に待っていただければと思います。

ということで、今日は書きますよー!
今日ご紹介するのは5月に主催した
日本酒の会の様子です。

いつもはワイン会をやっているのですが、
今回お願いしたお店でどうしても日本酒が飲みたいのと、
ちょうど冬に頼んでいたお酒が届いたのもあり、
久しぶりの日本酒の会となりました。

そのお願いしたお店というのは、
「マリンブーツ」さんです。

IMG_8078_20130705203402.jpg

名前 マリンブーツ・イン
住所 北海道小樽市銭函2丁目1番2号
電話 0134-62-5737
時間 電話でご確認ください
休み 電話でご確認ください
HP なし

私のワイン会では何度もお世話になっている、
マリンブーツさん。
漁師さんの奥さまが営んでおり、
場所は銭函駅の目の前にあり、
入店できるのは一日一組限定ということもあり、
なかなか予約の取れないお店なんです。

そんなマリンブーツさんが7月いっぱいでお店を閉じると聞いて、
あわてて予約をお願いしちゃいました。
お店で奥様に話を聞いたところ、
経営不振とかではなく、
包丁を自分の思うとおりに扱えなくなってきたので、
みんなから惜しまれる間にやめようと思い、
今回の決断に至ったそうです。。。
本当に残念ですが、
奥様がお決めになったこと、
致し方ないのかなと思います。

そんなマリンブーツさん、
お店の中はというと、
IMG_1257_20130705203122.jpg
元々ペンションだったこともあり、
部屋の中のような空間となっています。
窓からは銭函の海を一望でき、
ベランダに出ると潮風が気持ちよく感じられます。

そうした空間の中、
IMG_1258_20130705203124.jpg
テーブルセッティングを済ませて、
いよいよ日本酒の会スタートです。

それではまずはマリンブーツさん自慢の料理を
順にご紹介します。
IMG_1259_20130705203125.jpg
イカの沖漬

IMG_1262_20130705203130.jpg
わかめのサラダ

IMG_1264_20130705203148.jpg
カジカのブイヤベース

IMG_1266_20130705203151.jpg
春蝦蛄のクリーム煮

IMG_1268_20130705203216.jpg
帆立の玉ねぎソース

IMG_1271_20130705203220.jpg
たこのカルパッチョ

IMG_1272.jpg
青ツブの塩茹で

IMG_1274_20130705203247.jpg
お刺身盛り合わせ1(ホタテ、蝦蛄、たこ)

IMG_1275.jpg
お刺身盛り合わせ2(イカ、平目)

IMG_1276.jpg
アワビの刺身

IMG_1279_20130705203317.jpg
カジカのから揚げ

IMG_1281_20130705203320.jpg
なまこ酢

IMG_1282_20130705203321.jpg
黒がれいの煮付け

IMG_1277_20130705203251.jpg
生うに(ミョウバン不使用)

IMG_1285_20130705203339.jpg
ガス炊飯器で炊いたご飯(新潟産コシヒカリ)

IMG_1286.jpg
生うにを載せてうに丼にしちゃいました♪

IMG_1283_20130705203336.jpg
アブラコのお吸い物

IMG_1287_20130705203342.jpg
お漬物

IMG_1288_20130705203400.jpg
アイスクリーム

今回もどれを食べても、
新鮮でとても美味しい海の幸でした。
特にウニやアワビと言った刺身は、
さっきまで生きていたのでは?というぐらい新鮮で、
まったく嫌な味がしないで、
日本酒とも合いました^^
定番の蝦蛄のクリーム煮やタコのカルパッチョも
日本酒とも合い、
美味しくてどこか懐かしい味わいでした。
この料理がもう食べられないのかと思うと、
本当に残念でなりません。。。

気を取り直して、
そんな素晴らしい料理とともにいただいた日本酒を
ご紹介します。

今回用意させていただいた日本酒は、
長野県小布施町にある小布施蔵の日本酒たちです。
小布施ワイナリーのスタッフが年に3週間だけ使い、
日本酒を仕込んでいます。
2012年の仕込ではこれまでとは違い、
醸造責任者である曽我彰彦さんの考えにのっとり、
酵母を全く添加していない古典生酛をはじめ、
幻となった1号酵母から現在も使われている9号酵母を使い、
昔の日本酒を再現させました。
なかなか入手できない貴重なお酒なのですが、
去年、ワイナリーに見学した時に案内が欲しいとお願いしたのを、
覚えていてくださり、
無事購入することができました。

今回飲み比べしたお酒について簡単に書くと、
幻の1号~5号酵母と今も使われている6号酵母、9号酵母では、
現在の一般的な醸造法である速醸酛で行われ、
7号のみが大正生酛と呼ばれる乳酸などの添加物を
加えない一般的な生酛造りで仕込まれています。
そして最初に飲んだドメイヌソガは乳酸等の添加物はもちろん、
なんと酵母を一切加えずに、野生酵母のみで発酵させた
日本酒なんです。
一般的に日本酒の元となる醪を作るうえで
酒母や酵母は欠かすことができないと言われています。
その酒母や酵母を一切加えずに自然の力で日本酒を作る。
今では到底考えられない醸造法をあえて曽我さんはチャレンジしたんです。

それでは早速、そんなこだわりの日本酒の数々をご紹介します。
IMG_1260_20130705203128.jpg
小布施蔵 ドメイヌ・ソガ・サケナチュレル・古典生酛(純米生原酒)2012

IMG_1263_20130705203146.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・1号酵母ヌメロ・アン・速醸酛(純米吟醸生原酒)2012

IMG_1267_20130705203152.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・2号酵母ドゥー・速醸酛(純米吟醸生原酒)2012

IMG_1269_20130705203218.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・3号酵母トロワ・速醸酛(純米吟醸生原酒)2012

IMG_1270_20130705203219.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・4号酵母キャトル・速醸酛(純米吟醸生原酒)2012

IMG_1273_20130705203245.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・5号酵母サァンク・速醸酛(純米吟醸生原酒)2012

IMG_1278_20130705203315.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・6号酵母ヌメロ・シス・速醸酛(純米吟醸生原酒)2012

IMG_1280_20130705203318.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・7号酵母セプト・大正生酛(純米吟醸生原酒)2012

IMG_1284_20130705203338.jpg
小布施蔵 ソガ・ペール・エ・フィス・9号酵母ヌフ・速醸酛(純米吟醸生原酒)2012

まずは酵母を一切加えていない、
ドメイヌソガを飲んだのですが、
びっくりするぐらい日本酒でした。
正直、もっと変な味がするのかと思っていたのですが、
美味しい日本酒です。
ちょっと乳酸系なテイストと酸味を感じる味わいで、
とっても美味しかったです。
続いて1号から順に飲んでいったのですが、
どれも個性があり、とっても美味しかったです。
確かに古い酵母になればなるほど香りは弱く、
パワフルな味わいは無く、
どこか乳酸的なニュアンスが口や鼻に広がるのですが、
余韻がすごく続きます。
決して古い酵母だからダメだいうことは無いというのが、
はっきりとわかりました。
さらに2号酵母の様に途中で発酵が終わり甘口になってしまったものも、
べたつくような甘さではないので、
決していやな味わいは無く個性となって印象に残りました。

そして近代的な6号から9号酵母にかけては、
やはり香りのインパクトが違います、
一般的な吟醸香と呼ばれるものをはっきりと感じられ、
味わいも濃くしっかりしたものとなっています。
ただ、お酒単体で飲むには美味しいのですが、
1号から順に飲んでくると、
やや味わいや香りが強すぎて、
料理の邪魔になると感じることがありました。
新しい方が邪魔に感じてしまうなんて、
不思議ですね^^;
とはいっても、どのお酒も素晴らしく、
小布施ワイナリーさんの実力を強く感じる9本でした^^

そんな日本酒を楽しんだほか、
やっぱり小布施ワイナリーさんといえばワインと言うことで、
IMG_1265_20130705203149.jpg
小布施ワイナリー ソガ・ペール・エ・フィス・小布施ブラン・シャルドネプリムール2012

去年の葡萄で造られた新酒も用意しちゃいました、
日本酒を飲んできたせいか、
シャルドネらしいすっきりした果実味と酸の中に、
こちらもどこか日本酒のような酵母のような味わいを
感じました。
こちらも味わい、香ともに強すぎず、
今回のような和食に合わせるには最高な味わいでした。
1500円ぐらいでこの味わいが楽しめるなら、
大満足だと思います!

ということで、
IMG_1290_20130705203401.jpg
9人で10本開けちゃいました。

上にも書きましたが、
どの日本酒も思っていたよりも日本酒の味と香りがして、
びっくりしました。
1号から5号酵母は今ほとんど使われていないようですが、
個性という意味では、
こうした古いいろんな酵母を使ったお酒が
もっと出てきても良いのかな?
と思うぐらい、美味しい日本酒たちでした。

そんなおいしい思いをすることができたのも、
これも偏に日本酒を送ってくださった
小布施ワイナリーさんをはじめ、
ご参加いただいた皆様、
そして貴重な料理を提供してくださった
マリンブーツさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

そしてマリンブーツさん、
長い間お疲れ様でした。
マリンブーツさんの料理は、
一生忘れません。
本当にありがとうございました。

第51回ワイン会「ブルゴーニュネゴシアンNo1決定戦!」参加者募集

こんばんは、
昨日、無事に50回目を記念した
ワインパーティが終了しました。
皆様楽しんでいただけたようで、
ほっとしています。

ということで、100回目を目指して、
51回目のワイン会の参加者募集開始します♪

51回のワイン会のテーマはずばり、
「ブルゴーニュネゴシアンNo1決定戦!」
です。

日本人が大好きなワインの産地の一つであるブルゴーニュ、
その中でもワイナリーが自分でブドウも育てている
ドメーヌものに魅力を感じている方が
多いのではないでしょうか?
そんな中、天邪鬼な私が今回提案する会は、
その真逆である買いブドウや買いワインからワインを作る、
ネゴシアンものばかりを集めて、
みんなで飲み比べて投票しちゃいましょう!
という会です♪

今回の会を思いついたのは、
去年ブルゴーニュに新しくネゴシアンができたからです。
そのネゴシアンの名前は、
「シャントレーヴ(旧シャントリーヴ)」。
ドイツやフランスでワイン醸造に携わってきた栗山朋子さんと、
そのパートナーで現在もドメーヌ・シモン・ビーズで
醸造長を務めるギヨーム・ボットさんが設立したネゴシアンです。
去年、そのワインをいただき、
びっくりするぐらいのおいしさで感動したのを覚えています。
そこで、ほかのネゴシアンと飲み比べてみたいと思い、
企画してみました。
シャントレーヴだけでなく、
先輩日本人が設立したネゴシアン、
有名ドメーヌの醸造責任者が手掛けるネゴシアン、
創立数百年という歴史あるネゴシアン、
自然派ドメーヌのネゴシアン部門など、
個人的に飲み比べてみたい作り手を集めてみました。
しかも集めたワインはすべてACブルゴーニュです、
お手頃な値段で、ある意味ネゴシアンにとっての名刺代わりともいえる
ACブルゴーニュを飲み比べることで、
そのネゴシアンの心意気を感じ取れればと思っています。

そんなマニアックな内容にもかかわらず、
開催の会場としてOKいただいたのは、
創成川イーストにある大好きなビストロ、
ビストロデジャさんです。
まさにビストロともいえる見た目よりも味わい重視のコース料理は、
絶対満足いただけると思います。

IMG_7092_20100524200836_20130701221539.jpg IMG_8696_20091025192551_20130701221540.jpg IMG_2115_20130701221538.jpg


ワイン会概要

1.名称 「みんわい的ブルゴーニュワイン会パートⅣ ブルゴーニュネゴシアンNo1決定戦!」
2.日程 2013年7月18日(木)20:00~
3.場所 「ビストロ・デジャ」
     北海道札幌市中央区北3条東5丁目5番 岩佐ビル1F
4.会費 7000円
5.定員 11名+主催者1名 計12名
     (最少開催人数6名)


ワインリスト

泡 未定(決まり次第UPします)

白 シャントレーヴ ブルゴーニュ・ブラン 2010
  2010年、栗山朋子さんとギヨーム・ボットさんによって設立された新しいネゴシアン

白 ルー・デュモン ブルゴーニュ・ブラン 2010
  アンリジャイエも認めた日本人、仲田晃司さんが代表のネゴシアン

白 バンジャマン・ルルー ブルゴーニュ・ブラン 2010
  あのコント・アルマンの醸造責任者を務めるバンジャマン・ルルーさんが始めた新進気鋭のネゴシアン

白 フレデリック・コサール ブルゴーニュ・ブラン 2010
  自然派好きには有名なドメーヌ・シャソルネイのオーナーであるフレデリックコサールが始めたネゴシアン

白 ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ブラン 2010
  創立200年以上を数える、フランスを代表する老舗ネゴシアン

赤 シャントレーヴ ブルゴーニュ・ルージュ 2010
  2010年、栗山朋子さんとギヨーム・ボットさんによって設立された新しいネゴシアン

赤 ルー・デュモン ブルゴーニュ・ルージュ 2010
  アンリジャイエも認めた日本人、仲田晃司さんが代表のネゴシアン

赤 バンジャマン・ルルー ブルゴーニュ・ルージュ 2010
  あのコント・アルマンの醸造責任者を務めるバンジャマン・ルルーさんが始めた新進気鋭のネゴシアン

赤 フレデリック・コサール ブルゴーニュ・ルージュ 2010
  自然派好きには有名なドメーヌ・シャソルネイのオーナーであるフレデリックコサールが始めたネゴシアン

赤 ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ルージュ 2010
  創立200年以上を数える、フランスを代表する老舗ネゴシアン

相変わらずのマニアックな内容ですが、
皆様のご参加お待ちしています。

ご参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「第51回ワイン会参加希望」と書き、
本文にお名前、当日連絡のつく連絡先を記入のうえ、
送信お願いします^^
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。