*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽 ビールの醸造体験に行ってきました! 小樽ビール

こんにちは。
今日はこれから映画を見に行ってきます!
久しぶりの映画館なので、
ちょっとドキドキわくわくです^^
では行ってきますー!

今日は先週の日曜日に参加した、
ビールの醸造体験の様子を
ご紹介します♪

全国各地に地ビールを作っているところがあり、
私の地元である小樽にも、
小樽ビールという地ビールを作っているところがあります。
そこで年に1度自分たちで醸造して、
出来上がったビールをみんなで飲むというイベントが、
開催されます。
今回みんなで参加してきました!

改めてお伺いした地ビール工場の名前は、
「小樽ビール銭函工場」さんです。

IMG_9207_20130216065319.jpg

名前 小樽ビール
住所 北海道小樽市銭函3丁目263-19
電話 0134-61-2280
受付時間 平日9:00-17:00
見学日時 毎日10:00-18:00
HP http://otarubeer.com/jp/

先日大好きなお店であるなまらやさんに
ご飯を食べに行ったとき、
なまらやさんご夫婦から、
560009_438197942920722_1632303936_n.jpg
こんな案内をいただきました^^

美味しいビールを飲みながら、
ビールの醸造体験ができるなんて、
なかなか無い機会ですよね。
数年前からビールのホップ栽培のお手伝いを
していることもあり、
ビール醸造に興味があった私には、
最高のイベントです^^
なまらやさんご夫婦とお店の常連さんと
4人で参加することにしました^^

みんなで銭函駅に集合し、
銭函駅からタクシーに乗って5分ほどで、
小樽ビールさんに到着。
早速中に入ると、
私たちと同じように、
醸造体験に参加する方が、
沢山集まっていました^^
聞くと、この日は40人もの人が、
参加していたそうです。

時間となり、まずは小樽ビールの担当の方の案内で、
工場見学をします。
最初に見たのはこちら、
IMG_8921.jpg
こちらは煮沸釜です^^
こちらで麦芽から麦汁が作られます♪

IMG_8940_20130216064902.jpg
中を覗くと麦芽が良く混ざるように、
回転するプロペラがセットされていました。

とここで、
IMG_8949.jpg
できたての麦汁を試飲させていただきました^^
この麦汁が香ばしくて甘くておいしい~!
たくさん飲みたいと思っちゃうほどでした^^

美味しい麦汁を飲んだところで、
IMG_8923.jpg
ビールの原料についての勉強です。
ドイツにあるビール純粋令では、
ビールの原料は4種類しか認められていないそうです。
それが上の写真に並んでいる、
麦芽、ホップ、酵母、水です。
ドイツのブルワリーでは、
この4種類以外の材料を使うことは、
禁止されているそうです。

そんな原料の中から、
IMG_8935_20130216064901.jpg
麦芽を試食させていただきました。
麦汁のような甘さはありませんでしたが、
香ばしい風味で、
ビールのつまみになりそうな味わいでした^^

続いてみたのが、
IMG_8952_20130216064922.jpg
昔、保存に使っていたという、
樽の数々。
昔はこちらの入れ物で保存されて、
飲まれていたそうです。
ワイン樽よりは小さいですね。

そのあと次の部屋に移動、
IMG_8954_20130216064924.jpg
発酵タンクの見学です。

小樽ビールさんでは
大小10基以上のステンレスタンクがあり、
こちらでビールの発酵が行われているそうです。

と、ここで素敵なプレゼントが、
IMG_8960.jpg
案内してくださった方が、
タンクについているコックをひねり、
発酵途中のビールを、
出してくれました。

そのまま出すのはもったいないので、
IMG_8962.jpg
もちろんみんなでいただきます!
発酵途中のビールは若ビールと言われ、
従業員と見学者だけが味わえるという、
貴重なビールです。

この日は発酵2日目のピルスナーをいただきました♪
発泡はまだ弱く、まだ甘さも少し残っており、
酵母のニュアンスもあり、
これがまた美味しい!
従業員の方は、
このビールが飲めるなんて、
羨ましいですね♪

最後に、
IMG_8969_20130216064928.jpg
瓶詰めラインを見せていただき、
見学終了です♪

見学終了後は部屋を移動し、
IMG_8979.jpg
いよいよ醸造体験のスタートです♪

最初にも書いたとおり、
今回の醸造体験は飲みながら行うとの事で、
早速ビールをいただいちゃいます♪
IMG_8983.jpg
バンベルガー(スモークビール)

まずみんなで飲んだのが
2月1日蔵出しされたばかりの
バンベルガーです♪
スモークされた麦芽が使われており、
香りにまず燻された香りを感じます。
味わいはやや甘みがあり、
ほんのりした苦味が口に広がります♪

そんなビールとともに、
IMG_8981_20130216064954.jpg
おつまみをいただきながら
醸造体験をしていきます。

まずは、
IMG_8987.jpg
大きな鍋に水を張り、
温めていきます。

続いて今回使う麦芽を用意します。
IMG_8988_20130216065017.jpg
ドンケルブレンド麦芽

今回はドンケルを作るので、
ドンケル用のブレンドされた麦芽を
使用します。

IMG_8992_20130216065019.jpg
用意した麦芽を、
温めたお湯の中に投入します♪

IMG_8993.jpg
ファーブ麦芽(ロースト麦芽)

続いてロースト麦芽を準備します。
こちらのロースト麦芽はいれる量によって
色や苦さ味わいが変わるそうです。
なまらやチームはマックスの80gで挑戦です!

IMG_8996_20130216065022.jpg
ロースト麦芽もかき混ぜながら、
鍋の中に投入します。

IMG_8998_20130216065023.jpg
かき混ぜていくうちに、
水がどんどん濃い色に変わっていきます。

IMG_9010.jpg
ここで麦芽液の中の糖化酵素を残すために、
麦芽液の一部を別の鍋に移して、
常温で放置します。

IMG_9015.jpg
鍋に残った麦芽液をさらに加熱し、
苦さとカラメル風味を加えていきます。

IMG_9019.jpg
その後、別に取り分けた麦芽液を
元の鍋に戻ししばし放置。
糖化酵素の力で、
麦芽液を透過させます。

IMG_9011.jpg
そうして糖化した麦芽液を試飲します^^
あまーい!
ローストの香ばしさと甘さが加わり、
美味しかったです。

ここでさらに糖化を完全に終わらせるために、
ランチタイムに突入です。
IMG_9022_20130216065056.jpg
ランチセット

プレッツェルやチキンソテーなど
美味しい料理が盛りだくさん!
おなか一杯になりました^^

もちろん美味しい料理とともに、
IMG_9037_20130216065128.jpg
ドンケル

ビールもいただきます!
こちらは今回作っている
ドンケルタイプのビールです^^
カラメルのような苦さと、
複雑な香りがあります。
こちらも美味しかったー!

IMG_9024_20130216065125.jpg
ご飯の間に糖化が進み、
ビアーマイスターの方にチェックを受けます♪
なまらやチームの麦芽液は、
無事に炭水化物が無くなり、
糖化完了したことが証明されました。

IMG_9034.jpg
マイスターのOKが出たので、
麦芽液をろ過釜に入れて、
ろ過をします。

このろ過をして最初にできた麦汁が、
IMG_9049_20130216065152.jpg
一番搾り

良く聞く一番搾りです。
先ほどの麦芽液に比べると、
甘さがさらに強まり、
見学の時に飲んだ麦汁に負けていない
美味しさでした♪

ろ過を終えたところで、
IMG_9040_20130216065130.jpg
水を加えて、
残りの糖分をろ過します。

IMG_9048_20130216065132.jpg
ろ過した後の麦汁です。
さすがロースト麦芽を最大入れただけあり、
すごい濃い色をしています^^;

IMG_9064.jpg
そうしてできた麦汁に、
いよいよホップを加えていきます。
小樽ビールさんではこのようなペレットホップを
使用しています。
この日はハラタウホップと
てっとなんがーホップという2種類のホップを使用します♪

IMG_9056_20130216065155.jpg
ハラタウホップ

まずはこちらのハラタウホップを
麦汁に加えます。
こちらのホップは香りとうまみを
加える効果があるそうです。

IMG_9061_20130216065156.jpg
ホップを投入したのち、
かき混ぜつつ煮沸を行います。
煮沸することで、
カラメルと黄金色を引き出します。

IMG_9065_20130216065215.jpg
テッドナンガーホップ

続いて、ホップのアロマを引き出す、
テッドナンガーホップを投入します。

IMG_9069.jpg
ホップを投入したのち、
再び煮沸を行い、
その後火を止め、麦汁を休ませます♪

休ませている間に3時のおやつタイム♪
IMG_9066_20130216065216.jpg
ソーセージ2種類とザワークラウト

ビールの本場ドイツのおつまみと言えばこれ、
ソーセージは2種類で食感が全然違い、
それぞれ美味しく、
ザワークラウトはさっぱりしていて、
口の中をすっきりさせてくれます!

もちろんつまみと一緒に、
IMG_9052_20130216065154.jpg
ピルスナー

ビールをいただいちゃいます!
片手で持つのも大変な大きなジョッキで、
みんな回し飲みでいただいちゃいました♪
こちらのピルスナーは、
華やかな香りと優しい味わいで
すいすい飲めちゃいます♪

IMG_9077.jpg
おつまみをいただいている間に、
十分休ませた麦汁の上澄みだけを、
別の鍋に移します。
この時移した量が、
出来上がるビールの量になるので、
時間をかけて少しでも多くの上澄みを
みんなで移し替えました♪

IMG_9079.jpg
そうして移し替えた上澄みです♪
濃い色をしている麦汁が、
蛍光灯の明かりを反射していて、
とっても美味しそうですねー!

IMG_9082.jpg
続いて酵母が働ける温度まで、
保冷剤を入れて冷やしていきます。

IMG_9087.jpg
冷やしている間に、
いよいよ私たちの発酵タンクが
用意されました!

IMG_9088.jpg
既定の温度まで冷やした麦汁を、
漏斗を使って、
タンクの中に移し替えます♪

タンクに半分移し替えたところで、
IMG_9093.jpg
ビール酵母を加え、
その後残りの麦汁を加えます。
半分ずつに分けることによって、
酵母がタンクの中で良く混ざるそうです。

IMG_9097.jpg
麦汁を全部入れ終え、
最後にスタッフの方に無菌空気を入れて、
衛生的な状態で、
発酵されるようにします。

無菌空気を入れ終えて、
IMG_9098.jpg
すべての作業終了です!!
後はこのまま涼しい場所に置くことで、
タンクの中の酵母の働きで、
アルコールと二酸化炭素が生まれ、
ビールができる予定です!

ちなみに出来上がったビールは、
4月にみんなで飲む予定です♪
その時に小樽ビールの醸造責任者である、
ヨハネ・ブラウンさんも試飲して、
美味しかったビールは、
表彰されるそうです。
うちのビールが選ばれるかどうかはわかりませんが、
今からとっても楽しみです!

実際に今回醸造体験してみて、
思っていたよりも、
作業内容が多く、
温度や時間も細かく設定されていて、
結構大変でした^^;
工場で作るときは、
それほどでもないのかも知れませんが、
これからビールを飲むときは、
こうした大変さを感謝しながら、
飲みたいと思います。
スポンサーサイト

札幌 インド人が作る本場のカレーが楽しめるお店 インドカリーアマン

こんばんは。
今日は余市に久しぶりに
お手伝いに行ってきました^^
明日は家にいようかと思いましたが、
久しぶりに映画を見に行くことにしました!
楽しみ~♪

今日は南区にある、
美味しいカレー屋さんをご紹介します。

突然ですが、
皆様はカレーと言えば、
どんなカレーがお好きでしょうか?
一口にカレーと言っても、
インドカレー、欧風カレー、スープカレーなど、
その種類は豊富です。
ちなみに私は、、、
ぜーんぶ大好き!
その日の気分で食べたいカレーが変わります。
この日はインドカレーが食べたいと思い、
南区川沿いに最近移転オープンした
インドカレーのお店に行ってきました。
お店の名前は、
「インドカレー アマン」さんといいます。

IMG_3465.jpg

名前 インドカリー アマン
住所 北海道札幌市南区川沿15条2丁目2-5
電話 011-795-6172
時間 月〜金 11:00-15:00 & 17:00-22:00 
土日祝 11:00-22:00
休み 不定休
HP http://amancurry.com/

こちらの場所は、
元々フレンチカレーを提供していた
あのお店があったのですが、
諸般の事情で残念ながら閉店。
その後に入居したのがアマンさんでした。

アマンさんはインド出身の方で、
以前は雇われで今は無き某カレー屋さんで働いたのち、
独立し石山東で営業していたのですが、
今回移転してきたんです。

そんなアマンさんの店内は
以前のお店と作りは一緒ですが、
IMG_3459_20130202203155.jpg
壁の色を変えたり、
インド風の美術品などが壁に掛けられ、
イメージがだいぶ変わっています。

カウンターの上には、
IMG_3460_20130202203156.jpg
アマンさんブレンドのスパイスが
販売されていました^^

最初に出てきたお水の水差しも、
IMG_3461_20130202203200.jpg
なんとなくインドっぽさを感じる、
デザインでした。

メニューはいろいろなカレーがあったのですが、
今回ランチ限定のデリーセットというものを
頼んでみました。

デリーセットにはドリンクが付いてくるということで、
IMG_3464.jpg
プレーンラッシー

ラッシーをお願いしました。
甘さ控えめのこちらのラッシー、
もちろん美味しいのですが、
カレーを食べて口の中が辛くなってきたのを
クールダウンしてくれる役割があり、
カレーをいただく上でとっても役立ちました^^

それではメインのデリーセットを
ご紹介します!
IMG_3462_20130202203202.jpg
デリーセット

日替わりカレー2種類と日替わり一品と
ライスorナンとサラダ、ヨーグルトが
セットになったメニューです。
この日のカレーは、
豆カレーとチキンカレーでした。
辛さを辛口でお願いしたからか、
どちらも結構辛みがあったのですが。
豆カレーは辛さの中に若干甘さがあり、
チキンカレーは辛さが伝わる味わいで、
二つの味の違いがはっきりしているので、
飽きずにいただくことができました^^

そして日替わり一品のタンドリーチキンは
熱々でスパイスがしっかり聞いていて、
ご飯のお供にピッタリな、
美味しい一品でした。

カレーもほかの料理も日本っぽくない
本場な味わいなので、
本場の味が苦手な方は、
苦手な味わいかもしれませんが、
本場の味を食べてみたい、
本場のカレーが大好きという方は、
ぜひ足を運んでみてほしいです♪
とっても美味しいですよー!

小樽 しりべしコトリアードをいただいてきました!その2 トラットリア・コンフォルテーボレ

こんばんは!
今週も無事に仕事を終え、
家に帰ってきました。
明日は余市にお手伝い、
明後日は札幌に映画を
見に行こうと思います♪
楽しみなことが続いて、
心うきうきです♪

今日は今後志で開催されている、
しりべしコトリアードフェアの
お店に行った様子をご紹介します。

今回ご紹介するお店は、
以前ランチにお伺いしたことはありますが、
実は夜は初訪問でした♪
いつも車でお店の前は通っており、
入りにくいお店ではないのですが、
なかなか機会がなく、
今までお伺いしていませんでした。
そういう意味では、
今回のようなイベントがお伺いするきっかけとなり、
とても良かったと思います♪
ということで今回お伺いしたお店の名前は、
「トラットリア・コンフォルテーボレ」さんといいます。

IMG_9218_20130215205222.jpg

名前 トラットリア・コンフォルテーボレ
住所 北海道小樽市富岡1-20-1
電話 0134-22-1156
時間 ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
   ディナー17:30~22:00(L.O.21:00)
休み 不定休
HP なし

しりべしコトリアードは、
今年新しく誕生したご当地メニュー♪
後志地方でとれた魚介や野菜、
ワイン、シードルなどを使った、
食べるスープです。
今回小樽雪あかりの路に合わせて、
しりべしコトリアードフェアと題して、
後志地方のお店10店で、
それぞれ工夫を凝らした、
しりべしコトリアードが提供されています。

詳しくは、
http://dosanko.docon.jp/shiribeshi-cotriade/
こちらをご覧ください^^

私もこれまで2店舗でコトリアードをいただき、
今回ご紹介するお店が、
3店目の訪問となりました。

1店目、イル・ぴあっと・ヌーヴォーさんのコトリアードは、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-820.html
2店目、いぐれっく5.3さんのコトリアードは
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-835.html
こちらをそれぞれご覧ください。

コンフォルテーボレさんは、
地獄坂の途中にあり、
お店の隣りには、
IMG_9217_20130215205220.jpg
5台分の駐車場があります♪
車での訪問でも安心ですね^^

お店は1階は
IMG_9221_20130215205224.jpg
カウンター席となっており、
今回はお邪魔しませんでしたが、
2階にはテーブル席もあります^^

そんなカウンター席に座ると、
目の前に、
IMG_9220_20130215205223.jpg
しりべしコトリアードを紹介する
ポップが張られていましたー!

コトリアード以外には、
パスタやハンバーグなどの
洋食メニューなどが、
色々揃っていました♪
今度はそちらのメニューも
頼んでみたいですね^^

もちろん今回頼んだのはこちら、
IMG_9222_20130215205225.jpg
サラダ

サラダです!
というのは冗談で、
こちらはセットメニューに
ついてくるサラダです♪
玉ねぎの風味を感じるドレッシングが、
サラダによく絡み、
美味しかったです^^

それでは今回頼んだメニューの登場です!
IMG_9223_20130215205241.jpg
しりべしコトリアードセット

もちろんたのんだのは、
コトリアードです♪
コンフォルテーボレさんでは、
コトリアードのほか、
上にご紹介したサラダと、
自家製ハーブパンが付いてきます♪

それではさっそくいただきまーす!
IMG_9226.jpg
コトリアード

コンフォルテーボレさんのコトリアードには、
海老やカニ、タラ、貝などの魚介類や、
ホッケのすり身が入っていました。
その他じゃがいもやブロッコリーなどの野菜、
珍しいところでは林檎が、
盛り沢山入っていました^^
そのまま食べてもスープが良く絡み美味しいのですが、
後半、ヴィネグレットソースをかけて食べると、
味わいにさっぱりさが加わり、
最後まで美味しくいただきました!

スープは魚介の出汁のほか、
ミルクとほのかにジャガイモの
風味も感じられ、
優しい味わいとなっています。
美味しいですねー!

IMG_9227_20130215205245.jpg
そして付け合わせのハーブパンは、
ハーブの風味が口から鼻に抜け、
とっても美味しいです♪
そのまま食べてもおいしいのですが、

やっぱり
IMG_9231_20130215205246.jpg
スープに浸して食べると、
もう最高です!
いぐれっく5.3さんのライスも
美味しかったですが、
こちらのパンも負けてません!
コトリアードにはご飯かパンが必須ですね♪
とっても美味しくて、
あっという間に完食しちゃいました!

おなか一杯になったところで、
IMG_9232_20130215205247.jpg
お店からアンケートの依頼がありました^^
私なりの忌憚のない意見を、
書かせていただきました^^

しりべしコトリアードフェアは、
明後日まで開催しています!
ぜひ気になった方は、
上にご紹介したHPに載っているお店に、
ぜひ足を運んでみてください!
きっとおいしさに満足いただけると思います♪

私は今回、3件しかいけませんでしたが、
また来年フェアが開催されるときは、
もっと開催店舗が増え、
色々なお店に行きたいと思っています!
大好きなあの店やこの店でも
提供しないかなぁ?
これからの展開が楽しみですー!

札幌 今人気急上昇のトンテキが食べられるお店 東京トンテキ札幌店

こんばんは。
今日はさっき帰ってきました。
いつもなら3月が仕事的に忙しいのですが、
今年はすでに忙しくなりつつあります。
ただ明日頑張ったら、
明後日は休み♪
残り1日頑張りますー!

今日は今人気急上昇中の
トンテキのお店をご紹介します。

皆様はトンテキという料理を
ご存知でしょうか?
簡単に言えば、豚のステーキ、
略してトンテキです。
1センチぐらいの厚さに切った豚肩ロース肉を焼いて、
ソースをかけて食べるメニューです。
元々は三重県四日市市にあるローカルフードだったものが、
全国に広がったものだそうです。
そんな今話題のトンテキが札幌でも頂けるんです。
お店の名前は、
「東京トンテキ」さんといいます。

IMG_3846.jpg

名前 東京トンテキ 札幌店
住所 北海道札幌市中央区南1条西5-17-2 プレジデント松井ビル100 1F
電話 011-212-1212
時間  月~土 11時~22時(L.O.21時30分)
    日・祝  11時~21時(L.O.20時30分)
休み 無休
HP http://tokyotonteki.jp/

実はこちらのお店が入っているビルに、
大好きなお店があって、
最初そちらにお伺いしたのですが、
残念ながら満席。
そこで、こちらのお店に入ってみたんです♪

お店の中はオープンキッチンで、
キッチンを囲むようにカウンターがあり、
その奥にテーブル席もありました。

そんなお店でいただいたメニューはもちろん、
IMG_3842.jpg
トンテキ定食

トンテキとご飯、味噌汁が
セットになったトンテキ定食です♪
ちなみにトンテキ定食以外のメニューは、
トンテキの量が多い大トンテキ定食、
特大トンテキ定食などのほか、
豚肉を使ったハンバーグである、
トンバーグ定食などがあります。

トンテキ定食の中身はというと、
IMG_3838_20130203104533.jpg
ご飯

やっぱりお肉には、
ご飯が合いますよね♪
プラス100円で大盛りにできますし、
プラス150円でおかわりもできます^^

IMG_3839.jpg
味噌汁

大根とひき肉が入っていて、
ひき肉から脂が出て、
豚汁のような味わいのする
味噌汁でした。

IMG_3841.jpg
トンテキ

そして主役のトンテキです。
厚く切られた豚肉がカットされていて、
熱々の鉄板の上に載っています。
この豚肉がとってもやわらかくて、
スパイシーなソースと、
絡めて食べると病み付きになる味わいです。
このソースは付け合わせのキャベツと絡めても、
食が進む濃厚な味わいで美味しいです。
さらにテーブルに置いてあるマヨネーズなどを使い、
味の変化も楽しめるようになっています。

初めてトンテキというものを食べましたが、
豚肉が柔らかくて、
濃厚な味わいがとっても美味しかったです!
ご飯がどんどん進んで、
お替りしたくなるほどでした^^
札幌には他にもトンテキ出しているお店が
あるみたいなので、
食べ比べしてみたいですねー!
ご馳走様でした^^

札幌 29(肉)の日はやっぱりここでお肉をいただきます! パロンブ

こんばんは!
今日はもう水曜日なんですね。
月曜日が休みだと、
何だか一週間が早く感じます。
あと二日頑張れば休みなので、
頑張りたいと思いますー!

今日は前回のブログでご紹介した、
八剣山ワイナリーさんのお披露目会の後、
お伺いしたお店をご紹介します♪

八剣山ワイナリーさんのお披露目会があったのは、
2月9日。
2月9日と言えば河豚の日として有名ですが、
個人的には2(に)9(く)ということで、
肉の日だと思っています♪
肉の日ならばやはりおいしい肉を食べなければ、
ということで、
素晴らしいお肉料理を提供してくださる、
あのお店に行ってきました^^
そうです!素敵なフレンチビストロである、
「パロンブ」さんです。

IMG_8883_20130211085300.jpg

名前 PALOMBE
住所 北海道札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル 2F
電話 0133-72- 5051
時間 17:00~25:00
休み 火曜日 
HP http://bistro-campagne.jimdo.com/

パロンブさんには、
今年の正月にお伺いした以来となりました。
お店の小鹿シェフは、
フランスで料理を学んだほか、
肉加工のお店でも修業したという、
お肉を取り扱わせたら、
個人的にはナンバー1だと思っています♪

そんなパロンブさんでは、
冬の間限定でジビエを提供しており、
カウンターには、
IMG_8886_20130211085301.jpg
このようにいろんな鳥が、
捕獲された状態のまま展示されています♪
こうして並べられていると、
どのジビエをいただくか、
選ぶ楽しみがあるのですが、
鶏が好きな人にはちょっと酷な光景かもしれませんね。
ただ、私たちはこうした動物の命をいただいて
生きているんだということを実感することができ、
これがまさに
「いただきます」
という事だと思います。

それではさっそくこの日頂いた、
料理とワインをご紹介します。
まずは最初に白ワインを、
IMG_8888_20130211085302.jpg
レ・ビネール アルザス・サヴール 2011

アルザスにある自然派として有名ドネーヌ、
クリスチャン・ビネールが、
2011年から始めたネゴシアンのワインです。
ネゴシアンと言っても、
契約しているブドウ農家は1件だけなんです!
というよりこの1件のために、
ネゴシアンを始めたといっても過言ではありません^^
そのブドウ農家というのが、
ビネールの友人である、
ステファン・ヴァンワルトです。
元々ビネールに指導を受けながら自分でワインを作っていたのですが、
ブドウ栽培に集中したいということで、
ビネールに醸造を依頼し誕生したのが、レ・ビネールなんです。
こちらのサヴールには、
シルヴァネール、ピノ・ブラン、ミュスカ、リースリング、ピノ・グリ
の5種類が使われています。

肝心の味わいは、
飲み口が少し特徴的で、
トロットした感じがします。
きりっとした酸とともに、
果実味、そして旨味がギュッと詰まった感じで、
口に広がっていきます。
その味わいが余韻に長く感じられる、
素晴らしい味わいです♪
ネゴシアンでもビネールらしさを
しっかりと感じるワインでした^^
大好きな作り手は
つい説明が長くなっちゃいますね^^;

続いて前菜をいただきます♪
IMG_8892.jpg
定番!パテ・ド・カンパーニュ(ハーフ)

前回と同じパテを頼んじゃいました^^;
お肉の食感を感じられる程度の
粗挽きな感じで、
お肉の旨味をしっかりと感じます!
今回は一人だったので、
ハーフがあるのがありがたいですね♪

そんなパテと一緒にいただいたのが、
IMG_8890_20130211095013.jpg
自家製パン

パロンブさんのパン美味しいですよねー!
パテを上に載せて食べたら、
それだけでワインが5杯はいけますw
そして添えてあるバターもとっても美味しく、
さらにワイン5杯は飲めちゃいます。
次の料理のソースもつけて食べたかったので、
お替りしちゃいましたw

ワインは赤ワインに突入、
IMG_8897_20130211085322.jpg
シャトー・ド・カンテランヌ キュヴェ・シュザンヌ 1995

95がグラスワインで飲めるなんて、
素敵ですね。
こちらのワイナリーは、
コート・ド・ルーションにあり、
名前にある
「キュヴェ・シュザンヌ」
というのは、
ワイナリーの以前の所有者である、
叔母の名前から付けられたそうです。
ワインのセパージュは、
グルナッシュ85%、カリニャン15%
となっており、
造り手のこだわりとして、
飲み頃になってから瓶詰めをしているそうです。

味わいはグルナッシュの濃い果実味が、
熟成によってまろやかになっており、
タンニンも柔らかく、
熟成したニュアンスも感じられ、
飲みやすく美味しい味わいとなっています♪
若いグルナッシュは苦手ですが、
このぐらい熟成すると美味しいですねー!

そんな赤ワインと合わせた、
今回のメイン、ジビエはこちらです!
IMG_8899_20130211085324.jpg
ペルドロー グリ(灰色山うずら)のロースト

前回が鹿だったので、
今回は鳥にしようと思いカウンターを見ると、
なかなか食べることのできない、
灰色山うずらがあったので、
こちらをお願いしました♪

ちなみにカウンターの中にいた
灰色山うずらは
IMG_8895_20130211085305.jpg
こんな感じです。
こうして並べられていると、
羽が灰色なのがわかりますよね。
こうした頂く者の原型側kるというのは、
個人的にはとっても勉強になって嬉しいですね♪

さっそくいただいてみると、
ジビエのイメージにありがちな、
お肉が固いという感じはなく、
しっとりとした食感です。
味わいは鶏肉とは全く違い、
やや野性味を感じますが、
クセが強すぎることもなく、
とっても美味しいです。
ソースもその味わいを壊すことなく、
味わいを引き立てるような感じで、
素晴らしいものでした。
そして付け合わせの野菜も、
色々な種類が入っており、
箸休めに食べるのにぴったりでした♪

そして最後にもう一杯赤ワインを、
IMG_8900_20130211085325.jpg
ドメーヌ・ド・ラ・グラヴィレット コート・デュ・ローヌ 2010
 
もともと地元の協同組合にブドウを卸してましたが、
ぼーぬの醸造学校を卒業した、
ジュリアン・マスが実家に戻った後、
自家醸造することを決断し、
畑も有機栽培に切り替えたそうです。
こちらのワインは、
グルナッシュ100%となっています。

上にも書いたとおり、
若いグルナッシュのワインは、
果実味が強くて個人的に苦手なのですが、
こちらはガツンと来るほどの果実味は無く、
程よい感じで、
私でも美味しく飲めます。
料理のソースとの相性も良く、
美味しくいただきました。

やっぱりパロンブさんのジビエ、
最高です!
残念ながら今期のジビエはもう少しで終了ですが、
ジビエが終わった後は、
お肉の加工料理、
シャリュキュトリーが数多く登場します。
すでに小鹿シェフによって、
仕込が行われているということなので、
とっても楽しみですね。
こちらが登場したら、
また食べに行きたいと思いますー!

札幌 八剣山ワイナリーの2012ヴィンテージお披露目会に行ってきました ベジカフェまーくる

こんにちは!
昨日は地元の小樽ビールさんの
醸造体験に参加してきました。
やってみると結構手間暇かかり、
大変でした^^
そう思うと、いつも気軽に飲んでいたビールも
ありがたく感じますねー!
造ったビールは4月に飲めるそうなので、
今からとっても楽しみです!

今日は昨日参加させていただいた、
札幌にあるワイナリーの
ニューヴィンテージのお披露目会の様子を
ご紹介します♪

2011年、札幌に3つ目のワイナリーができました。
それが八剣山ワイナリーです。
元々果樹の産地として、
林檎やサクランボ、ぶどうなどが栽培されていた、
南区八剣山地区。
そこに新たにブドウを植樹して、
ワイナリーをという動きが、
数年前から始まり、
ようやく一昨年ワイナリーが完成し、
ワイン免許を取得した、
まだ新しいワイナリーです。
そんなワイナリーの2回目の仕込で完成したワインを
飲むことができるとのことで、
参加してきました。
会場となったお店は、
「ベジカフェまーくる」さんです。

IMG_8817_20130209233444.jpg

名前 ベジカフェまーくる
住所 北海道札幌市中央区南1条西6丁目21-1 センチュリーヒルズ 1F
電話 011-219-4255
時間 [Morning] 08:00-11:00
   [Lunch] 11:00-14:00
   [スタジオキッチンタイム(完全貸切)] 14:00-17:00(月~土と月夜)
   [Dinner] 17:30-22:00(火~土)
休み 日曜日・祝日
HP なし

ベジカフェまーくるさんは、
野菜ソムリエである吉川さんが営む、
まさに野菜中心のメニューが頂けるお店です。
残念ながら、通常営業の時は、
行ったことないので、
今度行ってみたいと思います♪

早速時間となり、
お店の中は30人以上の方が
集まりました。

最初に早速、
IMG_8834.jpg
亀和田社長

八剣山ワイナリーの亀和田社長により、
ワイナリーの説明と、
ワインの説明がありました^^

説明によると、
まだ自社畑のブドウは植えたばかりだったり、
収量が少ないので、
他の産地からブドウを買って、
一部は自社畑のブドウを加えて、
醸造しているそうです。
発酵はステンレスタンク、
樽を持っていないので、
熟成もステンレスタンクで行っているそうです。
今日のワインは、
瓶詰めを最近のもので、
2日ぐらい前にしたばかりなので、
これから味わいは変化していくだろうとの事でした。

そんな亀和田社長とともに、
ワインについていろいろ教えてくれたのが、
この方、
IMG_8830.jpg
池田ソムリエ

ご存知グランヴァンセラー元店長で、
今はフリーのソムリエとして、
ワインのイベントなどを企画している
素敵なソムリエです。

今回、八剣山ワイナリーのワインの
テイスティングコメントや、
ワインに使われている品種の説明などを
楽しいお話で聞かせていただきました^^

そんなお二人の説明の後、
さっそく今回お披露目されたワインが、
紹介されました。
IMG_8829_20130209233447.jpg
一番右のワインは八剣山ワイナリー以外の秘密のワインで、
それ以外のワインが今回リリースされた
ワインとなっています♪
その中から、左側2本以外が今回のお披露目会で、
飲ませていただきました。
ちなみに八剣山ワイナリーさんのワインは、
見ていただいてわかるように、
すべてのワインがフルボトルとハーフボトルの2種類作られています。
これは嬉しいですよね。
特にスパークリングなどは飲み残すことが難しいので、
フルだと一本飲めなくても、
ハーフだと飲めたりしますよね♪

それではさっそく
今回飲ませていただいたワインを、
ご紹介します♪
IMG_8864_20130209233611.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・ナイアガラスパークリング 2012

香りはまさにナイアガラ甘い香りですが、
味わいは酸が効いた、
辛口となっています♪
発泡は炭酸ガス注入により造られ、
そのためか若干荒い泡となっていました。
べたつくような甘さが無いので、
すっきりと一本飲めちゃいそうな味わいでした。

IMG_8863_20130209233610.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・キャンベルロゼスパークリング 2012

こちらはナイアガラと違い、
キャンベルらしい香りはあまりしなく、
瓶詰め直後だからかやや還元的な香りがしました。
こちらも甘さはほとんどない辛口で、
酸もそれほど強くありません。
やや閉じ気味だからかワインとしての特徴を
感じることができませんでした。
少し寝かせてからもう一度飲んでみたいです。
IMG_8865.jpg
八剣山ワイナリー 八剣山すぱーくりんご・スパークリング/アップルワイン

スパークリングならぬ、
すぱーくりんご。
かわいらしいこちらのネーミングは、
なんと八剣山ワイナリーさんで商標登録されているそうです。
こちらはまさにリンゴそのもの香りがして、
味わいもリンゴをかじったような、
甘酸っぱさがあります。
やや甘さが強い味わいなので、
アペリティフやデザートワインとして飲みたい感じでした。

IMG_8860_20130209233607.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・リースリング 2012

今年初リリースのこちらのワイン、
瓶詰め直後だからか、
香りはやや弱いですがフローラルな香りがします。
まだペトロール香はでていませんが、
熟成によって出てくるような気がします。
味わいは酸も穏やかで、
果実味を余韻にかけて感じます。
熟成させたものを飲んでみたいですね。

IMG_8858_20130209233549.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・メルローロゼ 2012

メルローをセニエした際の果汁を発酵させて造られたのが、
こちらのロゼワインです。
セニエした時期が若干遅いということで、
色の濃いロゼとなっています。
そのためかロゼとしては
タンニンがやや感じられます。
辛口な味わいは、
やはり少し寝かせてから飲んでみたいと思いました。

IMG_8859_20130209233550.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・メルロー 2012

上のメルローロゼとそれほど色が変わらない、
メルローとしてはやや薄めの色合いです。
味わいは果実味はそれほどなく、
酸とタンニンが立っている感じですが、
樽を使っていないにもかかわらず、
すでに柔らかくなってきています。
亀和田社長曰く、
樽は使っていないが、
MLF(マロラクティック発酵)を
しっかりかけているとの事でした。

IMG_8862_20130209233609.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・セイベル13053 2012

自社畑のブドウと買いブドウを合わせて
造られたこちらのワイン。
タンニンは穏やかで、
やや酸が強い感じです。
今はボトルショックの影響か、
味の要素がバラバラな感じなので、
次のワインの味からして、
少し寝かせて飲みたいワインでした。

IMG_8861_20130209233608.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・セイベル13053 2011

なんとこちらは八剣山ワイナリーの
ファーストヴィンテージのワインです。
上の2012に比べると、
熟成したからか味のまとまりがあり、
タンニンと酸のバランスがとても良く、
今回の赤ワインの中で、
一番おいしく感じました!
これを飲むと、2012ヴィンテージのワインも
少しん課せたくなっちゃいますねー^^

とここで、八剣山ワイナリー以外のワインが、
緊急参戦!
IMG_8867_20130209233637.jpg
NESY グレィップル

こちらはなんとネパールのワインです!
亀和田社長の知り合いの会社が、
ネパールから輸入しているそうです。
輸入している会社の社長も会に参加しており、
その方に話を聞いたところ、
ネパールは果樹が数多く栽培されており、
最近ワインを作るところも増えてきたとの事でした。

こちらのワインは、
なんとブドウと林檎のブレンドによって、
造られているそうで、
品種は不明との事でした^^;
味わいはまさにブドウと林檎が
そのままワインになったような味わいで、
やや甘口な仕上がりとなっています。
ヴィンテージ表記がありませんが、
やや熟成したニュアンスを感じられました。

そんなワインとともに今回のお披露目会では、
IMG_8844.jpg
ベジカフェまーくるさんの料理も
振る舞われました^^

そんな料理の数々を写真でご紹介します♪
IMG_8837_20130209233507.jpg

IMG_8838.jpg

IMG_8839_20130209233510.jpg

IMG_8840_20130209233512.jpg

IMG_8841_20130209233513.jpg

IMG_8842_20130209233544.jpg

IMG_8843_20130209233546.jpg
さすがはベジカフェということで、
料理には鶏のから揚げ以外、
すべて野菜を使ったメニューとなっています♪
味付けは優しく、
野菜そのものの味わいをしっかりと感じることのでき、
とっても美味しかったです♪

八剣山ワイナリーさんでは、
2012ヴィンテージのワインに使う
ラベルのコンペティションが開催され、
お披露目会で結果発表が行われました。
IMG_8868_20130209233639.jpg
最優秀の作品が公開されました^^
このコンペはあくまでアマチュアやセミプロの方が対象で、
将来の巨匠にチャンスを与えるという目的で
開催されました。
ラベルはワインの顔ともいえる大事なものなので、
こうした試みは面白いですよね。
このコンペは毎年開催されるそうなので、
既成概念にとらわれない素敵なデザインが、
これからどんどん出てきそうですね!

さらに今回のお披露目会から、
八剣山ワイナリーさんのワインが、
IMG_8819_20130209233446.jpg
ベジカフェまーくるさんで購入できるようになりました。
こちらは八剣山ワイナリーのさっぽろ大通り直売所となっているため、
通常のワインショップなどでは買えないような、
本数の少ないワインなども販売しているそうなので、
要注目ですね。

ということで私も早速買っちゃいました。
IMG_8902_20130209233640.jpg
八剣山ワイナリー さっぽろ地ワインカノンズ・メルローロゼ 2012

薔薇色の騎士団メンバーとしては、
やはり気になるロゼワイン。
本数が100本少々と少なく、
寝かせたらおもしろそうだったので、
購入してみました。

そしてもう一本
IMG_8907_20130209233655.jpg
NESY グレィップル

買っちゃいました、ネパールワイン!
マニアックな国のワインが大好きな知り合いと
一緒に飲みたいと思います♪

そしてもう一つ、
IMG_8901_20130209233640.jpg
著作 ジョン・ムーア 翻訳 亀和田俊一 ブドウ畑から始まる職人ワイン造り

アメリカの小規模ワイン醸造家が、
畑でのブドウ栽培から、
小規模ワインの醸造について書いているこちらの本、
翻訳を八剣山ワイナリーの亀和田社長が行っているんです。
前から存在は気になっていたのですが、
なかなか売っているお店が無く、
今回販売していたので、
思わず買っちゃいました♪
今から読むのが楽しみですー!

八剣山ワイナリーさん、
今まであまり情報が入ってこず、
ワインを飲む機会も少なかったのですが、
今回ワインを飲ませていただき、
社長のお話を聞かせていただき、
その一端がわかったような気がします。
社長のお話しや飲んだワインからは、
ブドウもワインも真面目に作られているのが、
よくわかります。
ワインは詰めたてということもあり、
本来の味わいとはやや違う状態だったと思いますが、
全体的にきれいな作りをしていると感じました。
今回飲んだワインを、
1年寝かせたものをもう一度全部飲んでみたいですね。
そして今年中に畑、ワイナリーの見学に、
行ってみたいと思いますー!

八剣山ワイナリーさんの事を
詳しく知りたい方は、
HP http://www.hakkenzanwinery.com/
こちらをぜひご覧ください♪

札幌 超濃厚な豚骨ラーメンのおいしいお店 SUPER STAR

こんばんは。

今日は札幌市東区にある、
美味しいラーメンのお店を、
ご紹介します。

今日ご紹介するお店は、
濃厚な豚骨を使った、
ラーメンのお店です♪
豚骨のラーメンというと、
博多ラーメンが有名ですが、
最近は濃厚な豚骨を使いながら、
醤油などの味付けをしている
お店もたくさん増えていています。
今回するお店もそんな一店、
お店の名前は、
「スーパースター」さんといいます。

IMG_8745_20130209114420.jpg

名前 スーパースター
住所 北海道札幌市東区北11条東5丁目1-12 1F
電話 011-790-7663
時間 11:00~15:00
   17:30~21:00
休み 火曜日
HP なし

お店の名前が、
スーパースターというのもすごいですが、
IMG_8744_20130209114418.jpg
お店にかけられている看板や、

IMG_8746_20130209114422.jpg
入口ののれんも特徴的なデザインで、
面白いですね。
一見ラーメン屋とはわからないですよね。
ただラーメン屋さんと知って伺うと、
これを見ただけで
豚骨を使っているんだなというのが、
伝わってきますよね♪

IMG_8736_20130209114354.jpg
お店の中はすべてカウンター席となっており、
私のような一人客には、
ありがたい仕様となっています♪

メニューは豚骨ラーメンを基本になっており、
その中から今回は、
IMG_8737_20130209114355.jpg
超煮星らぁめん

名前に惹かれて頼んじゃいました。
煮干じゃなくて煮星なんです^^
こちらは豚骨に魚介の風味を加えた一杯です。
粘性のあるスープは、
こってりとしており、
そこに魚介の風味が複雑さを出していて、
とっても美味しいです!
具材もチャーシューが炙ってあったり、
ネギに玉ねぎが良いアクセントになったり、
なるとも見た目に良い感じです♪

IMG_8740_20130209114357.jpg
麺は中細のストレート麺。
スープが濃厚なので、
中細の麺でのよく絡んで、
するするといただけます。
ちなみに麺は注文の時に、
こちらの中細のストレート麺と
中太の縮れ麺の2種類から、
選べます♪

さらにスーパースターさんでは、
食べ終わった後に、
替え玉を注文することができます♪
ということで、
IMG_8741_20130209114358.jpg
替え玉(中太縮れ麺)

もう一種類の麺、
中太縮れ麺で替え玉を
お願いしちゃいました♪

IMG_8742_20130209114416.jpg
さっそくいただいてみると、
麺が太く縮れている分、
スープとの絡みが良いですが、
するする食べる感じにはならないので、
個人的には、
中細面の方が好みでした♪

他にもつけ麺があったり、
たまに限定麺をやっていたりするそうなので、
またお伺いしてみたいですね。
気になった方も、
ぜひ足を運んでみてくださいねー!

小樽 しりべしコトリアードをいただいてきました!その1 いぐれっく5.3

こんにちは、
せっかく昨日から雪あかりの路だったのに、
酷い天気でしたね。。。
今日もあまり良い天気では無いようですが、
沢山の方が来てくださる事を
願っていますー!

今日は昨日から始まった、
しりべしコトリアードフェアに参加している、
お店をご紹介します。

今回ご紹介するお店は、
私が洋食を外で食べた初めてのお店で、
当時中学生でした。
世の中にはこんな料理もあるんだと
その味わいに感動したのを
よく思い出します。
いわば、私にとっての
洋食の原点ともいえるお店です。
お店の名前は、
「いぐれっく5.3」さんといいます。

IMG_8777_20130209063842.jpg

名前 いぐれっく5.3
住所 北海道小樽市富岡1丁目15番4号
電話 0134-23-9891
時間 平日11:00〜15:00 17:30〜21:00
   日・祝日11:30〜15:00 17:30〜21:00
休み 月曜日
HP http://www1.odn.ne.jp/y-5-3/index.html

しりべしコトリアードって、
聞いたことない方も多いと思いますが、
IMG_8692_20130209063735.jpg
後志地方のシェフ団体や生産者、
経済団体の方が集まり、
後志の食材を使って、
名物になるような料理を作ろうということで、
今年誕生した新しいメニューです♪

コトリアードというメニュー、
あまりご存知な方はいないと思いますが、
シードルで有名なフランスのブルターニュ地方の郷土料理で、
魚介や野菜、乳製品、シードル(ワイン)などを使い、
作られるスープ料理で、
わかりやすく言うと
ブイヤベースのトマトを乳製品に変えた感じです。

そんなしりべしコトリアードのお披露目も兼ねて、
2月8日から2月17日まで、
しりべしコトリアードフェアとして、
後志地方の飲食店10店舗で、
しりべしコトリアードが提供されます。

詳しくは、
http://dosanko.docon.jp/shiribeshi-cotriade/
こちらをご覧ください^^

そんなしりべしコトリアード、
実は私、すでに一度食しています。
ブログを読んでくださっている方は、
お気づきかと思いますが、
去年のクリスマスディナーで、
ぴあっとさんに行ったときに、
提供してくださったんです。
実はぴあっとさんの三輪シェフが今回の企画の
中心的な人物で、
研究中のメニューを出してくださったんです^^
その時の様子は
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-820.html
こちらをご覧下さい。

前置きが長くなりましたが、
さっそく今回お伺いした、
イグレックさんをご紹介します♪
お店の中は、
IMG_8765_20130209063738.jpg
白い壁と床や柱、テーブルなどの
濃い茶色のコントラストが、
とてもシックで素敵な空間となっています。
テーブルとカウンター席、、
そして個室がありますが、
今回はテーブル席に座らせていただきました。

早速メニューを見ると、
IMG_8761_20130209063737.jpg
しりべしコトリアードが、
しっかりとメニューに載せられています♪
一緒に北海道ワインさんの北海道ケルナーが
良く合うと書かれています。
車じゃなければ、
一緒に飲みたかったですねーT_T

早速注文すると、
IMG_8766_20130209063740.jpg
シルバーが運ばれてきました♪
しりべしコトリアードは、
スプーンとフォークでいただきます^^

15分ほど待って、
しりべしコトリアードの登場です!
IMG_8767_20130209063741.jpg
しりべしコトリアード

提供の方法はお店それぞれですが、
いぐれっく5.3さんでは、
コトリアードのほかにサラダとおにぎりが
セットになっています♪
洋食であるコトリアードにおにぎり?
という感じですが、
これには秘密があって、後ほどその秘密を
ご紹介しますね。

まずは、
IMG_8769_20130209063805.jpg
サラダ

いぐれっくさんのサラダ、
ドレッシングがとっても美味しいんです。
和風な感じなのですが、
何とも言えない美味しさなんです!
我が家全員がはまって、
一時期ドレッシングだけ譲ってもらうほどでした^^

そしてメインである、
IMG_8768_20130209063804.jpg
しりべしコトリアード

後志でとれた海老やホタテ、いかなどの魚介、
じゃがいもや玉ねぎなどの野菜が、
盛り沢山入っていて、
おなか一杯になります!
スープは牛乳とじゃがいもが味のベースでしょうか?
そこに濃厚な魚介と野菜の出汁が加わり、
口に入れた瞬間、
味が口の中いっぱいに広がっていきます!
これは美味しいです!
添えられている長葱やピンクペッパーがアクセントとなり、
美味しくいただけます。
特にピンクペッパーのほんのりした苦味は、
良いアクセントでしたー!

さらにコトリアードは
途中で味の変化を楽しむことができるようになっています。
それがこちら、
IMG_8771_20130209063807.jpg
ヴィネグレットソース

エシャロット、ビネガー、オリーブオイルなどを使い
作られているこちらのソースを入れると、
コトリアードの味わいが爽やかになり、
これまた違った美味しさが楽しめるようになっています!

さらにお店の方が、
IMG_8773_20130209063808.jpg
パン

こちらのパンをサービスで、
出してくださったので、
IMG_8774_20130209063838.jpg
スープに浸して食べると、
もう最高!
パンがいくらでも食べられるぐらい、
美味しくいただけました。

そして具材の食べ終わったところに、
いよいよあれの登場です!
IMG_8770_20130209063806.jpg
おにぎり

そうです!おにぎりです!
このおにぎりを、
IMG_8775_20130209063840.jpg
コトリアードの中に投入しちゃいます!

投入したのち、
よーくかきまぜると、
IMG_8776_20130209063841.jpg
コトリアードのリゾット風

リゾット風に早変わり!
最後まで本当に食べ飽きしない工夫が
なされていますよね。
さっそくいただいてみると、
これがめちゃめちゃ美味しいです!
コトリアードの乳製品の風味と
魚介、野菜の出汁がご飯にしみこみ、
素晴らしい味わいになります!
ちなみに、このおにぎりも後志地方にある
赤井川で栽培されたお米が使われています♪

このおにぎり提供のサービスは、
いぐれっく5.3さんのオリジナルなのですが、
本当に美味しかったので、
ぜひほかのお店でもやってほしいなぁ。
なんて思いました♪

安川シェフ、
素晴らしいコトリアードご馳走様でした!
また是非お伺いさせてくださいねー♪

先ほども書きましたが、
しりべしコトリアードフェアは
17日まで開催しています♪
ぜひ、雪あかりの路で小樽にいらした際は、
雪あかりで冷え切った体を、
しりべしコトリアードで温めてくださいー!
小樽では8店舗で提供していますので、
詳しくは、
http://dosanko.docon.jp/shiribeshi-cotriade/02.html
こちらをご覧くださいー!
私も違うお店にも食べに行ってみようっと♪

札幌 美味しい古式手打蕎麦のいただける素敵なお店 道光庵

こんばんは。
今日は凄い吹雪でしたね。
今日から両親がハワイに行くのですが、
飛行機が無事飛ぶのか、
ひやひやしています。
まだ飛んでいないようなので、
無事飛ぶことを祈りたいと思います。

今日は先日いただいた、
美味しいおそばのお店を
ご紹介します。

皆様は古式蕎麦というものを、
ご存知でしょうか?
私は知りませんでした^^;
今日ご紹介するお店によると、
江戸に由来する格調高い蕎麦の事を指し、
その対極として、家で作られるお蕎麦の事を
郷土蕎麦というそうです。

今回ご紹介するお店は、
そんな古式蕎麦を提供している
お店とのこと。
どんなおそばが出てくるのか、
楽しみです。
お店の名前は、
「道光庵」さんといいます。

IMG_8119_20130202140914.jpg

名前 道光庵
住所 北海道札幌市手稲区稲穂三条7-5-1 こがねショッピングプラザ 1F
電話 011-694-5655
時間 [火~金]11:00~15:30 17:00~20:00
   [土・日・祝]11:00~20:00
休み 月曜日(祝日は営業)
HP なし

お店はカウンター席と、
テーブル席があり、
今回はカウンター席に座りました。

こちらのお店ではおそばの種類が4種類あり、
二八、田舎、さらしな、変わりそば
の中から選ぶことができます。
どのメニューにするのかだけでも迷うのに、
さらにおそばを選ぶなんて、
大変です^^;
今回ご一緒した方のおすすめを聞き、
注文させていただきました。

ということで今回いただいたのはこちら!
IMG_8117_20130202140911.jpg
鴨せいろ(田舎)

鴨せいろを田舎蕎麦でいただきました。
つなぎを使っていない、
100%そば粉で作られています、
蕎麦は太めでコシもあり、
すするというよりは、
食べるといった感じで、
とっても美味しいです!

IMG_8118_20130202140913.jpg
つけだれは熱々で、
めちゃめちゃ鴨の出汁が出ていて、
とっても美味しいです!
味が濃いめなので、
田舎蕎麦のインパクトに負けずに、
口の中に味わいが広がります。
個人的には鴨肉だけでなく、
長葱がたくさん入っていたのも、
嬉しかったです!

4種類もあると、
他の蕎麦も試してみたいところ、
次回は違うメニューを違うお蕎麦でいただき、
全種類制覇したいですねー!
次回行くのが楽しみになる、
そんな素敵なお蕎麦屋さんでした^^

札幌 胡麻の風味がたまらない美味しい担々麺のお店 坦々亭

こんばんは。
今日は日帰りで、
函館まで行ってきました。
残念ながら吹雪いていたので、
寄り道せずに帰ってきました。
でも、ランチに食べたピッツァが
とっても美味しかったので、
満足ですー!

今日は狸小路にある、
美味しい担々麺のお店を、
ご紹介します。

一時期グルーポンで買った、
ホテルを利用するために、
飲んだ後狸小路を良く通ってました。
その時にいつも気になる、
担々麺のお店があったんです。
何回か前を通った後、
ついに吸い込まれるように、
お店の中に入っちゃいました♪
お店の名前は、
「坦々亭」さんといいます。

IMG_7943_20130202134332.jpg

名前 坦々亭
住所 北海道札幌市中央区南2条西6丁目5-3 狸小路6丁目北 住友狸小路プラザハウス1F
電話 011-271-5665
時間 11:00~02:00
休み 年中無休
HP なし

お店の看板を見ると、
あの中華の鉄人陳健一直伝の味と
書かれています♪
これは気になりますよね。

早速、お店の中に入ると、
IMG_7939_20130202134326.jpg
長いカウンター席となっており、
その奥が厨房になってました。

メニューを見ると、
担々麺を売りにしているだけあり、
担々麺だけで4種類もありました。

今回は初めてお伺いしたということで、
メニューのトップに書かれていたこちら、
IMG_7941_20130202134330.jpg
四川担々麺

四川担々麺にしました。
一見味噌ラーメン?
というような色をしていますが、
香りは胡麻のおいしそうな香りが
広がります。
早速スープをいただくと、
胡麻の風味が口いっぱいに広がります♪
辛さはあるのですが、それほどきつくなく、
ピリリとアクセントになる程度で、
美味しくいただけます。

続いて麺は、
IMG_7942_20130202134331.jpg
細いストレート麺となっており、
あまりコシは強くないたいぷとなっています。
ただ、スープとの相性は良く、
美味しくいただけました。

今まで外で担々麺を食べることが、
あまりなかったのですが、
こちらのお店は美味しかったです。
他の担々麺も気になりますし、
担々麺以外のメニューも
美味しそうなものがあったので、
ぜひまたホテルを利用することがあった時には、
立ち寄ってみたいと思いますー!
プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。