*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某所 素敵な別荘でワインと手作り料理を楽しみました♪

こんばんは、
昨日今日と、
とっても良い天気が続いてますね。
心なしか家のブドウの樹も
元気な気がします^^
このまま開花が終わるまで、
雨降らないで欲しいですねー!

今日も道南苗植え旅行の様子を
ご紹介します。
トゥルモンさんで
美味しいジャムを買った後、
いよいよこの日の宿泊地に移動です!

今回はご一緒した方の
別荘に泊まらせていただくことに
なっていたんです♪
個人の別荘なので、
外観や内観はご紹介できませんが、
めちゃめちゃ素敵な場所にあり、
めちゃめちゃ素敵な建物でした。

IMG_2235.jpg

名前 某所

別荘から少し歩いたところからは、
このような素敵な景色を
見ることが出来ます♪
こんなところに別荘があるなんて、
素敵ですよねー!
私も別荘欲しくなっちゃいました♪

今回はそんな別荘で、
ワインを飲みながら
自分たちで料理を作って、
みんなで食べようということになり、
素晴らしい料理が沢山出来上がりました^^
って、自分はほとんど
何もしていないんですけどね^^;

それではみんなで作った料理を
ご紹介します♪
IMG_2219.jpg
豆腐とフレッシュ野菜のサラダ

湧水の里で刈った美味しい豆腐と、
ドライブ中の先々で買った野菜を
合わせた一品。
まず豆腐が豆の味がしっかりして、
とっても美味しいー!
そして野菜もパリッとしゃきっとして、
美味しかったです!!
パスタやお肉を食べた後に食べると、
口がリセット♪
美味しかったー!

IMG_2218.jpg
アマトリチャーノ・タリアテッレ

こちらの生パスタは、
なんと別荘についてから、
セモリナ粉で一から作ったんです♪
モチモチした食感は以外とコシがあり、
トマトベースのソースと良く絡み、
めちゃめちゃ美味しかったです!
Aさん頑張って作ってくれて、
ありがとうー!

IMG_2224.jpg
アーリオ・オーリオ・タリアテッレ

こちらも同じく、
セモリナ粉から作った生パスタ、
アーリオ・オーリオソースにも良く絡み、
さらにパスタの味がしっかりしているので、
ソースの味に負けていません!
これはワインが進みましたー^^

IMG_2187.jpg
牛テールのトマト煮込み

ダッチオーブンでぐつぐつと
ゆっくり煮込んだこちらの牛テール、
コラーゲンたっぷりで、
もう最高です!!
トマトソースの味も素晴らしく、
赤ワインが最高に合いました♪
Mさん、また食べたいですー!

IMG_2226_20120624113902.jpg
アンジュ・ド・フロマージュ リヴィエール・ルージュ(ウォッシュチーズ)

今回立ち寄った、
アンジュ・ド・フロマージュさんで
Mさんが買ったチーズです♪
これがかなり濃厚!
香りがたまりません!
人によってはくさいと思うほど
しっかりとした香りのするものは、
今まで北海道のチーズでは
あまりなかったので、
個人的に嬉しかったです!

IMG_2228_20120624113900.jpg
マドレーヌ

Aさんが作ってきてくれた、
こちらのマドレーヌ、
甘さ控えめで重たくなく、
美味しいものを沢山食べた後でも、
美味しくいただけました^^

そんな素敵な料理と一緒に飲むために、
みんなで持ち寄ったワインをご紹介します^^
IMG_2222.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ルージュ・アッサンブラージュ N.V

ドメーヌ・タカヒコが新酒としてリリースした、
赤ワインです♪
2010年と2011年のピノ・ノワール、
ツヴァイゲルト・レーベが
使われています。
リリース直後はヌーヴォーのような香りがありましたが、
良い意味で落ち着いてきており、
すっきりとした味わいで、
冷やしてさくっと美味しく頂ました。

IMG_2225.jpg
山崎ワイナリー プライベート 2010

ソーヴィニヨン・ブランを主体とし、
その他、畑を始めたときから
試験栽培している品種が使われています♪
セパージュは、
ソーヴィニヨンブラン 42%
シャルドネ      23%
リースリング     21%
ピノグリ       12%
シルバーナー       2%
となっています。
しっかりとした酸が口に広がり、
ソーヴィニヨン・ブランらしい
さわやかな青草の香りがひらがります。
そこにやや感じる苦味は、
ピノ・グリが作用しているのでしょうか?
まだ少し待つと酸が丸くなり、
旨味も出てくるのではないでしょうか?

IMG_2227_20120624113901.jpg
ファットリア・ディ・カスプリ ポッジョ・クックーレ 2007

イタリア・トスカーナ州にある
自然派のワイナリーのワインです。
サンジョベーゼが主体とのことですが、
サンジョベーゼの酸はそれほどなく、
とてもやわらかい味わいと旨味は、
心地よい味わいです♪
牛テールのトマト煮込みには、
良く合いましたー!

IMG_2232_20120624113900.jpg
小布施ワイナリー ソガ・ペール・エ・フィス・ミヤマニシキJ1

ドメーヌ・タカヒコの曽我貴彦さんの実家で、
お兄さんである曽我彰彦さんが営んでいる
ワイナリーが造る日本酒です。
香りは結構華やかで、
純米らしいお米の味わいと、
生原酒らしいアルコールの強さが、
口に広がります♪
ゆっくり時間をかけて味わいたい、
そんな日本酒でした^^

というわけで、
IMG_2233.jpg
日本の赤ワイン、白ワインあり、
イタリアの赤ワインあり、
そして最後にはワイナリーが作る、
日本酒まで出てきて、
とてもバラエティに富んだ
お酒の数々でした♪

そんな料理とワインを楽しんでいるところに、
サプライズゲストが来てくれたり、
その方を交えて、
ブドウ栽培について、
いろいろな話しを聞くことが出来たり、
とても楽しい時間をすごし、
あっという間に12時過ぎ。
次の日も朝早く出発ということで、
休ませていただきました^^

次回は朝ごはんに頂いた、
素敵なパン屋さんをご紹介します!
お楽しみにー^^


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

真狩 あのコンフィチュール・マサコさんのお店が出来ました♪ トゥルモン

こんばんは。
今日は給料日!
でも、あれこれ支払いを考えたら、
半分以上消えることが確定!
来月は山梨、長野にも行くので、
質素倹約に努めたいと思います。

今日もGWに仲間と行った、
道南苗植えのたびのときにお伺いしてきた、
素敵な場所をご紹介します。

前回のブログでご紹介した、
ぐずぐずさんを後にした私たち、
まだ少し時間があるということで、
私のわがままで、
真狩村にある美味しいジャム工房に
立ち寄ってもらうことにしました。
今までも何度もお伺いしたのですが、
今年の3月に新たなお店が、
オープンしたとの事で、
お伺いしてみたかったのです。
そのお店の名前は、
「トゥルモン」さんといいます。

IMG_2171.jpg

名前 tout le monde (トゥルモン)
住所 北海道虻田郡真狩村字光36−7
電話 0133-72- 5051
時間 11:00~21:00(日曜日は17:00)
休み 月曜日、火曜日、水曜日
HP http://lbc-masako.com/ (コンフィチュール・マサコさんのHP) 

トゥルモンさんを営んでいるのは、
大好きなジャムを作っている、
コンフィチュール・マサコさん。
以前は決められたオープン日に
自宅を使って販売してくださったのですが、
今年の3月に上の写真のような、
とってもかわいらしいお店が
オープンしました^^
以前お伺いした様子は、
こちらをご覧ください^^

入り口には、
IMG_2172.jpg
コンフィチュール・マサコさんの
ロゴがデザインされており、
こちらでジャムが買えることがわかります。

早速中に入ると、
右側の壁に、
IMG_2175_20120624075501.jpg
こんな素敵なモチーフが、
額縁に入っていました。

お店にマサコさんもいらっしゃったので、
こちらのモチーフについて聞いてみると、
なんとマサコさんの師匠で、
世界的に有名なコンフィチュールである、
メゾンフェルベールのオーナー、
クリスティーヌ・フェルベールさんが
オープンにあたって送ってくれたものだそうです。
フランス語は読めませんが、
とっても素敵なデザインなので、
ぜひお伺いしたときには、
見てみてくださいね♪

そしてその反対側には、
IMG_2173.jpg
コンフィチュール・マサコさんのジャムが、
並んでいました。
が、お伺いした時間が遅かったこともあり、
もうほとんど完売状態。
1種類が3個だけ残っていました^^;
やっぱりみんなに大人気なんですね!

と、ここまでジャムのことばかり書いてきましたが、
実はトゥルモンさんは、
ジャムの販売だけをしているのではなく、
カフェ&ビストロなんです。
今回はすでにランチを済ませていたので、
料理を頂くことは出来ませんでしたが、
フレンチをベースにしていて、
ワインやコーヒーなども楽しめる
素敵なお店なようです。
チラッと店内の様子も見せていただきましたが、
清潔感のある白い壁で、
とっても素敵なデザインでした。
近々絶対食べに行きたいと思います!

料理は食べませんでしたが、
もちろんジャムは買ってきましたよ!
今回購入したのはこちらです。
IMG_3307.jpg
金柑とラムレーズンのジャム

マサコさんのジャムには、
すべて詳しい説明がついてきて、
とても勉強になります♪

早速いただいてみましたが、
金柑の酸味、苦味と、
ラムレーズンの甘みが
めちゃめちゃ美味しかったです!
そのまま食べても美味しいのですが、
パンにつけたり、
ヨーグルトにあえたりしても、
美味しかったですー^^

コンフィチュール・マサコさんのジャムは、
毎月その時々の食材を使ったジャムを
作ってくださるので、
何回も行く楽しみがあるのが、
とっても素敵だと思います♪
料理もとっても美味しいみたいなので、
上にも書きましたが、
次回は絶対料理も頂いてみたいと思います!
ぜひ皆様も素晴らしいジャムと、
美味しい料理を楽しんでみてくださいねー^^

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

倶知安 自家製天然酵母と北海道の小麦を使ったこだわりのパン屋さん ぐずぐず

こんばんは。
今日は自分の畑の草刈りと
防除を行いました。
今年で4年目になる家のピノ・ノワール
去年は1房しか収穫できませんでしたが、
今年はもう少し収穫できそうです♪
最後まで気を抜かずに、
頑張って育てたいと思いますー^^

今日も道南苗植え旅行で
立ち寄ったお店の紹介です。

美味しいピッツァランチを楽しんだ後、
近くに美味しいパン屋さんが
あるということで、
みんなでお伺いして来ました^^
自家製天然酵母と、
道産小麦を使っている、
そのお店の名前は、
「ぐずぐず」さんといいます。

IMG_2160_20120623214231.jpg

名前 自家製天然酵母 ぐずぐず
住所 北海道虻田郡倶知安町字山田68-5
電話 0136-21-4855
時間 11:00~16:00
休み 月曜日、火曜日
HP http://www.guzuguzu.com/

こちらのお店は、
上にもチラッと書きましたが、
道産の小麦にこだわっており、
お店の壁にも、
道産小麦使用の証である、
IMG_2165_20120623214228.jpg
麦チェン!北海道の
看板が掲示されていました^^

さらにぐずぐずさんでは、
酵母にもこだわっており、
自家製の天然酵母と、
白神こだま酵母という、
世界自然遺産である白神山地の腐葉土にいる
野生酵母を選抜した酵母が
使われているそうです。

お店の中に入ると、
IMG_2164_20120623214229.jpg

IMG_2162_20120623214229.jpg
美味しそうなパンが
沢山並んでいました^^

パンのほかにも、
IMG_2161_20120623214230.jpg
ケーキ関係も充実しており、
お持ち帰りのほか、
店内にあるカフェスペースで
イートインすることも
出来るようになっていました^^

カフェスペースでは、
ケーキのほかに、
お店のパンを使ったサンドイッチや
日替わりのパスタ料理なども、
いただけるみたいでした。

というわけで早速お買い物♪
今回購入させていただいたのはこちらです、
IMG_2325_20120623214227.jpg
バゲット

とても美味しそうに見えた
こちらのバゲット、
表面がしっかりしていて、
中はふんわり。
噛むと小麦の味わいが口に広がり、
とても美味しかったです。

お店の中は大繁盛、
次から次と車で来ては、
お目当てのパンを買っているようでした♪
今回はおなか一杯だったので、
買いませんでしたが、
お惣菜系のパンも
美味しそうなものばかりだったので、
今度ぜひ買ってみたいです!
皆様もぜひ買ってみてくださいねー♪



ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

ニセコ みんなに大人気の熱々の美味しいピッツァのお店 デルソーレ

こんばんは、
今日も先週に引き続き、
余市のブドウ畑にお手伝いに
行ってきました。
1週間しか経っていないのに、
ブドウの樹はかなり成長していて、
成長の早さにびっくりしました!
この調子で成長してくれると
良いですね♪

今日も引き続き、
道南苗植えの旅で立ち寄った
場所をご紹介しています。

素敵なチーズ工房、
アンジュ・ド・フロマージュさんを後にして、
ちょうどお昼の時間になったので、
ランチタイムとなりました。

今回の旅行に当たり、
ランチをどこにしようかと
みんなで悩みました。
そうして決まったのは、
美味しいとあちこちから評判の
ピッツェリアでした。
そのお店の名前は、
「デルソーレ」さんといいます。

IMG_2151_20120623084032.jpg

名前 DEL SOLE
住所 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ483-1
電話 0136-58-3535
時間 12:00 ~ 22:00(ラストオーダー21:00)
休み 水曜日、木曜日
HP http://pizza-delsole.com/

こちらのデルソーレさん、
あちこちから美味しいと評判で、
私が大好きな川下にあるあのピッツェリアも
気になっているとおっしゃり、
そしてとうとう今年の4月に販売になった
ミシュラン北海道で、
ビブグルマンに選べました。

というわけでお店は大人気。
1週間前に予約の電話をしたときは、
すでに満席でした。
ただ、予約のお客さんが帰った後に、
まだ生地があれば、
予約無しでも席に案内してくれるとの事で、
一か八かお伺いしてみました。
結果的に大成功。
30分ぐらい待ちましたが、
無事に入店。
美味しいピッツァを食べることが出来ました。
ただ、これはいつもかどうかはわからないので、
お伺いするときには、
必ず電話してみてくださいね。

お店に入ると、
目の前に、
IMG_1720.jpg
石釜(photo by T)

大きな石釜がありました♪
石釜の中には薪が良い色に燃え、
美味しいピッツァが次々と
焼かれていました^^

ランチはセットになっており、
ピッツァにサラダとデザート、
飲み物が付いています。
今回は席の関係上、
2人、2人で座ったので、
ランチセットを二つ頼み、
ピッツァは半分ずつ
いただきました。

それではランチセットでいただいたものを
順にご紹介します♪
IMG_2153_20120623084031.jpg
サラダ

さっぱりしたドレッシングがかかった
こちらのサラダ、
お腹が空いているところに、
やさしい味わいで、
美味しく頂きました♪

IMG_2154_20120623084030.jpg
マルゲリータ・エクストラ

デルソーレさんには、
マルゲリータが2種類あります。
こちらは通常のマルゲリータとは違い、
モッツァレラが水牛のモッツァレラになり、
フレッシュトマトが使われています。

熱々に焼かれたピッツァは、
持ち上げると、
IMG_2155.jpg
とろりとチーズが、
流れ落ちます♪

早速頂いてみると、
焼き加減は抜群!
耳の部分の焦げの具合や、
裏側の焼け具合が素晴らしいです。
生地の味は私が大好きな川下のお店よりは、
若干薄いですがしっかりとつけられており、
どっちが美味しいかは、
好みによると思いますー^^
そして具もどれも新鮮で
素材の味が濃く、
とっても美味しかったです!

続いてもう一枚がこちら、
IMG_2156_20120623084029.jpg
クワトロフォルマッジ

モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、
クリームチーズ、パルミジャーノレッジャーノという
4種類のチーズが入ったこちらのピザ、
マルゲリータ以上にとろとろのチーズが、
熱々ですごい濃厚で、
香りもよい意味で濃く、
とても美味しかったです♪

IMG_2158_20120623084045.jpg
ゆずのシャーベット

濃厚なピッツァでお腹一杯なところに、
この甘さ控えめで、
さっぱりなシャーベットが、
とても心地良いです♪

IMG_2159_20120623084044.jpg
エスプレッソ

そして最後に
濃いエスプレッソで終了!

デルソーレさん、
さすがはみんなのお勧めで、
大好きなピッツェリアが
気になっていたお店です。
ピッツァの焼き加減が最高でした!
私のピッツァランキングで
かなり上位に入ると思います♪
いつも混んでいるみたいですが、
本当にお勧めなので、
ぜひ足を運んでみてくださいね。
満足できること間違い無しだと思いますー!



ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

黒松内 ブナ林にひっそりとたたずむ素敵なチーズ工房 アンジュ・ド・フロマージュ

こんばんは。
今日は急遽、
室蘭に行ってきました。
ただ時間がなかったので、
室蘭に行ったら行きたい、
あんな場所やこんな場所には、
立ち寄れず
あっという間に帰ってきました^^;
次回こそは絶対立ち寄るぞー!

今日も道南旅行の様子を
ご紹介します。
トワ・ヴェールさんを後にした私たち、
黒松内にもう一軒ある、
チーズ工房さんにお邪魔しました。
そのチーズ工房さんとは、
ちょっとしたご縁があり、
いつかこちら方面に来ることがあったら、
お伺いしてみたいと思っていた、
チーズ工房さんなんです。
その工房さんの名前は、
「アンジュ・ド・フロマージュ」さんといいます。

IMG_2150_20120621212646.jpg
名前 アンジュ・ド・フロマージュ
住所 北海道寿都郡黒松内町字赤井川114番
電話 0136-75-7400
時間 [チーズ&お菓子の販売時間] 夏季営業 10:00~17:30(ゴールデンウィーク~雪が積もるまで)
                 冬季営業 11:00~17:00
    [カフェの営業時間] 通年 11:00~17:00
    [予約レストランの営業時間] ランチ 11:30~14:00
                  ディナー 17:30~20:00
休み 毎週水曜日(臨時休業あります) 
   水曜日が祝日及び振替休日に当たるときは翌日
HP http://ange-seiko.com/fromage/

アンジュ・ド・フロマージュさんは、
もともと札幌で洋菓子屋さんを営んでいた方が、
黒松内に移り、牛やヤギを育てながら
チーズや洋菓子を製造、販売しています。

そんなアンジュ・ド・フロマージュさんとは、
製造しているチーズに使うために、
私が今お手伝いさせていただいている、
余市のドメーヌから、
果汁を絞ったブドウの皮や、
ワインの澱をもらっていったことから、
お知り合いになりました。

ブナ林に囲まれた中にある工房は、
道路際にあるサイロが目印になっており、
折れ窓が特徴的な素敵な建物です。

工房の向かいには、
IMG_2149.jpg
今年生まれたばかりの子ヤギや、
牛が放し飼いされていました^^

早速工房の中に入ると、
IMG_2142_20120621212629.jpg
ホールのように広い空間になっていました。
聞くと、写真にも写っている
ピアノの演奏会を開催したり、
札幌からシェフを呼んで、
イベントなども開催しているそうです。
こんな素敵なところでのイベント、
とっても楽しそうですよね♪

そのほかに建物内には、
ガラス越しに、
IMG_2139_20120621212629.jpg
熟成させているチーズの様子を
見学することが出来たり、

こちらで製造したチーズを
IMG_2143_20120621212628.jpg
購入することが出来るように
なっています。

私たちのことをオーナーの方も
覚えてくださり、
沢山のチーズやお菓子を
試食させてくださりました。

というわけで今回試食したチーズが、
こちらです♪
IMG_2144_20120621212627.jpg
セミハードチーズ

IMG_2145_20120621212626.jpg
ウォッシュチーズ

IMG_2147_20120621212648.jpg
キトピロ(アイヌネギ)のチーズ

どれもとっても美味しかったです!
ウォッシュチーズの香りが、
結構本格的で良い感じの臭さがあり、
癖になる感じでした。
キトピロのチーズは、
それほど臭くはないのですが、
食べるとキトピロの風味がきちんと感じられ、
キトピロ好きの私には、
たまらない味わいでした^^

そのほかに、
IMG_2148.jpg
パート・ド・フリュイ

果汁だけを使った、
ゼリーのようなお菓子も
いただきました。
まるでフルーツそのものを
食べているかのような、
フレッシュで濃厚な味わいが、
とっても美味しかったです!

そして最後に用意してくれたのが、
IMG_2146.jpg
こちら。

こちらなんだと思いますか?
実はワインを醸造したときに出来る澱を
煮詰めて作ったソースなんです。
そのまま舐めてみると、
酸味通り特有の旨味があり、
めちゃめちゃ美味しかったです!
バケットにつけたり、
ヨーグルトに混ぜたり、
料理のソースにしたりと
なんにでも合いそうな
素晴らしいソースでした。
こちらはまだ商品化は
していないそうですが
ぜひ商品化して欲しいです!
商品化されたら買いに行きますー^^

そんなアンジュ・ド・フロマージュさんで、
キトピロのチーズを買ったのですが、
写真を撮り忘れてしまいました^^;
ですので上の試食の様子でご勘弁ください。

アンジュ・ド・フロマージュさんは、
まだ黒松内に誕生して1年しか経っていませんが、
ベテランなオーナーと若い職人が、
楽しそうに仕事をしていたのが、
とても印象的でした。
これからブドウを育てたり、
ホールを使ってイベントを
やって行きたいとの事でした。
これからがますます楽しみですね。

アンジュ・ド・フロマージュさんを後にして、
ランチをいただくために、
ニセコに向かいました。
どこに行ったかは次回のお楽しみにー♪


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

黒松内 小高い丘に立つ素敵なチーズ、ソーセージ工房 トワ・ヴェール

こんばんは。
今日は夏至。
1年で一番日が長い一日でした。
19時過ぎに会社を出たのですが、
まだまだ明るく、
夕焼けが見えました。
明日からはだんだん日が短くなるんですね。
あっという間に一年終わってしまいそうです^^;

昨日からご紹介している、
道南苗植えの旅、
まだまだ苗植えまでに
立ち寄った場所があるので、
順にご紹介していきます。

道の駅トワ・ヴェールⅡを後にして、
次にお伺いしたのは、
小高い丘の上に立っている、
チーズやソーセージなどの加工を
行っている工房です。
名前を「トワ・ヴェール」といいます。

IMG_2128_20120621204943.jpg

名前 トワ・ヴェール 黒松内町特産物手づくり加工センター
住所 北海道寿都郡黒松内町字目名152番地4
電話 0136-72-4416
時間 (4月~10月) / 10:00~18:00
   (11月~3月) / 10:00~17:00
休み 月曜日
HP http://www.toitvert.jp/

昨日ご紹介したトワ・ヴェールⅡと
名前が似ていますが、
実は両方とも町が経営していて、
トワ・ヴェールが加工を、
トワ・ヴェールⅡが販売を担当している、
いわば兄弟のような建物です。

こちらのトワ・ヴェールでは、
実際にハムやチーズを
製造している様子を
直接見ることが出来ますが、
IMG_2129_20120621204942.jpg
ハム・ソーセージ加工室

IMG_2134_20120621204940.jpg
チーズ加工室

この日は祝日だったこともあり、
作業していませんでした^^;

そのほか2階には、
IMG_2135_20120621204939.jpg
こちらで製造しているチーズやハムなどを
食べることが出来る、
イートインスペースや、

IMG_2133.jpg
チーズやハムなどを直売する
スペースなどがありました^^

今回は道の駅でパンを食べたので、
イートインはやめて、
家で食べるために買って帰ることにしました^^

ということで買ってきたのがこちら、
IMG_2326.jpg
くろまつないブルーチーズ

新しくリリースされたばかりで、
まだ直売店限定発売とのことで、
限定に弱い私、
思わず買っちゃいました。

さらにこちらのチーズは、
去年開催された、
第8回ALL JAPANナチュラルチーズコンテストにて、
IMG_2132_20120621204941.jpg
青カビ部門で唯一金賞を受賞しています。
ブルーチーズといえば、
伊勢の青いチーズが最近有名ですが、
こちらも美味しかったですよ♪
気になった方は、
ぜひ買ってみてくださいね♪

美味しいチーズもゲットして、
次に向かったのは、
同じ黒松内町にもう一軒ある、
小さなチーズ工房です。
次回のブログをお楽しみにー^^

ランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

黒松内 朝から美味しいパンをいただける素敵な道の駅 トワ・ヴェールⅡ

こんばんは!
突然ですが
人生のプラスマイナスって
考えたことありますか?
たいしたことじゃないのですが、
昨日とても楽しい時間をすごしたら、
案の定、辛いことがありました。
こんな短期間ではないにしろ、
良いことの後には悪いこと、
悪いことの後には良いことが
待っているような気がします。
ですので次はきっと良いことのはず!
一生懸命がんばりますー!

長らくワイン会のことばかり書いてきましたが、
今日から長編企画に突入です!
実は今年のゴールデンウィークに、
私のブドウ仲間と一緒に、
北斗市までブドウの苗植えのお手伝いに
お伺いしてきたんです。
そこでせっかく行くからには、
いろいろな所に寄っていこうということで、
あちこちのお店にも立ち寄ってきました。
今日からその苗植えの様子含めて、
あれこれお伺いしたところを
順にご紹介したいと思っています。

ということで、
初日の今日は朝出発して、
一番最初に立ち寄った場所を
ご紹介します。
その場所というのは道の駅、
その名も
「トワ・ヴェールⅡ」といいます。

IMG_2127_20120620225209.jpg

名前 トワ・ヴェールⅡ
住所 北海道寿都郡黒松内町字白井川8番地10
電話 0136(71)2222
時間 9時から18時まで(11月~3月は17時まで) ※「ピザドゥ」10時から
休み 夏季(4月~10月)無休 , 冬季(11月~3月)第2・第4火曜日
HP http://www.kuromatsunai.com/toitvert2/index.html

こちらのトワ・ヴェールⅡは、
正式名称を
「黒松内町特産物展示販売施設 toit vertⅡ」
といい、
名前の通り、
道の駅であると同時に、
黒松内町の特産物を展示し、
販売しているんです。

建物に入ったところには、
IMG_2116.jpg
アンパンマン

IMG_2117_20120620225148.jpg
ジャムおじさん

が出迎えてくれます♪

この2人がいるということは、
そうです!
IMG_2111_20120620225115.jpg
パン工房があるんです♪
こちらのパン工房は、
ホームページによると、
「道産小麦、後志産小麦を使用し、
ミネラル分豊富で特にカルシウム分を多く含む湧水「水彩の森」、
放し飼いで育った鶏の「有精卵」と純粋な黒松内の素材を原料として、
乳化剤、保存料、着色料、香料は一切使わず、
ひとつひとつ手作りで焼き上げます。」
と、かなりこだわっているようです。

こちらのお店は、
道の駅同様、9時オープンなのですが、
オープンと同時にお店の中には、
IMG_2109.jpg

IMG_2106_20120620225119.jpg

IMG_2107_20120620225118.jpg

IMG_2108.jpg

IMG_2105_20120620225119.jpg
沢山のパンたちが、
並んでいます♪

そしてさすがゴールデンウィーク、
9時のオープン直後から、
次から次と客が来て、
レジには長蛇の列が出来ていました。

私たちも朝ごはんを食べていなかったので、
早速こちらで購入♪

道の駅の中には、
イートインスペースがあり、
その場でパンをいただくことが出来ました^^

ということで今回いただいたパンがこちら、
IMG_2123_20120620225146.jpg
クロワッサン

さくっとしていて、
軽やかな味わいのこちらのクロワッサン、
美味しかったです^^

続いて、
IMG_2124_20120620225210.jpg
こちらただの丸パンのようですが、

中を開けると、
IMG_2126_20120620225210.jpg
あんこが入っています♪

ということで、
アンパン。かと思いきや、
実はこちらはあんこベーグルなんです。
もっちりした食感のベーグルが、
あんこと一緒に食べると、
とても美味しかったです♪

そのほかに道の駅では、
IMG_2112_20120620225150.jpg
地元黒松内町で採水したミネラルウォーターや、

IMG_2122_20120620225147.jpg
黒松内で収穫された山ぶどうを使ったワインなどが
売られていました^^

そして今回はお伺いできませんでしたが、
とても気になったのがこちら、
IMG_2120_20120620225147.jpg
ピザドゥさん

黒松内町で作られたチーズやソーセージを使って、
作られているピッツァ屋さんです、
ドイツパン風というのがなんとも気になりました^^
次回お伺いしたときには、
ぜひ食べてみたいですねー!

ということで、
美味しいパンをいただき、
札幌からの運転疲れもすっかり癒え、
次の目的地に向かいます!
次の目的地もこの道の駅と
つながりのある場所です。
明日のお楽しみにー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

第42回ワイン会「みんわい的ブルゴーニュ会その3 アリゴテ、パストゥ・グラン編」参加者募集

6月21日現在、
満席となりました。
引き続きキャンセル待ちを
募集いたします。
キャンセル待ち希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「第42回ワイン会キャンセル待ち希望」
本文にお名前と連絡先を書いて、
送信してください
よろしくお願いします。


こんばんは。
日曜日に無事ワイン会が
終了しましたので、
早速ですが、
次回のワイン会の参加者を
募集したいと思います。

今回は去年の12月以来の、
ブルゴーニュワインをテーマにした、
ワイン会を開催します。

名だたる銘醸ワインが揃うブルゴーニュワイン、
そんな中でいまいち認知度が低く、
評価が低いAOCがあります。
それが、
「ブルゴーニュ・アリゴテ」と、
「ブルゴーニュ・パストゥグラン」
です。

そこで今回のテーマは、
「みんわい的ブルゴーニュワイン会その3
 アリゴテ、パストゥ・グラン編」
です。

ブルゴーニュ・アリゴテは、
名前の通り、アリゴテ種を使ったワインで、
もともと広くブルゴーニュに植えられていましたが、
その軽いフレッシュな味わいと酸の強さから
徐々にシャルドネに取って代わられてしまった、
可愛そうな品種ですが、
近年、1997年にアリゴテのみが栽培を許されたAOC、
AOCブーズロンが認められるなど、
再び注目を集め始めています。

一方、ブルゴーニュ・パストゥ・グランは、
単一品種での醸造が多いブルゴーニュの中で、
珍しくピノ・ノワールとガメイのブレンドによって
醸造されているワインです。
ガメイの人気の低さから、
こちらも愛飲家が少ない銘柄です。

そんな2つのワインを注目し
飲み比べしたいと思っています。
今回はすべてのワインを、
グレートヴィンテージと呼ばれながら、
その甘さを感じる過熟感から
好き嫌いが分かれている2009ヴィンテージとし、
水平飲みすることで、
作り手の違いを感じていただければと思っています。

そして今回会場とさせていただくお店は、
前回のブルゴーニュ会に引き続き、
私の大好きなお店、
新洋食KAZUさんです。
去年の7月にオープンし、
来月で1周年を迎えることから、
1周年のお祝いをかねて、
古田シェフにお願いしました。
1周年ということで、
かなり気合が入った料理を
みんなで楽しみましょう!

IMG_3108.jpg IMG_3116_20120615215020.jpg IMG_3117_20120615215019.jpg

ワイン会概要

1.名称 「みんわい的ブルゴーニュ会その3 アリゴテ・パストゥグラン編」
2.日程 2012年7月9日(月)19:30~
3.場所 「新洋食KAZU」
     北海道札幌市中央区南1条西5丁目 プレジデント松井ビル100地下1階
     011-252-3711
4.会費 7000円
5.定員 11名+主催者1名 計12名

ワインリスト

泡 クレマン・ド・ブルゴーニュのなにか
  ワインが決まったらお知らせします^^;

白 シルヴァン・パタイユ ブルゴーニュ・アリゴテ 2009
  マルサネでビオロジック栽培している新進気鋭の作り手が作るアリゴテ。

白 アニエス・パケ ブルゴーニュ・アリゴテ 2009
  樹齢80年以上という超古木のアリゴテを使い、収穫後伐採された、1度きりのワイン

白 ラモネ ブルゴーニュ・アリゴテ 2009
  クオリティの高さに驚嘆した伝説の料理人アラン・シャペル氏が、
  先代のアンドレ・ ラモネ氏に元詰を懇願したことが契機となって販売をはじめたワイン

白 ドメーヌ・A&P・ド・ヴィレーヌ ブーズロン 2009
  村名AOCの中で唯一、アリゴテのみを登録品種としているブーズロンに本拠地がある、
  DRCのオーナーが個人所有するドメーヌで作られるアリゴテ

白 ドメーヌ・ルロワ ブルゴーニュ・アリゴテ 2009
  ご存知シャネルのスーツを着て畑を回ると言われている
  マダム・ビーズ・ルロワ氏のドメーヌが栽培したアリゴテを使ったワイン
  
白 コシュ・デュリ ブルゴーニュ・アリゴテ 2009
  『ブルゴーニュ白の最高峰』『ブルゴーニュ白の3傑』『ムルソーの魔術師』等、
  賛辞の言葉に限りがないジャン・フランソワ・コシュ氏が仕込んだ1本

赤 ジャン・タルディ ブルゴーニュ・パストゥグラン 2009
  ヴォーヌ・ロマネに本拠地を持ち、優れたワイン以外を、
  メオ・カミュゼやジョセフ・ドルーアンなどに販売している作り手のワイン

赤 モンジャーレ・ミュニュレ ブルゴーニュ・パストゥグラン ル・リベルタン 2009
  創立1620年という歴史あるドメーヌが、自由という名前の通り、
  自由な思いで作られた一本

赤 ロベール・グロフィエ ブルゴーニュ・パストゥグラン 2009
  モレ・サン・ドニに本拠地を置き、ビオロジック栽培を実践している、
  近年人気の作り手が作るパストゥグラン

赤 メゾン・ルロワ ブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2009
  マダム・ビーズ・ルロワ氏によってルロワの名前を
  名乗るのにふさわしいと判断された偉大なる日常ワイン


参加希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「第42回ワイン会参加希望」
本文にお名前と連絡先を書いて、
送信してください。 

皆様のご参加
お待ちしていますー!

  

小樽 ボールナールとドメーヌ・タカヒコのワインを楽しむ会を開催しました なまらや

こんばんは。
突然ですがここ最近、
とても休みが充実しています♪
一昨日は楽しいワイン会、
そして昨日はブドウ畑のお手伝いでした。
今週末もお手伝いに行く予定なので、
それに向けて一生懸命、
お仕事がんばりたいと思いますー!

今日は先月主催した、
ワイン会の様子をご紹介します^^
月に1回程度主催している、
「みんなでわいわいワイン会」。

ワインを楽しく飲むをテーマに、
今回ご紹介する会で、
41回目を迎えることが出来ました。
私がワインを選ぶことが多いので、
どうしても内容がマニアックに
なってしまうのですが、
そんな会にもかかわらず、
毎回多くの方にご参加いただき、
本当に感謝感激です。
皆様ありがとうございます。

今回のテーマも、
ジュラ地方にある、
ドメーヌ・ボールナールという、
マニアックな作り手の
ワインを飲むというものでした。
そんなマニアックな会の会場として、
お願いしたお店は、
マニアックなワインが大好きなお店、
「なまらや」さんです。

IMG_3028_20120616100716.jpg

名前 なまらや
住所 北海道小樽市花園3-6-6
電話 0134-61-7930
時間 昼 12:00~14:00ラストオーダー
   夜 17:00~22:00ラストオーダー
休み 日・月曜日
HP http://www.geocities.jp/gitagan/

今回のワイン会、
そんなマニアックな会にもかかわらず、
自分含めて13名という、
多くの方にご参加いただきました。

そんな多くの方でワイン会を行うために、
お店のテーブルを3つくっつけ、
IMG_3030_20120616100715.jpg
その上には、
グラスがずらーっと並べました。

そして最後に、
IMG_3031_20120616100714.jpg
私が作ったしょぼい資料を並べて、
ワイン会の準備完了です!

それではまずは料理を
ご紹介いたします^^
IMG_3035.jpg
前菜 いかのたこ詰め、サーモンテリーヌ、えびのマリネ、ホタテの燻製

IMG_3041.jpg
前菜 グルジア風ほうれん草サラダ、レバームース、芽キャベツのペペロンチーノ、焼きなすクルミソース

IMG_3039_20120616100746.jpg
ナスのペースト、レバーペースト、ラタトゥイユ

IMG_3037_20120616100747.jpg
バゲット

IMG_3045.jpg
ゆで紫アスパラ、ホワイトアスパラロースト、アスパラのムース

IMG_3048_20120616100818.jpg
蝦蛄のフリット

IMG_3050.jpg
イチジクと自家製生ハムのパスタ

IMG_3053_20120616100928.jpg
イノブタのロースト

いつもながらボリュームも味も、
素晴らしい料理を提供してくださいました^^
今回は前の日にニセコに行ってきたので、
ニセコの直売所で買ってきた、
紫アスパラとホワイトアスパラも
料理に混ぜていただきました^^
このアスパラがみずみずしくて、
甘みがあってとっても美味しかったです!
特にムースはざらついたところが一切なく、
味が濃縮していて、
めちゃめちゃ美味しかったです♪
そしてなまらやさんでのワイン会といえば、
蝦蛄!
今回はフリットで出していただき、
こちらも甘みと旨味がたっぷりで、
美味しかったですー!

続いてワインのご紹介です。
今回は最初にも書きましたが、
ジュラ地方にあるドメーヌ・ボールナールという
自然派の作り手のワインを飲む会だったのですが、
ワインの数が9種類しかなったので、
急遽、北海道で自然なワインを造っている、
ドメーヌ・タカヒコのワインを追加し、
さらにご参加いただいた方々からも
差し入れをいただき、
さらに面白く魅力的な会となりました。
差し入れしてくださったAさん、さんさん、
そしてなまらやさん、
ありがとうございました!

IMG_3032_20120616100713.jpg
中井農園(ドメーヌ・タカヒコ) ナカイ・ヨイチブラン 2010(さんさん差し入れ)

IMG_3033.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ロゼ・サン・スーフル 2011

IMG_3036_20120616100748.jpg
ドメーヌ・ボールナール Vdf・ペティアン・ナチュレル・アン・ゴ・ゲット N.V(2010)

IMG_3042_20120616100745.jpg
ドメーヌ・ボールナール Vdf・ペティアン・ナチュレル・サ・ヴァ・ビアン N.V(2010)

IMG_3043_20120616100744.jpg
ドメーヌ・ボールナール Vdf・ペティアン・ナチュレル・ロゼ・タン・ミュー N.V(2010)

IMG_3044_20120616100821.jpg
ドメーヌ・ボールナール アルボワ・ピュピアン・ブラン・ルー・ルージュ・クー 2008

IMG_3046_20120616100820.jpg
ドメーヌ・ボールナール コート・デュ・ジュラ・ブラン・レ・ゴードレット 2007

IMG_3047_20120616100819.jpg
ドメーヌ・ボールナール アルボワ・ピュピラン・ブラン ル・ルージュ・クー キュヴェ・スペシャル2007

IMG_3049_20120616100817.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ルージュ・アッサンブラージュ N.V

IMG_3052_20120616100928.jpg
ドメーヌ・ボールナール アルボワ・ピュピラン・ルージュ・ル・ジャングレ 2008

IMG_3054_20120616100927.jpg
ドメーヌ・ボールナール アルボワ・ピュピラン・ルージュ・レド・メモワール 2008

IMG_2565.jpg
ドメーヌ・ボールナール アルボワ・ピュピラン・ルージュ・ラ・シャマード 2008
(Tさん写真ありがとうございます!)

ここですごい飲み比べが!
IMG_3057.jpg
キムラヴィンヤードのピノ・ノワールを使った2010水平飲み比べ 

IMG_3055_20120616100926.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ・キュムラ・ピノ・ノワール 2010

IMG_3056.jpg
北海道中央葡萄酒 北ワイン・ピノ・ノワール 2010(Aさん差し入れ)

IMG_3058_20120616100942.jpg
ドメーヌ・リュパン ルーセット・ド・サヴォワ フランジー 2010(なまらやさん差し入れ)

まず、ドメーヌ・ボールナールは、
何本か還元的なニュアンスがありましたが、
旨味と果実味がしっかりあり、
それが身体に染み入るような感じで、
とても素晴らしかったです。
還元的だったワインも時間が経つとだいぶ消え、
本来の果実味豊かな味わいが、
とても美味しかったです。
新樽100%のシャルドネは、
かなり樽のテイストが強いのですが、
ブドウのポテンシャルもかなりのもので、
モンラッシェグラスで飲むと、
ブルゴーニュのプルミエ?
と思うぐらいの味わいでした。
赤ワインも個性的な味わいですが、
柔らかいタンニンで、
飲み疲れすることなく、
一人で一本飲めちゃいそうな、
滋味溢れた美味しさでした。

続いて、ドメーヌ・タカヒコのワイン、
こちらもボールナール同様、
味わいに旨味があり、
余韻が長く最高でした!
さんさん差し入れの中井農園さんのワインは、
委託醸造ということで、
いつもの攻めた感じではなく、
綺麗に仕上げてあり、
曽我さんの幅の広さを感じることが出来る、
素敵なワインでした^^

そしてAさんが持ってきてくれたおかげで実現した、
木村農園のピノ・ノワールを使った、
ワイナリー違いの水平飲み比べが
とても面白い経験でした。
ドメーヌ・タカヒコのキュムラは、
個人的思い入れがあるのですが、
正直今飲むなら、
北海道中央葡萄酒さんの方が、
好みでした^^
キュムラは例年に比べると
開いてスパイシーな香があったのですが、
それでも少し内向的な香と味わいで、
まだ開ききっていない感じでした。
それに対して北海道中央葡萄酒さんは、
曽我さんのような個性の強さはありませんが、
チャーミングな果実と
北海道らしい酸が口に広がり、
今飲んで素直に美味しいといえる、
素敵な味わいでした。
しかも酸もあるので、
もう少し寝かせてみても面白くなりそうな感じでした。

そんなこんなんで、
IMG_3062_20120616100942.jpg
13人で16本と
今回も沢山飲んじゃいました^^

これだけ飲むと次の日が
辛くなりそうな感じですが、
まったくなんともありませんでした。
やっぱり自然なワインは、
身体に残らないんですねー!

今回のワイン会も
おかげさまで無事に終了することが出来ました^^
改めてご参加いただいた皆様を始め、
参加していただいただけでなく、
ワインの差し入れもしてくださった
Aさん、さんさん、
そして今回も休みの日にお店を開けて、
美味しい料理だけでなく
ワインも差し入れしてくださった、
なまらやさんのギタローさん、ガンコさん、
本当にありがとうございました!

そんな私のワイン会、
来月のワイン会も
おかげさまで満席となっていますが、
キャンセル待ちを募集していますので、
興味ある方いましたら、
ぜひ、
http://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-792.html
こちらをご覧になってみてください^^
よろしくお願いしますー!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 戦うワイン商とイタリアンインポーターとのワイン会に参加させていただきました カメリーノ・デッロ・スピタリタ

こんばんはー!
日曜日に畑の手伝いと、
自分主催のワイン会が終わり、
魂が抜けてましたが、
昨日大好きなお店に2軒伺い、
ようやく元気になってきました!
明日も楽しみなワイン会、
お仕事にプライベートに、
がんばりますー!

今日は前回のブログでご紹介した、
試飲会の翌日に開催された、
素敵なワイン会の様子をご紹介します^^

小樽での試飲会の翌日、
札幌でも試飲会が行われ、
その夜、私の道産ワイン、
そしてイタリアワインの師匠のAさんが、
戦うワイン商こと川頭さんと、
イタリアンインポーターの伊東社長を招いての
ワイン会が開催されました^^
そんな素晴らしい会に
幸運なことに私も誘っていただき、
参加してきました^^
開催されたお店の名前は、
「カメリーノ・デッロ・スピタリタ」
といいます。

IMG_2505_20120613201657.jpg

名前 カメリーノ・デッロ・スピタリタ
住所 北海道札幌市中央区北3条西2丁目アストリア札幌ビルB1
電話 011-222-9229
時間 ランチ  11:30~15:00(L.O 14:30)
   ディナー 17:00~翌 1:00 (オーダーストップ 0:00)
休み 不定休
HP http://camerino.co.jp/

お店はビルの地下にあり、
今回はワイン会のために、
個室を用意してくださっていました^^
中に入ると、
IMG_2506_20120613201656.jpg
テーブルセッティングが終了しており、

IMG_2507_20120613201656.jpg
沢山のグラスも用意されていました^^

さらに
IMG_2509_20120613201654.jpg
Aさんが作成してくださった、
わかりやすい資料が配られ、
ワイン会スタートです!

ではまずはいただいた料理を
順にご紹介します^^
IMG_2512_20120613201737.jpg
アンティパスト

IMG_2513_20120613201736.jpg
パン

IMG_2515_20120613201734.jpg
アンティパスト2

IMG_2519_20120613201813.jpg
アンティパスト3

IMG_2521_20120613201811.jpg
パスタ

IMG_2525_20120613201855.jpg
リゾット

IMG_2527_20120613201853.jpg
お肉料理

IMG_2531_20120613201926.jpg
ドルチェ盛り合わせ

IMG_2533_20120613201925.jpg
コーヒー

イタリア料理としては、
かなり繊細な調理をしているのでは
ないでしょうか?
どの料理も素材の良さを活かしつつも、
一手間加えている料理が、
多かったように感じました。
個人的にはリゾットのお米の硬さ加減が、
私の好みにドンピシャで、
とても美味しかったです。

続いてワインです。
今回はヴェネト州のワインを飲むということで、
最後に伊東社長が差し入れしてくださった泡以外、
すべてヴェネト州のワインでした。
IMG_2510_20120613201653.jpg
レ・マンザーネ プロセッコ・スペリオーレ 20・10 N.V(2010) 

IMG_2514_20120613201735.jpg
レ・マンザーネ ロゼオ・フリザンテ N.V

IMG_2516_20120613201733.jpg
テッレ・ディ・マリア・ピア ビアンコ・ディ・クストーザ 2010

IMG_2517_20120613201733.jpg
ラ・モンテッキア ピノ・ビアンコ 2007

IMG_2520_20120613201812.jpg
テヌータ・サン・アントニオ モンテ・チェリアーニ・ソアーヴェ 2010

IMG_2522_20120613201810.jpg
テッレ・ディ・マリア・ピア “カポ・ロッカ” 2009

IMG_2523_20120613201810.jpg
テッレ・ディ・マリア・ピア バルドリーノ・クラシコ 2010

IMG_2524_20120613201856.jpg
コルテ・フィガレット ヴァルポリチェッラ・ヴァルパンテナ 2010

IMG_2526_20120613201854.jpg
コルテ・フィガレット ヴァルポリチェッラ・スペリオーレ・リパッソ 2010

ここでなんとも贅沢な飲み比べ、
IMG_2529_20120613201852.jpg
アマローネ飲み比べ

IMG_2528_20120613201853.jpg
テヌータ・サン・アントニオ カンポ・デイ・ジーリ・アマローネ・デラ・ヴァルポリチェッラ 2006

IMG_2530_20120613201927.jpg
コルテ・フィガレット アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2006

IMG_2532_20120613201925.jpg
ラ・モンテッキア フィオール・ダランチオ 2001

IMG_2538_20120613201924.jpg
サンジェルヴァジオ ローザ・エクストラドライ N.V

途中に贅沢なアマローネな飲み比べが入るなど、
素晴らしいラインナップでした。
アマローネを飲み比べる機会は、
なかなかないのですが、
実際飲んでみると、
ぜんぜん違うものですね。
個人的には、サン・アントニオの方が、
濃厚で飲み応えがあると感じましたが、
コルテ・フィガレットの方が、
味わいのバランスも良く、
値段も含めて気軽に楽しめるのかな?
と思いました^^
その他のワインも素晴らしく、
特にピノ・ビアンコ2007は、
本州の酒屋さんが自社輸入したもので、
北海道ではめったに飲めるものではないので、
とても貴重な経験が出来ました^^

というわけで10人で、
IMG_2540_20120613201923.jpg
13本も飲んじゃいました♪
でも、不思議と次の日に
残らなかったんです。
やっぱり良いワインと自然なワインは、
次の日に残らないんですね。

この度は、
Aさん、川頭さん、伊東社長、
ご一緒した皆様、
ありがとうございましたー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。