*「みんなでわいわいワイン会in札幌」ワイン会情報*

第82回ワイン会「第2回日本ワインは熟成するのか?2002ヴィンテージ日本ワイン飲み比べ会」参加者募集中です♪ 
詳しい内容に関してはhttp://nob916.blog10.fc2.com/blog-entry-946.html
をご覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 真のナポリピッツァ協会認定店でのワイン会に参加しました ダルセーニョ

こんばんは。
昨日は午前中ブドウ畑のお手伝いをして、
午後からはワイン会と、
とても充実した1日でした^^
今週末も楽しみなワイン会があるので、
それに向けて、
今週もお仕事がんばりたいと思います!

今日は私の大好きな、
ピッツァをテーマにしたワイン会に
参加した様子をご紹介します♪

本物のナポリピッツァを作っているお店を
認定している協会、
「真のナポリピッツァ協会」。
北海道では、
その真のナポリピッツァ協会に、
認定されたお店が、
2店舗あります。
最初に認定されたのは、
以前ブログでご紹介した、
チェルボさん。
そして次に認定されたのが、
今日ご紹介するワイン会の会場となった、
「ダルセーニョ」さんです。

IMG_9664.jpg

名前 ダルセーニョ
住所 北海道札幌市東区北22条東1丁目1-1
電話 011-722-1808
時間 ランチ/11:30~14:30(ラストオーダー)
   ディナー/17:30~21:30(ラストオーダー)
休み 年中無休
HP http://www.ristorante-dalsegno.com/

お店の入り口には、
IMG_9665.jpg
真のナポリピッツァ協会認定店しか、
掲げることの出来ない看板が、
煌々と光っていました。

そんなダルセーニョさんは、
真のナポリピッツァ教会の認定店に
認定されただけでなく、
去年初めて開催された、
ナポリピッツァ職人コンテストに出場し、
見事優勝を果たしたんです。
今回はそのお祝いも兼ねての
ワイン会となったそうです。

それではそんな優勝したピッツァを含め、
いただいた料理をご紹介します。
IMG_9670.jpg
フォカッチャ

IMG_9672_20120520085305.jpg
レバーペーストのカナッペ

IMG_9671.jpg
前菜1

IMG_9673_20120520085305.jpg
前菜2

IMG_9675_20120520085303.jpg
ルッコラサラダ

IMG_9667.jpg
マルゲリータ

IMG_9674_20120520085304.jpg
"真のナポリピッツァ"マルゲリータ D.O.C.

IMG_9678_20120520085336.jpg
ポパイの鉄の腕

IMG_9680_20120520085335.jpg
厚岸町奥泉さんのあさり貝入りスパゲッティ・ボンゴレビアンコ

IMG_9681.jpg
イカ墨を打ち込んだキタッラの貝類のソース

IMG_9682.jpg
自家製スモークサンマと長ネギのスパゲッティ

IMG_9684.jpg
本日のショートパスタ 道産牛テール肉のラグーソース

すごい!
なんと前菜やサラダの後に、
ピッツァが3種類、
パスタが4種類も登場しました^^
まさに炭水化物祭り!
会終了後には、
満腹で動けないほどでした。

肝心のピッツァですが、
どれもさすが薪窯、
焦げが適度についており、
薪の良い香りがします。
生地は薄味で、
少し厚さがありますが、
しっかり高温で焼かれているので、
サクッとしています。
3種類とも美味しかったのですが、
個人的にはDOCがトマトの甘さが
口に広がり、
とても美味しかったです。

続いてパスタ4種類、
こちらもすべて違う種類のパスタが
使われていて、
どれも美味しかったです。
個人的にイカ墨を練りこんである、
貝のパスタが生臭さが、
まるで感じなく、
旨味が素直に感じられ、
とても美味しかったです。

続いてワインをご紹介します。
IMG_9666.jpg
フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ ドゥブル・ファランギーナ・メトド・クラッシコ スプマンテ N.V

IMG_9668.jpg
カンティーナ・ファッロ “ レ・チリアーテ” ファランギーナ 2009

IMG_9677_20120520085337.jpg
タブルニ・ドムス ファランギーナ・サンニオ・ビオロジカ 2009

IMG_9669.jpg
テッレ・デッリ・スヴェーヴィ レ・マンフレディ・ロッソ・アリアニコ・デル・ヴルトゥレ 2007

IMG_9683.jpg
マストロベラルディーノ タウラージ・ラディーチ・リゼルヴァ 1997

IMG_9679_20120520085335.jpg
カンティーナ・ヴィーニ・カソラーリ ランブルスコ・デル・ノンノ

IMG_9687.jpg
カンティーナ・ヴィーニ・カソラーリ ランブルスコ・ディ・グラスパロッサ・セミセコ

今回のワインのテーマは、
イタリアワインに造詣が深い、
呂比須さんがセレクトした、
イタリアの古代品種と呼ばれる、
ギリシャ・ローマ時代から
栽培されている品種ということでした。

IMG_9689_20120520085354.jpg

どのワインもフランスや他の国には無い味わいで、
イタリアらしい味わいです^^
しっかりした果実とともに酸もあり、
白ワインにはそこに苦味も少しあり、
けれども重くなくさわやかに感じる、
そんな味わいでした。
どれも美味しかったのですが、
やはりびっくりしたのは1997のタウラージ。
味わいは熟成しているのですが、
まだまだタンニンはしっかりしていて、
さらに寝かせることが出来そうな味わいでした。
1997はイタリアにとって
グレートヴィンテージだったそうなので、
そんな風に感じたのかもしれないですね^^;

ダルセーニョさんの料理、
本当にどれも美味しく、
私もまた食べに行きたいと思うぐらい、
素晴らしかったです♪
気になった方は、
ぜひ食べに行ってみてくださいねー^^

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

小樽 ワインの先生を迎えてのワイン会に参加させていただきました オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー

こんばんは、
昨日、一昨日と、
小樽と札幌に
イタリアワインの風が吹きました♪
戦うワイン商と素敵なインポーターの方が
来てくださったんです^^
とても楽しく勉強になる2日間だったので、
近々ブログにアップしますねー!
皆様、ありがとうございました。


今日は小樽に有名なワインの先生が
いらしたときに開催された、
持ち寄りワイン会の様子を
ご紹介させていただきます。

全国各地にワインスクールを持つ、
T先生が札幌でセミナーを開催し、
その後小樽での持ち寄りワイン会に
参加されると聞き、
そこに私も誘っていただき、
恐れ多くも参加させていただきました。
会場となったお店は、
小樽のイタリアンの名店、
「オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー」さんです。

IMG_5956_20110821080528_20120213224400.jpg

名前 オステリア・イル・ぴあっと・ヌーヴォー
住所 北海道小樽市東雲2-3
電話 0134-64-1697
時間 ランチ 11:00~14:00
   ディナー17:00~22:00
休み 月曜日
HP http://piatto-otaru.com/

T先生に会いたいということで、
集まったワイン好きが10名以上♪
お店の2階にテーブルを並べて、
席を作っていただき、
今回は、
IMG_8023_20120213223901.jpg
美味しいワインが出るということで、
グラス持参でお伺いしました^^

それでは早速今回出た料理を
順にご紹介します^^
IMG_8029_20120213223859.jpg
本日の前菜いろいろその1

IMG_8030_20120213223935.jpg
本日の前菜いろいろその2

IMG_8031_20120213223934.jpg
祝津産、活貝ホタテのハーブ焼き

IMG_8039_20120213224039.jpg
ピッツァマルゲリータ

IMG_8040_20120213224039.jpg
いかすみのリゾット

IMG_8043.jpg
仔羊のソテー、カチャートラ風

IMG_8047_20120213224118.jpg
鹿肉のボロネーゼ、タリアテッレ

IMG_8046_20120213224118.jpg
レバーパテとパン

IMG_8044_20120213224118.jpg
ブルーチーズ

IMG_8051_20120213224153.jpg
カタラーナ、ガトーショコラ

どの料理の三輪シェフの想いが伝わる、
素敵な料理でした^^
個人的にはイカ墨のリゾットが、
イカ墨独特の風味を活かしながら、
生臭さを押させてあり、
素晴らしい味わいでした。
そしてパスタは、
タリアテッレ。
食感を残つつ、
ソースとしっかり絡ませてあり、
美味しかったです♪
そして今回、
チーズの販売をしている方が参加していて、
素晴らしいチーズの数々を、
提供してくださいました♪
どのチーズも味わい深く、
とても美味しくいただきました。

続いてワインです。
みんなT先生に飲ませたいと思い、
素晴らしいワインが揃いました^^
IMG_8024_20120213223901.jpg
サロン 1996

IMG_8026_20120213223901.jpg
コラール・ピカール キュヴェ・プレステージ・ドム・ピカード・グランクリュ・ブランドブラン N.V

IMG_8027_20120213223900.jpg
フェウディ・ディ・サン・サン・グレゴリオ&ジャック・セロス ドゥブル・ファランギーナ・スプマンテ 2005

IMG_8028_20120213223859.jpg
コドーニュ ピノ・ノワール・ブリュット・ロゼ N.V

IMG_8032_20120213223934.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ノボリ・ナカイ・ブラン・ケルナー 2010

IMG_8036_20120213223934.jpg
テルラーノ ピノ・グリージョ 2010

IMG_8037.jpg
ナカザワヴィンヤード(ココファームワイナリー) クリサワブラン 2010

IMG_803.jpg
ミュラートゥルガウ 2002

IMG_8041.jpg
コロニアル・エステート バロッサ・リゼルヴァ・セミヨン 2004

IMG_8042_20120213224039.jpg
ラヴィス ピノ・ノワール 2009

IMG_8045_20120213224118.jpg
ベンティスケーロ ヴァルティス 2005 

IMG_8048_20120213224117.jpg
ポッジョ・アンティコ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ 2001

IMG_8049.jpg
ナヴァーラ サンタ・クルス・デ・アルタス 2002

IMG_8050_20120213224153.jpg
パトリリオーネ ロッソ・デル・サレント 1993

IMG_8052.jpg
ポッジョ・ステッラ キァンティ・コッリ・セネージ 2008

いきなりサロンからスタートなんて、
すごすぎます。
そのサロンですが、
15年経過しているにもかかわらず、
まだ若々しく酸が立っており、
さらに熟成が出来そうな味わいでした。
そのほか印象に残ったのは、
まずは曽我さんのケルナー、
色は相変わらずのロゼっぽい色ですが、
味わいは落ち着きを見せ、
余韻に続くミネラルが素晴らしかったです。
そして私が持っていったクリサワブランも、
例年よりもボリュームがあり、
甘さを感じますが、
クリサワブランとわかる線が一本ある、
味でした。
そして、ミュラー・トゥルガウ、
プライベートラベルなので、
どこのワイナリーかは書けませんが、
熟成の素晴らしさを感じる、
素晴らしい味わいでした。
赤ではやはり、
T先生が持ってきてくれた、
ブルネロが10年の熟成を経て、
なおぴちぴちした酸がありながら、
タンニンがこなれており、
まさに飲み頃に入りかかった、
といった感じで、
素晴らしかったです。

ということで12人で、
IMG_8053.jpg
14本飲んじゃいました^^

T先生のお話しはとても勉強になり、
いろいろと指導していただきました(笑)
そしてびっくりしたのは、
T先生がクリサワブランを知らなかったこと。
以前誰かがクリサワブランなどの日本ワインは、
日本ワインを知らない人には、
あまり浸透していないということを
おっしゃっていましたが、
ワインスクールの先生までも、
知らないというのは、
ちょっと驚きでした。。。
やはり、まだまだ日本ワインの認知度、
低いんですねー^^;

それにしても楽しい会でした。
またぜひお会いしてみたいです。
そんな機会がありましたら、
よろしくお願いしますー!


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 美味しい焼肉とワインを楽しむ会に参加しました 牛吟

こんばんは。
昨日一日寝ていたおかげで、
今日はだいぶ身体が楽になりました。
後は鼻水と咳がとれれば、
完璧かな?
明日明後日ワインを飲むので、
鼻だけは治って欲しいです^^;

今日は先日お伺いした、
ワイン会の様子を
ご紹介します^^

去年から、
余市のブドウ畑のお手伝いを
している仲間がたまに集まり、
ワイン会を開催しているのですが、
今回はその仲の数名が常連という
焼肉屋さんに行ってワインを
飲もうということになり、
みんなでお伺いして来ました♪
私もオーナーにお会いしたり、
ランチにも1度お伺いし、
(今はランチやっていません^^;)
とても好印象だったので、
楽しみにしていました^^

その素敵な焼肉屋さんの名前は、
「牛吟」さんといいます。

IMG_9950_20120519073835.jpg

名前 牛吟
住所 北海道札幌市西区琴似2条2丁目2-16
電話 011-631-3576
時間 17:00~23:00
休み 不定休
HP http://www.kotoni-works.co.jp/food/04/shop/A22053/A22053.shtml

焼肉屋さんにもかかわらず、
お店に入ると、
IMG_9951.jpg
ワイングラスまで用意してくださり、
準備万端!
胸がわくわくしてきましたー^^

今回は常連の方が、
お店に趣旨を説明し、
お任せでお願いしてくれました。

それではさっそくいただいた料理を
ご紹介します^^
IMG_9953.jpg
カプレーゼ

IMG_9956.jpg
ブータンノワール

IMG_9958_20120519073912.jpg
チーズ入りポテトコロッケ

IMG_9960.jpg
牛肉の赤ワイン煮

IMG_9962.jpg
パン

IMG_9963.jpg
ドイツパン(Nさん差し入れ)

IMG_9969.jpg
スペアリブのスパイス焼き

なんとここまで、
焼肉が一切出てきません(笑)
しかもワインに合うような、
素晴らしい料理ばかり^^
どれもとっても美味しいのですが、
びっくりなのはブータンノワール、
豚の血を使ったソーセージなのですが、
濃い赤ワインに良く合う、
素晴らしい味わいでした^^
そして、スペアリブのスパイス焼きは、
とっても柔らかく、
スパイスの風味が良く絡んで、
とっても美味しかったですー!

そしてここまで食べて、
IMG_9967.jpg
ようやく七厘の登場です(笑)

いよいよオーナー厳選のお肉の登場です!
IMG_9970.jpg
生ラム

IMG_9974_20120519074013.jpg
レバー

IMG_9975_20120519074012.jpg
なんこつ

IMG_9977_20120519074010.jpg
イノブタ肉

どのお肉も、
とっても新鮮で肉の旨味があって、
めちゃめちゃ美味しかったです!
特にレバーは、
焼いたときのモサモサ感があまり無く、
素晴らしい味わいでした。
そして珍しいイノブタは、
脂身がとっても甘く、
美味しかったです!

そんな美味しいお肉を、
IMG_9971_20120519073938.jpg
炭火焼で焼いて食べます♪
やっぱり炭火焼は、
お肉に変な風味をつけずに、
水っぽくもならずに
美味しいですよねー!

ただ脂の多いお肉を焼くと、
IMG_9986.jpg
こんなになっちゃうので、
気をつけてくださいね(笑)

と、もうおなかいっぱいですが、
まだまだ料理は登場します。
IMG_9985.jpg
ピッツァ

牛吟のオーナーさん、
あなたはいったい何者!?
というぐらい見事なピッツァ。
薪じゃないので、
旨味のあるこげなどは出来ていませんが、
生地がさくさくで、
チーズがトロリの味わいは、
素晴らしいです。

そして最後にすごいのが来ました!
IMG_9988.jpg
イノブタ肉のスペアリブ

このお肉がめちゃめちゃ美味しいです!
お肉そのものも旨味が凝縮しているのですが、
何より脂身の甘さが、
他のお肉には無い素晴らしい味わいでした。
少しある癖は、
スパイスによって美味く消されており、
オーナーの調理の美味さが光る一品でした^^

とここでサプライズ、
IMG_9990.jpg
バースデーケーキ(牛吟さん差し入れ)

今回の会、実はご一緒した方の
誕生日会だったんです。
ということでバースデーケーキが登場。
ビターなチョコレートが、
とっても美味しかったです!

そしてお店からも、
IMG_9991.jpg
ジェラート、柿

デザートが登場して、
会が無事終了です♪

それでは続いて、
いただいたワインをご紹介します^^
IMG_9954_20120519073832.jpg
シャトー・インデージ シャンティリ・ソーヴィニヨン・ブラン N.V

IMG_9957_20120519073831.jpg
シャトー・インデージ シャンティリ・カベルネ・ソーヴィニヨン N.V

IMG_9965_20120519073941.jpg
旭洋酒 甲斐ノワール 2009

IMG_9973_20120519073937.jpg
WEINGUT OKONOMIERAT LIND ドルンフェルダー・トロッケン 

IMG_9976_20120519074011.jpg
神戸ワイン 神戸印路ぶどう園信濃リースリング 2005

インドのワインはお店で注文、
それ以外は持ち込みさせていただきました^^
それにしても、
インドのワインを置いているなんて、
牛吟さん、恐ろしい娘!
byガラスの仮面
どちらも品種のイメージとは、
やや離れた味わいで、
個性があって面白かったです。
持ち込んだワインも
どれも美味しいのですが、
旭洋酒さんの甲斐ノワールは、
やや土っぽい味わいとともに、
柔らかいタンニンが心地よい、
面白いワインでした。

そしてワインのほかに、
IMG_9983.jpg
舞浜地ビール工房 ペールエール

IMG_9987.jpg
舞浜地ビール工房 シュバルツ

こちらの地ビールも、
持込しました^^
千葉にある東京ディズニーランドの近くで、
造られているこちらのビール、
どちらも濃い味わいで、
若干酵母の風味も感じる、
素晴らしい味わいでした。

お手伝い仲間の誕生日を祝うはずが、
素晴らしい料理とワインで、
すっかりこっちが楽しませていただきました^^
牛吟さん、普段は焼肉屋さんですので、
皆様勘違いしないでくださいね(笑)
お肉の素晴らしさは間違いないので、
ぜひ食べてみてくださいねー!

ちなみに名前、
以前の店名である、
李門さんに近々直すかもしれないとの事でした。
Nさん教えていただき、
ありがとうございます♪

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

札幌 歴史あるブラインド選手権に参加させていただきました 第21回奥野敏雄記念ワインブラインドコンテスト

こんばんは。
今日はとっても良い天気でしたが、
今日も一日横になっていました。
そのおかげかだいぶ
体調回復してきたようなので、
明日からまた仕事、
がんばりたいと思います!

今日は先日札幌で開催された、
素晴らしいコンテストの様子を
ご紹介いたします。
ワインを飲むものにとって、
たまに挑戦したくなるのが、
「ブラインドテイスティング」

ワインに詳しくない方にとっては、
さっぱりわからないかと思いますので、
簡単に説明すると、
ワインのラベルを隠した状態で飲んで、
どこの国か?
どこの地域か?
品種は何か?
作られた年は何年か?
などを当てるクイズのようなものです。
世界のソムリエコンテストなどでも
行われいるものです。

ワイン好きは効したことを行い、
自分の下と経験から、
答えを導き出し、
それが正解すると、
この上ない幸せを感じちゃうんです(笑)

そんなブラインドテイスティングを競う
イベントが札幌で開催され、
招待いただいたので、
参加してきました^^
イベントの名前は、
「第21回奥野敏雄記念ワインブラインドコンテスト」
といいます。

IMG_1558_20120429074716.jpg

名前 第21回奥野敏雄記念ワインブラインドコンテスト
日程 2012年4月15日 

こちらのコンテストは、
北海道のワイン文化の発展に
多大な貢献をされた奥野敏雄さんを囲み、
ブラインドテイスティングを始めたのがきっかけで、
今年で22年で21回を数える、
歴史あるイベントなんです。
今までは内々で行われていたそうですが、
今年リニューアルをして、
私のような初心者でも
参加できるということで、
参加することに意義がある精神で、
挑んできました^^

会場は某ビルの4階、
ビルの入り口には、
IMG_1557.jpg
看板がしっかりと出ていました^^

会場にはいると、
IMG_1559_20120429074715.jpg
大きな横断幕と、
テーブルの上に置かれた沢山のグラスが
目に付きます^^

さらに会場には、
IMG_1561_20120429074713.jpg
歴史ある優勝カップが置かれており、
過去20回の優勝者の名前が記されています。
名前を見させていただくと、
札幌の名だたるお店のソムリエさんや、
酒類関係者の名前が、
記されていました^^

早速席に座ると、
IMG_1560_20120429074714.jpg
予選で使われるグラス6脚と
お水が置かれています。
お水はブラインドテイスティングには、
欠かせないもので、
口の中の味をリセットするのに
使われます^^

さらにそれでも口の中に味が残るときは、
IMG_1563_20120429074712.jpg
こちらのバゲットを食べて、
さっぱりさせます♪

そしていよいよ時間になり、
会場は、
IMG_1566_20120429074752.jpg
沢山の出場者で、
満席になりました。
そのメンバーを見てみると、
よく見たことある顔が沢山!
札幌だけでなく、
北海道各地の有名なお店のソムリエを始め、
ワインショップの方、
ワイナリー関係者などもいらしてました。

そんなすごい方ばかりの中で、
ただのワイン好きの私がいるのは、
なんだか申し訳ない感じですが、
ワインを好きな気持ちだけは、
誰にも負けないと思っているので、
頑張りました!

まずはじめに、
実行委員長のランスさんの
IMG_1565.jpg
吉島オーナーから、
趣旨説明とコンテストの概要の
説明がありました^^

大会は予選と決勝で行われ、
予選である一定以上の得点を獲得すると、
決勝に進出できるシステムとの事でした。

吉島オーナーからの説明が終わると、
早速予選が始まります。
予選は6本のワインを飲んで、
IMG_1569_20120429074749.jpg
こちらの選択肢の中から、
生産地と品種を選んで、

IMG_1568.jpg
こちらの解答用紙に書き込みます^^

ワインは最初に書いたとおり、
IMG_1567_20120429074751.jpg
銘柄がわからない状態になっており、

IMG_1570_20120429074749.jpg
まずは白ワイン3種類を飲んで、
答えを書いていきます。

そして続いて、
IMG_1571.jpg
同じように銘柄が伏せられた赤ワインを

IMG_1572.jpg
3種類飲んで、
答えを導きます。

そうして6種類のワインの答えを書いて、
結果を待ちます。
果たして予選の結果は、、、、、
残念ながら予選敗退でしたT_T
最初は参加することに意義があるの気持ちでと書きましたが、
やっぱり負けると悔しいですよね。。。
来年のリベンジを心に誓いました^^

予選を勝ち残った方で行われた決勝は、
予選敗退者も参加することが出来ました。
決勝は、
IMG_1575_20120429074834.jpg
白ワイン3種類、
赤ワイン4種類の生産地と品種、
そして2本だけはヴィンテージも当てるという、
さらに難しいものとなってました^^

そうしてあれこれ考えている間に、
決勝戦も終了!
後は結果を待つばかりになりました。

そしてコンテスト終了後は、
ランスさんに場所を移し、
懇親会が行われ、
IMG_1581_20120429075413.jpg
早速吉島オーナーから、
優勝者の発表がありました!

名だたる参加者の中から
見事優勝したのは、
某酒類メーカーの方でした^^
今回の問題は、
赤ワインがすべてピノ・ノワールという、
マニアックな問題だったにもかかわらず、
ほとんど正解だったそうです。
すごいですよねー!

そんな懇親会では、
IMG_1578.jpg

IMG_1579_20120429074900.jpg
ランスさんの超美味しい料理が、
ブッフェ形式で提供されていました^^
どのメニューもきちんと手を加えられた料理で、
とってもおいしかったですー!

もちろんワインも飲み放題でした♪
全部の写真を撮れなかったので、
写真を撮った2種類だけご紹介します^^
IMG_1577.jpg
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチ・ロゼ・サンスーフル 2011

IMG_1580_20120429074859.jpg
中井農園 ナカイ・ヨイチ・ブラン 2010(委託醸造ドメーヌ・タカヒコ)

何と曽我さんのワインが2種類も出ていました^^
ヨイチ・ロゼはピノ・ノワールと、
ミュラートゥルガウを使ったもので、
亜硫酸無添加ということもあり、
プチプチした泡が心地よい味わいでした。
そして中井農園さんのワインは、
曽我さんのところで委託醸造されたもので、
中井農園さんで収穫された、
ミュラー・トゥルガウとケルナーが使われており、
こちらも余韻がしっかりした味わいで、
美味しかったです!!

コンテストの結果は予選敗退と
残念なものでしたが、
とても楽しみながら参加させていただきました。
上にも書きましたが、
来年も参加することが出来たら、
まずは決勝進出したいと思いました!
ブラインドテイスティングも
定期的に行い、
勉強したいと思います^^

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

岩見沢 2012年空知春のブドウ畑・ワイナリー巡りその4 ナカザワヴィンヤード

こんにちは。
おかげさまで体調も
だいぶ良くなってきましたが、
まだなんとなく頭が痛いので、
明日もおとなしく
家にいようと思います。。。

長らくお送りしてきた、
春の空知ワイナリー、ヴィンヤード巡りも
今日でいよいよ最終回。
最後にお伺いしたいのは、
大好きでとても尊敬している、
ブドウ栽培家さんが営む、
ヴィンヤードです。
その名前は、
「ナカザワヴィンヤード」さんといいます。

IMG_2015_20120513133247.jpg

名前 中澤ヴィンヤード
住所 北海道岩見沢市
HP  http://www.nvineyard.jp/

 ※ 中澤さんはブドウ栽培家さんですので、
   住所等の公開は控えさせていただきます。
   そして、中澤さんに限らず、
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   基本的にはぶどう栽培家さんの所には、
   畑しかありません。それを理解したうえで、
   訪問してください。


最初にお断り^^;
中澤さんとの話しに夢中になり、
写真が少ないです。。。
ごめんなさい(笑)
畑の様子は去年お伺いしたときのブログ
ご参考ください^^

お伺いしたときは、
中澤さんも誘引の真っ最中。
ということで、
IMG_2018_20120513133245.jpg
立派なブドウの樹が、
針金に結び付けられていました^^

記録的な豪雪だった岩見沢市、
ただ中澤さんの畑は、
それほど多くなかったそうです。
去年がすごい雪で、
柱が折れたり甚大な被害がありましたが、
今年は、
IMG_2014_20120513133248.jpg
この支えの柱がいくつか折れたり、
外れたりしたぐらいですんだそうです。
同じ岩見沢でも、
ぜんぜん違うもんなんですね。

そんな中澤さんの畑では、
ここ数年雪が降っている間に、
ネズミによって、
ブドウの樹がかじられる被害が
あったそうですが、
今年新しい対策として、
IMG_2016_20120513133246.jpg
畑の端に剪定したブドウの枝を
置いたそうです。

その枝、
見ていただいてわかるかと思いますが、
枝だったところは一部しか残っておらず、
ほとんどは木屑のようになっています。
これ、すべてネズミがかじった後だそうです。
ただ、このおかげで、
ネズミはこの枝だけで満足しただけで、
ブドウの樹の被害はほとんど無かったそうです。
ネズミの被害は、
収量にかかわる大問題なので、
本当に被害が無くてよったですね。

いろいろなお話を聞かせていただき、
あっという間に1時間以上経ってしまいました^^;
ということで、
最後は最近の定番となっている、
IMG_2019_20120513133244.jpg
ニワトリにご挨拶して、
訪問終了です♪

謙虚な中澤さん、
新しい栽培家がでてきているから、
私は忘れられる存在とおっしゃってますが、
そんなことはありません!
これからますます活躍を期待していますので、
またお伺いさせてくださいねー♪

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

岩見沢 2012年空知春のブドウ畑・ワイナリー巡りその3 宝水ワイナリー

こんばんは。
今日も体調がいまいちな感じです。
ワイン仲間が今の風邪は長引くと
言っていましたが、
その通りになりそうです。。。

今日も先日お伺いした
ワイナリーの春の様子を
ご紹介させていただきます。

滝川のラ・ペコラさんで、
美味しいランチを食べた後は、
一気に南下して、
岩見沢にやってきました^^
岩見沢にはワイナリーや
ヴィンヤードが沢山あり、
さらにこれからも
ますます増えていきそうな、
楽しみな街です。

そんな岩見沢に最初に誕生した
ワイナリーが今日ご紹介する
「宝水ワイナリー」さんです。

IMG_1989.jpg

名前 宝水ワイナリー
住所 北海道岩見沢市宝水町364番地3
電話 0126-20-1810
時間 10:00~17:00
休み 4月~12月 無休
   1月~3月  水曜日   
HP http://housui-winery.co.jp/

※ 畑の見学は、
  必ずワイナリーの方の許可をいただいてから、
  行いましょう。
  よろしくお願いします。
 

ワイナリーからお手紙をいただき、
新しいワインがリリースされたとの事で、
お伺いしてきました^^
 
戦前に小樽で建てられた工場を
移築して立てられたワイナリーの中には、
IMG_1990_20120513082458.jpg
沢山のワインが売られています♪

さらにワイナリーの中では、
それらのワインを
IMG_1996.jpg
試飲することも出来ます^^

ということで、
早速試飲させていただきました♪
IMG_1997.jpg
宝水ワイナリー リッカ・雪の系譜・ケルナー 2010

ケルナーらしい、
華やかな香りとともに、
適度なさんが口に広がり、
綺麗な味わいは、
誰が飲んでも美味しいと言いそうな、
風味でした。

IMG_1998.jpg
宝水ワイナリー リッカ・雪の系譜・シャルドネ 2010

2009に比べると、
樽のニュアンスが押さえ目にしてあり、
そこに北海道らしい酸が加わり、
バランスよい味わいとなっています。
まだ少し若さを感じるので、
もう少し寝かせても面白そうです。

IMG_1999_20120513082533.jpg
宝水ワイナリー リッカ・雪の系譜・レンベルガー 2010

どこか土っぽいニュアンスを感じる、
レンベルガー。
こちらの2010ヴィンテージは、
力強さを感じます。
宝水ワイナリーさんらしい綺麗な作りで、
タンニンのざらつきも無く、
余韻も感じられて美味しい味わいです。
こちらもまだ寝かせてもよさそうだと感じました。

IMG_2000.jpg
宝水ワイナリー リッカ・雪の系譜・レンベルガー 2011

2011をもう出してしまうなんて、
早すぎじゃないか?
と思いますが、
飲んでみると2010を
一回り小さくしたような味わいですが、
タンニンがきめ細かく
余韻も強くは無いですが感じられ、
今飲んでも美味しく感じます。
ワイナリーの方に話しを聞くと、
2011ヴィンテージは天候が厳しかく、
ブドウのポテンシャルには、
それほど強くものではなかったので、
それを無理に引き出すのではなく、
そのポテンシャルそのままをワインにしたので、
熟成は出来ないかもしれないけど、
美味しいワインになったそうです。

IMG_2001.jpg
宝水ワイナリー オレンジ・ピンク 2010

社長の個人所有の畑で栽培された、
セイベル13053とポートランドを使い、
醸造されたロゼワイン。
ブドウキャンディのような甘い香り同様、
口に含んでもキャンディのような、
甘さが口に広がります。
アペリティフや食後酒として、
一杯飲むのに最適な感じでした。

ワイナリーの二階に上がると、
IMG_1995.jpg
ガラス越しに醸造施設を見学することが出来ます。
この日は特に作業は行われていませんでしたが、
去年仕込んだワインが入っているであろう、
樽やタンクを見ることが出来ました^^

そして2階のベランダに出ると、
IMG_1994.jpg
宝水ワイナリーさんの、
自社畑を一望することが出来ます♪

自社畑は、
真ん中にある道の左側が、
ワイナリー開設当事に植えられた畑で、
ピノ・ノワール、ケルナー、レンベルガー、
シャルドネ、レゲント、ゲヴュルツ・トラミネールなどが、
植えられています♪

そして道の右側には、
去年バッカスが植えられました^^
宝水ワイナリーさんのバッカスは、
以前買いブドウで仕込んだワインが、
国産ワインコンクールで銅賞を
受賞したことがあるので、
これからが楽しみですね^^

そんな畑に許可をいただき、
見学させていただきました。
まず驚いたのは、
IMG_2012_20120513082546.jpg
柱が沢山折れているんです。

岩見沢市は今年の冬の積雪が
2mを超えるほどあり、
宝水地区でも柱がすっぽり隠れるほどの
大雪だったそうです。
その結果、その雪の圧力に負けた柱が、
こうして数多く折れてしまったとの事でした。

そんな折れた柱や曲がった柱を、
ちょうどお伺いしたときに、
IMG_2003.jpg
醸造責任者の石塚さんが、
一生懸命修復していました。

その方法もワイルド、
新しい柱を持ってきて、
こうしてパワーショベルで、
上からたたいて地中に刺しています。
石塚さんの忙しいところ、
見学させていただき、
ありがとうございました。

そして道の右側のバッカスの畑は、
IMG_2008.jpg
こちらはそれほど柱は折れておらず、
切り戻された苗木が
春の暖かさを待っていました。
来年ぐらいから
収穫が出来るのでは?
との事でした。

最後にワイナリーで、
ワインを購入してワイナリーを
後にしました^^

今回買ったワインはこちらです。
IMG_2034_20120513082546.jpg
ふくろです。
宝水ワイナリーさんでは、
このような半透明な袋に
入れてくれます^^

ということで中身はこちら、
IMG_2035_20120513082545.jpg
宝水ワイナリー レゲント 2011

ドイツ系品種であるレゲントのワイン、
かなり珍しい品種で、
日本で醸造しているのは、
宝水ワイナリーさんと、
天橋立ワイナリーさんしかありません。
こちらのワインも、
200本弱しかなく、
ワイナリー限定発売ということで、
限定に弱い私、
買っちゃいました^^
いつかみんなで飲んでみたいと思います♪

宝水ワイナリーさんは、
若い醸造責任者の石塚さんと、
社長をはじめとした、
それ以外のベテランのスタッフが
切磋琢磨しているワイナリーです。
これからどのようなワインが出来上がるか、
楽しみにしています。
今回はご紹介していませんが、
ワイナリーでは美味しいアイスも
食べることが出来るので、
ぜひ気軽に立ち寄ってみてくださいね♪

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

滝川 滝川にある歴史あるイタリアン ディナー編 ラ・ペコラ

こんばんは。
数日前から風邪の兆しがあったのですが、
土曜日の朝から完全に
体調を崩してしまい、
この土日は久しぶりに家から一歩も出ず、
ずーっと寝ていました。
おかげで眠くなく、
腰が痛くなってしまいました^^;
もう若くないですね。。。

今日は前回のブログでご紹介した、
ラ・ペコラさんのディナーメニューを
ご紹介します♪
実はディナーの方が、
会社の出張があり、
先にお伺いしていたのですが、
ブログに乗せていませんでした^^;
というわけで今回、
改めてご紹介させていただきます。

お店の名前は、
「ラ・ペコラ」さんといいます。

IMG_3214.jpg

名前 ラ・ペコラ
住所 北海道滝川市本町1丁目4番11号
電話 0125-24-7856
時間 ランチタイム 11:30~14:30
    ディナータイム 17:30~23:00
休み 火曜日
HP http://www10.plala.or.jp/pecora/

ランチのときは2名でお伺いしていたので、
テーブル席でしたが、
この時は一人での訪問だったので、
カウンター席に座らせていただきました^^
IMG_3219.jpg
カウンター席は、
お店の方とも近く、
シェフが出てきてくれた時には、
羊料理についてなど、
いろいろと教えていただきました♪

まずはワインということで、
ボトルを一本お願いしました^^
こちらです♪
IMG_3217.jpg
カーサ・ディ・テッラ グロッタ・デイ・ブリガンティ 2006

トスカーナのサンジョベーゼを使った、
ワインです♪
アルコール感があり、
酸味もそれほど強くなく、
タンニンがしっかりとしていて、
あまりサンジョベーゼらしくないワインでした。
この後ご紹介する、
羊料理には良く合う、
美味しいワインでした^^

それではこの日いただいた、
料理を順にご紹介します♪
IMG_3225.jpg
ブルスケッタ

バゲットの上に、
トマトとバジルが乗った一品。
さっぱりした味わいが、
これからの食事を
楽しみにしてくれます^^

IMG_3229.jpg
羊のトリッパ

牛のトリッパは良く食べますが、
羊のトリッパは初めてでした。
あまり味の違いは感じられませんでしたが、
酸味の利いたトマトの風味と
ぷにぷにした食感が、
とっても美味しかったです。

IMG_3230.jpg
バゲット

そんな酸味の利いたトマトソースを
そのまま食べるのはもったいないということで、
バゲットを頼んで、
上にトリッパを乗せて食べてみました。
これがとっても美味しい!
この後のメニューにも大活躍でした。

IMG_3231.jpg
羊のレバーソテー

羊のレバーというのも、
珍しいですよね。
牛レバーよりも
癖があるのかと思いましたが、
味は濃厚なのですが、
癖はそんなにありません。
トマトベースのソースがよく絡み、
とっても美味しく、
さらにバゲットの上に乗せて食べると、
もう最高でした♪

IMG_3233.jpg
羊の脳みそのフライ ハーブバターソース

来ました!羊の脳みそです!
ちょっと引いた方ごめんなさい^^;
見た目は普通のフライで、
脳みそとは思わないですよね。
味わいは他にたとえないような感じで、
とろっとしていて
なんともいえない美味しさです♪
ハーブバターが味わいにアクセントを与えてくれて、
とても良い組み合わせだと思いました。
こんな部位の料理を出してくださるなんて、
一頭買いしているから出来るんでしょうねー^^

IMG_3234.jpg
エスプレッソ

最後に美味しいエスプレッソをいただいて、
素敵なディナータイムは、
終わりました♪

結構遅い時間にお伺いしたので、
最後の方は客は私だけになり、
オーナーシェフもカウンターに来てくださり、
羊についてや、
滝川のお店について、
道産ワインについてなど、
いろいろお話しさせていただきました^^

そんな中で
羊料理について、
いろいろ教えていただいた時に、
ご紹介いただいたのが、
IMG_3484_20120503154653.jpg
羊料理の本

こちらの本でした^^
お話しを聞くと、
こちらの本の料理部分は、
オーナーシェフが担当したとの事で、
面白そうな内容だったので
一冊購入させていただきました。

早速家に帰って読んでみると、
羊料理のあれこれが書いてあるのですが、
今まで聞いたことの無い料理なども
沢山書かれていて、
とっても面白い本でした。

とても雰囲気の良いお店で、
料理も美味しくワインもイタリア系が
いろいろ置いてあるので、
一人でお伺いしても、
二人でお伺いしても、
大勢でお伺いしても、
楽しめるお店だと思います!
ぜひ近くを通ったときには、
足を運んでみてくださいねー^^

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

第40回ワイン会「完全招待制のワインバーの料理とワインを楽しむ会」参加者募集♪

5月12日現在、
おかげさまで満席となりました。
引き続きキャンセル待ち希望の方を
募集しております。
キャンセル待ち希望の方は、
件名に「第40回ワイン会キャンセル待ち希望」
と書いて、
本文にお名前とメールアドレスを書いて、
送信お願いします


こんばんは。
皆様長らくお待たせしました、
5月のワイン会のご案内を
させていただきます。

今回の企画、
去年の暮れから練りに練っていた企画で、
とうとう今回40回目を記念して、
ついに実現する運びとなりました。

札幌には
「一見さんお断り」
「お客の紹介がないと入店不可」
と呼ばれるお店が、
数店あります。

今回はそんなお店の中の一つで、
去年の5月にオープンし、
まさに今日5月10日に1周年を迎えた、
完全招待制のワインバーとジョイントして、
ワイン会を開催させていただくことになりました!
ぜひ、この機会にお店に訪問して、
お店の常連さんに
なっていただければと思います♪

普段のお店は
ワインに造詣が深いオーナーが、
一人で調理とサービスを行っており、
(ワイン会ではヘルプが1名来るそうです♪)
席数もカウンター席6席、
テーブル席が4席の
合計10席しかない小さなお店で、
上にも書いたとおり、
一見さんはお断りしているお店です。

今回はそんな素敵なお店に、
新しいお客様に来ていただきたいという
オーナーの思いと、
ぜひ皆様にお店をご紹介したいという
私の思いが重なり、
ジョイントでワイン会を行う事になりました。

お店はワインバーですが
オーナーは某有名フレンチのシェフから
料理を学んでいる本格派です。
今回はそんなオーナーが作る、
コース料理を用意していただく予定です。

そして今回はお店の事を
より知っていただきたいということで、
ワインも私が持ち込むのではなく、
お店のオーナーが
お店を代表するようなワインから
5本選んでもらうことになっています。
どのようなワインが出るか、
当日まで楽しみにしていてくださいね♪

一見さんお断りということで、
お店の名前は伏せさせていただきますが、
お店の雰囲気、
出してくださるワイン、料理、
どれをとっても素晴らしいです!
そして、どこのお店かわかった方も、
あまり料理は食べたことが無いかと思いますので、
ぜひご参加お待ちしています。

1.名称 「完全招待制のワインバーの料理とワインを楽しむ会」
2.日程 2012年5月30日(水)19:30~
3.場所 北海道札幌市中央区南3条西1丁目
     ※詳しい住所、お店の名前は
      申し込みいただいた方に別途お知らせします。
4.会費 8000円
5.定員 7名+主催者1名 計8名

ワインリスト











※ ワインリストはお店を代表するワインを
  オーナーが選ぶため、当日発表となります。
  
ぜひ、皆様のご参加、
お待ちしています!
よろしくお願いします~!!

参加申し込み希望の方は、
左側のメールフォームより、
件名「第40回ワイン会参加希望」、
本文にフルネームと携帯電話等、
当日連絡が付く連絡先を書いて、
送信お願いします。

滝川 滝川にある歴史あるイタリアン ランチ編 ラ・ペコラ

こんばんは。
今日はなんだか、
いまいちな天気でしたね。
明日は良い天気になれば、
良いなぁ。
ブドウ畑も心配です。

さて、前々回のブログから、
紹介してきた空知のワイナリー巡り、
今日は一休みということで、
ワイナリー巡りの途中に
ランチで立ち寄ったイタリアンを
ご紹介します^

滝川には、
素敵なレストランがあり、
ブログの中でも、
プティ・ラパンさん、
イル・チエロさん、
ボン・ビヴァンさんなどを
ご紹介しました^^

今日ご紹介するお店は、
そんな滝川の中でも
歴史あるイタリアンなんです。
何度かお伺いしていたのに、
以前ワインツーリズムのツアー
参加したときにご紹介しただけで、
普通にお伺いしたときの様子を、
ご紹介していませんでした^^;

というわけで今回ブログに、
ようやくご紹介します。
そのお店の名前は、
「ラ・ペコラ」さんといいます。

IMG_1988_20120503153926.jpg

名前 ラ・ペコラ
住所 北海道滝川市本町1丁目4番11号
電話 0125-24-7856
時間 ランチタイム 11:30~14:30
    ディナータイム 17:30~23:00
休み 火曜日
HP http://www10.plala.or.jp/pecora/
 
お店はイタリアンなのですが、
特に羊料理にこだわっています。
ということでお店の中には、
IMG_1984_20120503153917.jpg
羊の置物などが、
沢山置かれていました^^
ちなみに羊の奥にいる人形は、
モンゴル相撲っぽいですよね。
たぶん羊といえばモンゴルということで、
置いてあるんでしょうね♪

お店のかわいい敷物は、
IMG_1982_20120503153918.jpg
グランドメニューになっていて、
美味しそうな料理や飲み物が、
沢山書かれていました^^

ランチメニューは
パスタやピッツァ、グラタンに
サラダとドリンクが付くランチセットのほか、
オードブルやメインと
ハーフパスタがワンプレートで出てくるセットが
用意されていました♪

今回はいろいろ食べたいということで、
ワンプレートのカルネランチをお願いしました^^

まず最初に、
IMG_1983.jpg
サラダ

ランチメニューについてくる、
サラダが運ばれてきました♪
フレンチドレッシングがかかったサラダは、
さっぱりとした酸味が利いて、
食欲を増進してくれました^^

そして程なく、
プレートランチがやってきました。
IMG_1985_20120503153916.jpg
カルネランチ

パンと前菜、
パスタにメインのチキンソテーが
ワンプレートに乗っていて、
見ただけで嬉しくなっちゃいますね!
まずパスタのラグーソースが、
肉の味わいと酸味が利いた味わいが、
めちゃめちゃ美味しいです!
もっともっと食べたくなっちゃいました♪
そしてメインのチキンソテーは、
皮がカリッと焼かれていて、
中のお肉は肉汁たっぷりジューシーで、
こちらもとっても美味しいです!
前菜もいろいろ手が込んでいて、
最後まで楽しんでいただくことが出来ました^^

続いてデザートに、
IMG_1986.jpg
桜のアイス

桜のアイスが登場です。
このアイスが、
めちゃめちゃ桜の風味と香りがして、
口の中をさっぱりとさせてくれ、
めちゃめちゃ美味しいんです!
お腹いっぱいだったはずなのに、
あっという間に、
食べちゃいました♪

そして最後に、
IMG_1987_20120503153914.jpg
エスプレッソ

濃いエスプレッソをいただいて、
ランチ終了です♪
このエスプレッソと、
桜のアイスの組み合わせが、
美味しかったですー!

ランチ時間は、
次から次とお客さんが来て、
大人気でしたが、
この内容なら納得といった感じです^^
今度はピッツァや
グラタンも食べてみたいです!
気になった方は、
ぜひ足を運んでみてくださいねー^^
明日はディナーの様子を、
ご紹介しますね♪


ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

三笠 2012年空知春のブドウ畑・ワイナリー巡りその2 KONDOヴィンヤードタプコプ農場

こんばんは!
GW終わってしまいましたねー^^;
今年のGWは、
初日に余市のブドウ畑と
甥っ子姪っ子とのお遊び、
2日目が甥っ子姪っ子とボウリング、
3日目から4日目まで、
北斗市の苗植え会参加と、
周辺のお店散策&ご一緒した方の
別荘でのワイン会と、
疲れはしましたが、
とてもリフレッシュしたGWとなりました♪
今日から仕事復帰、
今週もがんばりたいと思いますー!

昨日からお送りしている、
空知方面ブドウ畑・ワイナリー巡り、
2回目にご紹介するのは、
去年情報解禁となり、
今年いよいよ自社畑のワインが、
リリースされる期待の栽培家、
近藤良介さんの畑です。

近藤さんは三笠と岩見沢に
畑を持っていらっしゃるんですが、
今回は三笠に近藤さんが
いらっしゃるということで、
三笠の畑にお伺いさせていただきました。
畑の名前は、
「タプコプ農場」といいます。

IMG_1961.jpg

名前 KONDOヴィンヤード タプ・コプ農場 
住所 北海道三笠市川内842番地13
HP  http://www10.plala.or.jp/kondo-vineyard/

 ※ 近藤さんは家族経営のブドウ畑ですので、
   訪問する際には細心の注意を払い、
   必ずアポをとって、先方のOKをいただいてから
   訪問するようにしましょう。
   連絡先等、詳しくはHPをご覧ください。
   基本的にはぶどう栽培家さんの所には、
   畑しかありません。それを理解したうえで、
   訪問してください。

 
近藤さんのタプコプ農場も、
去年の同時期にお伺いしているので、
今年との違いを見比べてみてください。
ブログはこちらです。

お忙しいにもかかわらず、
IMG_1962.jpg
近藤さん自ら、
今の畑の様子等、
畑を案内しながら教えてくださいました。

畑はやはり今年の大雪によって、
IMG_1967.jpg
隅柱が2本折れてしまったそうです。

この折れた2本というのが面白く、
他の箇所は柱の上まで積雪が迫ったときに、
針金をはずしたそうなのですが、
この2本だけは実験的に針金を
外さずにいたところ、
春に成り雪が溶けてみると、
見事にこの2本だけが折れていたそうです。
近藤さん曰く、
針金を外す大切さを
実体験で学んだとの事でした。
ただ針金を外すと春復旧が大変なので、
今年は新しい方法をやってみようと
計画中との事でした。

畑を歩いていると、
IMG_1963.jpg
こんなものが転がっていました^^
何かわかりますかー?

正解はウサギの糞でした。
冬になると電柵ができなくなるので、
ウサギが畑の中に入るそうです。
ウサギはブドウの樹をかじって、
切ってしまうそうなのですが、
近藤さんの畑では、
雪降る前にある作戦を行い、
見事ほとんど被害が出なかったそうです。
どんな作戦なのか気になる方は、
ぜひ近藤さんのブログを読んでみてくださいねー!

近藤さんに案内していただき、
畑の上まで来て、
下を見てみると、
IMG_1968.jpg
畑の勾配のきついのが良くわかります^^
こちらのタプコプ農場は、
北海道各地にあるブドウ畑の中でも、
1番急だと思います♪

ブドウの樹を見せていただくと、
IMG_1970.jpg
3年目ピノ・ノワール(自根)

近藤さんの畑では、
いくつか挿木で植えられているのですが、
近藤さん曰く、
ピノ・ノワールのように元々樹勢が強い樹は、
自根で植えることによって、
勢いを抑えることが出来、
他の品種の接木と同じぐらい
成長してくれるので、
フィノキセラの事さえ考えなくては、
良い方法だと教えてくれました。

IMG_1976.jpg
4年目ソーヴィニヨン・ブラン

農場を開墾した年に、
初めて植えたソーヴィニヨン・ブランも
いよいよ4年目を迎え、
収量も上がってきそうとの事でした。
北海道におけるソーヴィニヨン・ブラン栽培の
パイオニアとも言える
近藤さんのソーヴィニヨン・ブラン、
どんな味わいになるのか、
とっても楽しみですね!

IMG_1974.jpg
3年目レンベルガー

近藤さんが農業研修をした
余市のブドウ栽培家さんからいただいた、
レンベルガーも3年目になり、
いよいよ収穫が出きそうとの事でした。
ただ、そんなに量がないので、
収穫することが出来ても、
他の品種と混ぜる予定との事でした。

そして今年、
IMG_1979_20120503145800.jpg
この空いている土地に、
さらに苗木を植えるそうです。
どんな品種を植えるのか、
楽しみですね♪

近藤さんは、
私にとって一番最初に、
ブドウ栽培について教えてくれた、
いわば師匠的存在。
そんな近藤さんはいよいよ今年、
一番最初にも書きましたが、
近藤さんの畑から収穫されたブドウを使い
仕込んだワインが今年リリースするそうです。
どんなワインになるのか、
今からとっても楽しみですね。
リリース情報は、
ホームページで公開されるらしいので、
気になる方は、
ぜひチェックしてみてくださいねー!

ブログランキングに参加しています♪
もしよろしければ、下のバナーを
クリックお願いします^^

人気ブログランキングへ

プロフィール

よし

Author:よし
小樽在住で、
美味しいものが大好きです!
いろんなお店やお酒を
紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いしますー!

ブログの内容についてなど、
連絡したいときは、
下記のメールフォームから、
お願いしますorz

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。